運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login

1975-12-23 第76回国会 衆議院 運輸委員会 5号 公式Web版

  1. 昭和五十年十二月二十三日(火曜日)     午前十時三十一分開議  出席委員    委員長 木部 佳昭君    理事 加藤 六月君 理事 佐藤 文生君    理事 佐藤 守良君 理事 西銘 順治君    理事 太田 一夫君 理事 金瀬 俊雄君    理事 三浦  久君       石井  一君    大竹 太郎君       佐藤 孝行君    三原 朝雄君       綿貫 民輔君    久保 三郎君       斉藤 正男君    坂本 恭一君       梅田  勝君    紺野与次郎君       松本 忠助君    河村  勝君     ――――――――――――― 本日の会議に付した案件  閉会中審査に関する件  請 願   一 奄美群島の戦時徴用小型船舶所有者に対     する補償措置に関する請願(山中貞則君     紹介)(第二三六号)   二 国鉄飯田線の近代化に関する請願(小沢     貞孝君紹介)(第一四四四号)   三 同(唐沢俊二郎君紹介)(第一四四五     号)   四 同(吉川久衛君紹介)(第一四四六号)   五 同(小坂善太郎君紹介)(第一四四七     号)   六 同(羽田孜君紹介)(第一四四八号)   七 同(倉石忠雄君紹介)(第一五二七号)   八 同(中澤茂一君紹介)(第一五二八号)   九 同(原茂君紹介)(第一五二九号)  一〇 関門海峡通航船舶の安全確保に関する請     願(吉田法晴君紹介)(第一七一二号)  一一 国鉄飯田線の近代化に関する請願(下平     正一君紹介)(第一九〇一号)  一二 小田急線各駅に自転車置場設置に関する     請願(増本一彦君紹介)(第二一七七     号)  一三 国鉄料金等の引上げ反対に関する請願     (栗田翠君紹介)(第二二七九号)  一四 地方バス路線の維持強化に関する請願     (湊徹郎君紹介)(第二三一〇号)  一五 国鉄飯田線の近代化に関する請願(林百     郎君紹介)(第二六九〇号)  一六 廃油ボール等による海岸汚染の防止対策     に関する請願(山中貞則君紹介)(第二     八九二号)  一七 国鉄料金等の引上げ反対に関する請願     (枝村要作君紹介)(第二八九四号)  一八 同(坂本恭一君紹介)(第二八九五号)  一九 同(成田知巳君紹介)(第二八九六号)  二〇 同(野坂浩賢君紹介)(第二八九七号)  二一 同(細谷治嘉君紹介)(第二八九八号)  二二 同(松浦利尚君紹介)(第二八九九号)  二三 同(岡田春夫君紹介)(第二九六五号)  二四 同(坂本恭一君紹介)(第二九六六号)  二五 同(多賀谷真稔君紹介)(第二九六七     号)  二六 同(辻原弘市君紹介)(第二九六八号)  二七 同(楢崎弥之助君紹介)(第二九六九     号)  二八 同(細谷治嘉君紹介)(第二九七〇号)  二九 同(山本弥之助君紹介)(第二九七一     号)  三〇 同(米内山義一郎君紹介)(第二九七二     号)  三一 同(渡辺惣蔵君紹介)(第二九七三号)  三二 同(島田琢郎君紹介)(第三〇八七号)  三三 同(土井たか子君紹介)(第三〇八八     号)  三四 同(多賀谷真稔君紹介)(第三〇八九     号)  三五 同(楢崎弥之助君紹介)(第三〇九〇     号)  三六 同(細谷治嘉君紹介)(第三〇九一号)  三七 同(八木昇君紹介)(第三〇九二号)  三八 同(渡辺三郎君紹介)(第三〇九三号)  三九 国鉄飯田線の近代化に関する請願(中村     茂君紹介)(第三〇八六号)  四〇 国鉄料金等の引上げ反対に関する請願外     一件(宮田早苗君紹介)(第三二七二     号)  四一 国鉄高崎線等沿線の通勤難打開対策に関     する請願(平田藤吉君紹介)(第三三一     九号)  四二 気象業務の整備拡充等に関する請願(松     本忠助君紹介)(第三八一〇号)  四三 国鉄料金等の引上げ反対に関する請願     (兒玉末男君紹介)(第三八六四号)  四四 気象業務の整備拡充等に関する請願(太     田一夫君紹介)(第三九四四号)  四五 同(斉藤正男君紹介)(第三九四五号)  四六 同(石田幸四郎君紹介)(第四〇四九     号)  四七 同(金瀬俊雄君紹介)(第四一五〇号)  四八 同(小濱新次君紹介)(第四二八三号)  四九 宮崎空港拡張計画の中止等に関する請願     (大橋敏雄君紹介)(第四一四六号)  五〇 同(鬼木勝利君紹介)(第四二八〇号)  五一 同(瀬野栄次郎君紹介)(第四二八一     号)  五二 同(松尾信人君紹介)(第四二八二号)  五三 高齢者に対する国鉄運賃優待制度等に関     する請願(大橋敏雄君紹介)(第四一四     七号)  五四 千葉県内の気象業務拡充に関する請願     (金瀬俊雄君紹介)(第四一四八号)  五五 同(柴田睦夫君紹介)(第四一四九号)  五六 同(木原実君紹介)(第四二七八号)  五七 同(久保三郎君紹介)(第四二七九号)  五八 北海道各港における港湾機能の分担化等     に関する請願(多田光雄君紹介)(第四     二七五号)  五九 港湾運送事業者の基本料金に関する請願     (多田光雄君紹介)(第四二七六号)  六〇 国鉄和歌山線新畑踏切の拡幅に関する請     願(坂井弘一君紹介)(第四二七七号)  六一 国鉄運賃の引上げ中止等に関する請願     (河村勝君紹介)(第四五一一号)  六二 同(石田幸四郎君紹介)(第四五八八     号)  六三 国鉄運賃の学生割引等に関する請願      (石田幸四郎君紹介)(第四五一二     号)  六四 同(河村勝君紹介)(第四五一三号)  六五 西武新宿線入曽踏切の拡幅に関する請願     (平田藤吉君紹介)(第四五一四号)  六六 気象業務の整備拡充等に関する請願(諫     山博君紹介)(第四五一五号)  六七 同(庄司幸助君紹介)(第四五一六号)  六八 同(瀬長亀次郎君紹介)(第四五一七     号)  六九 同(多田光雄君紹介)(第四五一八号)  七〇 同(野間友一君紹介)(第四五一九号)  七一 同(林百郎君紹介)(第四五二〇号)  七二 同(松本善明君紹介)(第四五二一号)  七三 同(三浦久君紹介)(第四五二二号)  七四 同(山田太郎君紹介)(第四五二三号)  七五 宮崎空港拡張計画の中止等に関する請願     (田中昭二君紹介)(第四五二四号)  七六 国鉄料金等の引上げ反対に関する請願     (瀬野栄次郎君紹介)(第四五二五号)      ――――◇―――――
  2. 木部佳昭

