運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
14682件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-11-15 第200回国会 衆議院 法務委員会 8号

○藤野委員 つまり、法務省出入国管理部長責任者で、警備課という、まさに今回、当事者に当たるようなところの課長参加して行われたのが今回の調査と。まさにハンスト飢餓死を引き起こした当事者が当事者を調べて、今回の報告書がつくられ、問題なかったという結論に出ているわけですね。  法務省にお聞きしますが、二〇〇七年以降、収容施設での死亡事件というのは何件あったんでしょうか。

藤野保史

2019-11-15 第200回国会 衆議院 法務委員会 8号

    …………………………………    法務大臣         森 まさこ君    法務副大臣        義家 弘介君    法務大臣政務官      宮崎 政久君    最高裁判所事務総局総務局長            村田 斉志君    最高裁判所事務総局民事局長            門田 友昌君    政府参考人    (警察庁長官官房審議官) 河野  真君    政府参考人    (法務省大臣官房政策立案総括審議官

None

2019-11-15 第200回国会 衆議院 法務委員会 8号

各件調査のため、本日、政府参考人として警察庁長官官房審議官河野真さん、法務省大臣官房政策立案総括審議官西山卓爾さん、法務省大臣官房審議官山内由光さん、法務省民事局長小出邦夫さん、法務省刑事局小山太士さん、法務省矯正局長名執雅子さん、法務省保護局長今福章二さん、法務省人権擁護局長菊池浩さん、出入国在留管理庁次長高嶋智光さん及び外務省大臣官房参事官赤堀毅さんの出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが

松島みどり

2019-11-14 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 3号

ハンセン病患者の御家族ということが明示をされ、この問題の重大性が認識されずに国会及び政府においてこれに対する取組がなされてこなかったと、こう明記をされておりますし、まさにそうした患者の皆さんのみならず御家族ということまで明示的に念頭に置きながら対応してきたのかということ、もちろん元患者の方々を含めた全般的な取組もこれまでどうだったのかということも含めて、今、原告家族代表、元患者の方々と我々厚生省法務省

加藤勝信

2019-11-14 第200回国会 参議院 法務委員会 4号

委員御指摘のとおり、国際法人材育成と確保というのは、これは非常に重要でございまして、そういった人材を確保するためには、まずもって国際的な素養を兼ね備えた人材というのを、これを確保していく、そして育成していくことが必要でありますが、法務省といたしましては、研修とかそもそもの国際関係業務、これらを、オン・ザ・ジョブ・トレーニングじゃないですけれども、そういったものなどを通じて、まず法務省職員国際

山内由光

2019-11-14 第200回国会 参議院 法務委員会 4号

外務大臣政務官  中山 展宏君        文部科学大臣政        務官      佐々木さやか君    最高裁判所長官代理者        最高裁判所事務        総局民事局長   門田 友昌君    事務局側        常任委員会専門        員        青木勢津子君    政府参考人        警察庁長官官房        審議官      山田 知裕君        法務省大臣官房

None

2019-11-13 第200回国会 衆議院 法務委員会 7号

両案審査のため、本日、政府参考人として警察庁長官官房審議官河野真さん、法務省大臣官房政策立案総括審議官西山卓爾さん、法務省大臣官房司法法制部長金子修さん、法務省民事局長小出邦夫さん、法務省刑事局小山太士さん、法務省矯正局長名執雅子さん、出入国在留管理庁次長高嶋智光さん及び文部科学省大臣官房審議官森晃憲さんの出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。     

松島みどり

2019-11-12 第200回国会 参議院 法務委員会 3号

       総局民事局長   門田 友昌君        最高裁判所事務        総局刑事局長   安東  章君    事務局側        常任委員会専門        員        青木勢津子君    政府参考人        内閣府大臣官房        審議官      伊藤  信君        警察庁長官官房        審議官      河野  真君        法務省大臣官房

None

2019-11-12 第200回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 3号

本件調査のため、本日、政府参考人として内閣官房ギャンブル等依存症対策推進本部事務局内閣審議官榎本健太郎君、内閣府政策統括官青柳一郎君、内閣府食品安全委員会事務局小川良介君、警察庁長官官房審議官小田部耕治君、消費者庁次長高田潔君、消費者庁政策立案総括審議官橋本次郎君、消費者庁審議官小林渉君、消費者庁審議官坂田進君、法務省大臣官房審議官山内由光君、国税庁長官官房審議官後藤健二君、国税庁課税部長重藤哲郎君

土屋品子

2019-11-12 第200回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 3号

法務省では、人権擁護機関からプロバイダーなどに対する削除要請という取組をしているところでございます。また、昨年十二月に発出した通知に基づいて、部落差別の特殊性を踏まえた新たな運用を開始をしておられます。他方で、海外サイトに対する対応が大変難しいということも聞いております。  このようなサイトへの削除要請の運用における隘路と、それに対する取組はどのようなものなのか、お伺いをいたします。

