運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login

2004-07-30 第160回国会 衆議院 議院運営委員会 1号 公式Web版

  1. 本国会召集日(平成十六年七月三十日)(金曜日)(午前零時現在)における本委員は、次のとおりである。    委員長 武部  勤君    理事 小坂 憲次君 理事 鈴木 恒夫君    理事 村田 吉隆君 理事 小林 興起君    理事 渡辺 具能君 理事 藤村  修君    理事 一川 保夫君 理事 安住  淳君    理事 西  博義君       江渡 聡徳君    小渕 優子君       谷川 弥一君    谷本 龍哉君       中山 泰秀君    葉梨 康弘君       保坂  武君    大谷 信盛君       小宮山泰子君    手塚 仁雄君       馬淵 澄夫君    笠  浩史君       高木美智代君    穀田 恵二君       阿部 知子君 平成十六年七月三十日(金曜日)委員長の指名で、次のとおり小委員及び小委員長を選任した。  国会法改正等に関する小委員       武部  勤君    小坂 憲次君       鈴木 恒夫君    村田 吉隆君       小林 興起君    渡辺 具能君       藤村  修君    一川 保夫君       安住  淳君    西  博義君  国会法改正等に関する小委員長 武部  勤君  図書館運営小委員       谷川 弥一君    谷本 龍哉君       葉梨 康弘君    保坂  武君       渡辺 具能君    安住  淳君       一川 保夫君    藤村  修君       高木美智代君  図書館運営小委員長      藤村  修君  院内の警察及び秩序に関する小委員       江渡 聡徳君    小渕 優子君       鈴木 恒夫君    谷川 弥一君       谷本 龍哉君    安住  淳君       大谷 信盛君    手塚 仁雄君       西  博義君  院内の警察及び秩序に関する小委員長                 鈴木 恒夫君  庶務小委員       小坂 憲次君    鈴木 恒夫君       村田 吉隆君    小林 興起君       渡辺 具能君    藤村  修君       一川 保夫君    安住  淳君       西  博義君  庶務小委員長         小坂 憲次君  国際会議場建設小委員       江渡 聡徳君    中山 泰秀君       葉梨 康弘君    保坂  武君       村田 吉隆君    一川 保夫君       大谷 信盛君    手塚 仁雄君       高木美智代君  国際会議場建設小委員長    一川 保夫君  国会審議テレビ中継に関する小委員       小渕 優子君    小坂 憲次君       小林 興起君    村田 吉隆君       渡辺 具能君    安住  淳君       一川 保夫君    藤村  修君       西  博義君  国会審議テレビ中継に関する小委員長                 村田 吉隆君 平成十六年七月三十日(金曜日)     正午開議  出席委員    委員長 武部  勤君    理事 小坂 憲次君 理事 鈴木 恒夫君    理事 村田 吉隆君 理事 小林 興起君    理事 渡辺 具能君 理事 藤村  修君    理事 一川 保夫君 理事 安住  淳君    理事 西  博義君       江渡 聡徳君    小渕 優子君       谷川 弥一君    谷本 龍哉君       中山 泰秀君    葉梨 康弘君       保坂  武君    大谷 信盛君       小宮山泰子君    手塚 仁雄君       馬淵 澄夫君    笠  浩史君       高木美智代君    穀田 恵二君       阿部 知子君     …………………………………    議長           河野 洋平君    副議長          中野 寛成君    事務総長         駒崎 義弘君     ――――――――――――― 七月三十日  国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律の一部を改正する法律案(山花郁夫君外一名提出、第百五十九回国会衆法第四六号)  国立国会図書館法の一部を改正する法律案(鳩山由紀夫君外五名提出、第百五十九回国会衆法第五一号) は本委員会に付託された。     ――――――――――――― 本日の会議に付した案件  議席の件  会期の件  特別委員会設置の件  小委員会設置の件  議事進行係の件  鈴木善幸君逝去につき弔詞贈呈の件  永年在職議員として表彰された元議員八百板正君逝去につき弔詞贈呈報告の件  本日の本会議の議事等に関する件      ――――◇―――――
  2. 武部勤

    ○武部委員長 これより会議を開きます。  第百六十回臨時国会は本日召集されました。  これより、お手元に配付いたしてあります協議事項について、順次御協議願うことにいたします。  まず、議席の件についてでありますが、各党から申し出のありましたとおり、議長において仮議席を定めました。本日の本会議において議長が仮議席のとおり議席を定める旨宣告いたしますので、御了承願います。     ―――――――――――――
  3. 武部勤

    ○武部委員長 次に、会期の件についてでありますが、今臨時会の会期につきましては、先般来の理事会において種々御協議を願ったのでありますが、各党の意見が一致するに至っておりません。  また、本件につきましては、先ほど常任委員長会議が開かれ、議長から各常任委員長の意見を徴されたのでありますが、各常任委員長の意見は一致いたしておりません。  それでは、御協議願います。  小坂憲次君。
  4. 小坂憲次

