運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login

1975-03-14 第75回国会 衆議院 議院運営委員会 11号 公式Web版

  1. 昭和五十年三月十四日(金曜日)    午後零時五分開議  出席委員    委員長 田澤 吉郎君    理事 小渕 恵三君 理事 西岡 武夫君    理事 加藤 六月君 理事 大村 襄治君    理事 木村武千代君 理事 山口 鶴男君    理事 藤田 高敏君 理事 東中 光雄君    理事 大久保直彦君       瓦   力君    楢橋  進君       羽田  孜君    三塚  博君       村岡 兼造君    森  喜朗君       綿貫 民輔君    小川 省吾君       斉藤 正男君    森井 忠良君       中島 武敏君    小沢 貞孝君  委員外の出席者         議     長 前尾繁三郎君         副  議  長 秋田 大助君         事 務 総 長 藤野 重信君     ――――――――――――― 委員の異動 三月十三日  辞任         補欠選任   小沢 貞孝君     池田 禎治君 同日  辞任         補欠選任   池田 禎治君     小沢 貞孝君 同月十四日  辞任         補欠選任   近藤 鉄雄君     綿貫 民輔君 同日  辞任         補欠選任   綿貫 民輔君     近藤 鉄雄君     ――――――――――――― 本日の会議に付した案件  議員久保田鶴松君、同根本龍太郎君及び同前田  正男君永年在職表彰の件  議員請暇の件  本日の本会議の議事等に関する件      ――――◇―――――
  2. 田澤吉郎

    ○田澤委員長 これより会議を開きます。  まず、永年在職議員表彰の件についてでありますが、議員久保田鶴松君、根本龍太郎君、前田正男君は、今月で在職二十五年に達せられましたので、慣例により、院議をもって表彰することになります。  表彰文は、前例に従って作成したお手元に配付の案文のとおりとし、本日の本会議の冒頭において表彰決議を行うこととするに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  3. 田澤吉郎

    ○田澤委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。
  4. 田澤吉郎

    ○田澤委員長 なお、本会議における表彰次第につきましては、まず議長発議をもって表彰決議を行い、次に議長表彰文を順次朗読されます。次いで、表彰を受けられた議員の方々に登壇願った後、表彰議員代表して久保田鶴松君から謝辞が述べられます。  他の諸君の謝辞につきましては、会議録に掲載することになっております。  なお、記念といたしまして、表彰議員の肖像画を院内に掲げるとともに、別に小型の肖像画を贈呈することになっております。     ―――――――――――――
  5. 田澤吉郎

    ○田澤委員長 次に、議員請暇の件についてでありますが、川崎寛治君から、三月十五日より二十七日まで十三日間、海外旅行のため、請暇の申し出があります。  本件は、本日の本会議において議題とするに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  6. 田澤吉郎

    ○田澤委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。     ―――――――――――――
  7. 田澤吉郎

    ○田澤委員長 次に、本日、法務委員会の審査を終了した犯罪者予防更生法の一部を改正する法律案について、委員長から緊急上程の申し出があります。  右案は、本日の本会議において緊急上程するに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  8. 田澤吉郎

    ○田澤委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。     ―――――――――――――
  9. 田澤吉郎

    ○田澤委員長 次に、趣旨説明を聴取する議案の件についてでありますが、内閣提出に係る科学技術庁設置法の一部を改正する法律案及び国民年金法等の一部を改正する法律案は、本日の本会議において趣旨の説明を聴取し、これに対する質疑を行うこととするに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  10. 田澤吉郎

    ○田澤委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。  なお、科学技術庁設置法の一部を改正する法律案の趣旨説明は、佐々木国務大臣が行い、右の趣旨説明に対し、自由民主党竹中修一君及び日本社会党和田貞夫君から質疑の通告があります。  また、国民年金法等の一部を改正する法律案の趣旨説明は、田中厚生大臣が行い、右の趣旨説明に対し、日本社会党の田口一男君から質疑の通告があります。  質疑時間は、おのおの十五分以内とするに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  11. 田澤吉郎

    ○田澤委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。  なお、質疑者の要求大臣は、お手元の印刷物のとおりであります。     ―――――――――――――
  12. 田澤吉郎

    ○田澤委員長 次に、本日の本会議の議事の順序について、事務総長の説明を求めます。
  13. 藤野重信

    ○藤野事務総長 まず、永年在職議員表彰の件につきまして、議長発議でお諮りいたします。次いで、久保田鶴松さんが代表して謝辞を述べられます。  次に、議員請暇の件をお諮りいたします。  次に、日程に入りまして、まず日程第一は、木部運輸委員長の御報告がございます。社会党、共産党公明党民社党が反対でございます。  次に、日程第二から第四までを一括議題といたしまして、澁谷農林水産委員長の御報告及び趣旨弁明がございます。採決は二回に分けまして、まず日程第二と第三を一括採決いたします。全会一致でございますが、日程第三の方は共産党が棄権でございます。次に日程第四をお諮りいたします。全会一致でございます。共産党が棄権でございます。  次に、日程第五に入りまして、宇田逓信委員会理事の御報告がございます。全会一致でございます。共産党が棄権でございます。  次に、ただいま御決定の犯罪者予防更生法の一部を改正する法律案の緊急上程がございます。小宮山法務委員長の御報告がございます。全会一致でございます。  次に、趣旨説明に入ります。  まず、科学技術庁設置法の一部を改正する法律案につきまして、佐々木国務大臣が趣旨説明を行います一約五分と承っております。質疑者は、自民党の竹中さん、社会党の和田さんの順序で行います。  次に、国民年金法等の一部を改正する法律案の趣旨説明を田中厚生大臣が行います。約二分と承っております。質疑者は、社会党の田口さんでございます。  質疑時間は、おのおの十五分以内でございます。  以上でございます。
  14. 田澤吉郎

    ○田澤委員長 それでは、本日の本会議は、午後一時五十分予鈴、午後二時から開会いたします。     ―――――――――――――
  15. 田澤吉郎

    ○田澤委員長 次に、次回の本会議の件についてでありますが、次回の本会議は、来る十八日火曜日午後一時から開会することといたします。  なお、同日午前十一時理事会、正午から委員会を開会いたします。  本日は、これにて散会いたします。     午後零時十一分散会