運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
1313件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-06-19 第201回国会 参議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 閉会後第1号

委員指摘課題につきましては、まずは水道事業者であります沖縄企業が検討するものと承知をしておりますが、三月の委員会での審議も踏まえ、内閣府が呼びかけ、本年四月に沖縄企業沖縄総合事務局等による実務者間での協議を開始させていただいてございます。この会議では、現在の取水状況ダム水運用状況を議題といたしました。

原宏彰

2020-04-15 第201回国会 衆議院 国土交通委員会 第9号

この四月中にガイドラインを最終的に調整を行い、五月には、それぞれの一級水系、九十九水系ございますが、それぞれで事前放流が、具体的に開始基準ですとか水位低下量を、いつやれるかという治水協定を締結するべく今調整を行っておりまして、城山ダムのある相模川水系でも、関東地方整備局と神奈川県企業そして東京電力などが参加するこの水系協議会を設置して、一月から協議しておりますが、予定どおり五月には協定を結べるというふうに

赤羽一嘉

2020-03-19 第201回国会 参議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第4号

二〇一六年、沖縄企業が、沖縄本島中部北谷浄水場におけるPFOSPFOA汚染を公表しました。二〇一九年五月には、宜野湾市民に対する調査全国平均の四倍もの血中有害物質濃度検出されるなど、北谷浄水場から給水を受ける七市町村四十五万人の住民に大きな不安が広がっています。  

伊波洋一

2020-03-19 第201回国会 参議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第4号

水利使用者がほかの水利使用者河川管理者許可を得ることなく緊急的に水の融通を行った事例ということで御紹介をさせていただきますと、平成二十一年に渇水が深刻をいたしました徳島県内におきまして、県の企業所有をしております吉野川北岸工業用水の水を船で輸送いたしまして、別の水系であります阿南工業用水使用した事例などが緊急時の水の融通事例としてあるところでございます。  

塩見英之

2020-03-19 第201回国会 参議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第4号

これは、北谷浄水場取水量の約四〇%、企業取水量の約一四%に当たります。県では、水事情を考慮しながら、河川県ダムなどの他の県水源を優先的に活用する取組を行っており、PFOSPFOA汚染指摘される比謝川等からの取水量は、昨年六月から十月までの間は日量三万二千立米と、平成三十年度の約半分程度まで抑制されています。しかし、県だけの努力には限界があります。  

伊波洋一

2020-03-06 第201回国会 衆議院 国土交通委員会 第2号

今、埼玉県の企業から買っていますよ、もう既に。ですから、もう五霞町も十分必要ないし。  古河市は気の毒ですよ。古河市は水道水を欲しいと思いますけれども。これは法定水利権を上げたらいいですよ。ダムがなくたってちゃんと五十年以上とれるんですから。ダムなんか必要ないんですよ、これは。  

福田昭夫

2019-11-27 第200回国会 衆議院 国土交通委員会 第5号

五霞町は既に埼玉県の企業から水をとっていますから、もう別に思川から取水しなくても大丈夫なんですね。  それから、新規開発するのが栃木市と下野市と壬生町です。今、県の企業と一緒になって広域水道事業供給計画をつくっています。この三市町は、今、地下水水道水を賄っています。南摩ダムで水を開発したら、それを最大六割、表流水にかえるというんですよ。

福田昭夫

2019-06-18 第198回国会 衆議院 安全保障委員会 第10号

他方で、沖縄企業は、沖縄県内の各市町村水道水を供給する事業者として、北谷浄水場水源である河川などを含め、県内各地PFOSPFOA水質調査を行っていると承知をしております。  防衛省としては、沖縄県民の皆様がPFOS等検出に対して不安を抱いておられるということを重く受けとめておりまして、御指摘検査についても、沖縄県、米側及び関係省庁と密接に連携してまいりたいと思っております。  

岩屋毅

2019-06-11 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 第16号

指摘のとおり、このPFOSPFOA沖縄企業北谷浄水場取水地点検出されておりますが、この浄水場においては、粒状活性炭処理設備により、水道水中に含まれるPFOSPFOA合計値平均三十ナノグラムリットル程度に低減されています。ただ、この活性炭交換頻度が高くて費用も掛かっているということも承知しているところであります。

大口善徳

2019-05-31 第198回国会 衆議院 環境委員会 第7号

厚生労働省では、先日、先生からも御質問いただきました後に、沖縄県の企業と面談いたしまして、目標値設定等について意見交換を行ったところでございます。  有機弗素化合物については、現在、水質上の目標値設定されておりませんが、引き続き、最新の科学的知見を収集しつつ、専門家等意見も伺いながら検討を進めていきたいと考えております。

宮嵜雅則

2019-05-31 第198回国会 衆議院 環境委員会 第7号

先日、企業の方と面談いたしまして、その目標値設定等について意見交換を行ったところですけれども、沖縄企業さんとしての考え方をお伺いしつつ、我々としても現状こういう状況だということもお答えしつつ、必要な知見に我々としても更に収集に努力して検討していきたいということでお話しさせていただいております。  

宮嵜雅則

2019-05-10 第198回国会 衆議院 環境委員会 第5号

この三年間というのは、これはとてつもなく長い長い時間、沖縄企業は、活性炭を使って除去したり努力をしている、ひとり頑張っているような状況なんですね。なぜそういう状況が起きているのか。  ここは、日米合同委員会にまず提起すべき立場であろう防衛省から御見解をいただきたいんですけれども、鈴木政務官、お願いします。

