運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
10275件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-10-01 第199回国会 参議院 災害対策特別委員会 閉1号

そして、それを頑張ってくれている、消防隊なども頑張ってくれています、建築業界の皆さん、技術ボランティアも頑張っている、自衛隊だけではない。ただ、二千名という、今すぐ今日から動ける、明日も動ける、そういう大規模即応能力を持ったブルーシート設置ができる要員は自衛隊しかいません。しかし、その自衛隊が今日張っているブルーシートの数はゼロでございます。  雨が降り込めば家は腐ります。

小西洋之

2019-08-05 第199回国会 参議院 総務委員会 1号

委員会は、行政制度地方財政選挙消防に加え、情報通信や郵政事業など国民生活に密接に関わる重要な事項を所管しており、その委員長たる職責は誠に重大であると痛感をいたしております。  委員長といたしましては、委員各位の御指導、御協力を賜りまして、公正かつ円満な委員会運営に努めてまいる所存でございますので、何とぞよろしくお願い申し上げます。     ─────────────

秋野公造

2019-08-05 第199回国会 衆議院 総務委員会 1号

次に  第百九十五回国会後藤祐一君外十四名提出、行政機関の保有する情報の公開に関する法律等の一部を改正する法律案 並びに  行政基本制度及び運営並びに恩給に関する件  地方自治及び地方税財政に関する件  情報通信及び電波に関する件  郵政事業に関する件  及び  消防に関する件 以上の各案件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。     

江田康幸

2019-08-05 第199回国会 衆議院 議院運営委員会 2号

の公開に関する法律等の一部を改正する法律案後藤祐一君外十四名提出、第百九十五回国会衆法第五号)   二、地域人口の急減に対処するための特定地域づくり事業の推進に関する法律案細田博之君外十二名提出、第百九十八回国会衆法第三三号)   三、行政基本制度及び運営並びに恩給に関する件   四、地方自治及び地方税財政に関する件   五、情報通信及び電波に関する件   六、郵政事業に関する件   七、消防

高市早苗

2019-06-26 第198回国会 衆議院 総務委員会 17号

次に  第百九十五回国会後藤祐一君外十四名提出、行政機関の保有する情報の公開に関する法律等の一部を改正する法律案 並びに  行政基本制度及び運営並びに恩給に関する件  地方自治及び地方税財政に関する件  情報通信及び電波に関する件  郵政事業に関する件  及び  消防に関する件 以上の各案件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。     

江田康幸

2019-06-26 第198回国会 衆議院 議院運営委員会 34号

行政機関の保有する情報の公開に関する法律等の一部を改正する法律案後藤祐一君外十四名提出、第百九十五回国会衆法第五号)   二、地域人口の急減に対処するための特定地域づくり事業の推進に関する法律案細田博之君外十二名提出、衆法第三三号)   三、行政基本制度及び運営並びに恩給に関する件   四、地方自治及び地方税財政に関する件   五、情報通信及び電波に関する件   六、郵政事業に関する件   七、消防

高市早苗

2019-06-18 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 18号

高校卒業生、大学卒業生は、お互いの、まあ似たような職種と言ったらあれですけれども、安全に関わる警察、海上保安、それから消防と、お互いに取り合いになっているわけですね。そういうような中で、私は、中学校卒業の高等工科学校、ここをもう少し拡充できないかというふうに思っています。  高等工科学校自体を、今陸上自衛隊の一機関なんですけれども、大臣直轄機関にしていただく。

宇都隆史

2019-06-11 第198回国会 衆議院 東日本大震災復興特別委員会 4号

そしてまた、さらには、それだけではなくて、自治会消防団、健康づくり活動、伝統芸能など、地域活動の担い手不足も課題であるというようなことで、調査をしていくということであるんですけれども、ポイントとして、住民、シニア層等や復興事業従事者等を対象に、働く側の意欲やニーズ調査をするというふうにも資料の中にあるわけなんです。  

金子恵美

2019-06-11 第198回国会 参議院 環境委員会 9号

例えば、保健師の方とか精神保健福祉士の方、あるいは消防だとか環境汚染の問題の専門家の方だとか、こういった方と連携した形での支援、自治体動物以外の部署も協働した支援が大切ではないかというふうに思っております。  今回の法改正で、多頭飼育崩壊に陥ってしまうようなそういう飼い主に対する支援、動物愛護の部署だけではない広く連携した支援というのは今回の法改正で拡充されるものなのでしょうか。

武田良介

2019-06-04 第198回国会 衆議院 科学技術・イノベーション推進特別委員会 4号

と同時に、最初の質問ですけれども、災害時、自衛隊消防自治体の連携、郷土の事業者や、当然国交省地方局なんかも、今後、多くのドローンが災害時に飛び交うことが想定をされます。そういったことを踏まえまして、災害時の利用のガイドライン、そういったものをそろそろ策定すべきかなと思っていますけれども、災害時のドローンの利用のガイドラインについて、いかがお考えでしょうか。質問させていただきます。

