運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login

2019-12-09 第200回国会 衆議院 文部科学委員会 11号 公式Web版

  1. 令和元年十二月九日(月曜日)     午後二時五十七分開議  出席委員    委員長 橘 慶一郎君    理事 池田 佳隆君 理事 上川 陽子君    理事 白須賀貴樹君 理事 馳   浩君    理事 村井 英樹君 理事 川内 博史君    理事 城井  崇君 理事 浮島 智子君       青山 周平君    安藤  裕君       石川 昭政君    上杉謙太郎君       小此木八郎君    大串 正樹君       神山 佐市君    櫻田 義孝君       柴山 昌彦君    田畑 裕明君       高木  啓君    谷川 弥一君       出畑  実君    中村 裕之君       根本 幸典君    鳩山 二郎君       福井  照君    船田  元君       古田 圭一君    吉良 州司君       菊田真紀子君    中川 正春君       牧  義夫君    村上 史好君       山本和嘉子君    吉川  元君       高木 陽介君    鰐淵 洋子君       畑野 君枝君    森  夏枝君       笠  浩史君     …………………………………    文部科学大臣政務官    兼内閣府大臣政務官    青山 周平君    文部科学委員会専門員   吉田 郁子君     ――――――――――――― 委員の異動 十二月九日  辞任         補欠選任   宮路 拓馬君     鳩山 二郎君 同日  辞任         補欠選任   鳩山 二郎君     宮路 拓馬君     ――――――――――――― 十二月六日  独立行政法人大学入試センター法の一部を改正する法律案川内博史君外六名提出、衆法第一号)  独立行政法人大学入試センター法の一部を改正する法律案川内博史君外五名提出、衆法第五号)  大学等における修学の支援に関する法律の一部を改正する法律案城井崇君外六名提出、衆法第一〇号) 同月二日  学費負担の大幅軽減と私大助成の増額に関する請願佐々木隆博紹介)(第一八一号)  公立学校に一年単位の変形労働時間制を導入しないことに関する請願岡本充功紹介)(第一八二号)  同(神谷裕君紹介)(第一八三号)  同(大串博志紹介)(第一九四号)  同(生方幸夫紹介)(第二〇六号)  同(岡島一正紹介)(第二一二号)  同(下条みつ君紹介)(第二一三号)  同(白石洋一君紹介)(第二一九号)  同(牧義夫紹介)(第二三一号)  同(赤嶺政賢紹介)(第二六〇号)  同(笠井亮紹介)(第二六一号)  同(穀田恵二紹介)(第二六二号)  同(志位和夫紹介)(第二六三号)  同(清水忠史紹介)(第二六四号)  同(塩川鉄也紹介)(第二六五号)  同(田村貴昭紹介)(第二六六号)  同(高橋千鶴子紹介)(第二六七号)  同(畑野君枝紹介)(第二六八号)  同(藤野保史紹介)(第二六九号)  同(宮本徹紹介)(第二七〇号)  同(本村伸子紹介)(第二七一号)  同(岡本あき子君紹介)(第二八七号)  学校現業職の民間委託を推進するトップランナー方式の撤回、学校現業職員の法的位置づけに関する請願岡本あき子君紹介)(第二八五号)  同(神谷裕君紹介)(第二八六号)  同(逢坂誠二紹介)(第二九〇号)  同(下条みつ君紹介)(第二九二号)  同(長谷川嘉一君紹介)(第三〇八号)  専任・専門・正規の学校司書の配置に関する請願(下条みつ君紹介)(第二九九号)  私立学校保護者負担軽減、教育環境改善のための私学助成充実に関する請願荒井聰紹介)(第三〇七号) 同月三日  豊かな私学教育の実現のための私学助成に関する請願斉藤鉄夫紹介)(第三六六号)  同(道下大樹君紹介)(第三六七号)  同(江田康幸紹介)(第四〇四号)  同(逢坂誠二紹介)(第四〇五号)  同(海江田万里紹介)(第四〇六号)  同(吉良州司紹介)(第四五七号)  同(馬淵澄夫紹介)(第四五八号)  同(道下大樹君紹介)(第四五九号)  同(横光克彦君紹介)(第四六〇号)  同(稲富修二君紹介)(第五三一号)  同(高木美智代紹介)(第五三二号)  同(石川香織君紹介)(第五九九号)  同(川内博史紹介)(第六五二号)  同(山花郁夫紹介)(第六五三号)  同(吉川元紹介)(第六五四号)  同(菅直人紹介)(第七〇六号)  同(末松義規紹介)(第七〇七号)  同(手塚仁雄君紹介)(第七〇八号)  同(初鹿明博紹介)(第七〇九号)  学費負担の大幅軽減と私大助成の増額に関する請願(池田真紀君紹介)(第四五四号)  同(菊田真紀子紹介)(第五二三号)  同(牧義夫紹介)(第五二四号)  同(村上史好君紹介)(第五二五号)  同(本村伸子紹介)(第五二六号)  同(泉健太紹介)(第五九三号)  同(穀田恵二紹介)(第五九四号)  同(笠浩史紹介)(第五九五号)  同(中川正春紹介)(第六四八号)  同(山本和嘉子君紹介)(第六四九号)  同(吉川元紹介)(第六五〇号)  学校現業職の民間委託を推進するトップランナー方式の撤回、学校現業職員の法的位置づけに関する請願篠原孝紹介)(第四五五号)  同(菊田真紀子紹介)(第五二七号)  同(照屋寛徳紹介)(第五二八号)  同(務台俊介紹介)(第五二九号)  同(石川香織君紹介)(第五九六号)  同(小川淳也紹介)(第五九七号)  同(畑野君枝紹介)(第五九八号)  私立学校保護者負担軽減、教育環境改善のための私学助成充実に関する請願和田義明君紹介)(第四五六号)  同(和田義明君紹介)(第五三〇号)  特別支援学校の設置基準策定に関する請願(青山大人君紹介)(第五〇七号)  同(赤嶺政賢紹介)(第五〇八号)  同(笠井亮紹介)(第五〇九号)  同(神谷裕君紹介)(第五一〇号)  同(穀田恵二紹介)(第五一一号)  同(志位和夫紹介)(第五一二号)  同(清水忠史紹介)(第五一三号)  同(塩川鉄也紹介)(第五一四号)  同(田村貴昭紹介)(第五一五号)  同(高橋千鶴子紹介)(第五一六号)  同(長谷川嘉一君紹介)(第五一七号)  同(畑野君枝紹介)(第五一八号)  同(藤野保史紹介)(第五一九号)  同(宮本徹紹介)(第五二〇号)  同(本村伸子紹介)(第五二一号)  同(森田俊和君紹介)(第五二二号)  同(赤嶺政賢紹介)(第六五五号)  教育費負担の公私間格差をなくし、子供たちに行き届いた教育を求める私学助成に関する請願吉川元紹介)(第六四七号)  専任・専門・正規の学校司書の配置に関する請願(下条みつ君紹介)(第六五一号)  同(岸本周平紹介)(第七〇四号)  同(穀田恵二紹介)(第七〇五号)  給付奨学金をもっとふやすことに関する請願志位和夫紹介)(第七〇三号) は本委員会に付託された。     ――――――――――――― 本日の会議に付した案件  閉会中審査に関する件      ――――◇―――――
  2. 橘慶一郎

