運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
91件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-07-09 第201回国会 参議院 外交防衛委員会 閉会後第1号

政府参考人辰己昌良君) 本年五月の環境等監視委員会におきましては、ジュゴン可能性が高い鳴音が検出された後もジュゴンの姿やはみ跡確認されておりません。  こういう状況を踏まえ、状況説明した上で、委員会におきましては、大浦湾ジュゴンがどのように利用しているか把握できるよう、引き続き調査検討指導するよう助言をいただいたところでございます。

辰己昌良

2020-07-09 第201回国会 参議院 外交防衛委員会 閉会後第1号

政府参考人辰己昌良君) 水中録音装置の本年四月以降の録音データについては現在分析中です。  他方で、ジュゴン可能性が高い鳴音が確認されて以降、環境監視等委員会指導助言を踏まえ、大浦湾とその周辺におきましては従来よりも範囲を拡大してジュゴン生息状況調査を行っております。これまで、六月まででございますが、海草藻場利用状況調査においてジュゴンはみ跡は発見されておらず、航空機からの生息確認調査

辰己昌良

2020-07-08 第201回国会 衆議院 安全保障委員会 第7号

辰己政府参考人 お答えします。  現在進めている工事につきましては、三・一メーターまでの工事でございます。これについて、我々、二の一の方では約九割、それから二については約三割ということを申し上げております。  三・一メーターから四メーターにつきましては、今後着手する予定にしておりまして、これについてまだ進捗を示しておりません。

辰己昌良

2020-06-16 第201回国会 衆議院 安全保障委員会 第5号

辰己政府参考人 委員今おっしゃったように、四月十七日付で沖縄県知事から、六月四日付で沖縄土木建築部長環境部長から文書を受領しております。  その文書では、ジュゴン生育範囲に変化があったことに関する原因調査を含め、事業によるジュゴンへの影響を再評価すること、ジュゴン保護対策について県と協議が終了するまでの間、事業を再開しないことなどについて要求があったものです。  これらに対しましては、六月十一日

辰己昌良

2020-06-16 第201回国会 衆議院 安全保障委員会 第5号

辰己政府参考人 繰り返しになりますが、留意事項において、先ほど申しましたように、埋立てに用いる土砂等採取場所及び採取量を記載した図書、これを変更して実施する場合は、沖縄県から承認を受けることとされておりますので、今回、この留意事項で示された図書添付して、そして変更承認申請を提出しているので、留意事項違反とは考えておりません。

辰己昌良

2020-06-16 第201回国会 衆議院 安全保障委員会 第5号

辰己政府参考人 添付図書につきましては、平成二十五年に沖縄県が、公有水面埋立ての承認書、これに関して付された留意事項において、埋立てに用いる土砂等採取場所及び採取量を記載した図書埋立ての用途及び利用計画の概要を表示した図書環境保全に関し措置を記載した図書、これについて、これらを変更して実施する場合は、沖縄県から承認を受けることとされております。  沖縄防衛局は、この留意事項で示された図書添付

辰己昌良

2020-05-12 第201回国会 衆議院 農林水産委員会 第12号

辰己政府参考人 現在我々がやっている移植におきましては、九群体、オキナワハマサンゴというものでございます。これについては、沖縄県知事から許可を得て移植をしているものでございます。現在、九群体移植しましたが、六群体、これについては生存した状態をキープしています。二群体は死亡して、一群体は流失をしているという状況でございます。  あと、これは国交省の方から以前国会答弁があったと思いますけれども、移植

辰己昌良

2020-03-18 第201回国会 参議院 外交防衛委員会 第4号

政府参考人辰己昌良君) この発注につきましては、シュワブ、ケーソン新設工事第一工区詳細施工計画書において、本業務は、辺野古沖合にて、ポセイドン1を使用したコアサンプル採取及びCPTデータの取得を目的とします、取得したコアサンプル及びCPTデータは、土質調査会社で解析するものとしますといって、目的を示しております。  具体的には、この調査地点において、先端抵抗周面摩擦間隙水圧、この三成分を計測

辰己昌良

2020-03-10 第201回国会 参議院 内閣委員会 第3号

政府参考人辰己昌良君) 現在、沖縄防衛局において、設計変更のため、技術検討会、それから環境監視委員会、こういうところで我々の考え方などを説明して助言指導をいただいているところでございます。まだそのプロセスも残っておりますので、いつ変更承認申請するかということについては決まっておりません。

