運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login

1957-01-31 第26回国会 衆議院 議院運営委員会 4号 公式Web版

  1. 昭和三十二年一月三十一日(木曜日)     午後一時五十三分開議  出席委員    委員長 保利  茂君    理事 荒舩清十郎君 理事 園田  直君    理事 長谷川四郎君 理事 福永 健司君    理事 松岡 松平君 理事 井上 良二君    理事 野原  覺君       臼井 莊一君    岡崎 英城君       鹿野 彦吉君    菊池 義郎君       椎熊 三郎君    眞鍋 儀十君       池田 禎治君    栗原 俊夫君       山本 幸一君    石野 久男君  出席政府委員         内閣官房長官  石田 博英君  委員外の出席者         議     長 益谷 秀次君         副  議  長 杉山元治郎君         事 務 総 長 鈴木 隆夫君     ――――――――――――― 一月三十日  委員薩摩雄次君辞任につき、その補欠として保  利茂君が議長の指名で委員に選任された。 同月三十一日  委員内田常雄君、田村元君、坊秀男君、山中貞  則君、山本正一君及び岡田春夫君辞任につき、  その補欠として眞鍋儀十君、濱地文平君、岡崎  英城君、菊池義郎君、臼井莊一君及び石野久  男君が議長の指名で委員に選任された。 同日  委員菊池義郎君、長谷川四郎君及び眞鍋儀十君  辞任につき、その補欠として山中貞則君、佐々  木秀世君及び内田常雄君が議長の指名で委員に  選任された。 同日  委員長椎熊三郎君辞任につきその補欠として保  利茂君が議長の指名で委員長に選任された。 同日  理事長谷川四郎君委員辞任につき、その補欠と  して佐々木秀世君が理事に当選した。     ――――――――――――― 本日の会議に付した案件  議員請暇の件  常任委員長辞任の件  常任委員長選挙の件  特別委員会設置の件  内閣総理大臣の臨時代理の指定に関し内閣官房  長官に質疑  本日の本会議の議事等に関する件     ―――――――――――――
  2. 園田直

    ○園田委員長代理 これより会議を開きます。  椎熊委員長が昨日辞任願を提出されましたので、私がかわって委員長の職務を行いますから、御了承願います。  この際お諮りいたします。ただいま理事会で申し合せをいたしました通り、委員長の問題及びその他の問題は後刻に譲って、まず日程第一の議員請暇の件、及び本日予定されておりました追悼演説を終りまして、本会議は暫時休憩、その後、午後四時ごろ議院運営委員会を開いて、その他の案件をお諮りいたすことにいたしたいと思いますが、よろしゅうございますか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  3. 園田直

    ○園田委員長代理 御異議なければ、その通り決定いたしました。  まず、議員請暇の件についてお諮りいたします。お手元の案件にありますように、西村力弥君、三鍋義三君、松村謙三君及び竹山祐太郎君より、それぞれ請暇の願い出があります。本件につきましては、去る一月二十一日の委員会におきまして御了承いただいたのでありますが、この四君の請暇の件を本日の本会議において許可するに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり]
  4. 園田直

    ○園田委員長代理 御異議なしと認め、その通り決定いたしました。  次に追悼演説は、先般お諮りいたしました通り、まず死亡された順序に従い、小笠原八十美君、演説者は社会党の淡谷悠藏君、それから重光葵君、演説者は社会党松岡駒吉君、以上でございます。  本会議は何時にいたしますか。     〔「二時十五分」と呼ぶ者あり〕
  5. 野原覺

    ○野原委員 国会対策の報告等も代議士会でしていないし、二時半ごろにしていただきたいと思います。
  6. 園田直

    ○園田委員長代理 それでは二時半。
  7. 鈴木隆夫

    ○鈴木事務総長 ちょっと御了承を得ておきますが、ここに請暇の件で、一月十五日からとありますのは、すでに過ぎ去った分については議院の許可を受けませんで、本日より先の分でございますから、御了承を願います。
  8. 園田直

    ○園田委員長代理 それでは、本日は進行係は荒船君にお願いいたします。  暫時休憩いたします。     午後一時五十八分休憩      ――――◇―――――     午後六時六分開議
  9. 園田直

    ○園田委員長代理 休憩前に引き続いて会議を開きます。  この際、盆谷議長から発言を求められております。盆谷議長。
  10. 益谷秀次

    ○益谷議長 御報告いたします。本日午後、十二時四十分ごろであったかと思いますが、北澤副官房長官が見えまして、石橋総理は去る、二十三日来、感冒にかかり、両肺下部に気管支炎の徴候があるので、二十五日の朝から休養に努めておりましたが、昨日来軽度の肺炎を併発したので、向う約二週間の就床安静と、その後一週間の静養を要するとの主治医の診断なので、とりあえず官房長官にかわって報告するとのことでありました。以上御報告申し上げます。
  11. 園田直

