運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login

2011-12-06 第179回国会 衆議院 農林水産委員会 3号 公式Web版

  1. 平成二十三年十二月六日(火曜日)     午後二時開議  出席委員    委員長 吉田 公一君    理事 石津 政雄君 理事 梶原 康弘君    理事 菊池長右ェ門君 理事 京野 公子君    理事 佐々木隆博君 理事 小里 泰弘君    理事 宮腰 光寛君 理事 石田 祝稔君       石田 三示君    石山 敬貴君       今井 雅人君    小野塚勝俊君       大谷  啓君    笠原多見子君       金子 健一君    田名部匡代君       高橋 英行君    玉木雄一郎君       筒井 信隆君    道休誠一郎君       富岡 芳忠君    中野渡詔子君       仲野 博子君    西村智奈美君       野田 国義君    森本 哲生君       山田 正彦君    伊東 良孝君       江藤  拓君    河井 克行君       北村 誠吾君    高市 早苗君       武部  勤君    谷川 弥一君       保利 耕輔君    西  博義君       吉泉 秀男君    石川 知裕君       松木けんこう君     …………………………………    農林水産大臣       鹿野 道彦君    農林水産副大臣      筒井 信隆君    農林水産大臣政務官    仲野 博子君    農林水産大臣政務官    森本 哲生君    農林水産委員会専門員   栗田 郁美君     ――――――――――――― 委員の異動 十二月六日  辞任         補欠選任   打越あかし君     小野塚勝俊君   福島 伸享君     西村智奈美君   今村 雅弘君     河井 克行君   山本  拓君     高市 早苗君 同日  辞任         補欠選任   小野塚勝俊君     打越あかし君   西村智奈美君     福島 伸享君   河井 克行君     今村 雅弘君   高市 早苗君     山本  拓君     ――――――――――――― 十一月二十九日  TPP参加反対、日本農業の再生に関する請願笠井亮紹介)(第二四三号)  同(塩川鉄也紹介)(第二六一号)  TPPへ参加せず、雇用拡充と地域経済を活性化させ、食料自給率の向上政策を求めることに関する請願赤嶺政賢紹介)(第二四四号)  同(笠井亮紹介)(第二四五号)  同(穀田恵二紹介)(第二四六号)  同(佐々木憲昭紹介)(第二四七号)  同(志位和夫紹介)(第二四八号)  同(塩川鉄也紹介)(第二四九号)  同(高橋千鶴子紹介)(第二五〇号)  同(宮本岳志紹介)(第二五一号)  同(吉井英勝紹介)(第二五二号) 十二月五日  農林水産業の崩壊を招く恐れのあるTPP交渉参加への反対を求めることに関する請願宮腰光寛君外九名紹介)(第七二六号) は本委員会に付託された。     ――――――――――――― 本日の会議に付した案件  環太平洋パートナーシップ(TPP)協定交渉参加に向けた関係国との協議に関する件      ――――◇―――――
  2. 吉田公一

    ○吉田委員長 これより会議を開きます。  農林水産関係の基本施策に関する件について調査を進めます。  この際、環太平洋パートナーシップ(TPP)協定交渉参加に向けた関係国との協議に関する件について決議いたしたいと存じます。  本件につきましては、理事会等におきまして協議を願っておりましたが、その協議が調い、案文がまとまりました。  便宜、委員長から案文を朗読し、その趣旨の説明にかえたいと存じます。     環太平洋パートナーシップ(TPP)協定交渉参加に向けた関係国との協議に関する件(案)   本年十一月十一日、野田内閣総理大臣は「TPP交渉参加に向けて関係国との協議に入る」ことを表明した。しかしながら、TPPについては、政府からの情報提供及び国民的議論とも不十分であると言わざるを得ない状況であり、先のAPEC首脳会合において交渉参加を表明することに対し、各界各層から強い懸念が相次いで示されたところである。TPPは原則として関税をすべて撤廃することとされており、我が国の農林水産業や農山漁村にこれまでにない壊滅的な打撃を与え、食料自給率を低下させ、地域経済社会の崩壊を招くおそれがある。さらに、TPPにより食の安全が脅かされるなど国民生活にも大きな影響を与えることが懸念される。   よって、政府は、TPP交渉参加に向けた関係国との協議を行う場合には、左記の事項に留意することを強く求めるものである。       記  一 交渉参加に向けた関係国との協議により収集した情報については、国会に速やかに報告するとともに、国民への十分な情報提供を行い、幅広い国民的議論を行うよう措置すること。  二 交渉参加に向けた関係国との協議は、国益を最大限に実現するため、政府一体となって慎重に行うこと。その際、国益を損なうことが明らかになった場合には、政府交渉参加の見送りも含め厳しい判断をもって臨むこと。  三 交渉参加に向けた関係国との協議を進める中においても、国内農林水産業の構造改革の努力を加速するとともに、協議の帰趨いかんでは、国内農林水産業、関連産業及び地域経済に及ぼす影響が甚大であることを十分に踏まえて、政府を挙げて対応すること。  四 我が国は自由貿易の推進を対外通商政策の柱とし、様々なEPA・FTA、地域協定のメリット、デメリットを検討し、メリットの大きなものについては積極的に推進するとともに、これによって打撃を受ける分野については必要な国境措置を維持し、かつ万全な国内経済地域対策を講じてきたところである。今後とも、我が国のとるべき戦略について精力的に構築すること。   右決議する。 以上でございます。  お諮りいたします。  ただいま読み上げました案文を本委員会決議とするに賛成の諸君の起立を求めます。     〔賛成者起立〕
  3. 吉田公一

    ○吉田委員長 起立総員。よって、本件は本委員会決議とするに決しました。  この際、ただいまの決議につきまして農林水産大臣から発言を求められておりますので、これを許します。農林水産大臣鹿野道彦君。
  4. 鹿野道彦

    ○鹿野国務大臣 ただいまの御決議につきましては、その趣旨を踏まえ、関係府省とも連携を図りつつ、政府一体として適切に対処してまいりたいと存じます。
  5. 吉田公一

    ○吉田委員長 お諮りいたします。  ただいまの決議議長に対する報告及び関係当局への参考送付の手続につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  6. 吉田公一

    ○吉田委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。     午後二時五分散会