辰己昌良

2020-03-05 第201回国会 参議院 予算委員会 第7号

政府参考人辰己昌良君) 先ほど申しましたように、このレベル地震動の設定に当たりましては、港湾施設技術上の基準・同解説、これは国交省港湾局が監修しておりますが、これに基づきましてやっているところでございます。  先ほど申したように、辺野古においては、常時微動観測地震観測、実際にそれを観測を行って、近傍港湾、これ今回は運天港という西側の海岸にある方なんでございますが、ここを基本として、ここは

辰己昌良

2020-03-05 第201回国会 参議院 予算委員会 第7号

政府参考人辰己昌良君) お答えいたします。  このレベル地震動につきましては、国交省国土技術政策総合研究所のホームページで公開されている指標がございます。  沖縄県の例で申し上げれば、運天港で最大加速度約六十六ガル、中城湾港で最大加速度約四十四ガルとなっております。  辺野古におきましては、しっかりとした現地において、この常時微動観測地震観測を実施した上で、近傍港湾、これと特性を比較し、

辰己昌良

2019-11-27 第200回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号

辰己政府参考人 お答えします。  本年一月に沖縄防衛局においては、ボーリング調査を行った結果を踏まえて大浦湾側護岸埋立て等の設計施工等に関する検討を行った結果、一般的で施工実績が豊富な工法、サンド・コンパクション・パイル工法などによって地盤改良を行うことにより、護岸埋立てなどの工事を、所要の安定性を確保して行うことが可能であるということが確認されたところでございます。  その上で、現在、これを

辰己昌良

2019-11-27 第200回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号

辰己政府参考人 お答えいたします。  今、現在、沖縄防衛局においてこの具体的な設計等検討を進めているところでございます。この検討に当たりましては、有識者で構成される技術検討会、これを開催して、現在、技術的、専門的見地から客観的な提言、助言を得ることとしており、護岸埋立ての設計施工維持管理を合理的なものにしていきたいと考えております。  御指摘変更承認申請時期について現時点で確たることを

辰己昌良

2019-06-18 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 第18号

政府参考人辰己昌良君) まず、この報告書において、報告書の六ページで、このAvf―cとAvf―c2が違うということを説明しております。それは、六ページの中で、細粒分含有率、それから硬度、そういったものが、固さですね、固さが違う、あるいは土粒子の密度が違うということで、このAvfc層Avf―c2層が違うということで、特性が違うということで区分をしておりますので、そういう各土層強度などの条件を

辰己昌良

2019-06-18 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 第18号

政府参考人辰己昌良君) この地盤検討に当たりましては、港湾施設技術上の基準・同解説、これに基づいて計算をしております。  これによりますと、こういう計測値のばらつきにつきましては変動係数を考慮して補正等を行い適切に設定する、これが基本になっておりますので、これに従ってAvfc層Avf―c2層、それぞれについて変動係数を出した上で我々としてはその値を採用しているところでございまして、Avf―c2

辰己昌良

2019-06-18 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 第18号

政府参考人辰己昌良君) Avf―c2層については、平成三十一年一月の地盤に係る設計施工検討結果報告書において、物理試験力学試験等の結果から地盤強度等特性が異なることが確認されたため、その報告書において、Avfc層から区分して、Avf―c2層として説明をしているところでございます。

辰己昌良

2019-05-29 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 第15号

辰己政府参考人 現在進めている事業につきましては、現行の普天間飛行場、これにつきまして、宜野湾の市街地の真ん中にございますので、非常に危険性が高いということで、これを除去するという必要があることから、地元とも協議をした結果、辺野古沿岸域を活用した上で、辺野古崎を中心とした地域に飛行場をつくることが適切だということで、現在、事業を進めているところでございます。

辰己昌良

2019-05-28 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 第16号

政府参考人辰己昌良君) 今回の報告書にもございますように、我々としては、いろいろな調査をし、土質調査をし、総合的に施工検討した結果、七十メーターまで地盤改良をすれば安定的に護岸施工ができるということを申し上げているところでございます。  また、これまでの例から申し上げても、七十メーターの下の未貫通というか、そういう部分があったとしても、工事が行っているのは一般的であるというふうに聞いております

