運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
46件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-06-14 第198回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 4号

○小倉委員 もちろん、今、消費者教育高齢者の見守りネットワーク、成果の部分を挙げてくださいました。当然、何か取組をやれば、いいところもあればなかなかうまくいっていないところもあるんじゃないかというふうに思います。  実際に、せんだって消費者委員会の方で発表されました専門調査会の報告書の中で、幾つか指摘されている点があると思います。  例えば、研修とかは、やはり、どうしても、特に航空ネットワーク

小倉將信

2019-06-14 第198回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 4号

○小倉委員 皆様、おはようございます。自民党の小倉です。  きょうは質問のお時間をいただきまして、どうもありがとうございます。  私も、委員長、与野党理事、委員の皆様方と一緒に、今月の頭、徳島県に行ってまいりまして、いわゆる徳島の拠点、消費者行政新未来創造オフィスに行ってまいりました。  私、今回が最初じゃなくて、実は、二年近く前の二〇一七年の九月に一度、総務省の政務官をやっていたときに視察をしてまいりまして

小倉將信

2019-02-27 第198回国会 衆議院 予算委員会第二分科会 1号

○小倉分科員 鈴木副大臣、力強いお言葉、どうもありがとうございます。  よく報道では、霞が関も非常に萎縮をしてしまっているですとか、あるいは若い人たちの離職が相次いでいる、学生がなかなか省庁の扉をたたいてくれなくなっている、そんな話はございましたが、実際に働き方改革チームに所属をしている若手職員と接すると、全く私の印象は違いました。それぞれ担当業務があって、非常に忙しいとは思うんですけれども、そういった

小倉將信

2019-02-27 第198回国会 衆議院 予算委員会第二分科会 1号

○小倉分科員 どうもありがとうございました。  統計は、公正性と、あとは正確性が担保されて初めて使えるようになりますので、今回のような不正調査、法にも違反をしておりますし、統計的な処理としても、例えば毎勤統計であれば、抽出調査に切りかえたにもかかわらず復元してこなかった、明らかに統計手法上の誤りでございますので、こういったことが二度とないように、しっかりと統計委員会には、総務省にも旗を振ってもらいたいと

小倉將信

2019-02-27 第198回国会 衆議院 予算委員会第二分科会 1号

○小倉分科員 どうもありがとうございます。自民党の小倉です。  まず、統計の問題についてお伺いをしたいというふうに思います。  大臣副大臣、若松町にある統計局の資料館に行かれたことはありますでしょうか。実は、この統計局の資料館は、明治百五十年を記念いたしまして、統計に関係のある偉人のさまざまなパネルを展示してございます。私が行ったときに目についたのは大隈重信先生でありまして、この大隈重信先生は、明治維新

小倉將信

2019-02-21 第198回国会 衆議院 総務委員会 4号

○小倉委員 どうもありがとうございました。  児童虐待の防止に向けまして、私の地元の町田市では、来年度からスクールローヤーを設ける予定であります。教育委員会法律事務所委託契約を結んで、さまざまな問題が発生をしたときに、その弁護士の方が親御さんやあるいは学校関係者の間に立つという、このような仕組みであります。  実際に、今の制度のもとでも、厚生労働省補助金の中では、児相に非常勤で弁護士を配置をするような

小倉將信

2019-02-21 第198回国会 衆議院 総務委員会 4号

○小倉委員 古賀政務官、頼もしい答弁、どうもありがとうございました。  昨年も、財務省財政制度審議会では、この折半対象財源不足の解消をもって地方財政に余剰財源ができたというふうにみなして、国の債務の縮減につなげるような意見もございました。その前には、積立金の増加をもって地方交付税を圧縮をするというような議論もありましたし。  こういうような、地方財政の現状を十分に理解をしていないような政府部内における

小倉將信

2019-02-21 第198回国会 衆議院 総務委員会 4号

○小倉委員 自民党の小倉將信です。  貴重な時間、質問させていただきまして、まことにありがとうございます。  また、当初は総務大臣予算に呼ばれているということでございまして、通告は政務官以下にさせていただいております。政務官以下で御回答いただければというふうに思います。  早速質問に移りますが、まず、地方財政一般について御質問をさせていただきたいと思います。  来年度の地方財政計画を見ますと、地方税

