運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
9088件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-06-19 第198回国会 参議院 本会議 27号

過酷な日々に疲弊しているとの現場の訴えに緊急の対応が求められます。  児相職員が、一人一人の子供家族と十分な関わりを持ち、本来の相談支援ができる体制を保障することが急務になっています。個々の職員が適切なケース数を維持できるよう、国の責任で、必要な人員の確保と計画的な人材育成を図ること、専門性にふさわしい処遇改善を早急に行うべきです。

倉林明子

2019-06-11 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 16号

その悲痛な訴え、叫びがいろんな手段を取られながらも手に入れられてしまったということに対して、どういう予防措置を、防止措置をするのかということが三点目でした。  これは政府案の方にしっかり対応されていると思いますが、その趣旨を、虐待防止法の五条だと思いますが、そこをしっかり答弁してください。

足立信也

2019-06-06 第198回国会 参議院 法務委員会 18号

その内容でございますけれども、こちらから選択肢を提供して回答を求めたものなので幾つかの類型でお聞きしているわけですけれども、養親からの養育困難の訴えがあったものが十件、養親等による虐待があったというふうに把握をされたものが六件、児童の問題行動があったというふうなものが三十六件、それから児童病気や障害が明らかになったもの八件、また、それ以外に養親が離婚されたなどその他の問題があったというのが八件、こんなふうな

藤原朋子

2019-06-05 第198回国会 参議院 本会議 23号

お父さんに暴力を受けています、先生、どうにかできませんかという必死の訴えがあったにもかかわらず、千葉県野田市事件では、子供の最後のとりでである児童相談所も、学校教育委員会も、市町村等関係者も、リスクを見極めることができず、使える仕組みもチャンスもいっぱいあったにもかかわらず、幼い命を救うことができませんでした。昨年の目黒区事件も全く同じです。無念でなりません。  

山本香苗

2019-06-05 第198回国会 衆議院 厚生労働委員会 22号

でも、その阿部さんたちの訴えに応えて、今度はお昼寝中に抜き打ちの立入検査をする、そこまで市を変えたんですよ。そして、こうした事件にたくさんかかわってきた寺町東子弁護士が具体例を四例紹介して、参加者一同、胸を痛める、こんなことがあるのかと驚きを隠せなかった。  私が一番驚いたのは、外傷があって、顔が変わっていて虐待が疑われるような事案でさえも、SIDSだと施設側が平気で言い逃れをしてきたんだと。

高橋千鶴子

2019-06-04 第198回国会 参議院 国土交通委員会 16号

今回の法案に関係して工期もまた質問をしたいというふうに思いますが、先ほど、私も去年の十一月の末のこの国土交通委員会質問で、工事不能日程であったり週休二日とか、そういうような予測し得るものは当然工期として織り込むように、著しく短い工期はなくすべきだというようなことをお訴えをして、今回、この改正案にもその趣旨が盛り込まれていることはまず評価をしたいというふうに思います。  

矢倉克夫

2019-06-04 第198回国会 参議院 国土交通委員会 16号

労働組合が立ち上げたツイッターには、写真もありますが、地下三階の床にシートを敷いて机代わりの段ボールにぐったりと伏している労働者の様子や、元請社員命令で早朝から入場口で強制挨拶行動をさせられる、十八年間働いた中で一番ひどい、大成建設は職人を人間扱いしていない、あるいは、今日も父は朝五時半に家を出て翌朝の二時半を回っても帰ってこない、家族みんな心配でしようがないといった訴えまでありました。  

山添拓

2019-05-31 第198回国会 衆議院 文部科学委員会 17号

委員御指摘の、女子選手のテストステロン値を制限する国際陸連の新規則につきまして、南アフリカのセメンヤ選手、それから南アフリカ共和国の陸上競技連盟がスポーツ仲裁裁判所、CASに訴えていた件につきましては、今ございましたように、五月一日にセメンヤ選手らの訴えを退ける判断が示されたことは承知しております。  

今里讓

2019-05-31 第198回国会 衆議院 文部科学委員会 17号

○馳委員 次に、五月一日、ローザンヌのスポーツ仲裁裁判所、CASにおいて、陸上女子中距離選手のキャスター・セメンヤ選手の訴え棄却するという事案が起こりました。DSD、性分化疾患に関する問題です。女子選手のテストステロン値を制限する国際陸連の新規定に対して異議を申し立てていた一件です。  

馳浩

2019-05-30 第198回国会 参議院 農林水産委員会 13号

せっかくこの法律ができたので、そして参考人からも切実な訴えがありました。ですので、素材生産会社等で働く人、いわゆる造林に関わる人たちの待遇を少なくとも年収ベースで百万円上げてほしい。これは、もう宿命というか使命というか、これがなされないと未来につながらない。覚悟をお伺いしたいと思います。

小川勝也

2019-05-24 第198回国会 衆議院 経済産業委員会 14号

事実的な寡占市場にある中で、この三〇%というコミッション、手数料が非常に日本のアプリ開発であるとか中小企業研究開発を阻害しているという訴えがるるございました。  ですので、これは優越的地位濫用に当たるのではないか、ぜひこの三〇%のコミッションを二五パーであるとか二〇パーであるとか少しでも引き下げていただいて、日本中小企業を応援していただきたいというような発言がございました。  

斉木武志

2019-05-24 第198回国会 衆議院 法務委員会 19号

きょうは資料を二種類用意しておりまして、一枚紙の資料は前回と今回とパネル掲示をさせていただくものなのですが、質問時間が限られておりますので、皆さんの視覚にお訴えをしたいと思って、きょうは掲示をさせていただきます。  

井出庸生

2019-05-23 第198回国会 参議院 国土交通委員会 14号

そのインフラとしてLNGバンカリングの体制整備を強く推進すべきだと私たちは公明党としても訴えをさせていただいており、横浜で、先ほどもありましたけれども、このバンカリング船の入口が徐々に整備をされていると承知をしております。国としても、今後も大臣の下でしっかり進めていただきたいというふうに思います。  その上で、今般の法案では、定義として燃料油等とされております。

三浦信祐

2019-05-23 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 11号

したがって、本人の訴えのみで判断しない仕組みをつくることが重要だというふうに考えているところでございます。  また、パワーハラスメント防止に取り組んでいる企業の多くは、二〇一二年に厚生労働省職場いじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議ワーキング・グループ報告で示されております職場のパワーハラスメント概念、それと六つの行為類型、それを参考に対応しているということでございます。

輪島忍