青山大人

2019-06-04 第198回国会 参議院 国土交通委員会 16号

災害の現地では、どうしても警察消防自衛隊、海保などの実動官庁の皆さんに注目が集まりますが、真っ先に現地に駆け付けて、崩れた土砂の除去、アクセス道路の確保、決壊した堤防の復旧など様々な緊急対応やその後の復旧復興の担い手として大切な役割を果たしているのは、地域建設産業の皆さんです。  

足立敏之

2019-05-29 第198回国会 衆議院 内閣委員会 20号

この防災省という話、党内からもそうした話もあるわけですけれども、ただ、現実問題として、我が国、防災への対応を考えたときに、やはり、最初に出動してもらうのが、消防だとか警察とか、あるいは自衛隊だとか、そうした皆さんにとにかく現地に行っていただいて、さまざまな対応をしていただきます。当然、内閣官房防災の担当者も行くわけでありますけれども。  

菅義偉

2019-05-24 第198回国会 衆議院 災害対策特別委員会 4号

具体的には、地方自治体消防警察などの防災関係機関との連携を含む体制づくりや、それに加えまして、初動時の避難誘導、園内被災者救助に係る手順づくり、外国人や障害を有する方々の要支援者への支援策等の準備を進めているところでございます。  特に、外国人来場者に関しましては、園内における外国語による誘導案内表示や声かけ等の避難誘導措置を必要と考えており、対応を図ってまいるところでございます。  

和泉晶裕

2019-05-24 第198回国会 衆議院 災害対策特別委員会 4号

消防団の方からもよくお話をお聞きするのですが、高齢の方が、避難を呼びかけても、ここは大丈夫、もし何かあってもここで死ぬから心配要らないと言ってなかなか避難をしてくれないというお話をよく耳にします。避難を呼びかけてくださる方々の身の安全のこともありますので、今後、特に危険地域にお住まいの方々には避難の大切さを伝える必要があるかと思います。  

森夏枝

2019-05-24 第198回国会 衆議院 災害対策特別委員会 4号

消防団の方にお聞きをしましたが、例えば木流し工法なども、晴れの日にやる訓練と全く違う、訓練はしていたけれども、実際に災害現場で全く勝手が違い、先輩からその場で学んだとおっしゃっておりました。雨の日には視界も悪い、雨で手が滑る、なかなかうまくいかなかった、実際に雨の日に訓練をすることが必要なのだとお聞きをしました。  ある災害現場で土のうを投入に行った消防団の方にお話をお聞きしました。

森夏枝

2019-05-23 第198回国会 参議院 国土交通委員会 14号

そこで、いろいろと競艇場に行きまして話を聞いてみますと、正規雇用非正規雇用の間に不合理な格差存在をしていることについて何とか改善をしてほしいということでございまして、国交省におかれましては実情を御存じいただいておられるのかどうかということで、例えば非正規雇用者のレスキュー職ですか、では低賃金による人手不足に陥り、採用に至っては消防OBや自衛隊OBといった高齢者雇用に頼らざるを得ないこと、ひいては

野田国義

2019-05-23 第198回国会 参議院 国土交通委員会 14号

町の職員消防団や、あるいは民生委員の皆さんやボランティア、近隣の自治体からの支援で何とか困難を乗り越えてきたのだと伺いました。何の責任も住民にとってはない、それなのに加害者から謝罪もない、割り切れない気持ちだと、このまま泣き寝入りはしたくない、こういう思いが多くの町民の皆さんに共通してあり、誠意ある謝罪と賠償を求めて諦めずに請求しようと立ち上がっている方々がおられます。

山添拓

2019-05-23 第198回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 4号

済みません、先生がおっしゃられるどのぐらいという数量的なものは、大変恐縮ですが、今手元にございませんので、今の認識を御説明をさせていただければというふうに思いますが、当社は、今先生が御指摘ありました、消防車の注水が原子炉以外の経路にバイパスする、つまり、少し抜けていくということで、注水量を十分確保できなかった可能性があるというふうには分析をしてございます。  

文挾誠一

2019-05-23 第198回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 4号

それに加えて、少しお聞きしたいのは、資料Bにもちょっと添えておきましたけれども、これは東電が出された未解明調査添付資料でありますけれども、いわゆる、たしか十二日でしたか、消防車から一号機へ注水がなされた、吉田所長の判断でそれを始めたとされているわけですが、最近のこの資料Bなどを見ますと、注水したものが必ずしも全量原子炉に注入されたわけではない、そういう指摘があります。  

菅直人