運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
6331件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-03-18 第201回国会 参議院 農林水産委員会 第4号

委員御指摘のとおり、昨年十二月に東アフリカ地域にサイクロンが上陸したこと等が原因となって、サバクトビバッタが現在大繁殖しているという状況にございます。  国連食糧農業機関、FAOによりますと、本年六月までに通常の四百倍のサバクトビバッタが発生する可能性があり、東アフリカ地域を中心に、二千二十万人が深刻な食料危機に直面する可能性があると予測されておると承知しております。  

赤松秀一

2020-03-18 第201回国会 参議院 農林水産委員会 第4号

○宮沢由佳君 アフリカ豚熱に対して、水際で多くの方々が尽力いただいていることには心より感謝と敬意を表したいと思いますが、その上で、アンケート結果の報道を見ると、年間十七万人が違法に豚肉製品を日本に持ち込んでいる可能性が浮かび上がったとのことです。  今後探知犬を増やすなどの措置をとると伺いましたが、この探知犬の数足りるのでしょうか。

宮沢由佳

2020-03-11 第201回国会 衆議院 農林水産委員会 第4号

これからアフリカ豚熱感染が一番脅威となるわけなんですけれども、出入国管理法を改正して、輸入禁止されている、持込禁止されている食肉を持ち込んだ人を入国拒否をする、これを明記するべきだという議論を私どもさせていただいているんですが、これは明記は難しいというようなことをずっと法務省、入管庁の方が言っているんですが、改めてその見解についてお聞きしたいと思います。

重徳和彦

2020-03-11 第201回国会 参議院 政府開発援助等に関する特別委員会 第3号

今やこのビジョンは、米国から豪州、ASEAN、インドアフリカへと広がりつつあります。外務省としては、自由で開かれたインド太平洋の実現に向け、質の高いインフラ整備、人材育成法制度整備支援など、協力を更に推進してまいります。  二つ目は、地球規模課題への取組です。近年、国際社会では、難民移民問題、防災気候変動、海洋プラスチックごみの問題が大きく注目されています。

茂木敏充

2020-03-10 第201回国会 衆議院 財務金融委員会 第8号

ちょっといわゆるオーバーウエートしたら、ちょっとお金をやったらすぐにすっと通してくれるなんて国は、私ども、そういうところばかり、長いことアフリカにおりましたので、そういうところに住んでいましたのであれですけれども、日本の場合、そこらのところはえらいしっかりしている。モラルが高いと言われた点は、私ども、大変誇りに思っておるところです。  

麻生太郎

2020-03-10 第201回国会 衆議院 財務金融委員会 第8号

ちょっといわゆるオーバーウエートしたら、ちょっとお金をやったらすぐにすっと通してくれるなんて国は、私ども、そういうところばかり、長いことアフリカにおりましたので、そういうところに住んでいましたのであれですけれども、日本の場合、そこらのところはえらいしっかりしている。モラルが高いと言われた点は、私ども、大変誇りに思っておるところです。  

麻生太郎

2020-03-10 第201回国会 参議院 経済産業委員会 第2号

世界にはいまだ電力を利用できない人々が数多く存在し、特にアジアアフリカでは安価で手に入れやすい石炭から電力を得ようとする国が多いという事情がございます。こうした観点も含めまして、COPの場におきましては今後も様々な立場から議論が行われるものと考えてございまして、一律に将来の可能性を見通すということは困難であろうというふうに考えてございます。  

矢作友良

2020-03-06 第201回国会 衆議院 外務委員会 第2号

本件調査のため、本日、政府参考人として外務省大臣官房長垂秀夫君、大臣官房儀典長海部篤君、大臣官房地球規模課題審議官塚田玉樹君、大臣官房審議官加野幸司君、大臣官房審議官宇山秀樹君、大臣官房審議官高杉優弘君、大臣官房参事官赤堀毅君、大臣官房参事官山中修君、大臣官房参事官遠藤和也君、大臣官房参事官有馬裕君、大臣官房参事官河津邦彦君、アジア大洋州局長滝崎成樹君、北米局鈴木量博君、中東アフリカアフリカ部長森美樹夫君

