運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
21490件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-01-17 第200回国会 参議院 議院運営委員会 閉会後第1号

裁判官弾劾裁判所の要求額は一億一千四百万円余、裁判官訴追委員会の要求額は一億三千八百万円余でございまして、これらは裁判官弾劾裁判及び罷免の訴追に必要な経費であり、その主なものは人件費及び事務費でございます。  続いて、令和元年度予定経費補正要求(第1号)について御説明申し上げます。  お手元の資料七枚目及び八枚目を御覧ください。  

岡村隆司

2019-12-05 第200回国会 参議院 文教科学委員会 7号

そういった裁判起こされたときに、誰がそれを責任を負うことになるんですか。  時間ありませんので、最後に大臣。十一月二十九日に、下村元文科大臣日本記者クラブで、民間英語試験は、試験会場は各都道府県教育委員会公立学校を会場に提供し、先生が試験官をやってもらえればできたのにと、この期に及んで主張されたそうです。

伊藤孝恵

2019-12-05 第200回国会 参議院 文教科学委員会 第7号

そういった裁判起こされたときに、誰がそれを責任を負うことになるんですか。  時間ありませんので、最後に大臣。十一月二十九日に、下村元文科大臣日本記者クラブで、民間英語試験は、試験会場は各都道府県教育委員会公立学校を会場に提供し、先生が試験官をやってもらえればできたのにと、この期に及んで主張されたそうです。

伊藤孝恵

2019-12-03 第200回国会 参議院 法務委員会 9号

このように、判例情報の翻訳公開については裁判所の取組を踏まえて対応していくべき課題と認識しておりますけれども、有識者による日本法令国際発信に向けた将来ビジョン会議の今年三月の提言でも、裁判例の翻訳提供については裁判所による取組との連携を含め積極的に取り組んでいくことが期待されるとされているところでございます。

金子修

2019-12-03 第200回国会 参議院 法務委員会 9号

次に、今度は裁判例の翻訳の提供についてお聞きをしますが、これも大変遅れているところでありますが、こうやって日本法裁判例が公開をされると、いろんな意味で、日本企業海外で展開する基盤の充実も期待できるということにもなってくるだろうと思っていますけれども、ただ、法令とちょっと性格が異なるので、具体的な事例が前提と判決はされますから、なかなか難しいところがあるんだろうと思っていますが、裁判所でも取組が始

柴田巧

2019-12-03 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 8号

共産党の人ががたがた言っていますけれども、もう一つ指摘させてもらうならば、十八年前共産党は、ムネオハウスなんて、疑惑疑惑だと言って、もう私は裁判もしていなければ、このことで事件にはなっておりませんから、いいかげんな頭づくりで人の非難はやめていただきたい。私も国民から選ばれた者としてこれだけは明確にしておきたい。

鈴木宗男

2019-12-03 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 8号

佐藤正久君 つまり、今回裁判で対象になっている企業が、例えばこれ現在の日本製鉄さんのような、あるいは三菱重工業等が自発的な拠出金という形で絡むことが駄目だということなんですよ。  だから、まさにこの関連する企業が、自発的とはいえ、寄附なりこの拠出という形で出すということを義務付けるような法律というのは、これは受け入れられないということなんです。

佐藤正久

2019-12-03 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 第8号

共産党の人ががたがた言っていますけれども、もう一つ指摘させてもらうならば、十八年前共産党は、ムネオハウスなんて、疑惑疑惑だと言って、もう私は裁判もしていなければ、このことで事件にはなっておりませんから、いいかげんな頭づくりで人の非難はやめていただきたい。私も国民から選ばれた者としてこれだけは明確にしておきたい。

鈴木宗男

2019-12-03 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 第8号

佐藤正久君 つまり、今回裁判で対象になっている企業が、例えばこれ現在の日本製鉄さんのような、あるいは三菱重工業等が自発的な拠出金という形で絡むことが駄目だということなんですよ。  だから、まさにこの関連する企業が、自発的とはいえ、寄附なりこの拠出という形で出すということを義務付けるような法律というのは、これは受け入れられないということなんです。

佐藤正久

2019-12-03 第200回国会 参議院 法務委員会 第9号

このように、判例情報の翻訳公開については裁判所の取組を踏まえて対応していくべき課題と認識しておりますけれども、有識者による日本法令国際発信に向けた将来ビジョン会議の今年三月の提言でも、裁判例の翻訳提供については裁判所による取組との連携を含め積極的に取り組んでいくことが期待されるとされているところでございます。

金子修

2019-12-03 第200回国会 参議院 法務委員会 第9号

次に、今度は裁判例の翻訳の提供についてお聞きをしますが、これも大変遅れているところでありますが、こうやって日本法裁判例が公開をされると、いろんな意味で、日本企業海外で展開する基盤の充実も期待できるということにもなってくるだろうと思っていますけれども、ただ、法令とちょっと性格が異なるので、具体的な事例が前提と判決はされますから、なかなか難しいところがあるんだろうと思っていますが、裁判所でも取組が始

柴田巧

2019-11-29 第200回国会 衆議院 法務委員会 13号

我が国の国内法制の場合には、裁判外における当事者の和解合意につきましては、国の司法機関である裁判所等が関与する民事調停裁判上の和解などには執行力が付与されておりますが、裁判外における当事者間の和解合意には執行力がないものとされておりますので、こういった国内法制との整合性を検討する必要があるというふうに考えております。