武村展英

2019-11-12 第200回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 3号

法務省人権擁護機関では、関係行政機関からの通報などによって、インターネット上に特定の地域を同和地区であると指摘するなどの情報認知した場合には、その情報削除をプロバイダーなどに要請するなどしておりまして、このような取組を更に推進するために、委員御指摘のとおり、昨年十二月に発出した通知によりまして、部落差別の特殊性を踏まえて、立件、処理の考え方を整理いたしまして、適切な対応に努めているところでありますが

山内由光

2019-11-08 第200回国会 衆議院 厚生労働委員会 4号

橋本副大臣 先月、厚生労働省法務省文部科学省原告家族代表の皆様方などとの協議の場として、ハンセン病に係る偏見、差別の解消に向けた協議会を立ち上げ、御家族の方々から貴重なお話や御意見をお伺いしたところでございます。  そして、その中で、例えば、国というのは無らい県運動というのをやってきたわけですね。

橋本岳

2019-11-08 第200回国会 衆議院 厚生労働委員会 4号

本件調査のため、本日、政府参考人として人事院事務総局給与次長佐々木雅之君、法務省大臣官房審議官山内由光君、文部科学省大臣官房審議官蝦名喜之君、総合教育政策社会教育振興総括官寺門成真君、厚生労働省医政局長吉田学君、健康局長宮嵜雅則君、雇用環境・均等局長藤澤勝博君、老健局大島一博君の出席を求め、説明を聴取したいと存じますが、御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

盛山正仁

2019-11-08 第200回国会 衆議院 厚生労働委員会 4号

今、橋本副大臣から言及がありました、先月、十月二日の原告団、弁護団の皆様との協議の場、私も法務省代表して出席をさせていただきました。  その際に、御家族の方から、御両親は病気になりたくてなったわけではない、でも、この世で一緒に暮らすことができない、その悲しみがあって、その御家族の方は、分骨をしてでも将来あの世で一緒に暮らして、失った時間を取り戻したい、こんなお話も聞かせていただきました。

宮崎政久

2019-11-08 第200回国会 衆議院 法務委員会 6号

各件調査のため、本日、政府参考人として警察庁長官官房審議官太刀川浩一さん、警察庁長官官房審議官河野真さん、金融庁総合政策審議官油布志行さん、法務省大臣官房政策立案総括審議官西山卓爾さん、法務省民事局長小出邦夫さん、法務省刑事局小山太士さん、法務省人権擁護局長菊池浩さん及び出入国在留管理庁次長高嶋智光さんの出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。     

松島みどり

2019-11-08 第200回国会 衆議院 法務委員会 6号

重度の障害をお持ちの方々がそれぞれの人格と個性が尊重される共生社会を実現することは、法務省の重要な施策の一つであります。  お尋ねの重度障害者の方々への就労支援事業ということに関しては、法務省の所管外であるため、私からはお答えをすることができないのでございますが、法務省の所管の限りで申し上げれば、今申し上げましたとおり、共生社会の実現ということで、法務省の重要な施策に入っております。  

森まさこ

2019-11-08 第200回国会 参議院 予算委員会 3号

法務省は、入管法の改正についてで、実は最低賃金を下回る事例も含めて、より高い賃金を見せるために偽装をしました。個票の開示は拒否をしました。  これ、総理、行政を前に進めていくという、総理が言われている行政がこのような状況です。先ほど申し上げたように、憲法七十二条で、あなたには行政各部を指揮監督する責任があります。これ、こんな異常な状況が続いていることについてどう思われますか。

福山哲郎

2019-11-07 第200回国会 衆議院 憲法審査会 2号

今回面談したエストニア法務省幹部から、憲法には明確性が求められており、解釈運用によらず、できるだけ明文の規定整備を心がけているという言葉は、私の耳に深く残っております。  このたびの海外調査により、憲法審査会の一員として、時代や社会情勢の変化に鑑み、我が国の実情を踏まえた憲法改正の議論をしていくことの重要性を改めて痛感したことを申し述べまして、私の発言といたします。  ありがとうございました。

新藤義孝

2019-11-07 第200回国会 参議院 農林水産委員会 2号

       藤木 眞也君    事務局側        常任委員会専門        員        大川 昭隆君    政府参考人        内閣官房内閣審        議官       大角  亨君        内閣府大臣官房        長        大塚 幸寛君        内閣府地方創生        推進事務局審議        官        村上 敬亮君        法務省大臣官房

