運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
265件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

1968-04-12 第58回国会 衆議院 本会議 23号

堀川恭平君 ただいま議題となりました議員穗積七郎君懲罰事犯の件につきまして、懲罰委員会の審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。(拍手)  本件は、去る三月二十二日の本会議において、鯨岡兵輔君外四名提出の懲罰動議可決の結果、懲罰委員会に付託されたのであります。  懲罰委員会におきましては、三月二十八日動議提出者の鯨岡兵輔君から提出の趣旨説明を聞き、四月四日本人穗積七郎君から身上弁明を聴取いたした

堀川恭平

1968-03-28 第58回国会 衆議院 懲罰委員会 3号

○堀川委員長 以上をもちまして、趣旨説明は終わりました。  ただいまの趣旨説明に対する質疑は後日に譲ることといたします。  次回は、来たる四月二日、火曜日、午後一時より委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。    午後一時二十四分散会

堀川恭平

1968-03-27 第58回国会 衆議院 懲罰委員会 2号

○堀川委員長 御異議なしと認めます。よって、 委員長は       鍛冶 良作君    田中伊三次君       安宅 常彦君    石野 久男君 を理事に指名いたします。  この際、暫時休憩いたします。    午後二時十六分休憩      ――――◇―――――   〔休憩後は会議を開くに至らなかった〕

堀川恭平

1968-03-27 第58回国会 衆議院 懲罰委員会 2号

○堀川委員長 これより会議を開きます。  この際、理事の補欠選任についておはかりいたします。  理事でありました前尾繁三郎君、益谷秀次君、江田三郎君、山本幸一君が委員を辞任せられました。その結果、理事が四名欠員となっております。これより理事の補欠選任を行ないたいと存じますが、先例によりまして、委員長において指名するに御異議ありませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

堀川恭平

1968-02-29 第58回国会 衆議院 懲罰委員会 1号

○堀川委員長 これより会議を開きます。  この際、一言ごあいさつをさせていただきます。  私、このたび、はからずも懲罰委員長の重責をになわしていただきました。  申すまでもありませんが、当委員会は、議院規律保持に関し、重大なる責務を果たさなければならないものであります。委員各位の御理解ある御支援がなければとうていむずかしいと存じまするが、御協力を得まして、誠心誠意相つとめ、大過なきを期したいと存じます

堀川恭平

1965-12-27 第51回国会 衆議院 決算委員会 1号

○堀川委員長 これより会議を開きます。  国政調査承認要求に関する件についておはかりいたします。  すなわち、決算の適正を期するため、本会期中において、  一、歳入歳出の実況に関する事項  二、国有財産の増減及び現況に関する事項  三、政府関係機関の経理に関する事項  四、公団等、国が資本金の二分の一以上を出資している法人会計に関する事項  五、国または公社が直接または間接に補助金、奨励金、助成金等

堀川恭平

1965-08-11 第49回国会 衆議院 決算委員会 3号

○堀川委員長 御異議なしと認めます。よってさよう決しました。  次に、委員派遣承認申請に関する件についておはかりいたします。  閉会中審査案件が付託になりました場合、委員を派遣し、その実情を調査するため、議長に対し、委員派遣承認申請を行なうこととし、その手続につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

堀川恭平

1965-08-11 第49回国会 衆議院 決算委員会 3号

○堀川委員長 これより会議を開きます。  まず、閉会中審査申し出に関する件についておはかりいたします。  すなわち、決算の適正を期するため、  一、昭和三十八年度一般会計歳入歳出決算    昭和三十八年度特別会計歳入決算    昭和三十八年度国税収納金整理資金受払計算書    昭和三十八年度政府関係機関決算書  二、昭和三十八年度国有財産増減及び現在額総計算書  三、昭和三十八年度国有財産無償貸付状況総計算書

堀川恭平

1965-08-06 第49回国会 衆議院 決算委員会 1号

○堀川委員長 これより会議を開きます。  理事の補欠選任に関する件についておはかりいたします。  すなわち、理事瀬戸山三男君、田村元君及び福井勇君が委員を辞任されましたので、理事が三名欠員となっております。この際、理事の補欠選任を行ないたいと存じますが、これは先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

堀川恭平