辰己昌良

2019-05-28 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 第16号

政府参考人辰己昌良君) 御指摘のように、報告書十六ページにおきまして、Avfc層Avf―c2層、これの境界でございますが、これはB27がありますC1護岸周辺ではCDLマイナス七十四・〇メーター程度という表記をしているところでございます。  こういうことも踏まえまして、我々としては、約七十メーターより深いところについては非常に固い粘土層であるというふうに説明をしてきたところでございます。

辰己昌良

2019-05-28 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 第16号

政府参考人辰己昌良君) 御指摘のB27の件でございますが、まず、土の層については、一般的にボーリング調査、それから物理試験音波探査等によって土層がどうであるかを見極めます。その上で強度試験を行いますが、このB27は、先ほど御指摘のあったように、S3、S20、B58と並んで、これらの試験を総合的に判断した結果、Avf―c2層という非常に固い粘土層であるというふうに分類されているところでございまして

辰己昌良

2019-05-20 第198回国会 参議院 決算委員会 第7号

政府参考人辰己昌良君) 普天間の移設、代替施設建設事業に関する建設工事等につきまして、平成二十六年度以降、平成三十一年三月までにおいて、沖縄防衛局で七十七件の契約をし、当初契約額は千五十八億でございます。そのうち六十六件について契約変更を行い、契約変更の、それは増額及び減額ございますが、差引きすると二百四十七億円の増額となっております。

辰己昌良

2019-05-20 第198回国会 参議院 決算委員会 第7号

政府参考人辰己昌良君) お答え申し上げます。  護岸に用いられている岩ズリ埋立工事に用いられている岩ズリ、この単価は異なっております。その理由として、一般に資材の単価は需給のバランス等から時期により変動し得るものでございまして、今般の岩ズリ単価に関しましては、二十七年度から、平成でございますが、二十七年度から平成二十九年度の間に岩ズリを大量に用いることとなる同種の埋立大型工事、那覇空港でございますけれども

辰己昌良

2019-05-16 第198回国会 参議院 内閣委員会 第16号

政府参考人辰己昌良君) 地盤改良検討におきましては、今後、沖縄防衛局において具体的な設計等検討していくことにしております。この検討の中で、できる限り早く返還ができるよう、早期返還ができるように検討を進めていきたいと考えております。  そういう状況でございますので、現段階におきまして、全体の工期について確たることを申し上げる段階にはないと思っておりますが、十分検討をして、できるだけ早く早期返還

辰己昌良

2019-05-16 第198回国会 参議院 内閣委員会 第16号

政府参考人辰己昌良君) 今御指摘のあったように、このキャンプ・シュワブ北側海域においては地盤改良必要性があると認識をしておりまして、今後、十分な検討を行うこととしております。  今般、四月の二十六日ですが、沖縄防衛局の方においてその設計業務発注に向けた公告をしたところでございまして、引き続きこの検討を進めてまいりたい、このように考えております。

辰己昌良

2019-05-16 第198回国会 参議院 内閣委員会 第16号

政府参考人辰己昌良君) お答えいたします。  現在、キャンプ・シュワブ南側海域辺野古側でございますが、ここにおいて埋立工事を進めているところでございます。埋立区域二の一の方でまず昨年の十二月中旬からこの埋立てを開始し、また、埋立区域二の方では今年三月下旬から開始をしているところでございます。  埋立区域二の一につきましては、先月末、四月の末の時点で、沖縄県に提出した事業行為通知書に記載している

辰己昌良

2019-05-15 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 第11号

辰己政府参考人 お答えいたします。  先般、我々の方としては、地盤改良が必要だということで、それに関する検討結果をこの国会にも御提出いたしました。  今後、この工期につきましては、沖縄防衛局において具体的に検討をすることになります。したがって、今の時点において全体の工期がどの程度になると言うことは困難なんですが、しっかりと検討を行って変更承認申請を行っていきたい、このように考えております。

辰己昌良

2019-05-15 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 第11号

辰己政府参考人 お答えいたします。  今、国土交通省の方から御答弁がございましたように、この公有水面埋立法第四条第一項第一号の「国土利用適正且合理的ナルコト」という要件につきましては、公有水面埋立てや埋立地用途国土利用上の観点から適切かつ合理的なものであることを承認等要件とするものと解されると承知しております。  この事業につきましては、平成二十八年の最高裁判決において、普天間飛行場危険性