None

2019-11-07 第200回国会 参議院 農林水産委員会 2号

これは、省庁ヒアリングで農林水産省厚生労働省法務省、いろいろ呼んでいます。厳しく、さっきの水産庁に対するヒアリングのように厳しい要求がなされたものというふうに思います。平成二十八年十二月六日なんです。ここに出席しているのは原英史さん、株式会社政策工房代表取締役社長、原さんだけでよろしいですね。

森ゆうこ

2019-11-07 第200回国会 参議院 財政金融委員会 2号

中西健治君 いや、もうちょい、あれですね、法務省金融庁、そして法務省外局であります出入国在留管理庁、さらには警察、ここら辺の情報共有というのがなされなければ、これは増える一方ということになるだろうと思います。そして、どこかの番組がまたその実態を取り上げるということになるんじゃないかと思いますよ。

中西健治

2019-11-07 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 2号

単独の省庁で比べると法務省が二番目で、それでも百十五時間です。何と五十時間以上違うんです。  これと、実際に私どもが目にした中で、この厚生労働省の年間の超過勤務時間三百八十九・七時間というのは、大臣、まあ以前大臣だったときもよく見ていたと思います、これはそんなもんだと思っていますか。

足立信也

2019-11-06 第200回国会 衆議院 予算委員会 3号

   (内閣府大臣官房カジノ管理委員会設立準備室審議官)            徳永  崇君    政府参考人    (内閣府沖縄振興局長)  原  宏彰君    政府参考人    (内閣府地方創生推進事務局審議官)        村上 敬亮君    政府参考人    (総務省自治財政局長)  内藤 尚志君    政府参考人    (消防庁次長)      米澤  健君    政府参考人    (法務省刑事局

None

2019-11-06 第200回国会 衆議院 予算委員会 3号

として内閣官房内閣審議官大西証史君、内閣官房内閣審議官石川卓弥君、内閣官房TPP等政府対策本部政策調整統括官澁谷和久君、内閣官房内閣人事局人事政策統括官堀江宏之君、内閣法制局第一部長北川哲也君、人事院事務総局総括審議官西浩明君、内閣府大臣官房カジノ管理委員会設立準備室審議官徳永崇君、内閣府沖縄振興局長原宏彰君、内閣府地方創生推進事務局審議官村上敬亮君、総務省自治財政局長内藤尚志君、消防庁次長米澤健君、法務省刑事局小山太士君

棚橋泰文

2019-11-06 第200回国会 衆議院 予算委員会 3号

○渡辺(周)委員 そこで、あわせて伺いますけれども、先週金曜日に衆議院本会議法務省所管の会社法という法律の質疑が行われる予定でありました。我々野党も既に質問の準備をして、用意に入っておりました。しかし、法務大臣、所管大臣の突然の辞任によって、与党の提案でこの本会議は流れました。  この臨時国会の審議の日程も相当窮屈になるだろうと言われる中で、これ以上国政を停滞させてはならない。

渡辺周

2019-11-06 第200回国会 衆議院 法務委員会 5号

    逢坂 誠二君       落合 貴之君    高木錬太郎君       松田  功君    松平 浩一君       山川百合子君    山本和嘉子君       藤野 保史君    串田 誠一君     …………………………………    法務大臣         森 まさこ君    法務副大臣        義家 弘介君    法務大臣政務官      宮崎 政久君    政府参考人    (法務省大臣官房政策立案総括審議官

None

2019-11-06 第200回国会 衆議院 法務委員会 5号

各件調査のため、本日、政府参考人として法務省大臣官房政策立案総括審議官西山卓爾さん、法務省大臣官房審議官山内由光さん、法務省大臣官房司法法制部長金子修さん、法務省民事局長小出邦夫さん、法務省刑事局小山太士さん及び法務省矯正局長名執雅子さんの出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

松島みどり

2019-11-06 第200回国会 衆議院 内閣委員会 4号

これは内閣府だけではなくて、法務省農水省も、二十四年度の契約額と二十九年度の契約額、農林水産省は約半分に下がっている。にも増して、これは前年度を上回ればいいので、一回落としてしまえば、また少しずつ上げていけば目標を達成してしまう。  先ほど言ったように、各省庁が率先して積極的に障害施設への物品、役務を調達して、障害者の就労を拡大していく、その趣旨に私はこの調達方針は沿っていないと。

中島克仁

2019-10-29 第200回国会 参議院 文教科学委員会 1号

法科大学院については、先般改正された法科大学院教育司法試験等との連携等に関する法律等に基づき、法務省等の関係機関と連携して、法科大学院教育の改善充実に取り組みます。  障害者が一生を通じて自らの可能性を追求できるよう、福祉部局等と連携した切れ目のない支援体制の構築や、障害のある子供の自立と社会参加に向けた特別支援教育の充実、障害者の生涯にわたる多様な学習活動の充実に取り組みます。  

萩生田光一