小倉將信

2018-07-13 第196回国会 衆議院 厚生労働委員会 36号

○小倉大臣政務官 お答え申し上げます。  災害時におけます避難所のトイレ対策は、避難者の健康管理はもとより、避難所衛生対策を進める上でも大変重要な課題であると私ども認識しておりまして、委員御指摘いただいたトイレトレーラーにつきましても、非常に有効なツールの一つになり得るのではないか、このような思いで聞いておりました。  実際に、消防庁では、内閣府が作成をしました避難所におけるトイレの確保・管理ガイドライン

小倉將信

2018-07-06 第196回国会 参議院 災害対策特別委員会 7号

大臣政務官(小倉將信君) まず、矢田委員におかれましては、大阪で発災をいたしました地震におきまして、被災地の声に耳を傾けてくださっておりますことに敬意を表し申し上げたいと思います。  矢田委員の御指摘のとおり、大規模災害に際しましては、災害応急対策を行う被災自治体への迅速かつ相当規模の応援職員の派遣が必要不可欠となっております。  そこで、総務省では、熊本地震の成果と課題を踏まえまして、大規模災害発生時

小倉將信

2018-06-12 第196回国会 参議院 内閣委員会 18号

大臣政務官(小倉將信君) 委員から地方自治の兼ね合いと今回の改正についてのお尋ねがございました。  若干前の答弁と重なるところはございますが、今回の改正は、コンセッション事業が指定管理制度と比較をいたしまして長期間にわたり自由裁量を持った運営を民間事業者に委任するものであるという特性に鑑みまして、コンセッション事業を円滑に実施するための要望を受けまして、PFI法におきまして特例として定めることとしたものでございます

小倉將信

2018-06-08 第196回国会 衆議院 法務委員会 19号

○小倉大臣政務官 お答えいたします。  住民基本台帳法七条におきまして、住民票の記載事項といたしまして、世帯主との続き柄を記載することとされております。  世帯主との続き柄の記載方法につきましては、住民基本台帳事務処理要領におきまして、妻、子、父、母を始め、縁故者、同居人などと記載することとされております。  事実婚の場合の続き柄の記載につきましては、同事務処理要領におきまして、法律上の夫婦ではないが

小倉將信

2018-05-31 第196回国会 参議院 総務委員会 11号

大臣政務官(小倉將信君) まず先に、委員から御下問のありました地方財政計画決算との関係についてお答えを申し上げます。  委員御指摘のとおり、様々な意見がございまして、財政制度審議会におきましては、地方財政計画歳出の方が決算を一兆円前後上回っていると、このようにいたしておりますが、私ども総務省におきましては、両者が比較可能となるよう所要の調整を行った上で公表しておりまして、近年はむしろ決算の方

小倉將信

2018-05-31 第196回国会 参議院 内閣委員会 15号

大臣政務官(小倉將信君) お答え申し上げます。  昨年度、マイナンバーを記載した初めての特別徴収税額通知が行われましたが、書面による通知につきましては、委員から御紹介がございましたように、事業者の管理負担も大きいということなどから、経済界より見直しの要請があったのは事実であります。  こうした要請を踏まえまして、与党の税制改正大綱におきまして、今年度分の通知から、電子送付を行う場合には引き続きマイナンバー

小倉將信

2018-05-31 第196回国会 参議院 内閣委員会 15号

大臣政務官(小倉將信君) 個別の事業者がどのように特別徴収税額通知を管理しているかどうかにつきましては、総務省としては把握をいたしておりませんが、個人番号関係事務実施者であります事業者は、マイナンバー法の十二条によりまして、マイナンバーの漏えい等の防止のために必要な措置を講じるとされておりまして、法令に従って適切にマイナンバーを管理をしていただいているというふうに承知をいたしております。  なお、

小倉將信

2018-05-31 第196回国会 参議院 内閣委員会 15号

大臣政務官(小倉將信君) 田村委員が御指摘をされましたように、特別徴収税額決定通知の送付等におけますマイナンバーの漏えい事案が発生をいたしましたことは、先ほど稲岡審議官からも申し述べさせていただきましたとおり、大変残念であると、このように考えておりますし、マイナンバーの漏えい事案が発生した市区町村には再発防止を努めていただきたいと、このように考えております。  一方で、この特徴の通知書につきましては

