運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
5853件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-08-05 第199回国会 衆議院 厚生労働委員会 1号

)  保育等従業者の人材確保のための処遇の改善等に関する特別措置法案(西村智奈美君外九名提出、第百九十六回国会衆法第三九号)  産後ケアセンターの設置の推進のための児童福祉法及び社会福祉法の一部を改正する法律案(阿部知子君外九名提出、第百九十六回国会衆法第四〇号)  公職の候補者となる労働者の雇用の継続の確保のための立候補休暇に関する法律案(森山浩行君外十名提出、第百九十八回国会衆法第一九号)  認知症基本法案

None

2019-08-05 第199回国会 衆議院 厚生労働委員会 1号

第百九十六回国会、西村智奈美君外九名提出、保育等従業者の人材確保のための処遇の改善等に関する特別措置法案  第百九十六回国会、阿部知子君外九名提出、産後ケアセンターの設置の推進のための児童福祉法及び社会福祉法の一部を改正する法律案  第百九十八回国会、森山浩行君外十名提出、公職の候補者となる労働者の雇用の継続の確保のための立候補休暇に関する法律案  及び  第百九十八回国会、田村憲久君外五名提出、認知症基本法案

冨岡勉

2019-08-05 第199回国会 衆議院 議院運営委員会 2号

の人材確保のための処遇の改善等に関する特別措置法案(西村智奈美君外九名提出、第百九十六回国会衆法第三九号)   四、産後ケアセンターの設置の推進のための児童福祉法及び社会福祉法の一部を改正する法律案(阿部知子君外九名提出、第百九十六回国会衆法第四〇号)   五、公職の候補者となる労働者の雇用の継続の確保のための立候補休暇に関する法律案(森山浩行君外十名提出、第百九十八回国会衆法第一九号)   六、認知症基本法案

高市早苗

2019-06-26 第198回国会 衆議院 議院運営委員会 34号

三、保育等従業者の人材確保のための処遇の改善等に関する特別措置法案(西村智奈美君外九名提出、第百九十六回国会衆法第三九号)   四、産後ケアセンターの設置の推進のための児童福祉法及び社会福祉法の一部を改正する法律案(阿部知子君外九名提出、第百九十六回国会衆法第四〇号)   五、公職の候補者となる労働者の雇用の継続の確保のための立候補休暇に関する法律案(森山浩行君外十名提出、衆法第一九号)   六、認知症基本法案

高市早苗

2019-06-26 第198回国会 衆議院 厚生労働委員会 23号

   吉川美由紀君     ――――――――――――― 委員の異動 六月二十六日  辞任         補欠選任   塩崎 恭久君     鳩山 二郎君 同日  辞任         補欠選任   鳩山 二郎君     塩崎 恭久君     ――――――――――――― 六月二十五日  公職の候補者となる労働者の雇用の継続の確保のための立候補休暇に関する法律案(森山浩行君外十名提出、衆法第一九号)  認知症基本法案

None

2019-06-26 第198回国会 衆議院 厚生労働委員会 23号

障害福祉従事者の人材確保に関する特別措置法案  第百九十六回国会、西村智奈美君外九名提出、保育等従業者の人材確保のための処遇の改善等に関する特別措置法案  第百九十六回国会、阿部知子君外九名提出、産後ケアセンターの設置の推進のための児童福祉法及び社会福祉法の一部を改正する法律案  森山浩行君外十名提出、公職の候補者となる労働者の雇用の継続の確保のための立候補休暇に関する法律案  及び  田村憲久君外五名提出、認知症基本法案

冨岡勉

2019-06-25 第198回国会 衆議院 本会議 32号

さらに、現在、高齢者の七人に一人が認知症ですが、この比率も増加しています。  いわゆるロスジェネの問題もあります。就職氷河期など厳しい時代に社会に出た四十歳プラスマイナス五、六歳の世代は一千万人を超えます。非正規雇用が多く、老後の年金も低年金になってしまいます。  自民党が労働者派遣を大胆に解禁したことを契機に非正規雇用が増加し、今や被用者の四割にもなりました。

長妻昭

2019-06-21 第198回国会 参議院 本会議 28号

このワーキング・グループは、業界寄りの学者や金融機関、投資会社などの関係者で構成されており、その議事録を丁寧に読むと、議論の中心は、お年寄りの持つ貯蓄をどうすれば死ぬまで投資に振り向けさせることができるかということであり、特に繰り返し議論されているのは、認知症になったお年寄りに投資をさせるにはどうすればよいかということです。  

