運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
3653件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-01-28 第201回国会 衆議院 総務委員会 第1号

それともう一点、土手が、堤防等が切れた場合に、本流の水が引きますと、後、国交の大型の排水ポンプで排水をするわけでございますが、私のところではいつも浸水被害というのがありまして、いわゆる陸水がたまってくるわけですが、それを排水するために、消防ポンプ、小型の動力ポンプで排水をしているというのが実情でございますが、あの小型動力ポンプは、砂あるいはごみが詰まりますと能力を発揮いたしません。  

池田道孝

2020-01-28 第201回国会 衆議院 財務金融委員会 第1号

また、国交の方から佐々木政務官にも御出席をいただいておりまして、よろしくお願いいたします。  私の方からは、今回の補正の内容の主に災害対策への関連の予算について、直接予算がついていること、ついていないことあると思いますが、その中身についてお尋ねをさせていただきたいなというふうに考えております。  今回、二兆三千億円の関連予算災害対策ということでついているということでございます。

森田俊和

2020-01-28 第201回国会 衆議院 財務金融委員会 第1号

幾つも水門があって、それをどうやって管理するのかというのは、非常にこれは連絡調整も難しいと思いますし、それを事前にやるというのも大変な苦労があると思いますけれども、少しでも生命財産に対するリスクを減らすという意味では、もう一回、事前にそういった綿密な協力関係、あるいは水門を閉める順番とかそういうタイミングだとかも調整をしながら細かくやっていくということが求められるかなと思いますので、ぜひ引き続き、国交

森田俊和

2020-01-28 第201回国会 衆議院 財務金融委員会 第1号

これを受けまして、国交では、同様の事象の再発防止のために、全国の鉄道事業者軌道事業者に対しまして、浸水による被害発生時に運行への影響が大きい施設の浸水対策について緊急点検を指示させていただいております。  この結果を踏まえまして、昨年十二月二十四日に、新幹線における車両やあるいは信号通信機器室等の重要施設、車両と重要施設に関して、浸水対策の考え方を取りまとめさせていただいております。  

佐々木紀

2020-01-17 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 閉会後第1号

それで、その収集した情報を提供することについてお尋ねしたいんですが、不審船を発見したら国土交通省を通じて船舶会社に連絡するというふうに報道されておるんですが、これ、対象となる船舶への連絡経路ですね、現場にこういう不審船がいますよという連絡をキャッチして、それから国交を通じてということでありますが、船舶会社に連絡するということでありますが、何か直接は連絡できないんですか。

浅田均

2019-12-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 7号

さて、国交に尋ねます。  二〇一八年末から、在沖米軍人軍属及びその家族らによる、道路運送法上の営業許可のない自家用車、いわゆるYナンバー車による白タク行為沖縄県内各地で横行し、大きな社会問題になっています。米軍人らによるYナンバー車を使った白タク行為は、明確な国内関係諸法令の違反であり、同時に、県内のタクシー業界の経営基盤を脅かす悪質な行為であります。  国交に尋ねます。  

照屋寛徳

2019-12-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 第7号

さて、国交に尋ねます。  二〇一八年末から、在沖米軍人軍属及びその家族らによる、道路運送法上の営業許可のない自家用車、いわゆるYナンバー車による白タク行為沖縄県内各地で横行し、大きな社会問題になっています。米軍人らによるYナンバー車を使った白タク行為は、明確な国内関係諸法令の違反であり、同時に、県内のタクシー業界の経営基盤を脅かす悪質な行為であります。  国交に尋ねます。  

照屋寛徳

2019-12-04 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 4号

あとは、武田大臣に、今の質疑でも明らかになったように、何かということになると内閣府防災災害救助法は担当なんですけれども、それ以外は国交だ、やれ、それ以外はどの省だというようなところで、多岐にわたります。レクのときにも、消極的な権限争いが起こってしまっていて、正直どこに聞けばいいのかよく分からないということもございました。

小沼巧

2019-12-04 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 第4号

あとは、武田大臣に、今の質疑でも明らかになったように、何かということになると内閣府防災災害救助法は担当なんですけれども、それ以外は国交だ、やれ、それ以外はどの省だというようなところで、多岐にわたります。レクのときにも、消極的な権限争いが起こってしまっていて、正直どこに聞けばいいのかよく分からないということもございました。

小沼巧

2019-12-03 第200回国会 参議院 国土交通委員会 第5号

そうした思いの中で、国交としましては、誰でも利用しやすいUDタクシーの普及促進を図っておりますが、これは先日、ちょっと一部報道がございましたが、UDタクシーで乗車拒否が随分あるという報道がありました。  この中で、ちょっと詳細な分析はこれからなんですが、恐らく、一つは運転手さんの心のバリアフリーみたいな話。