小出邦夫

2019-11-29 第200回国会 衆議院 法務委員会 第13号

我が国の国内法制の場合には、裁判外における当事者の和解合意につきましては、国の司法機関である裁判所等が関与する民事調停裁判上の和解などには執行力が付与されておりますが、裁判外における当事者間の和解合意には執行力がないものとされておりますので、こういった国内法制との整合性を検討する必要があるというふうに考えております。

小出邦夫

2019-11-28 第200回国会 参議院 法務委員会 8号

ですから、裁判例で権利濫用と認められたものも、数だけをもって認めた濫用的な事例だとしたわけではないんですね。六十とか百とか出されているものであっても、数だけで認めたわけではないわけですよ。  裁判例で問題となった事案や野村ホールディングスなどの事例は、これ二〇一〇年や一二年、ちょっと昔の、昔のと言ったら言い過ぎかもしれませんが、少し前のものです。

山添拓

2019-11-28 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 7号

採用の内定についてでございますけれども、裁判例では、採用内定の法的な性質は事案により異なるとしつつ、採用内定通知のほかには労働契約締結のための特段の意思表示をすることが予定されていない事案において、採用内定通知により始期付きの解約権を留保した労働契約成立をするとしてございます。  

藤澤勝博

2019-11-28 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 7号

その内容を知る時点としては、先ほども申し上げましたとおり、条文の文言で言いますと、その退去強制事由に該当すると思料する外国人を知ったときということでございまして、裁判の時点よりも前のことでございます。  ただ、現時点においてはその判決結果が出ておりますので、この判決結果もしっかり踏まえた記載にすべきであるという御指摘は真摯に受け止めてまいりたいと思っております。

宮崎政久

2019-11-28 第200回国会 衆議院 憲法審査会 第4号

そのもとで、全土基地方式、基地自由使用日本側の裁判権の放棄など、米軍の特権が維持されてきたのです。  日米地位協定解釈や米軍の運用について協議する日米合同委員会は、全くの密室の中で行われます。合同委員会での合意事項は数千によると言われていますが、外務省がホームページで公表しているのはわずか六十余りにすぎません。

赤嶺政賢

2019-11-28 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 第7号

採用の内定についてでございますけれども、裁判例では、採用内定の法的な性質は事案により異なるとしつつ、採用内定通知のほかには労働契約締結のための特段の意思表示をすることが予定されていない事案において、採用内定通知により始期付きの解約権を留保した労働契約成立をするとしてございます。  

藤澤勝博

2019-11-28 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 第7号

その内容を知る時点としては、先ほども申し上げましたとおり、条文の文言で言いますと、その退去強制事由に該当すると思料する外国人を知ったときということでございまして、裁判の時点よりも前のことでございます。  ただ、現時点においてはその判決結果が出ておりますので、この判決結果もしっかり踏まえた記載にすべきであるという御指摘は真摯に受け止めてまいりたいと思っております。

宮崎政久

2019-11-28 第200回国会 参議院 法務委員会 第8号

ですから、裁判例で権利濫用と認められたものも、数だけをもって認めた濫用的な事例だとしたわけではないんですね。六十とか百とか出されているものであっても、数だけで認めたわけではないわけですよ。  裁判例で問題となった事案や野村ホールディングスなどの事例は、これ二〇一〇年や一二年、ちょっと昔の、昔のと言ったら言い過ぎかもしれませんが、少し前のものです。

山添拓

2019-11-27 第200回国会 参議院 議院運営委員会 7号

     小林 史武君        委員部長     木下 博文君        記録部長     鈴木 千明君        警務部長     大蔵  誠君        庶務部長     金子 真実君        管理部長     金澤 真志君        国際部長    加賀谷ちひろ君     ─────────────   本日の会議に付した案件 ○理事補欠選任の件 ○裁判官弾劾裁判所裁判員及

None

2019-11-27 第200回国会 参議院 議院運営委員会 7号

○委員長(松村祥史君) 次に、裁判官弾劾裁判所裁判員、同予備員、裁判官訴追委員、同予備員、皇室会議予備議員皇室経済会議予備議員検察官適格審査会委員、同予備委員、日本ユネスコ国内委員会委員、国土審議会委員及び国土開発幹線自動車道建設会議委員の選任に関する件を議題といたします。  本件につきましては、割当て会派からお手元の資料のとおり申出がございました。  

松村祥史

2019-11-27 第200回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 3号

さらに、刑事分野では、例えば平成七年の日米合同委員会合意によって、日本側に第一次裁判権がある凶悪犯罪被疑者である米軍人軍属について、起訴前に日本側に拘禁を移転することを可能としました。実際に、同合意に基づいて、起訴前の拘禁の移転が行われてきているところでございます。  

有馬裕

2019-11-27 第200回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 3号

第二に、一般に、受入れ国の同意を得て当該受入れ国内にある外国軍隊及びその構成員等は受入れ国の法令を尊重する義務を負いますが、その滞在目的の範囲内で行う公務については、受入れ国の法令の執行や裁判権等から免除されると考えられております。  こうした基本的な考え方は国際的に広く共有されていると理解しております。  

有馬裕

2019-11-27 第200回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 3号

今、委員より御指摘のありましたとおり、外国軍隊に対する受入れ国の法令の適用及び免除に関する原則について申し上げれば、一般に、受入れ国の同意を得て当該受入れ国内にある外国軍隊及びその構成員等は受入れ国の法令を尊重する義務を負いますが、個別の取決めがない限り、軍隊の性質に鑑み、その滞在目的の範囲内で行う公務については、受入れ国の法令の執行や裁判権等から免除されると考えられております。  

有馬裕