松本剛明

2020-03-06 第201回国会 衆議院 外務委員会 第2号

時間が少なくなっておりますので、ちょっと一問、アフリカに関して。  昨年は、アフリカ開発会議、TICAD7が行われました。このTICAD7はビジネスTICADとも位置づけられて、ビジネスを中心として活性化していこう、援助よりも投資ということで言われておりました。その後、日本企業によるアフリカ投資は進んでいるのか。

山田賢司

2020-03-06 第201回国会 衆議院 外務委員会 第2号

TICAD7におきましては、アフリカ開発のあり方について、民間ビジネスの活力を活用する観点から活発な議論を行い、この際、山田政務官、当時の政務官にも大いに御活躍いただいたところでございます。  御指摘いただきました対アフリカ民間投資でございますが、今後、三年後に開催されますTICAD8に向けまして準備を進める中で、改めて達成状況を確認していくことになります。  

森美樹夫

2020-03-06 第201回国会 参議院 予算委員会 第8号

エボラ出血熱のエボラはアフリカ中央部の川の名前、クリミア・コンゴ出血熱はクリミアが半島の名前、コンゴが国の名前、マールブルグ病のマールブルグはドイツの伝統ある大学都市の名前です。ラッサ熱のラッサはナイジェリアのラッサ、ラッサ村という村の名前、そして、南米出血熱の名前で法律上はくくられているところのアルゼンチン出血熱、ボリビア出血熱、ベネズエラ出血熱、ブラジル出血熱、それぞれ国の名前です。  

青山繁晴

2020-03-05 第201回国会 衆議院 農林水産委員会 第3号

そして、最後の質問になりますが、豚熱、アフリカ豚熱。  もう豚熱に関しては国内に入ってきてしまっていますが、アフリカ豚熱が入ってくれば大変です。今回の新型コロナと同様に、一度水際のところで破られてしまうと、もういかんともしがたくなってしまうといったところで、この資料の最後の一番裏のページですね、資料の4、入管法の改正案につきまして、私どもの方からも法律の方を出させていただいております。  

近藤和也

2020-03-05 第201回国会 衆議院 農林水産委員会 第3号

より感染力の強い、致死率の高いアフリカ豚熱は絶対に侵入させることのないように、農水省を挙げて取り組んでいただきたいと思っております。  水際対策にやり過ぎはないと思います。アフリカ豚熱の水際対策について、今後も徹底して行われると思いますが、特に強化したところ、そして今後更に強化できると検討中のものがあれば教えていただきたいと思います。大臣、お願いします。

森夏枝

2020-03-05 第201回国会 参議院 外交防衛委員会 第2号

また、TICAD7の成果も踏まえ、アフリカ開発を力強く後押しします。軍縮・不拡散や国連安保理改革の実現、国際機関日本人職員増強にも取り組みます。  以上の諸課題への対応について、着実かつ具体的な成果を上げるため、総合的な外交力の強化と戦略的な対外発信に努めます。  北村委員長を始め、理事、委員各位の御指導と御理解を心からお願い申し上げます。

茂木敏充

2020-03-04 第201回国会 衆議院 外務委員会 第1号

また、TICAD7の成果も踏まえ、アフリカの開発を力強く後押しします。軍縮・不拡散や国連安保理改革の実現、国際機関日本人職員の増強にも取り組みます。  以上の諸課題への対応について、着実かつ具体的な成果を上げるため、総合的な外交力の強化と戦略的な対外発信に努めます。  松本委員長を始め、理事、委員各位の御指導と御理解を心からお願い申し上げます。

茂木敏充

2020-02-26 第201回国会 参議院 国際経済・外交に関する調査会 第3号

さらに、赤い四角で囲っておりますように、中国は自国に豊富な鉱物資源を有するのみならず、アフリカ南米等において積極的に鉱山権益の獲得を行っていて、日本はしばしば負けているわけでございます。自分で持っているのに、更にほかの国の権益も取っているということです。  それで、じゃ、海はどうなのか。そういうふうな陸上の状況になって、海はどうなのかということで、これは海底物資源の種類でございます。