辰己昌良

2019-04-24 第198回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号

辰己政府参考人 今委員から御指摘がございましたが、地盤改良工事につきましては、海上において三年八カ月という地盤改良に必要な工期というのを、今回、設計施工検討の中で示させていただきました。  今後、より具体的なやり方等をこの変更承認申請プロセスの中で詰めていきたいと思っていまして、現段階で、全体の工期ということを申し上げる段階にはないというふうに思っております。

辰己昌良

2019-04-24 第198回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号

辰己政府参考人 お答えいたします。  全体の、今、経費につきましては、今回ボーリング調査の結果を踏まえまして、今後、地盤改良工事、これを行うことになっております。したがって、これの具体的な設計等を今後十分詰めていくというか、検討していくというふうに考えておりまして、現時点で全体の金額について確たることを申し上げることは困難ですが、しっかりと検討を行った上で変更承認申請を行っていきたい、このように考

辰己昌良

2019-04-24 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 第8号

辰己政府参考人 土の層の分布場所によって異なります。その分布状況に応じて地盤強度場所ごとに異なる、これは一般的だと思っています。  その上で申し上げますと、報告書の十六ページに、こうした場所ごと調査結果を総合して、Avf—c2層などの地盤強度特性を示しております。ここにおきましては先ほど来申している七十四メーターということで、そういう点をこれまでも述べているところでございます。

辰己昌良

2019-04-24 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 第8号

辰己政府参考人 お答えします。  御指摘報告書十六ページにおいて、Avf—c層Avf—c2層、これは物理試験力学試験の結果により、地盤強度等特性が異なるから分離をしているということでございまして、地層境界としては、C—護岸周辺ではCDLマイナス七十四メーター程度であって、上記グラフというのはこの十六ページのグラフですが、その中で、GLからの深度四十二メートル付近と記載しております。

辰己昌良

2019-04-24 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 第8号

辰己政府参考人 死亡が確認されたジュゴン、これを我々は個体Bと呼んでおりますが、これまでの確認状況を踏まえると、工事区域から遠く離れた沖縄島の西海岸にある古宇利島沖を主な生息域としていたものと考えています。  今後、今帰仁村が主体となって、関係者立会いのもと解剖が行われる予定と聞いており、引き続きこの死因についても今帰仁村などから情報収集をしていく考えです。

辰己昌良

2019-04-23 第198回国会 参議院 環境委員会 第6号

政府参考人辰己昌良君) お答えいたします。  普天間飛行場代替施設建設事業におきましては、事業者である沖縄防衛局として、現在、ジュゴン生息状況に関する調査を行っております。具体的には、航空機からの目視によるジュゴン生息状況調査水中録音装置によるジュゴンの鳴音調査潜水目視による海草藻場利用状況調査、このようなものを実施しているところでございます。  さらに、この調査につきましては、航空機

辰己昌良

2019-04-02 第198回国会 衆議院 安全保障委員会 第6号

辰己政府参考人 お答えします。  委員指摘のように、そういう経緯があって、確かに海砂から岩ズリ平成二十四年の段階で変更していることは事実でございます。  一方で、今後の検討については、この砂の検討については、現段階で確定しているものではございませんので、今後検討していきたい、このように考えております。

辰己昌良

2019-04-02 第198回国会 衆議院 安全保障委員会 第6号

辰己政府参考人 先ほどの答弁繰り返しで恐縮でございますが、審査請求が続いておりました。それで、やはりそれに対する影響というのを考慮する必要があるというふうに思っておりました。  一方で、参議院予算委員会の中で、委員長の方から、これは出してほしいという委員長要請でありましたものですから、それを踏まえまして、これは公にしてもよいということで、我々としてはそのときにお出ししたということでございます

辰己昌良

2019-04-02 第198回国会 衆議院 安全保障委員会 第6号

辰己政府参考人 審査請求中であって、基本的にはこの資料についてはお出ししないというふうに申し上げていたところでしたが、参議院予算委員会委員長からの要請がございまして、これを出してほしいということがございましたので、ここは公にすべきというふうに判断をして出させていただいたところでございます。

辰己昌良