小倉將信

2018-05-28 第196回国会 参議院 決算委員会 6号

大臣政務官(小倉將信君) お答えを申し上げます。  被選挙権年齢につきましては、社会的経験に基づく思慮と分別を踏まえまして設定をされていると考えております。諸外国の例を見ましても、北欧やドイツは成人年齢被選挙権年齢は一致しておりますし、一方でフランスイタリアアメリカは一致をしておりません。このように、被選挙権年齢の在り方には様々なお考えがあると、このように承知をいたしております。  委員のお

小倉將信

2018-05-28 第196回国会 参議院 決算委員会 6号

大臣政務官(小倉將信君) お答えいたします。  地方議会は、条例の制定、予算の決定、地方税の賦課徴収など、住民の権利義務や生活に密接に関わる事項の決定を行う議事機関とされております。そうした地方議会の構成員であります議員被選挙権につきましては、その選挙権を有することを要件としておりまして、委員御指摘のとおり三か月以上住居を有することが必要となりますが、この趣旨は、ある程度その地域社会に居住し、

小倉將信

2018-05-28 第196回国会 参議院 決算委員会 6号

大臣政務官(小倉將信君) お答えをいたします。  過疎地域に対しまして、最初の過疎法が制定をされましたのが昭和四十五年であります。自来、委員御指摘をされましたように、累次の過疎法に基づく対策に取り組んでまいりました結果、例えば道路舗装率、これは昭和四十五年の二・七%から平成二十六年には七〇・五%へと増加してまいりましたし、水洗化率に関しましては、平成の七年から、三一・六%から平成二十六年には七四・

小倉將信

2018-05-18 第196回国会 衆議院 厚生労働委員会 20号

○小倉大臣政務官 お答えを申し上げます。  まず、地方公務員の臨時、非常勤職員給与につきましては、委員御指摘のとおり、昨年の地方公務員法等の改正によりまして、一般職会計年度任用職員制度を創設いたしまして、新たに期末手当の支給を可能といたしました。  それに加えまして、昨年の八月に発出をいたしました事務処理マニュアルにおきまして、初任給や再度任用時の給与につきましても、職務経験等の要素を考慮して定

小倉將信

2018-05-17 第196回国会 衆議院 決算行政監視委員会 2号

○小倉大臣政務官 お答えを申し上げます。  ショッピングセンターを含みます共通投票所制度の創設というものを一昨年行いました。このショッピングセンターは実際に使われておりまして、平成二十九年の衆議院選挙におきまして百八十二カ所設置をされております。平成二十六年、前回の衆議院選挙と比べてもこの数は四倍というふうになっております。  私どもとしても、こうした共通投票所の拡大を後押ししようというふうに思っておりまして

小倉將信

2018-05-17 第196回国会 衆議院 決算行政監視委員会 2号

○小倉大臣政務官 委員御指摘のとおり、私どもが国会の場で活動させていただいているのは、やはり、より多くの有権者の皆様方に投票していただいているというところが最も大きな根拠でございますので、低投票率というのは非常に大きな問題だというふうに思っておりますし、私どもも、総務省といたしまして、投票率の向上のために、選挙の公正を確保しつつ、有権者が投票しやすい環境をつくることは非常に重要なことだ、このように考

小倉將信

2018-04-19 第196回国会 参議院 経済産業委員会 4号

大臣政務官(小倉將信君) お答えを申し上げます。  宮本委員の御指摘、本当にごもっともだというふうに思っております。お取り上げいただきました地域おこし協力隊につきましては、今十年目を迎えますけれども、初年度は、隊員数は僅か八十九名、受入れ自治体数も三十一団体でありました。それが十年近く経過をいたしまして、昨年度、平成二十九年度は、隊員数が五千名近い四千九百七十六名、そして自治体数も九百九十七団体にまで

小倉將信

2018-04-17 第196回国会 参議院 総務委員会 6号

大臣政務官(小倉將信君) お答えいたします。  片山委員御指摘のとおりでございまして、特に木造密集地域、高温多雨の東南アジアを中心に日本の消防関連機器の需要というのは非常に多いと思っております一方で、なかなか欧米に比べて販売が進んでいないという問題意識を持っております。  そういった中で、私どもハイレベルで、例えばベトナムですとか日本の消防機器に関心を持っております国に働きかけを行いますと同時に、

小倉將信

2018-04-12 第196回国会 衆議院 科学技術・イノベーション推進特別委員会 3号

○小倉大臣政務官 お答えを申し上げます。  財政的な支援ということでございますが、これまでの例を紹介をいたしますと、まず、総務省では、平成二十八年度から業務改革モデルプロジェクトを実施をさせていただいております。  この事業におきましては、自治体の窓口業務や内部管理業務につきまして、ICT化、オープン化、アウトソーシングなど、住民の利便性向上につながる業務改革にモデル的に取り組む自治体を選定しておりまして

