運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login

1977-12-07 第83回国会 衆議院 災害対策特別委員会 1号 公式Web版

  1. 特別委員会昭和五十二年十二月七日(水曜 日)議院において、災害対策を樹立するため設置 することに決した。 十二月七日 本特別委員は議長の指名で、次のとおり選任され た。       天野 光晴君    有馬 元治君       稲垣 実男君    越智 伊平君       小島 静馬君    後藤田正晴君       佐藤  隆君    斉藤滋与史君       志賀  節君    高鳥  修君       谷  洋一君    谷川 寛三君       津島 雄二君    中島  衛君       中村  直君    西田  司君       村上 茂利君    森   清君       渡部 恒三君    渡辺 秀央君       伊賀 定盛君    伊藤  茂君       川俣健二郎君    兒玉 末男君       柴田 健治君    芳賀  貢君       馬場  昇君    湯山  勇君       米田 東吾君    渡辺 芳男君       瀬野栄次郎君   平石磨作太郎君       広沢 直樹君    古川 雅司君       山本悌二郎君    渡辺  朗君       津川 武一君    山原健二郎君       菊池福治郎君    永原  稔君 ――――――――――――――――――――― 昭和五十二年十二月七日(水曜日)     午後零時十八分開議  出席委員    委員長 湯山  勇君    理事 有馬 元治君 理事 志賀  節君    理事 高鳥  修君 理事 柴田 健治君    理事 広沢 直樹君 理事 渡辺  朗君       越智 伊平君    後藤田正晴君       斉藤滋与史君    谷川 寛三君       中村  直君    森   清君       渡部 恒三君    川俣健二郎君       馬場  昇君    瀬野栄次郎君      平石磨作太郎君    古川 雅司君       津川 武一君    山原健二郎君       菊池福治郎君    永原  稔君  出席国務大臣         建 設 大 臣         国土庁長官   櫻内 義雄君  出席政府委員         国土政務次官  丹羽 久章君         国土庁長官官房         長       河野 正三君  委員外の出席者         国土庁長官官房         審議官     四柳  修君     ――――――――――――― 十二月七日  湯山勇君が委員長に当選した。 同日       天野 光晴君    有馬 元治君       志賀  節君    高鳥  修君       兒玉 末男君    柴田 健治君       広沢 直樹君    渡辺  朗君  が理事に当選した。     ――――――――――――― 本日の会議に付した案件  委員長及び理事の互選  閉会中審査に関する件      ――――◇―――――     〔津川委員、委員長席に着く〕
  2. 津川武一

    ○津川委員 これより会議を開きます。  私が年長者でありますので、衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されるまで、その職務を行います。  これより委員長の互選を行います。
  3. 高鳥修

    ○高鳥委員 動議を提出いたします。  委員長の互選は、投票によらないで、湯山勇君を委員長に推薦いたしたいと思います。
  4. 津川武一

    ○津川委員 高鳥修君の動議に御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  5. 津川武一

    ○津川委員 御異議なしと認めます。よって、湯山勇君が委員長に当選いたしました。     〔拍手〕  委員長湯山勇君に本席を譲ります。     〔湯山委員長、委員長席に着く〕
  6. 湯山勇

    ○湯山委員長 この際、一言ごあいさつ申し上げます。  ただいま委員各位の御推挙により、委員長の重責を担うことになりました。  何とぞよろしくお願いいたします。(拍手)      ――――◇―――――
  7. 湯山勇

    ○湯山委員長 これより理事の互選を行います。
  8. 高鳥修

    ○高鳥委員 動議を提出いたします。  理事はその数を八名とし、委員長において指名せられんことを望みます。
  9. 湯山勇

    ○湯山委員長 高鳥修君の動議に御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  10. 湯山勇

    ○湯山委員長 御異議なしと認めます。よって、委員長は、理事に      天野 光晴君    有馬 元治君      志賀  節君    高鳥  修君      兒玉 末男君    柴田 健治君      広沢 直樹君    渡辺  朗君 以上の八名の方を指名いたします。      ――――◇―――――
  11. 湯山勇

    ○湯山委員長 この際、建設大臣国土庁長官から発言を求められておりますので、これを許します。建設大臣国土庁長官櫻内義雄君。
  12. 櫻内義雄

    ○櫻内国務大臣 このたび建設大臣並びに国土庁長官を拝命いたしました櫻内義雄でございます。何とぞよろしくお願いいたします。  災害から国土と国民を守ることは国政の基本であると考えますので、私はこの趣旨を第一義として、台風、豪雨、地震を初め、先般御決議をいただいた火山噴火等、各般の災害に関する施策に積極的に取り組んでまいる所存でございます。  委員長初め委員の皆様方の御指導、御協力をお願いいたしまして、ごあいさつとさせていただきます。よろしくお願いします。(拍手)
  13. 湯山勇

    ○湯山委員長 次に、国土政務次官から発言を求められておりますので、これを許します。国土政務次官丹羽久章君。
  14. 丹羽久章

    ○丹羽政府委員 一言ごあいさつを申し上げます。  このたび国土政務次官を拝命し、中央防災会議事務局長として、災害対策の重責に携わることになりました丹羽久章でございます。  今後、国土庁長官ともども、委員長を初め委員の皆さん方の格段なる御指導を仰ぎつつ、災害対策に全力を尽くしてまいりたいと考えておりますので、何とぞよろしくお願いを申し上げます。(拍手)
  15. 湯山勇

    ○湯山委員長 ちょっと速記をとめてください。     〔速記中止〕
  16. 湯山勇

    ○湯山委員長 それでは速記を起こしてください。      ――――◇―――――
  17. 湯山勇

    ○湯山委員長 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。  ただいま理事各位と協議の結果、災害対策に関する件について、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  18. 湯山勇

    ○湯山委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。  次に、閉会中審査案件が付託になり、審査のため委員派遣の必要が生じました場合には、議長に対し、委員派遣の承認申請をいたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  19. 湯山勇

    ○湯山委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。  なお、派遣委員の氏名、人数、派遣地、期間、その他所要の手続等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  20. 湯山勇

    ○湯山委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。  本日は、これにて散会いたします。     午後零時二十四分散会