運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login

2014-03-19 第186回国会 衆議院 経済産業委員会 3号 公式Web版

  1. 平成二十六年三月十九日(水曜日)     午後零時二十一分開議  出席委員    委員長 富田 茂之君    理事 塩谷  立君 理事 鈴木 淳司君    理事 宮下 一郎君 理事 山際大志郎君    理事 渡辺 博道君 理事 田嶋  要君    理事 江田 康幸君       秋元  司君    穴見 陽一君       越智 隆雄君    大見  正君       勝俣 孝明君    白須賀貴樹君       田中 良生君    辻  清人君       冨樫 博之君    根本 幸典君       福田 達夫君    細田 健一君       宮崎 政久君    村井 英樹君       八木 哲也君    山田 美樹君       渡辺 孝一君    岸本 周平君       近藤 洋介君    辻元 清美君       伊東 信久君    木下 智彦君       丸山 穂高君    三谷 英弘君       小池 政就君    塩川 鉄也君     …………………………………    経済産業大臣       茂木 敏充君    経済産業副大臣      赤羽 一嘉君    経済産業大臣政務官    田中 良生君    経済産業委員会専門員   乾  敏一君     ――――――――――――― 委員の異動 三月十九日  辞任         補欠選任   佐々木 紀君     白須賀貴樹君   白石  徹君     渡辺 孝一君   宮崎 謙介君     村井 英樹君 同日  辞任         補欠選任   白須賀貴樹君     佐々木 紀君   村井 英樹君     宮崎 謙介君   渡辺 孝一君     白石  徹君     ――――――――――――― 三月十八日  貿易保険法の一部を改正する法律案(内閣提出第一七号) 同月七日  福島原発事故の収束に責任を果たし、原発推進政策の中止、再生可能エネルギーへの転換に関する請願(笠井亮君紹介)(第三一八号)  同(塩川鉄也君紹介)(第三一九号) は本委員会に付託された。     ――――――――――――― 本日の会議に付した案件  貿易保険法の一部を改正する法律案(内閣提出第一七号)      ――――◇―――――
  2. 富田茂之

    ○富田委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、貿易保険法の一部を改正する法律案を議題といたします。  これより趣旨の説明を聴取いたします。茂木経済産業大臣。     ―――――――――――――  貿易保険法の一部を改正する法律案     〔本号末尾に掲載〕     ―――――――――――――
  3. 茂木敏充

    ○茂木国務大臣 貿易保険法の一部を改正する法律案につきまして、その提案理由及び要旨を御説明申し上げます。  今後、我が国が経済の持続的な成長を実現していくためには、日本企業の国際展開を支援することにより、著しい経済成長を遂げる新興国を初めとする海外の旺盛な需要を獲得することが重要であります。  貿易保険制度は、対外取引を行う者が戦争やテロ等の発生によってこうむる損失を補填する、日本企業の国際展開に必要不可欠な保険制度であります。昨年一月にアルジェリアで発生したテロ事件に見られるような海外におけるリスクの増大や、取引形態や資金調達方法の多様化など、海外事業環境は急速に変化しており、これに対応して貿易保険制度を見直す必要があることから、本法律案を提出した次第であります。  次に、本法律案の要旨を御説明申し上げます。  第一に、日本企業が海外でプラント建設を行う際に、テロや戦争によって事業が中断された場合に当該企業がこうむる人件費や貨物保管費等の追加的費用を新たに貿易保険の対象とします。  第二に、日本企業の海外子会社や日本製品を扱う現地販売会社による輸出などの取引を新たに貿易保険の対象とします。  第三に、日本企業が参画する海外での資源開発等のプロジェクトに対する資金調達を円滑化するため、本邦銀行の海外拠点や外国銀行からの融資を新たに貿易保険の対象とします。  その他、日本企業が国内において海外企業にサービスを提供する取引を貿易保険の対象とするとともに、独立行政法人日本貿易保険の再保険の対象を国内の保険会社が引き受ける対外取引向け保険にも拡充するなど、所要の措置を講じます。  以上が、本法律案の提案理由及びその要旨であります。  何とぞ、御審議の上、速やかに御賛同くださいますようよろしくお願い申し上げます。
  4. 富田茂之

    ○富田委員長 これにて趣旨の説明は終わりました。  次回は、来る二十六日水曜日午前八時五十分理事会、午前九時委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。     午後零時二十四分散会