運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login

2014-10-28 第187回国会 参議院 内閣委員会 第5号 公式Web版

  1. 会議録情報

    平成二十六年十月二十八日(火曜日)    午前十時開会     ─────────────    委員異動  十月二十三日     辞任         補欠選任      堀井  巌君     世耕 弘成君     ─────────────   出席者は左のとおり。     委員長         大島九州男君     理 事                 石井 準一君                 上月 良祐君                 藤本 祐司君                 山下 芳生君     委 員                 上野 通子君                 岡田 直樹君                 岡田  広君                 鴻池 祥肇君                 山東 昭子君                 世耕 弘成君                 松下 新平君                 山崎  力君                 相原久美子君                 芝  博一君                 蓮   舫君                 若松 謙維君                 井上 義行君                 浜田 和幸君                 山本 太郎君    国務大臣        国務大臣        (国家公安委員        会委員長)    山谷えり子君    事務局側        常任委員会専門        員        藤田 昌三君     ─────────────   本日の会議に付した案件 ○銃砲刀剣類所持等取締法の一部を改正する法律  案(内閣提出)     ─────────────
  2. 大島九州男

    委員長大島九州男君) ただいまから内閣委員会を開会いたします。  委員異動について御報告いたします。  去る二十三日、堀井巌君が委員を辞任され、その補欠として世耕弘成君が選任されました。     ─────────────
  3. 大島九州男

    委員長大島九州男君) 銃砲刀剣類所持等取締法の一部を改正する法律案議題といたします。  政府から趣旨説明を聴取いたします。山谷国家公安委員会委員長
  4. 山谷えり子

    国務大臣山谷えり子君) ただいま議題となりました銃砲刀剣類所持等取締法の一部を改正する法律案につきまして、その提案理由及び内容概要を御説明いたします。  この法律案は、国際的な規模で開催される運動競技会空気銃射撃競技に参加する選手等競技技術の向上に資する等のため、年少射撃資格者年齢要件を緩和するほか、空気銃に係る練習射撃場において射撃練習を行う場合の手続等を定めることをその内容としております。  以下、項目ごとにその概要を御説明いたします。  第一は、練習射撃場制度の拡充についてであります。  その一は、空気銃に係る練習射撃場制度を新設し、当該練習射撃場において、空気銃所持許可を受けた者、年少射撃資格者等射撃練習を行うことができることとするものであります。  その二は、練習射撃場を管理する者は、年少射撃資格者当該練習射撃場において空気銃射撃練習を行おうとするときは、その指導を行う者を練習射撃指導員のうちから指名しなければならないこととするものであります。  第二は、年少射撃資格者年齢要件の緩和についてであります。  その一は、年少射撃資格者下限年齢を十四歳から十歳に引き下げるものであります。  その二は、年少射撃資格の認定の失効年齢を十八歳から十九歳に引き上げるものであります。  第三は、その他の規定の整備についてであります。  これは、災害により猟銃を亡失した者等について、猟銃許可の基準の特例を定めるものであります。  なお、この法律施行日は、一部の規定を除いて、公布の日から起算して六月を超えない範囲内において政令で定める日としております。  以上が、この法律案提案理由及びその内容概要であります。  何とぞ、慎重御審議の上、速やかに御賛同賜らんことをお願いいたします。
  5. 大島九州男

    委員長大島九州男君) 以上で趣旨説明の聴取は終わりました。  本案に対する質疑は後日に譲ることとし、本日はこれにて散会いたします。    午前十時二分散会