運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
9014件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-11-27 第200回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 3号

一般に、米軍が訓練を通じて各種技能の維持向上を図ることは、即応態勢という軍隊の機能を維持する上で不可欠の要素であり、日米安保体制の目的達成のために極めて重要であると考えております。  同時に、米軍は、全く自由に訓練を行ってよいわけではなく、接受国である我が国の法令を尊重し、我が国の公共安全に妥当な考慮を払って活動すべきものであるということは言うまでもございません。

有馬裕

2019-11-27 第200回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 3号

今、委員より御指摘のありましたとおり、外国軍隊に対する受入れ国の法令の適用及び免除に関する原則について申し上げれば、一般に、受入れ国の同意を得て当該受入れ国内にある外国軍隊及びその構成員等は受入れ国の法令を尊重する義務を負いますが、個別の取決めがない限り、軍隊の性質に鑑み、その滞在目的の範囲内で行う公務については、受入れ国の法令の執行や裁判権等から免除されると考えられております。  

有馬裕

2019-11-27 第200回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号

一般に、米軍が訓練を通じて各種技能の維持向上を図ることは、即応態勢という軍隊の機能を維持する上で不可欠の要素であり、日米安保体制の目的達成のために極めて重要であると考えております。  同時に、米軍は、全く自由に訓練を行ってよいわけではなく、接受国である我が国の法令を尊重し、我が国の公共安全に妥当な考慮を払って活動すべきものであるということは言うまでもございません。

有馬裕

2019-11-27 第200回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号

今、委員より御指摘のありましたとおり、外国軍隊に対する受入れ国の法令の適用及び免除に関する原則について申し上げれば、一般に、受入れ国の同意を得て当該受入れ国内にある外国軍隊及びその構成員等は受入れ国の法令を尊重する義務を負いますが、個別の取決めがない限り、軍隊の性質に鑑み、その滞在目的の範囲内で行う公務については、受入れ国の法令の執行や裁判権等から免除されると考えられております。  

有馬裕

2019-11-12 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 3号

南シナ海における現状変更が、警察権を前面に出してその後軍隊が出てくるという手法を取っていて、四段階に分けるならば、まず島の領有権を宣言する、二番目には領有の根拠となる国内法を整備する、三番目には周辺海域の調査を行う、四番目には海警などの法執行機関により中国の国内法を執行する、その後にプレゼンスを高めてから軍が出てくるといったような形で現状の変更が行われてきたということがなかなか受け入れられずにいます

秋野公造

2019-11-12 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 第3号

南シナ海における現状変更が、警察権を前面に出してその後軍隊が出てくるという手法を取っていて、四段階に分けるならば、まず島の領有権を宣言する、二番目には領有の根拠となる国内法を整備する、三番目には周辺海域の調査を行う、四番目には海警などの法執行機関により中国の国内法を執行する、その後にプレゼンスを高めてから軍が出てくるといったような形で現状の変更が行われてきたということがなかなか受け入れられずにいます

秋野公造

2019-11-07 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 2号

国務大臣河野太郎君) 米軍が訓練を通じてパイロットの技能の維持及び向上を図ることは、即応態勢という軍隊の機能を維持する上で不可欠の要素であり、日米安保条約目的達成には極めて重要なものであります。他方、米軍は全く自由に訓練を行ってよいわけではなく、我が国の公共安全に妥当な考慮を払って活動すべきであることは言うまでもありません。  

河野太郎

2019-11-07 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 第2号

国務大臣河野太郎君) 米軍が訓練を通じてパイロットの技能の維持及び向上を図ることは、即応態勢という軍隊の機能を維持する上で不可欠の要素であり、日米安保条約目的達成には極めて重要なものであります。他方、米軍は全く自由に訓練を行ってよいわけではなく、我が国の公共安全に妥当な考慮を払って活動すべきであることは言うまでもありません。  

河野太郎

2019-10-24 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 2号

今この国で、米軍が持っているオスプレイに対して知見や、今回も購入するわけでありますから、米軍との間でさまざまな訓練をしているということからして、大臣、私の提案ですけれども、そのまま、米軍の調査報告書を海上保安庁は何も検証しないまま送致をするというんじゃなくて、米軍のこの事故報告書が、同じ軍隊である防衛省から見て、これは非常に合理的で正しいものだ、これは間違いではないというようなことをきちっと検証して

下地幹郎

2019-10-24 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 2号

多くの日本人は、アメリカ戦略に基づき軍隊が前方展開しており、地理的に優位性がある沖縄基地を集中させている、それはアメリカの都合だよ、アメリカ戦略だよというふうに信じている、それは事実かどうかということを聞いたんです。そうすると、国務、国防の両省担当者は同じ答えでした。いや、それは違うよ、日米両政府が協議して決めているというふうに説明しておりました。  

屋良朝博

2019-10-24 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 第2号

今この国で、米軍が持っているオスプレイに対して知見や、今回も購入するわけでありますから、米軍との間でさまざまな訓練をしているということからして、大臣、私の提案ですけれども、そのまま、米軍の調査報告書を海上保安庁は何も検証しないまま送致をするというんじゃなくて、米軍のこの事故報告書が、同じ軍隊である防衛省から見て、これは非常に合理的で正しいものだ、これは間違いではないというようなことをきちっと検証して

下地幹郎

2019-10-24 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 第2号

多くの日本人は、アメリカ戦略に基づき軍隊が前方展開しており、地理的に優位性がある沖縄基地を集中させている、それはアメリカの都合だよ、アメリカ戦略だよというふうに信じている、それは事実かどうかということを聞いたんです。そうすると、国務、国防の両省担当者は同じ答えでした。いや、それは違うよ、日米両政府が協議して決めているというふうに説明しておりました。  

