運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login

1957-02-06 第26回国会 衆議院 逓信委員会 1号 公式Web版

  1. 昭和三十二年二月六日(水曜日)     午前十時四十二分開議  出席委員    委員長 松井 政吉君    理事 小泉 純也君 理事 竹内 俊吉君  理事 廣瀬 正雄君 理事 早稻田柳右エ門君    理事 森本  靖君       愛知 揆一君    川崎末五郎君       上林山榮吉君    齋藤 憲三君       椎熊 三郎君    粟山  博君       山本 利壽君    杉山元治郎君       原   茂君    原   彪君  出席国務大臣         郵 政 大 臣 平井 太郎君  出席政府委員         郵政政務次官  伊東 岩男君  委員外の出席者         専  門  員 吉田 弘苗君     ――――――――――――― 昭和三十一年十二月十日  委員伊藤好道君が死去された。 昭和三十二年一月三十一日  委員秋田大助君、石田博英君、宇田耕一君及び  中村梅吉君辞任につき、その補欠として上林山  榮吉君、齋藤憲三君、椎熊三郎君及び大麻唯男  君が議長の指名で委員に選任された。 同日  委員中垣國男君が辞任した。 二月二日  委員八木昇君辞任につき、その補欠として原彪  君が議長の指名で委員に選任された。 同月四日  委員塚田十一郎君辞任につき、その補欠として  粟山博君が議長の指名で委員に選任された。 一月三十一日  委員長松前重義君辞任につき、その補欠として  松井政吉君が議院において委員長に選任された。 二月六日  理事秋田大助君委員辞任につき、その補欠とし  て竹内俊吉君が理事に当選した。 同日  理事松井政吉君委員長就任につき、その補欠と  して松前重義君が理事に当選した。     ――――――――――――― 二月一日  上野町の電話架設に関する請願外三件(久野忠  治君紹介)(第四七号) 同月五日  美ケ原テレビ中継所設置促進に関する請願(松  平忠久君紹介)(第二〇三号)  福島郵便局庁舎改築の請願(鈴木周次郎君紹  介)(第二〇四号) の審査を本委員会に付託された。     ――――――――――――― 本日の会議に付した案件  理事の互選  国政調査承認要求に関する件     ―――――――――――――
  2. 松井政吉

    ○松井委員長 これより会議を開きます。  本日の日程に入ります前に、一言私からごあいさつを申し上げます。私このたび当委員会の委員長に選任をされました。浅学非才、微力でありまして、当委員会の運営については足らざるものがあろうと思いまするが、各委員の御協力をいただきまして、委員会の運営に万全を期したいと考えておりまするので、よろしくお願いを申し上げます。(拍手)     ―――――――――――――
  3. 松井政吉

    ○松井委員長 これより理事の選任を行います。すなわち、理事でございました秋田大助君が去る一月三十一日委員を辞任せられ、また私の委員長就任に伴いまして、二名の欠員が生じておりますが、この補欠選任につきましては、委員長より指名いたすに御異議ございませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  4. 松井政吉

    ○松井委員長 御異議なければ、委員長より    竹内 俊吉君  松前 重義君 の両名を理事に御指名いたします。(拍手)     ―――――――――――――
  5. 松井政吉

    ○松井委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。  今国会も、当委員会の主管事項について議長の承認を得て、国政に関する調査を行いたいと思います。つきましては、郵政事業、郵政監察及び郵政省所管行政事務の改善をはかるため、前国会の通り郵政事業に関する事項、郵政監察に関する事項、電気通信に関する事項、電波監理及び放送に関する事項、以上の各事項について調査を進めることにいたし、その他衆議院規則第九十四条に規定する事項につきまして、委員長に御一任を願って、議長の承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  6. 松井政吉

    ○松井委員長 御異議なしと認め、さよう決しました。     ―――――――――――――
  7. 松井政吉

    ○松井委員長 次に郵政大臣平井太郎君より発言を求められておりまするので、これを許します。
  8. 平井太郎

    ○平井国務大臣 私このたび郵政大臣を拝命いたしました平井太郎でございます。お見かけのように、郵政行政につきましてはほんとうのしろうとでございます。私数年前電気通信省の政務次官を十カ月ばかりやらしていただいておったのでありまするが、そのときと現在におきましては相当事情も違ってきておりますし、また当時の電気通信省、電電公社にかわりまして、いろいろ内容も変革いたしておるのでございます。今日郵政大臣の仕事をおあずかりすることになったのでございまするが、なかなかその職務の重大なるに心を痛めておるのでございます。しかし委員会の皆様方におかれましては、相当な専門家の方々が非常に多いので心強く思っておるのでございます。どうぞ今後何もわからないこの郵政大臣に対しまして、大きい気持で御指導、御鞭撻を一つお願いを申し上げたいのでございます。私もわからないのではございまするが、十分勉強いたし、皆様の御期待に沿い得るよう努力をいたす考えでおります。なおまた、私は参議院側から出ておる大臣でございまして、衆議院側の皆様方とはお顔なじみも薄いのでございまして、何かと一つよろしくお引き回しのほどをお願い申し上げたいのでございます。  簡単でございまするが、以上をもって私のごあいさつにかえる次第でございます。(拍手)
  9. 松井政吉

    ○松井委員長 次に郵政政務次官伊東岩男君より発言を求められておりますので、これを許します。
  10. 伊東岩男

    ○伊東政府委員 伊東岩男でございます。今回政務次官に就任いたしました。全く不敏非才でございます。しかのみならず、郵政行政については全くのしろうとでございます。幸いにして委員各位の御協力を得まして、よりよい郵政行政の進展のために誠意をもって当りたいと考える次第でございます。どうぞ皆様方の特別なる御支援、御鞭撻をお願いいたします。(拍手)
  11. 松井政吉

    ○松井委員長 次会は公報をもってお知らせすることとし、本日はこれにて散会をいたします。    午前十時四十八分散会