運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login

2019-06-26 第198回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 4号 公式Web版

  1. 令和元年六月二十六日(水曜日)     午前九時五十分開議  出席委員    委員長 末松 義規君    理事 門  博文君 理事 國場幸之助君    理事 とかしきなおみ君 理事 西銘恒三郎君    理事 渡辺 孝一君 理事 篠原  豪君    理事 山岡 達丸君 理事 佐藤 英道君       伊東 良孝君    尾身 朝子君       笹川 博義君    繁本  護君       鈴木 隼人君    武井 俊輔君       武部  新君    三浦  靖君       宮内 秀樹君    宮崎 政久君       伊藤 俊輔君    石川 香織君       前原 誠司君    稲津  久君       赤嶺 政賢君    下地 幹郎君     …………………………………    衆議院調査局第一特別調査室長           大野雄一郎君     ――――――――――――― 委員の異動 五月十四日  辞任         補欠選任   丸山 穂高君     浦野 靖人君 同月二十日  辞任         補欠選任   浦野 靖人君     下地 幹郎君 六月二十六日  辞任         補欠選任   山口 泰明君     三浦  靖君 同日  辞任         補欠選任   三浦  靖君     山口 泰明君     ――――――――――――― 本日の会議に付した案件  閉会中審査に関する件      ――――◇―――――
  2. 末松義規

    ○末松委員長 これより会議を開きます。  この際、御報告いたします。  今会期中、本委員会に参考送付されました陳情書及び意見書は、お手元に配付いたしておりますとおり、北方領土返還に関する陳情書外一件、北方領土問題の解決と日露平和条約締結に関する意見書外四件であります。      ――――◇―――――
  3. 末松義規

    ○末松委員長 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。  沖縄及び北方問題に関する件について、議長に対し、閉会中審査の申出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  4. 末松義規

    ○末松委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  次に、閉会中審査案件が付託になりました場合の諸件についてお諮りいたします。  まず、閉会中、委員派遣を行う必要が生じました場合には、議長に対し、委員派遣承認申請を行うこととし、派遣の目的、派遣委員、派遣期間、派遣地等所要の手続につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  5. 末松義規

    ○末松委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  次に、閉会中審査におきまして、参考人より意見を聴取する必要が生じました場合には、参考人の出席を求めることとし、その日時、人選等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  6. 末松義規

    ○末松委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。      ――――◇―――――
  7. 末松義規

    ○末松委員長 この際、一言申し上げます。  北方四島交流訪問事業につきましては、日本国民と北方四島在住ロシア人との相互理解の増進を図り、領土問題の解決に寄与することを目的とし、実施されてまいりました。平成七年度からは、国会議員も北方領土返還要求運動関係者として参加し、その趣旨にのっとり、双方の相互理解の増進を図ってきたところであります。  しかるに、先般実施された本年度第一回訪問事業におきまして、当委員会に所属していた議員が不適切な言動を行い、元島民を始めとする全ての関係者の北方領土問題の解決に向けたこれまでの努力が無駄になりかねない事態を引き起こしたことは、大変遺憾であります。  今後、国会議員が訪問事業に参加するに当たっては、領土問題の解決に向けて、北方領土の返還を求める一致した国民世論によって政府外交交渉を後押しすることの重要性を認識し、北方領土返還要求運動がそれら国民世論の啓発に重要な役割を担っていることを踏まえるべきであります。  委員各位におかれましては、双方の相互理解の一層の増進に尽力し、領土問題の解決に寄与するよう最大限の努力を行うよう、お願い申し上げます。  本日は、これにて散会いたします。     午前九時五十三分散会