運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login

1978-06-14 第84回国会 衆議院 内閣委員会 24号 公式Web版

  1. 昭和五十三年六月十四日(水曜日)     午前十一時十一分開議  出席委員    委員長 始関 伊平君   理事 小宮山重四郎君 理事 高鳥  修君    理事 藤尾 正行君 理事 村田敬次郎君    理事 岩垂寿喜男君 理事 上原 康助君    理事 鈴切 康雄君 理事 受田 新吉君       逢沢 英雄君    小島 静馬君       関谷 勝嗣君    玉生 孝久君       萩原 幸雄君    上田 卓三君       湯山  勇君    沖本 泰幸君       柴田 睦夫君    中川 秀直君  出席国務大臣         国 務 大 臣         (総理府総務長         官)     稻村左近四郎君  出席政府委員         内閣総理大臣官         房同和対策室長 黒川  弘君         内閣総理大臣官         房総務審議官  大濱 忠志君  委員外の出席者         内閣委員会調査         室長      長倉 司郎君     ――――――――――――― 委員の異動 六月十四日  辞任         補欠選任   木原  実君     湯山  勇君   田邊  誠君     栂野 泰二君   八百板 正君     山花 貞夫君   新井 彬之君     沖本 泰幸君   中川 秀直君     田川 誠一君 同日  辞任         補欠選任   湯山  勇君     木原  実君   沖本 泰幸君     新井 彬之君     ――――――――――――― 六月八日  傷病恩給等の改善に関する請願(加藤六月君紹  介)(第五七八八号)  同(小宮山重四郎君紹介)(第五七八九号)  同(河本敏夫君紹介)(第五七九〇号)  同(左藤恵君紹介)(第五七九一号)  同(田中龍夫君紹介)(第五七九二号)  同(塚原俊平君紹介)(第五七九三号)  同(野中英二君紹介)(第五七九四号)  同外一件(堀之内久男君紹介)(第五七九五  号)  同(山崎拓君紹介)(第五七九六号)  同(武藤嘉文君紹介)(第五八二三号)  同(久野忠治君紹介)(第五八三九号)  同(田中龍夫君紹介)(第五八四〇号)  同(森喜朗君紹介)(第五八四一号)  同(山口シヅエ君紹介)(第五八四二号)  同外一件(戸井田三郎君紹介)(第五八八七  号)  同(中曽根康弘君紹介)(第五八八八号)  救護看護婦に対する恩給法適用に関する請願(  河野洋平君紹介)(第五七九七号)  同(斉藤滋与史君紹介)(第五七九八号)  旧治安維持法等による犠牲者の補償に関する請  願(阿部昭吾君紹介)(第五八三二号)  同(稲葉誠一君紹介)(第五八三三号)  同(沖本泰幸君紹介)(第五八八六号)  靖国神社公式参拝反対に関する請願(石橋政嗣  君紹介)(第五八三四号)  同(大原亨君紹介)(第五八三五号)  同(島本虎三君紹介)(第五八三六号)  同(多賀谷真稔君紹介)(第五八三七号)  同(中村重光君紹介)(第五八三八号) 同月九日  靖国神社公式参拝反対に関する請願(河上民雄  君紹介)(第五九一一号)  同(土井たか子君紹介)(第五九一二号)  傷病恩給等の改善に関する請願(細田吉藏君紹  介)(第五九一三号) 同月十日  救護看護婦に対する恩給法適用に関する請願(  伊藤宗一郎君紹介)(第六一二二号)  同(石川要三君紹介)(第六一二三号)  同(大平正芳君紹介)(第六一二四号)  同(木野晴夫君紹介)(第六一二五号)  同(木村武千代君紹介)(第六一二六号)  同(谷川寛三君紹介)(第六一二七号)  同(塚田徹君紹介)(第六一二八号)  同(中曽根康弘君紹介)(第六一二九号)  同(福田篤泰君紹介)(第六一三〇号)  同(宮澤喜一君紹介)(第六一三一号)  同(森喜朗君紹介)(第六一三二号)  同(大石千八君紹介)(第六三四七号)  同(大西正男君紹介)(第六三四八号)  同(加藤六月君紹介)(第六三四九号)  同(塩崎潤君紹介)(第六三五〇号)  同(澁谷直藏君紹介)(第六三五一号)  同(武藤嘉文君紹介)(第六三五二号)  靖国神社公式参拝反対に関する請願(伊藤茂君  紹介)(第六一三三号)  同(井上普方君紹介)(第六一三四号)  同(池端清一君紹介)(第六一三五号)  同(岩垂寿喜男君紹介)(第六一三六号)  同(上原康助君紹介)(第六一三七号)  同(岡田哲助君紹介)(第六一三八号)  同(岡田春夫君紹介)(第六一三九号)  同(加藤万吉君紹介)(第六一四〇号)  同(金子みつ君紹介)(第六一四一号)  同外八件(河上民雄君紹介)(第六一四二号)  同(上坂昇君紹介)(第六一四三号)  同(高沢寅男君紹介)(第六一四四号)  同(武部文君紹介)(第六一四五号)  同(塚田庄平君紹介)(第六一四六号)  同外二件(土井たか子君紹介)(第六一四七  号)  同(栂野泰二君紹介)(第六一四八号)  同(成田知巳君紹介)(第六一四九号)  同(芳賀貢君紹介)(第六一五〇号)  同(福岡義登君紹介)(第六一五一号)  同(藤原ひろ子君紹介)(第六一五二号)  同外二件(松本七郎君紹介)(第六一五三号)  同(美濃政市君紹介)(第六一五四号)  同和対策事業特別措置法の改正に関する請願(  柴田睦夫君紹介)(第六一五五号)  旧治安維持法等による犠牲者の補償に関する請  願(柴田睦夫君紹介)(第六一五六号)  同(正森成二君紹介)(第六一五七号)  同(高橋高望君紹介)(第六三五四号)  旧海軍特務士官、准士官の恩給格付是正に関す  る請願(竹内黎一君紹介)(第六一五八号)  同(福永健司君紹介)(第六一五九号)  傷病恩給等の改善に関する請願(羽生田進君紹  介)(第六一六〇号)  同(田中龍夫君紹介)(第六三五三号) は本委員会に付託された。     ――――――――――――― 本日の会議に付した案件  小委員長からの報告聴取      ――――◇―――――
  2. 始関伊平