屋良朝博

2019-05-10 第198回国会 衆議院 環境委員会 第5号

例えば、嘉手納飛行場近くを流れる河川取水ポンプ場、人が飲む水をとるところですけれども、それをことし三月末に沖縄県の企業がサンプリングした結果、六百八ナノグラム・パー・リットル汚染検出されている。この水は、もう、沖縄県都である那覇市を含めて、かなりの人たち飲料水として使っている飲み水なんですね。  

屋良朝博

2019-05-10 第198回国会 衆議院 環境委員会 第5号

指摘のとおり、沖縄企業北谷浄水場取水地点である比謝川取水ポンプ場長田川取水場等においてPFOSPFOA検出されているという状況承知をしております。  このため、沖縄企業北谷浄水場においては、粒状活性炭処理設備により、水道水中に含まれるPFOS等濃度を低いレベルに処理しているものと承知をしております。

大口善徳

2019-03-20 第198回国会 参議院 経済産業委員会 第3号

さらに、自治体との連携につきましては、工業用水道運営主体であります企業に加えまして、商工部局より工業用水のユーザーの企業情報等を得ながら工業用水安定供給に向けて議論の調整を行っておりますし、また他省庁との連携というお話ございましたけれども、水資源の確保やインフラの維持管理ということでは共通の課題を持っているということでございまして、上水道は所管をしておりますのが厚労省、下水道につきましては国交省

磯崎仁彦

2018-12-04 第197回国会 参議院 厚生労働委員会 第7号

それは、事業体を単純に統合するということだけではなくて、いろいろ、長野県の例も前御指摘いただきましたけれども、県の企業が小さい村の一部事務代行をするとか、いろんな連携の仕方があると思いますので、まさに県が、コンセッションかどうかというのは別にして、地域を見ていただいて、どこの地域でどういう自治体がどういうことを困っているかとか、どういうふうに連携したらいいかというのをしっかり進めていただくというのが

宮嵜雅則

2018-12-03 第197回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号

沖縄企業は、二〇一六年一月、嘉手納基地周辺北谷浄水場などから高濃度残留性有機汚染物質PFOS検出されたことを明らかにしました。企業は、嘉手納基地内を流れる大工廻川から千三百二十ナノグラムの高濃度PFOS検出されたことから、発生源嘉手納基地可能性が高いとして、同基地内でのPFOS使用を直ちに中止するよう強く要請をいたしました。

赤嶺政賢

2018-11-29 第197回国会 参議院 厚生労働委員会 第6号

水道事業も幾つかもうこれ始まってきておりまして、御存じのように、今年の四月一日からは長野県の企業天龍村の事務代替執行簡易水道でやっているんですね。これは技術者を派遣して、もう一人か二人しかいないんで、専門家が。見積りもチェックできないんですよね。ですから、そういうところは県の方で専門家を派遣して、見てあげましょうと。

石井晴夫

2018-11-27 第197回国会 参議院 厚生労働委員会 第5号

議員から御紹介のありました長野企業天龍村の事例のように事務代替執行制度を活用するということや、あるいは福岡県北九州市と宗像地区事務組合事例のように、これは隣接する水道事業者間でございますが、業務の受託、委託をするということも有効な選択肢の一つだというふうに考えております。  

宮嵜雅則

2018-07-19 第196回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第9号

その復旧に当たりましては、広島企業技術支援を受けて、浄水方法変更、また配水ルート変更などを行うことにより、早期の断水解消に向けて取り組んでいるところでございます。  御指摘のとおり、一日も早くという現地の方たちの思いをしっかり受けとめまして、一日も早く給水が再開され、断水が解消されますよう、関係部局連携し、政府一体となって必要な支援を行ってまいる所存でございます。  

高木美智代

2018-05-22 第196回国会 参議院 農林水産委員会 第16号

東京電力企業、日本軽金属、その関連の発電所が戦前戦後の発電開発の中で誕生し、なお、地域産業は、九六%という森林を、自然林を背景とした産業の中で、発電事業への従事者地域の跡取りの人たちの雇用の場、そして豊富な森林の搬出という大きな仕事の中で、日本全国からも当時は林業従事者が早川町の山へは移住してきてその作業に取り組んだという。

辻一幸

2018-02-26 第196回国会 衆議院 予算委員会第八分科会 第2号

これも二回に分けて伺いますけれども、ことし、県の企業と三市町県南広域水道事業供給計画を策定することになっておりますが、企業浄水場をつくり導水管で供給することになると、この三市町水道料金がはね上がることが予想されておりますけれども、これに対して厚労省はどう考えておりますか。

福田昭夫

2017-04-21 第193回国会 衆議院 国土交通委員会 第11号

栃木県の企業が、栃木市、下野市、壬生町と、今後、県南広域水道事業供給計画を策定するということでありますけれども、水道水が高くなることがわかったら、計画はきっと策定されないおそれが高いんじゃないでしょうか。既に栃木市、下野市では、市民による反対団体もできているようであります。  次に、埼玉県、千葉県、東京都の水道水も十分確保されていること。  

福田昭夫