運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
2193件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-06-05 第201回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第10号

でなければ、内部通報者、民間企業でも、信用毀損、威力業務妨害罪、あるいは偽計業務妨害罪、窃盗名誉毀損などで訴えられる可能性もあり、それをやっぱり守らなければならないというふうに思っております。  一元的窓口について一言お聞きをいたします。  行政機関の不適切な通報対応は、一元的窓口へ連絡が来ると考えられます。窓口対応の強化も必要ではないでしょうか。

福島みずほ

2020-06-05 第201回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第10号

ただ、エルズバーグさんは、窃盗秘密漏えいで合計懲役百十五年で起訴されます。しかし、政府が彼を令状なくして盗聴していたことや、それから彼の通っている病院にカルテを取ろうとして侵入したことなどが分かって、裁判では公訴棄却になります。でも、彼自身は、窃盗秘密漏えいなどで懲役百十五年、アメリカの場合は法定刑を加算していきますから、で起訴されています。

福島みずほ

2020-05-27 第201回国会 衆議院 法務委員会 第12号

交通事故ですとか、殺人、性被害、DV被害、窃盗ですとか、詐欺に遭われたとか、とにかく警察被害届を出されて受理された方々は全員犯罪被害者で、その日からとにかく生活が一変し、自分の環境も変わってしまう。非常につらい思いをしていまして、さらに、その被害者をやめることができない状態で、もう大変な思いをしているので、被害者支援が必要となっているんですけれども。  

和氣みち子

2020-05-22 第201回国会 衆議院 外務委員会 第9号

○小熊委員 ぜひその点、実際、本来的には、日本に来たい、日本で働きたい、日本学びたいというベトナム人の多くは、これは、日本が好きであり、日本をまた目標にしながら努力をしたいというところで来られているのが多いというふうにも思いますし、今、原因についても、一概には言えないけれども、るる答弁がありましたが、一方で、不法滞在につながっていったり、また窃盗に走らざるを得ないという状況も、日本側の、受入れ側の

小熊慎司

2020-05-22 第201回国会 衆議院 外務委員会 第9号

ベトナム犯罪の種類と原因についてのお尋ねでございますが、昨年、令和元年中に検挙されましたベトナム人については、入管法違反が検挙人員で千八百六十九人、率で見ますと五五・五%と最も多く、続いて窃盗犯が検挙人員七百八十七人、二三・四%となっており、二つ合わせまして、ベトナム人検挙人員全体の約八割を占めております。  

野村護

2020-05-08 第201回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第3号

報道でもありました、今、学校が休校中、お子さんが留守番をしているときに泥棒と鉢合わせをしたという事件もございましたし、また、外出自粛によって今家にいるという状態をあえて狙っての、工事業者を装って自宅に上がり込むといった窃盗グループ、あるいはこのほかにも、休業要請に今応じて休業していただいている空き店舗に対する空き巣といったところも懸念をされているところでございます。  

安江伸夫

2020-05-08 第201回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第3号

御指摘の、休業中の店舗等に対する侵入窃盗子供のみが在宅する住居への侵入窃盗についても、今後注意を要する犯罪として、各地域犯罪情勢を的確に分析し、各種広報媒体を活用した広報啓発活動の実施、パトロール等の警戒活動の強化、休業等で不在となっている店舗等に対してのパトロールカードを活用した情報提供や、営業中の店舗等に対する防犯指導等の抑止対策を推進するよう指示をしているところでございます。  

小柳誠二

2019-11-15 第200回国会 衆議院 法務委員会 8号

窃盗強盗事犯者のうち、調査期間中に出所して、帰住先が判明した者百六人について、約四割が国内在住となっているが、そのうち在留特別許可を受けたのはすべて居住資格の者であった。上記百六人のうち、退去強制事由に該当して入国管理局引渡しになった者と在留特別許可を受けて国内在住となった者を比較すると、在留特別許可を受けた者は平均刑期が短く、被害額が少ない。  

松田功

2019-11-15 第200回国会 衆議院 法務委員会 第8号

窃盗強盗事犯者のうち、調査期間中に出所して、帰住先が判明した者百六人について、約四割が国内在住となっているが、そのうち在留特別許可を受けたのはすべて居住資格の者であった。上記百六人のうち、退去強制事由に該当して入国管理局引渡しになった者と在留特別許可を受けて国内在住となった者を比較すると、在留特別許可を受けた者は平均刑期が短く、被害額が少ない。  