大門実紀史

2019-06-20 第198回国会 参議院 環境委員会 10号

六、愛玩動物看護師の資格取得のための教育養成機関等における費用負担の増加等が、動物看護師志望者を抑制することにつながらないよう、動物看護師全体の処遇の向上に向けて、その社会的役割の周知や認知度の向上等、必要な環境整備に努めること。  七、動物の愛護及び管理に関する法律の実効性を確保する観点から、愛玩動物看護師が適切に役割を果たすことができるよう、同法との連携に十分配慮すること。  

宮沢由佳

2019-06-20 第198回国会 参議院 環境委員会 10号

環境省にもお伺いをしたいと思いますが、衆議院の答弁の中で、処遇の向上に向けて、その社会的役割の周知、認知度の向上、必要な環境整備をやっていくということを答弁されておりますけれども、これは動物看護師の処遇改善だとか賃金の引上げにつながっていくというふうに捉えていいんでしょうか。

武田良介

2019-06-18 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 18号

その際、子どもに体罰をしてしまった保護者を追い込むのではなく、その行為の非を自ら認知し、再発の防止が確保されるよう、可能な限り早期に適切な子育ての方法や相談窓口について周知し、支援すること。また、本法施行後二年を目途として検討される民法の懲戒権の在り方については、子どもの権利の擁護に関する国際的動向を踏まえ、規定の削除を含め、早急に検討を加え、その結果に基づいて必要な措置を講ずること。  

川合孝典

2019-06-18 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 18号

例えば、認知症になった方々の保護をどうするかという問題ですとか、いろいろな問題が触れられていると認識をしております。  その中で、いわゆる資産形成支援制度、先生おっしゃいましたiDeCoとかNISAですとか、そういうものの普及推進ということも重要であるということが述べられていると認識をしております。

佐藤則夫

2019-06-14 第198回国会 衆議院 財務金融委員会 16号

あるいは高齢期のときになりますと、認知能力が低下してくる、こうしたものに対して、金融サービスを提供する側が、そうした認知能力が低下してくるという中で、そういう方々が多くなることを踏まえたサービスの改善が必要になる。こういった方策について議論してきたということを報告申し上げた次第でございます。

三井秀範

2019-06-14 第198回国会 衆議院 財務金融委員会 16号

例えば、認知症の対策をどうするんだということが随分とあちこちで何カ所も書かれてございまして、これは非常に大事な問題意識だと思いますね。やはり、相当の方々が今後認知症に、軽度も含めてなる、そのときに、その皆さんの資産は相当の金額があると言われていますね、数百兆円に及ぶのではないかという試算もあるわけでありますけれども、それをどうしていくのかというのは、これからの社会全体で考えなければならない問題だ。

竹内譲

2019-06-14 第198回国会 衆議院 財務金融委員会 16号

○麻生国務大臣 今御指摘のありました認知症、これにつきましては、政府全体として総合的な施策というものを推進していくために、認知症施策推進大綱の策定というものに向けて取り組んでいるところ、これは御存じのとおりです。  

麻生太郎

2019-06-13 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 17号

警察におきましては、児童虐待が疑われる事案を認知した場合には、関係機関と連携しながら児童の安全の確保、保護を行うとともに、事案の緊急性、危険性を踏まえ、事件化すべき事案については厳正な捜査を行っているところでございます。  

小田部耕治

2019-06-13 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 17号

私も、親権の在り方については、法律的な部分もあろうかと思いますので、私の方からこうすべきというふうなことは今持ち合わせておりませんですが、先生がおっしゃるように、ステップファミリーが非常に多いので、そういう中でのトラブルは私もいっぱい経験しておりますけれど、子供さんのお母さん、実母さんが新しいお父さんに気を遣って、虐待を見ている、認知をしているんだけれども止めれなかったり、それはDVの問題なんかもあるわけですが

佐藤伸一

2019-06-12 第198回国会 衆議院 内閣委員会 22号

○田中政府参考人 警察庁におきましても、児童が被害者等である事案を認知した際には、児童の負担軽減や供述の信用性の確保のため、警察、検察及び児童相談所が連携し、児童の事情聴取に先立って協議を行い、関係機関の代表者が聴取を行う取組を推進しているところであります。  

田中勝也

2019-06-12 第198回国会 衆議院 内閣委員会 22号

経済的な理由により就学が困難な児童生徒に対して就学援助がなされるためには、児童生徒の保護者が制度を認知するということが重要であることから、子供の貧困に関する指標として、市町村における制度の周知状況が指標となっているところであります。  

中村裕之

2019-06-12 第198回国会 衆議院 経済産業委員会 16号

こうした状況を踏まえて、経産省としては、電気主任技術者の確保が円滑に進められるよう、まず業界に働きかけて、電気保安業界の認知度向上や入職促進を目的とする業界横断的な協議会のことし夏の設立を促すということ、そして、電気主任技術者の資格取得に関するオンライン学習制度の導入の検討などに取り組んでいるところであります。  