    ○橘委員長 これより会議を開きます。  この際、御報告いたします。  本会期中、当委員会に付託されました請願は九十八件であります。各請願の取扱いにつきましては、理事会におきまして慎重に検討いたしましたが、委員会での採否の決定は保留することになりましたので、御了承願います。  なお、お手元に配付いたしましたとおり、本会期中、当委員会に参考送付されました陳情書は、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の世界自然遺産登録の早期実現等に関する陳情書外二十三件、また、地方自治法第九十九条の規定に基づく意見書は、学費教育条件の公私間格差是正にむけて、私立高等学校への私学助成の充実を求める意見書外三百五十五件であります。      ――――◇―――――
  3. 橘慶一郎

    ○橘委員長 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。  まず、川内博史君外六名提出、独立行政法人大学入試センター法の一部を改正する法律案につきまして、議長に対し、閉会中審査の申出をするに賛成の諸君の起立を求めます。     〔賛成者起立〕
  4. 橘慶一郎

    ○橘委員長 起立少数。よって、本案は、議長に対し、閉会中審査の申出をしないことに決しました。  次に  第百九十八回国会遠藤利明君外八名提出、青少年自然体験活動等の推進に関する法律案  川内博史君外五名提出、独立行政法人大学入試センター法の一部を改正する法律案  及び  城井崇君外六名提出、大学等における修学の支援に関する法律の一部を改正する法律案 並びに  文部科学行政基本施策に関する件  生涯学習に関する件  学校教育に関する件  科学技術及び学術の振興に関する件  科学技術研究開発に関する件  文化芸術、スポーツ及び青少年に関する件 以上の各案件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  5. 橘慶一郎

    ○橘委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  次に、閉会中審査案件が付託になりました場合の諸件についてお諮りいたします。  まず、閉会中審査のため、委員派遣を行う必要が生じました場合には、議長に対し、委員派遣承認申請を行うこととし、派遣の目的、派遣委員、派遣期間、派遣地その他所要の手続につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  6. 橘慶一郎

    ○橘委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  次に、閉会中審査のため、参考人から意見を聴取する必要が生じました場合には、参考人の出席を求めることとし、その人選及び日時等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  7. 橘慶一郎

    ○橘委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  本日は、これにて散会いたします。     午後三時散会