浦辺徹郎

2020-02-26 第201回国会 参議院 国際経済・外交に関する調査会 第3号

もう一つ、提言では、気候変動問題に関して、経済性やエネルギーセキュリティーの観点から、アジアアフリカを中心に今後も化石燃料を利用する状況は継続される見通しと、このように示されておりますけれども、脱炭素化について、特に石炭火力の今後の見通しについて参考人はどのようにお考えになっているか、お聞きをいたします。

小林正夫

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第四分科会 第1号

そういう意味では、多分、十五歳からスタートして五年間のこの勉強期間というのは、すごく日本人にもあるいは世界の若者にも合っているからこそ、タイですとかモンゴルですとかあるいはアフリカなどからも、熱い、言うならラブコールをいただいているんだというふうに思っていまして、六十年間培ってきた高専の仕組み、制度というものを更に磨きをかけて、全国の人材育成の拠点にしていきたいな、こんな思いでおります。

萩生田光一

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第五分科会 第1号

アフリカ豚熱、豚熱、この水際対策、蔓延予防といったことについても、やはり同様に国からの明確な基準が欲しいということは多くの自治体からいただいているところであります。そして、今回は対象が全ての人ということでございます。多くの方々が、こういったときこそ明確な基準を示してほしい、はっきりしてほしいといったことを言っているということは、ぜひともお伝えしたいと思います。  

近藤和也

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第六分科会 第1号

江藤大臣におかれましては、就任してから、台風被害への対応、そして今もありましたけれども、豚熱、CSF、アフリカ豚熱、ASF対策等、本当にさまざまな取組をしていただいております。十分かどうかというのは、もちろん、現場で対応していただいている皆様方の声を聞いていただいて、そして御確認をいただいていることだというふうに思っております。

金子恵美

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第六分科会 第1号

また、既に今国会において、議員立法家畜伝染病予防法の改正によりまして、アフリカ豚熱の予防的殺処分の対象疾病化もなされたという状況にあります。  政策は非常に拡充して、進んだように思いますけれども、やはり何といっても、基本は飼養衛生管理、各家畜の所有者、農家の日ごろの衛生管理がやはり基本であるということは変わりませんし、これを改めて私は強調しなければいけないというふうに思います。  

簗和生

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第六分科会 第1号

松くい虫及びナラ枯れ被害対策への重点支援、及びCSF、いわゆる豚熱、あるいはアフリカ豚熱対策についての侵入防止緊急支援事業について。  これは予算が、積雪地ですと、やはり冬になると使い切れないということがあります、繰越しをお願いしますということ。それから、CSFについての水際防疫の強化について御見解をいただきまして、それをもって私の質問を終わらせていただきます。

津島淳

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第三分科会 第1号

アフリカは、急速な人口増加を背景に、潜在力の高い未来の成長大陸と考えられており、アフリカ諸国とのビジネス関係の拡大は、日本の今後の成長の大きな鍵になると考えています。こうした考えのもと、二〇一九年八月のTICAD7において、安倍総理が対アフリカ民間投資の拡大について表明しました。これを実現するための外務省の取組について教えてください。

高村正大

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第三分科会 第1号

先生がおっしゃるとおり、アフリカは、世界の四分の一を占める五十四カ国を擁する、二十一世紀最大のフロンティアであります。我が国は、アフリカとの関係強化、アフリカ自身が主導する発展を力強く後押しをしていく考えであります。  特に、アフリカとの関係強化には、先生おっしゃるとおり、ビジネスの結びつきが非常に重要であります。

中谷真一

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第三分科会 第1号

○高村分科員 これから本当に日本人口がどんどん減っていくと言われている中で、やはりアフリカに対する投資というのは非常に大切だと思います。情けは人のためならず、しっかりと今アフリカに投資することが将来日本に返ってくる、こういった思いで、ぜひ、我々だけがいいんじゃなくて、アフリカの皆さんとともに、世界が豊かになっていく、こういったことをしっかりと進めていただければと思います。  