    ○小坂委員 今回の臨時国会につきましては、参議院選挙後の院の構成を中心に、当面するその他の諸案件を処理していただくものとして、会期は、八月六日までの八日間ということでお願いいたしたいと考えております。
  5. 武部勤

    ○武部委員長 藤村修君。
  6. 藤村修

    ○藤村委員 私は、民主党・無所属クラブ、日本共産党、社会民主党・市民連合を代表いたしまして、ただいま提案されました八日間の会期について意見を申し上げます。  結論は、会期については一カ月以上にすべきであるということです。以下、その理由を申し上げます。  さきの参議院選挙で示された国民の意思は明確であります。第百五十九回国会で与党が強行採決など、手法も内容も不完全ないわゆる年金改革法について厳しい判断を下したこと。もう一つは、国会での審議という当然の手続を欠いた内閣総理大臣小泉氏によるイラク多国籍軍への自衛隊参加に対する国民の強い危惧であります。  年金改革法について言えば、法案の前提であった合計特殊出生率が法案の成立後に一・三二から一・二九に変更され、また、成立した法案には四十カ所に及ぶ誤りが明らかになりました。参議院選挙の最中には、小泉総理も、説明は不十分だ、よく説明したいと語っておられました。重ねて、社会保険庁をめぐるさまざまな問題も浮かび上がっております。これらについて、十分な審議、国民の納得のいく充実した審議がまず求められているので、それが参議院選挙での主権者たる国民の意思であります。  私ども民主党・無所属クラブは、こうした点を踏まえ、先ほど衆議院に二〇〇四年年金改正法廃止法案を提出いたしました。この場をおかりして、十分な御審議をいただくようお願いを申し上げます。  さらに、イラクに派遣されている自衛隊の多国籍軍への編入問題です。  小泉総理は、これまでの政府見解を含む憲法問題、イラク復興支援特措法の解釈問題、将来にわたる自衛隊のあり方など多くの論点を全く無視し、一切の手続を省略したあげく、さきのサミットでアメリカに約束し、既定の事実にしようとしています。小泉総理のパフォーマンスで我が国の進路を決められてはたまりません。衆議院の本会議においてきちんとしたサミット報告と質疑、あわせて予算委員会やイラク特など関係委員会でもしっかりとした論議を行い、国の進路に誤りなきようにすべきであります。  さらに、新潟、福井等の集中豪雨被害対策、BSEの全頭検査の見直し問題、あるいは拉致問題の全面解決に向けた対北朝鮮外交など、喫緊の課題が山積しております。さらには、日本歯科医師政治連盟からの自民党橋本派への一億円の献金問題など、政治と金に関する問題を早急に解明すべきであります。  これらの諸課題に取り組むためには、わずか八日間の会期で事足りるなどということは考えられません。与党の皆さんにも十分御理解いただけるものと存じます。さきの参議院選挙で示された国民の意思を尊重し、国民の政治への信頼を回復するためにも、しっかりした国会での審議が必要です。  以上申し上げましたとおり、これらの諸課題に国会が真剣に取り組むためには、臨時国会の会期は最低一カ月以上必要であると我々は考えます。  以上、意見表明をさせていただきました。
  7. 武部勤

    ○武部委員長 小坂憲次君。
  8. 小坂憲次

    ○小坂委員 野党の皆さんの御主張も理解はできますが、それらの御要望を踏まえて、この八日間の会期内で十分な審議を尽くしてまいりたいと存じます。  また、必要に応じ閉会中審査という手法によりまして今日までイラク特別委員会を初めとして災害対策特別委員会等の審議も行っておりまして、今後ともそのような閉会中審査も踏まえ御要望に対処してまいりたいと存じます。その意味からも、八日間でお願いを申し上げます。
  9. 武部勤

    ○武部委員長 それでは、御協議願ったのでありますが、各党の意見が一致いたしませんので、採決いたします。  今臨時会の会期を、本日から八月六日までの八日間とすべきものと議長に答申するに賛成の諸君の挙手を求めます。     〔賛成者挙手〕
  10. 武部勤

    ○武部委員長 挙手多数。よって、会期は本日から八月六日までの八日間とすべきものと議長に答申するに決定いたしました。     ―――――――――――――
  11. 武部勤

    ○武部委員長 次に、特別委員会設置の件についてでありますが、委員おのおの四十人よりなる災害対策特別委員会、政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会、委員おのおの二十五人よりなる沖縄及び北方問題に関する特別委員会、青少年問題に関する特別委員会、委員五十人よりなる武力攻撃事態等への対処に関する特別委員会、委員四十五人よりなる国際テロリズムの防止及び我が国の協力支援活動並びにイラク人道復興支援活動等に関する特別委員会の設置についてお諮りいたします。  まず、武力攻撃事態等への対処に関する特別委員会を設置することとし、本日の本会議において議決するに賛成の諸君の挙手を求めます。     〔賛成者挙手〕
  12. 武部勤