    ○始関委員長 これより会議を開きます。  この際、同和対策に関する小委員長から報告をいたしたい旨の申し出がありますので、これを許します。小宮山重四郎君。
  3. 小宮山重四郎

    ○小宮山委員 同和対策に関する小委員会における調査の経過を御報告申し上げます。  御承知のとおり同和対策事業は、昭和四十四年に制定されました同和対策事業特別措置法に基づき、対象地域における生活環境の改善、社会福祉の増進、産業の振興、職業の安定、教育の充実、人権擁護活動の強化等同法の目的達成のための事業が実施されているのでありますが、この法律は十年間のいわゆる限時法として制定されたもので、来年三月三十一日をもってその効力を失うこととなっております。  しかし、昭和五十年の全国同和地区調査により政府が把握いたしました同和対策事業の総事業費は約一兆二千八十二億円でありましたが、昭和五十年度から五十三年度までの予算において措置されました事業費では、同法が失効する昭和五十三年度末までに計画された事業の達成は困難な実情にあります。  本小委員会は、このような状況にかんがみ、同和問題調査のため、去る五月二十五日設置されたもので、本日まで四回にわたり委員会を開会し、政府及び参考人から同和対策事業の進捗状況及びいわゆる残事業等について説明を聴取するなど慎重に調査、検討を行ってまいったのであります。  その結果、同和対策事業特別措置法の取り扱いに関し、  一 同和対策事業関係予算については、いわゆる残事業(昭和五十年の同和地区調査による事業量のうち昭和五十四年度以降に見込まれる分)の状況にかんがみ、昭和五十四年度予算においても従前と同様に措置するものとする。  一 同和対策事業特別措置法の存続期限(昭和五十四年三月三十一日)を延長することとし、延長期間については内閣委員会同和対策に関する小委員会において引続き検討し、次期国会で決定するものとする。 との結論に達したのであります。  この際、委員長において適切な措置を講ぜられるようお願いいたします。  以上御報告申し上げます。
  4. 始関伊平

    ○始関委員長 これにて報告は終わりました。  この際お諮りいたします。  ただいまの小委員長の報告を了承するに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  5. 始関伊平

    ○始関委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。  総理府総務長官に申し上げます。  ただいまお聞きのとおり、小委員長の報告を委員会において了承いたしましたので、その趣旨に沿って善処されるよう要望いたします。  この際、稲村総理府総務長官から発言の申し出がありますので、これを許します。稻村総理府総務長官。
  6. 稻村佐近四郎

    ○稻村国務大臣 ただいま当委員会で了承された小委員長の御報告につきましては、その意を体して処置に努力をしてまいります。
  7. 始関伊平

    ○始関委員長 次回は、明十五日木曜日午前十時理事会、十時三十分から委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。     午前十一時十五分散会