屋良朝博

2019-10-10 第200回国会 衆議院 予算委員会 1号

これについて、普通に読むと、我々は戦争をしてしまったが、これは二度としません、軍隊は持ちません、だから、平和を愛する周りの多くの国々の人々を信頼して、守ってもらって、我々は自分たちの安全を保持しようというような記載になっているんですね。  私は、これは、やはり我々としては、自分たちの国を自分たちで守る、これは当たり前だと思います。

井野俊郎

2019-10-10 第200回国会 衆議院 予算委員会 第1号

これについて、普通に読むと、我々は戦争をしてしまったが、これは二度としません、軍隊は持ちません、だから、平和を愛する周りの多くの国々の人々を信頼して、守ってもらって、我々は自分たちの安全を保持しようというような記載になっているんですね。  私は、これは、やはり我々としては、自分たちの国を自分たちで守る、これは当たり前だと思います。

井野俊郎

2019-06-13 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 17号

その説明責任が果たされないと、新規に採用する作戦や戦略の妥当性を検討する機会が失われ、民主主義の下での軍隊に必要な社会との協同が失われるのではないかと危惧します。  最後に、幾つか指摘させていただきたいことがあります。参考人は以下の問題に明確な回答を持っているわけではありませんが、大綱、中期防の今後を考えるときにどうしても考慮いただきたい内容とお考えいただければと思います。  

佐藤丙午

2019-06-13 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 17号

それから次に、柔軟な抑止措置ということですが、これは一五年の日米防衛協力ガイドラインの中でもタイムリーな演習が抑止力を高めるという表現を取っておりますが、これは何かというと、軍事体制を全般を示すことによって相手に乱暴をさせないという一般抑止という概念とは違って、相手が出てきたときに、それにこちらも軍隊をぶつけることによって防衛意思を示すというか、相手の行動を拒否しようとするという意味では一種の緊急抑止

柳澤協二

2019-06-13 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 第17号

その説明責任が果たされないと、新規に採用する作戦や戦略の妥当性を検討する機会が失われ、民主主義の下での軍隊に必要な社会との協同が失われるのではないかと危惧します。  最後に、幾つか指摘させていただきたいことがあります。参考人は以下の問題に明確な回答を持っているわけではありませんが、大綱、中期防の今後を考えるときにどうしても考慮いただきたい内容とお考えいただければと思います。  

佐藤丙午

2019-06-13 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 第17号

それから次に、柔軟な抑止措置ということですが、これは一五年の日米防衛協力ガイドラインの中でもタイムリーな演習が抑止力を高めるという表現を取っておりますが、これは何かというと、軍事体制を全般を示すことによって相手に乱暴をさせないという一般抑止という概念とは違って、相手が出てきたときに、それにこちらも軍隊をぶつけることによって防衛意思を示すというか、相手の行動を拒否しようとするという意味では一種の緊急抑止

柳澤協二

2019-06-07 第198回国会 参議院 本会議 24号

日米安全保障条約に基づき我が国が米軍の我が国への駐留を認めていることは、軍隊としての機能に属する諸活動を一般的に行うことを前提としています。  一般に、米軍が飛行訓練などを通じて各種技能の維持向上を図ることは、即応態勢という軍隊の機能を維持する上で不可欠の要素であり、日米安保体制の目的達成のために極めて重要です。  

河野太郎

2019-06-07 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 16号

一般国際法上は、外国軍隊が駐留する場合に、地位協定あるいはそれに類する協定に明文の規定がある場合を除いては、接受国の国内法令の適用はない。つまり、原則ない、適用ないのが原則で、地位協定あるいはそれに類する協定に明文の規定がある場合のみ、それが適用されるということであります。  これは原則と例外が逆転してしまっていると読めるんですけれども、これは外務省の判断が変わったんでしょうか。

津村啓介

2019-06-07 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 16号

外国軍隊に対する受入れ国の法令の適用及び免除の原則につきましては、第一に、一般に、国家はその領域内で主権を有しておりまして、属地的にその領域内にある者には、外国人を含め、その国の法令が適用されるところでございます。  第二でございますが、一般に、受入れ国の合意を得まして、当該受入れ国内に、外国軍隊及びその構成員などは、受入れ国の法令を尊重する義務を負うところでございます。

あべ俊子

2019-06-07 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 第16号

一般国際法上は、外国軍隊が駐留する場合に、地位協定あるいはそれに類する協定に明文の規定がある場合を除いては、接受国の国内法令の適用はない。つまり、原則ない、適用ないのが原則で、地位協定あるいはそれに類する協定に明文の規定がある場合のみ、それが適用されるということであります。  これは原則と例外が逆転してしまっていると読めるんですけれども、これは外務省の判断が変わったんでしょうか。

津村啓介

2019-06-07 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 第16号

外国軍隊に対する受入れ国の法令の適用及び免除の原則につきましては、第一に、一般に、国家はその領域内で主権を有しておりまして、属地的にその領域内にある者には、外国人を含め、その国の法令が適用されるところでございます。  第二でございますが、一般に、受入れ国の合意を得まして、当該受入れ国内に、外国軍隊及びその構成員などは、受入れ国の法令を尊重する義務を負うところでございます。

あべ俊子

2019-06-07 第198回国会 参議院 本会議 第24号

日米安全保障条約に基づき我が国が米軍の我が国への駐留を認めていることは、軍隊としての機能に属する諸活動を一般的に行うことを前提としています。  一般に、米軍が飛行訓練などを通じて各種技能の維持向上を図ることは、即応態勢という軍隊の機能を維持する上で不可欠の要素であり、日米安保体制の目的達成のために極めて重要です。  

河野太郎