    ○武部委員長 挙手多数。よって、そのように決定いたしました。  次に、ただいま決定いたしました武力攻撃事態等への対処に関する特別委員会を除く五特別委員会につきましては、理事会で合意いたしましたとおり設置することとし、本日の本会議において議決するに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  13. 武部勤

    ○武部委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。  なお、各特別委員会の委員の各会派割り当て数は、お手元の印刷物のとおりであります。     ―――――――――――――
  14. 武部勤

    ○武部委員長 次に、小委員会設置の件についてでありますが、今国会におきましても、前国会どおり、当委員会にお手元の印刷物にありますとおりの六小委員会を設置することとし、小委員及び小委員長の選任は、委員長において指名することに御一任願っておきたいと存じますが、御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  15. 武部勤

    ○武部委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。  なお、各小委員の各会派割り当ては、お手元の印刷物のとおりであります。     ―――――――――――――
  16. 武部勤

    ○武部委員長 なおまた、日本共産党の方には各小委員会にオブザーバーとして御出席願うことにいたします。  また、今会期中における小委員、小委員長及び理事の辞任並びに補欠選任につきましても、委員長に御一任願っておきたいと存じますが、御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  17. 武部勤

    ○武部委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。     ―――――――――――――
  18. 武部勤

    ○武部委員長 次に、議事進行係の件についてでありますが、議事進行係は、従前どおり自由民主党にお願いすることとし、同党の小渕優子君にお願いいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  19. 武部勤

    ○武部委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。     ―――――――――――――
  20. 武部勤

    ○武部委員長 次に、鈴木善幸君逝去につき弔詞贈呈の件についてでありますが、去る十九日、鈴木善幸君が逝去されました。  ここに謹んで哀悼の意を表します。  弔詞につきましては、お手元に配付の案文のとおりとし、本日の本会議においてその贈呈を決定するに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  21. 武部勤

    ○武部委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。     ―――――――――――――  元自由民主党総裁前衆議院議員正二位大勲位鈴木善幸君は 多年憲政のために尽力し 特に院議をもってその功労を表彰され しばしば国務大臣の任につき 内閣総理大臣の重責をにない国政を統理されました  君は 終始経済の発展と行財政の刷新に心魂を傾け また世界の平和と安定に力をいたし 国民生活の充実とわが国の国際的地位の向上に貢献されました その功績はまことに偉大であります  衆議院は 君の長逝を哀悼し つつしんで弔詞をささげます     ―――――――――――――
  22. 武部勤

    ○武部委員長 なお、本会議において、議長が弔詞を朗読される際、議員の方は御起立を願うことになっております。     ―――――――――――――
  23. 武部勤

    ○武部委員長 次に、元議員逝去につき弔詞贈呈報告の件についてでありますが、去る四月二十三日、永年在職議員として表彰された元議員八百板正君が逝去されました。  ここに謹んで哀悼の意を表します。  弔詞につきましては、お手元の印刷物のとおりの特別弔詞を、理事各位の御了承を得まして、去る二十日、議長から贈呈していただきましたので、御了承願います。     ―――――――――――――  衆議院は 多年憲政のために尽力し 特に院議をもってその功労を表彰され さきに逓信委員長 物価問題等に関する特別委員長の要職にあたられた従三位勲一等八百板正君の長逝を哀悼し つつしんで弔詞をささげます     ―――――――――――――
  24. 武部勤

    ○武部委員長 また、同君に対する弔詞は、本日の本会議において、議長から贈呈の報告があり、弔詞を朗読されることになります。  その際、議員の方は御起立願うことになっております。     ―――――――――――――
  25. 武部勤

    ○武部委員長 次に、本日の本会議の議事の順序について、事務総長の説明を求めます。
  26. 駒崎義弘

    ○駒崎事務総長 まず最初に、議長が議席を仮議席のとおりに指定されます。  次に、会期の件でありますが、議長から、八日間とするについてお諮りをいたします。民主党、共産党及び社民党が反対でございます。  次に、特別委員会設置の件についてお諮りいたします。  まず、災害対策特別委員会、政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会、沖縄及び北方問題に関する特別委員会、青少年問題に関する特別委員会、国際テロリズムの防止及び我が国の協力支援活動並びにイラク人道復興支援活動等に関する特別委員会の設置につきお諮りをいたします。全会一致であります。次に、武力攻撃事態等への対処に関する特別委員会の設置につきお諮りをいたします。共産党が反対でございます。  次に、議長から、鈴木善幸先生逝去につき弔詞贈呈の件についてお諮りをいたします。  次に、議長から、永年在職議員として表彰されました故元議員八百板正先生に対する弔詞贈呈の報告がございまして、議長が弔詞を朗読されます。  本日の議事は、以上でございます。
  27. 武部勤

    ○武部委員長 それでは、本日の本会議は、午後零時五十分予鈴、午後一時から開会いたします。     ―――――――――――――
  28. 武部勤

    ○武部委員長 次に、次回の本会議の件につきましては、後刻理事会で協議いたします。  本日は、これにて散会いたします。     午後零時十分散会