小倉將信

2018-04-12 第196回国会 衆議院 科学技術・イノベーション推進特別委員会 3号

○小倉大臣政務官 お答えを申し上げます。  委員が御紹介いただきました渋谷区におきましては、チャットアプリを活用いたしまして、住民が子育てに関する悩みを打ち込みますとAIが自動で応答するシステムの実証実験を行った、このように承知をしております。  まさに委員がおっしゃったように、このような取組は、子育て中で昼間に窓口に行くことが難しい住民の皆様方にとって、時間や場所にかかわらず一定の基本的な相談ができる

小倉將信

2018-04-12 第196回国会 衆議院 科学技術・イノベーション推進特別委員会 3号

○小倉大臣政務官 お答えを申し上げます。  まず、人口減少が進む中で、地方公共団体が限られた人員で質の高い公共サービス効果的、効率的に提供するためには、ICTを積極的に活用し、業務改革を進め、簡素で効率的な行政体制を実現をすることが必要という基本的認識を私どもは持っております。  その上で、委員に御紹介いただいた福岡市の取組は、チャットアプリを通じて、防災やごみ出し、子育てなどの生活に密着をした市政情報

小倉將信

2018-04-11 第196回国会 参議院 政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会 2号

大臣政務官(小倉將信君) 総務大臣政務官を拝命をいたしました小倉將信と申します。  奥野副大臣とともに野田総務大臣を補佐し、全力を尽くしてまいります。徳永委員長を始め理事、委員の皆様方の格段の御指導、御鞭撻を賜りますよう心からお願いを申し上げます。     ─────────────

小倉將信

2018-04-04 第196回国会 衆議院 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 2号

○小倉大臣政務官 総務大臣政務官を拝命をいたしました小倉將信です。  奥野副大臣とともに大臣を補佐し、全力を尽くしてまいりますので、委員長始め理事、委員の皆様方におかれましては、御指導、御鞭撻、賜りますよう、どうぞお願い申し上げます。      ――――◇―――――

小倉將信

2018-04-03 第196回国会 衆議院 総務委員会 6号

○小倉大臣政務官 お答えを申し上げます。  消防団は、地域におけます消防防災体制の中核的存在といたしまして、地域住民の安心、安全確保のために大きな役割を果たしていただいておりますが、一方で、消防団員数につきましては年々減少し、足元八十五万人程度となっております。  まずは、あらゆる災害に対応し、消防団の中心となる基本団員の確保にしっかりと取り組んでいただきたいと思いますが、その上で、今後、大規模災害

小倉將信

2018-03-28 第196回国会 参議院 総務委員会 4号

大臣政務官(小倉將信君) 委員が言及されました地域の元気創造事業費、まち・ひと・しごと創生事業費の中の四千億円分でございますけれども、この地方創生に取り組むための行政需要につきましては、平成二十八年度には、これは職員削減率等を基準にして算定します行政努力分と申しますけれども、これが三千億円ございます。それを、地域経済活性化分によりまして一千億円、このようにそれぞれ算定しておりましたけれども、平成二十九年度

小倉將信

2018-03-20 第196回国会 参議院 総務委員会 2号

大臣政務官(小倉將信君) お答えいたします。  総務省といたしましては、各地方公共団体におけますこれらの取組を一層推進をするため、公共施設等適正管理推進事業債につきまして、来年度から長寿命化事業の対象を拡充すると同時に、ユニバーサルデザイン化事業を追加をすることといたしております。また、あわせまして、財政力が弱い団体であっても必要な取組を着実に推進できるよう、長寿命化事業等につきまして財政力に応じて

小倉將信

2018-03-20 第196回国会 参議院 総務委員会 2号

大臣政務官(小倉將信君) 島田委員御指摘のとおりでございまして、公共企業であります上下水道事業につきましては、人口減少等に伴う料金収入の減少でありましたり、施設の老朽化に伴う更新需要の増大などによりまして、その経営環境は厳しさを増しつつございます。しかも、上下水道事業につきましては、人口の規模や密度あるいは地形や過去の整備状況によりまして異なりますことから、それぞれの地域に合った適切な対策が求められているものと

小倉將信