松田功

2019-11-12 第200回国会 参議院 法務委員会 3号

委員御指摘のクレプトマニアを含む窃盗につきましては、この全国的に統一された標準的なプログラムを策定して行う特別改善指導としては実施しておりませんけれども、各刑事施設において、その収容対象者の特性等に応じて、例えば、高齢で罪名が常習累犯窃盗の者、窃盗受刑者のうちギャンブルに起因して窃盗を繰り返している者、若年期から窃盗事犯を繰り返しており窃盗を累行している者などに対して、一般改善指導として窃盗防止プログラム

名執雅子

2019-11-12 第200回国会 参議院 法務委員会 第3号

委員御指摘のクレプトマニアを含む窃盗につきましては、この全国的に統一された標準的なプログラムを策定して行う特別改善指導としては実施しておりませんけれども、各刑事施設において、その収容対象者の特性等に応じて、例えば、高齢で罪名が常習累犯窃盗の者、窃盗受刑者のうちギャンブルに起因して窃盗を繰り返している者、若年期から窃盗事犯を繰り返しており窃盗を累行している者などに対して、一般改善指導として窃盗防止プログラム

名執雅子

2019-11-08 第200回国会 衆議院 法務委員会 6号

結局、生きていくのにお金が必要だから、働けないということになると、そのために窃盗をしたり何かをしたりということになってしまっているんだと。  条件違反で大体働いている人が多いんじゃないかと思うんですけれども、そういうことを考えると、仮放免期間中に仕事ができるようにしていただきたいと思いますが、ぜひこの検討をお願いをいたします。

初鹿明博

2019-11-08 第200回国会 衆議院 法務委員会 第6号

結局、生きていくのにお金が必要だから、働けないということになると、そのために窃盗をしたり何かをしたりということになってしまっているんだと。  条件違反で大体働いている人が多いんじゃないかと思うんですけれども、そういうことを考えると、仮放免期間中に仕事ができるようにしていただきたいと思いますが、ぜひこの検討をお願いをいたします。

初鹿明博

2019-06-06 第198回国会 参議院 法務委員会 18号

刑法二百四十四条一項を維持したままでは、親族間における窃盗を起きないようにすることもできず、起きてしまった場合に被害者救済することもできません。改めて改正を検討していただきたいと思っております。  最後に、家庭暴力についてお伺いします。  まず、法務省におけるDV対策についてお教え願います。

山口和之

2019-06-06 第198回国会 参議院 法務委員会 18号

国務大臣山下貴司君) これは、まず民事上の権利行使ということで、親族間において窃盗等の被害が生じた場合であっても、被害者民事上、所有権に基づく財物の返還請求不法行為に基づく損害賠償請求をし、被害を回復することが可能でございまして、これによって救済がなされるものと考えております。  

山下貴司

2019-06-06 第198回国会 参議院 法務委員会 18号

刑法上、侮辱罪は、どれだけ重大な侮辱をしても拘留又は科料が科せられるのみですが、窃盗罪は十年以下の懲役又は五十万円以下の罰金とされており、どれだけ軽くても罰金刑が科せられます。  このように、刑法上、侮辱罪の上限よりも窃盗罪の下限の方が重いことに鑑みれば、窃盗があった場合には廃除の請求を広く認めてよいような気がします。

山口和之

2019-06-06 第198回国会 衆議院 安全保障委員会 9号

アメリカが何をしているかというと、要は、覇権争いをしているということもありますけれども、その裏側にあるのは、技術窃盗であるとか、あるいは、後で佐藤副大臣に伺いますけれども、5Gなんかの問題で、今のまま野放しにしておくと、完全にコントロール下に置かれる、あるいは物事が全て引き抜かれる、あるいはハッキングなどの言ってみれば攻撃を受けやすくなる、これに対する防御という形でこういうものを強化していっているわけです

前原誠司

2019-06-06 第198回国会 衆議院 安全保障委員会 第9号

アメリカが何をしているかというと、要は、覇権争いをしているということもありますけれども、その裏側にあるのは、技術窃盗であるとか、あるいは、後で佐藤副大臣に伺いますけれども、5Gなんかの問題で、今のまま野放しにしておくと、完全にコントロール下に置かれる、あるいは物事が全て引き抜かれる、あるいはハッキングなどの言ってみれば攻撃を受けやすくなる、これに対する防御という形でこういうものを強化していっているわけです

前原誠司