赤羽一嘉

2019-12-03 第200回国会 参議院 国土交通委員会 第5号

その後、文書での回答を求められましたけれども、国交としては、その質問内容について十分に御理解いただける回答をするためにお会いして説明した方がよいと考えておりまして、関東地方整備局からも再面談の申入れを行っているところでございます。  また、先ほど御指摘ありました資料三ですけれども、二十一項目、質問全般に関わる国交のスタンスとして、平成三十一年の二月五日に文書にて回答を行ったところでございます。

池田豊人

2019-12-03 第200回国会 参議院 財政金融委員会 第5号

国交にこの前の積み残しのお話を聞きます。  リーマン・ショックの期間、二〇〇八年に起きて四、五年デフレが続いた。デフレの時代には実質金利というのは高くなるわけですね、物価がマイナスになりますからね。そうすると、実質国債利回り、割引率の参考にしている実質国債利回りというのは自然に高くなっちゃうんですよ、これね。そうすると、この異常時期を除くと割引率はどれくらいになりますか。

渡辺喜美

2019-12-03 第200回国会 衆議院 環境委員会 第3号

こういった小規模で分散型の雨庭の取組は、実は、国交がことしの七月にグリーンインフラ推進戦略ということを発表しました。ここで雨水の貯水、浸水対策の推進という考え方にも、これは完全に合致するのでありまして、こういった取組を戸建て住宅マンション学校や寺院や公園公共、民間問わず政策的にどんどん応援していくことが必要なのではなかろうかというのが私の提案なんですね。

繁本護

2019-11-29 第200回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 5号

政府参考人中原淳君) 住宅団地東京圏にどれだけあるかということにつきましては、先ほど御紹介しました平成三十年度に行われた国交の調査では、五ヘクタール以上の規模で全国に約三千ぐらいの団地があるわけでございますけれども、そのうち東京圏にあるのが約二〇%、あと一都三県ということでございますと、七百一団地で二四%ぐらいになりますけれども。  

中原淳

2019-11-29 第200回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 5号

災害リスクの高い団地がどれだけあるかということでございますけれども、今回、制度の検討に当たって参考といたしました平成三十年に国交が実施した住宅団地の調査においては、災害発生のおそれのある区域に立地しているかどうかということについては調査対象となっておりませんでしたので、お尋ねのその災害リスクの高い団地住宅団地の数については、現状では統計的に分かっておりませんけれども、委員の御指摘の観点も踏まえて

中原淳

2019-11-29 第200回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第5号

政府参考人中原淳君) 住宅団地東京圏にどれだけあるかということにつきましては、先ほど御紹介しました平成三十年度に行われた国交の調査では、五ヘクタール以上の規模で全国に約三千ぐらいの団地があるわけでございますけれども、そのうち東京圏にあるのが約二〇%、あと一都三県ということでございますと、七百一団地で二四%ぐらいになりますけれども。  

中原淳

2019-11-29 第200回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第5号

災害リスクの高い団地がどれだけあるかということでございますけれども、今回、制度の検討に当たって参考といたしました平成三十年に国交が実施した住宅団地の調査においては、災害発生のおそれのある区域に立地しているかどうかということについては調査対象となっておりませんでしたので、お尋ねのその災害リスクの高い団地住宅団地の数については、現状では統計的に分かっておりませんけれども、委員の御指摘の観点も踏まえて

中原淳

2019-11-28 第200回国会 参議院 国土交通委員会 4号

資料の八に付けておりますけれども、今後、二〇二六年になりますと、設置しましてから五十年を経過する施設が約四割、さらに、二〇三六年になりますと六割になるということ、これも国交の資料で出てきておりますので、この問題の深刻だということを強調させていただきたいというふうに思います。  国交は、九月の二十五日に、自治体などが管理する港湾施設の五年に一度の点検状況というのを発表されております。

武田良介

2019-11-28 第200回国会 参議院 国土交通委員会 4号

以前東京港を視察した際、国交の直轄事業で整備された臨港道路南北線の沈埋トンネル工法という非常に高い技術を拝見をさせていただきました。海底に沈埋函というものを沈めてトンネルを通すわけですけれども、そのつなぎ合わせる誤差が数センチも許されないという大変高い技術に驚かされました。  一方、昨年、国交では、PORT二〇三〇ということで中長期政策を示されています。

朝日健太郎