世耕弘成

2019-06-11 第198回国会 衆議院 東日本大震災復興特別委員会 4号

地元企業の参画を促進をしていく、これはもちろんでございますが、それとあわせて、地元の方々が、やはり一番この原発で、エネルギーで苦労した私たちがこうした未来のエネルギーをここでやっているのだ、また、世界一の研究拠点になっていくのだという、こうした誇りを持っていただきながらかかわっていただけるように、構想に対する地元の認知度を更に向上させていくことが必要と考えます。  

高木美智代

2019-06-10 第198回国会 参議院 決算委員会 10号

次に、認知症対策の充実強化についてお伺いいたします。  認知症は神経の変性疾患で、高齢になればなるほど発症するリスクが高まります。人生百年時代を迎え、病を持っていても社会参加し、人生を全うすることが大切であり、言わば有病息災で生きていかなければなりません。認知症の問題は、誰もが関わるリスクがあり、避けて通れない国家の課題として捉える必要があります。  

石井みどり

2019-06-10 第198回国会 参議院 決算委員会 10号

○内閣総理大臣(安倍晋三君) 認知症対策については、二〇一五年に策定した新オレンジプランに基づき、総合的な施策を進めてきたところであります。今後、認知症の方の大幅な増加が見込まれる状況を踏まえれば、更に踏み込んだ対策を検討し、速やかに実行していく必要があります。  

安倍晋三

2019-06-07 第198回国会 衆議院 環境委員会 9号

五 愛玩動物看護師の資格取得のための教育養成機関等における費用負担の増加等が、動物看護師志望者を抑制することにつながらないよう、動物看護師全体の処遇の向上に向けて、その社会的役割の周知や認知度の向上等、必要な環境整備に努めること。  六 動物の愛護及び管理に関する法律の実効性を確保する観点から、愛玩動物看護師が適切に役割を果たすことができるよう、同法との連携に十分配慮すること。  

屋良朝博

2019-06-07 第198回国会 衆議院 環境委員会 9号

環境省といたしましては、愛玩動物看護師が、愛玩動物に関する十分な知識や技能を有し、その適正な飼養に関する専門家としての役割が広く認知されることが重要と考えてございます。  また、愛玩動物看護師の活躍の場は、動物病院を主として、ペットショップでございますとか教育機関など、多岐にわたることが期待されているところでございます。  

正田寛

2019-06-06 第198回国会 参議院 法務委員会 18号

そして、相談等を通じて被害を認知した場合には、被害者の安全を最優先とし、警察や配偶者暴力相談支援センター等の関係機関と連携して被害者の保護を図るなど、事案に応じた適切な措置を講じているところです。  

菊池浩

2019-06-06 第198回国会 参議院 法務委員会 18号

この場合でも、相談等を通じて被害を認知した場合には、被害者の安全を最優先として、警察や関係機関と連携して被害者の保護を図るなど、事案に応じた適切な措置を講ずることとしているわけですけれども、大事なことは早期発見、早期対応であると認識しております。  

菊池浩

2019-06-06 第198回国会 参議院 内閣委員会 22号

障害のある方、認知症の方々が財産の管理や日常生活に支障が生じた場合に社会全体でどのように支えていくのか、ますます重要になってきております。  そこで、まず、制度利用促進の観点から、成年被後見人等の欠格条項の問題点についてどのようにお考えか、宮腰大臣にお伺いいたします。

竹内真二

2019-06-06 第198回国会 参議院 内閣委員会 22号

高齢化が進む中、地域におきましては、介護サービスが必要であったり、あるいは入院が必要であるにもかかわらず認知症により契約ができないといったケース、また消費者被害や虐待などの権利侵害のケース、こういった判断能力の低下などによる権利擁護ニーズ、これが増加をしてございます。

八神敦雄

2019-06-06 第198回国会 参議院 内閣委員会 22号

あの状況を鑑みまして、実は今、高齢の認知症ばかりじゃなくて若年の認知症も多々生まれてきていると、こういう現状の中から、我々、家族の問題であったり自分自身の問題でもある、そういうことも考え合わせながら、この成年後見人制度というものにしっかりとやはり私たち自身が関わっていかなければならない、そんな思いで質問をさせていただきたいと思っております。  

相原久美子

2019-06-06 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 15号

おばあちゃんも認知症を患っていらっしゃったようです。この男児もちょっと知的障害があったというようにお聞きをしております。で、ネグレクトのような状態だったというふうに聞いておりますけれども。  こういった高齢者の方、そして子供といった形でこの虫歯というのがあるわけですけれども、おとつい、六月四日の日に、う蝕対策ワーキンググループというところで報告書が公表されております。

熊野正士