    ○木部委員長 これより会議を開きます。  これより請願の審査に入ります。  本委員会に付託されました請願は全部で七十六件であります。  本日の請願日程第一から第七十六の請願を一括して議題といたします。  まず、請願の審査の方法についてお諮りいたします。  各請願の内容につきましては、文書表で御承知のことでもありますし、また、先ほどの理事会におきましても御検討願いましたので、この際、各請願について紹介議員からの説明聴取等は省略し、直ちに採決いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  3. 木部佳昭

    ○木部委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。  これより採決いたします。  先ほどの理事会において協議いたしましたとおり、本日の請願日程中、第二ないし第九、第一一、第一四ないし第一六及び第三九の各請願は、いずれも採択の上内閣に送付すべきものと決するに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  4. 木部佳昭

    ○木部委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。  残余の各請願は採否の決定を保留いたしますので、御了承願います。  お諮りいたします。  ただいま議決いたしました各請願の委員会報告書の作成等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  5. 木部佳昭

    ○木部委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。     ―――――――――――――     〔報告書は附録に掲載〕     ―――――――――――――
  6. 木部佳昭

    ○木部委員長 なお、本委員会に参考送付されました陳情書は、お手元に配付いたしてありますとおり、東北新幹線の建設促進に関する陳情書外十九件であります。この際御報告いたしておきます。      ――――◇―――――
  7. 木部佳昭

    ○木部委員長 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りします。  地方陸上交通事業維持整備法案  中小民営交通事業者の経営基盤の強化に関する臨時措置法案  交通事業における公共割引の国庫負担に関する法律案  中小民営交通事業金融公庫法案  陸運に関する件  海運に関する件  航空に関する件  日本国有鉄道の経営に関する件  港湾に関する件  海上保安に関する件  観光に関する件  気象に関する件以上各案件について、閉会中もなお審査を行うことができますよう、議長に対し申し出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  8. 木部佳昭

    ○木部委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。  本日は、これにて散会いたします。     午前十時三十四分散会