高村正大

2020-02-19 第201回国会 参議院 国民生活・経済に関する調査会 第2号

ユニセフのホームページによりますと、小学校に通っていない子供の割合が世界で最も高い地域が今、サハラ以南のアフリカ地域だと言われています。そこが約五人に一人だというんです。日本子供たちが同じような状況になってしまっています。これでよいのでしょうかね。  その学校に行っていない子供たちは、就労をしている子供たちが多いです。児童労働です。この問題を日本はほっておいていいんでしょうかね。  

小島祥美

2020-02-12 第201回国会 参議院 国際経済・外交に関する調査会 第2号

参考人(さかなクン君) 先ほども申し上げたんですが、アフリカセネガルに伺ったときに、タコつぼでタコ資源を増やす、そして日本カキ垂下式養殖を取り入れてカキの増加を図ることを実際セネガルの方々が行われていて、実際に本当に増えてきていることも見せていただきました。

さかなクン

2020-02-12 第201回国会 参議院 資源エネルギーに関する調査会 第1号

また、対岸のアフリカの角と言われているところでは、ソマリアにやはり橋頭堡を築きつつありまして、このような形でイエメン、それからイエメン沖のアデン湾などに力を投影する状況にあります。  これに対抗している形で、イランがホーシー派と言われる武装民兵を支援しているとされるイエメン情勢にどう関わっているのかということになりますと、やはりテヘランを頂点としてこのような格好になります。

田中浩一郎

2020-02-12 第201回国会 参議院 資源エネルギーに関する調査会 第1号

中東の情勢あるいは世界の情勢、今日お話をお聞きしましたけれども、まず、中東においても、この難しい情勢の中で、エネルギー政策は多分三十年、四十年、数十年先にどこから調達していくかということも見据えながら考えていかないといけないという中で、例えば中東の中での多様化の試みですね、日本における試みがまだ余地があるのかどうかということと、今、例えばロシアと話をしていたり、様々な取組ありますけれども、例えばアフリカ

こやり隆史

2020-02-12 第201回国会 参議院 資源エネルギーに関する調査会 第1号

例えば、中東以外、じゃ、どこに目を向けるのかということで、今先生もおっしゃられました例えば東アフリカとか、あるいはもう少し遠くなりますけれども、西アフリカというところも視野に入れてもいいのかもしれません。  ただ、問題は、最終的にここの地域は、仮にホルムズを通らなかったとしても、インド洋を通り、さらにその先、マラッカを抜けて南シナ海があるわけですよね。

田中浩一郎

2020-02-12 第201回国会 衆議院 予算委員会 第11号

すなわち、和牛遺伝資源を守るための法案二本、種苗など植物遺伝資源を守るための法案一本、そして、アフリカ豚熱など家畜伝染病の発生予防、蔓延防止のための法案一本の合計四本です。  パネルの、一番目の危機である人口減少、高齢化に話を戻します。  この危機は今後更に加速します。現在の出生率死亡率を前提にすれば、今から八十年後の西暦二一〇〇年に、日本人口は現在の半分を大きく下回る五千九百万人になります。

赤澤亮正

2020-02-12 第201回国会 衆議院 予算委員会 第11号

例えば、上陸審査の過程で輸入禁止畜産物を違法に持ち込んで売買しようとしていることが判明したような場合でありますとか、また、同五条の一項十四号において「日本国の利益又は公安を害する行為を行うおそれがあると認めるに足りる相当の理由がある」場合と規定しておりますところ、アフリカ豚熱ウイルス等を本邦内で拡散するなどの目的で同ウイルスに感染した畜産物を持ち込もうとする外国人については、これに該当する場合には、

森まさこ

2020-02-12 第201回国会 衆議院 予算委員会 第11号

次に、現在、日本養豚関係者が最も恐れているウイルス感染症アフリカ豚熱に触れます。  次のパネルをごらんいただきたいと思います。  最初に、本年一月三十日に成立し、二月五日に公布された、施行された議員立法による家畜伝染病予防法改正の紹介をいたします。  まず、これまで豚コレラ、アフリカ豚コレラとしてきた法令上の名称を、豚熱、アフリカ豚熱に改めました。

赤澤亮正