    ○園田委員長代理 なお有田官房長官が出席して発言を求められております。これを許します。石山官房長官。
  12. 石田博英

    ○石田(博)政府委員 総理の病状は、ただいま議長から御報告があった通りであります。これに基きまして、政府では閣僚懇談会を開催いたしました結果、総理大臣病気療養中、臨時に総理大臣の職務を代行する国務大臣を置くことをきめまして、それを総理の指名に持つことになりました。私が総理大臣のところへ参りまして、その職務代行者を岸外務大臣という指名を受けて参りまして、本日これを公示いたしました。なお総理が兼任いたしておりました防衛庁長官の事務取扱いも、岸外務大臣がその事務代理することになりまして、本日発令をいたしました。以上御報告を申し上げておきます。総理の病気のために、本院の審議にいろいろ御迷惑をおかけいたしましたことを、おわびを申し上げます。
  13. 井上良二

    ○井上委員 ただいま議長及び官房長官から、予想せざる重大な発言がなされたのであります。昨年暮れに石橋内閣ができまして、新予算の編成を見まして国民は第二十六国会の再開と、特に石橋内閣の財政経済政策を中心とする政府の態度を、非常に見守っておったときであります。お聞きいたしますと、病気のために、ついに開会式にも姿が見えませず、また、ただいま御報告によりますと、約三週間の長期にわたる療養をせなければならぬというような事態になりましたことは、われわれ野党といたしまして、まことに遺憾に存ずる次第であります。しかし病気のことでありますから、私どもは切に総理のすみやかなる御全快を祈りますとともに、政府はこの際、総理の病気欠席のために、やむなく総理の職務を行います臨時内閣総理大臣をおきめになられたということであります。私どもは、非常に意外な事態になりましたけれども、内閣総理大臣の職務を行うということになりますならば、事情やむを得ないといたしまして、社会党といたしましても一応了承しなければならぬことじゃないかと考えます。  ただこの際、杞憂に嘱することかも存じませんけれども、重大な通常国会再開を控えての、政府にも国会にも一番大事なときに、総理が長期にわたって欠席されることでありますので、今お話のように、三週間で全快をされますことを私ども期待をいたしますが、万が一、三週間以上にもわたるというようなことになりますと、衆議院の段階における予算審議は、ほとんど結了する時期に到達するようなことになりまして、非常な事態になりはせぬかと、われわれは憂えておるところであります。ですから、この際、政府はこれら諸般の事情を十分考慮されまして、すみやかに総理の健康が回復されますよう、一段の御配慮をお願いいたしますとともに、すみやかに総理か健康を回復されて、国会の審議が円満に行われ、国民の期待に沿い得るような方向に、一つ御協力を私からも特にお願いをいたしておきたいと思います。
  14. 園田直

    ○園田委員長代理 ただいまお聞き及びのような次第でありますので、四日には、先日当委員会において決定いたしました通り、総理の施政方針の演説及び国務大臣の演説を行うこととし、ただし総理の演説については、病気でありますので、岸内閣総理大臣臨時代理がこれを行うということに御異議ありませんか。
  15. 野原覺

    ○野原委員 異議はありませんが、この際、官房長官に二、三お尋ねしておきたいと思います。第一点は、総理が事故ある期間だけに岸外務大臣が総理の職務につくかどうかということが一つであります。その点、どうですか。
  16. 石田博英

    ○石田(博)政府委員 お説の通りであります。病気全快いたしまして、登院をいたしますと同時に、臨時代理の職を離れることになります。
  17. 野原覺

    ○野原委員 そこで、常識的によく再総理ということを言っておるわけでございますが、この常識的に副総理と言う場合には、総理大臣が健康でありましても、すでにあらかじめ総理の事故ある場合を予想して副総理というのが指名されておる、このように私ども解釈しておりますが、そういうものとは今回は違うのかどうか、もう一度明確にお答えを願いたい。
  18. 石田博英

    ○石田(博)政府委員 その通りでありまして、通称副総理と言われておるものとは違うのであります。
  19. 野原覺

    ○野原委員 先ほども井上委員からお尋ねがありました点についてでございますが、石橋内閣が発足いたしまして、最初の実は通常国会であります。しかも、この国会は予算国会で、予算問題が中心になって論議されなければならぬかと思うのでありますが、三週間以上にわたるということになると、せっかく国会が指名いたしました総理大臣が、衆議院予算委員会に全く出席することができない、こういう事態が起るのではないかということを私ども非常に懸念いたしております。しかしながら、これはただいま申されました病気という事情でございまするから、これ以上は申し上げませんけれども、もし三週間が四週間になる、四週間が五週間になる、病気のことでございまするから、その病気の期間というものは、今予測はできないと思う。最小限三週間ということであろうかと思うのであります、従って、これが相当長期にわたるという場合には、内国としてはどのようなお考えを持っていらっしゃるのか、承わっておきたい。
  20. 石田博英

    ○石田(博)政府委員 医師の話によりますると、三週間というのは、十分大事をとった日数であるとのことであります。もとより、おっしゃる通り病気のことでありますから、わかりませんが、病気の性質その他から考えまして、医師の判断を信頼することができると私も考えておる次第でありますから、それ以上になった場合のことについては、考えておりません。
  21. 野原覺

    ○野原委員 内閣の都合によって、外務大臣岸信介氏が臨時に総理ということになられることは、事情やむを得ないといたしますけれども、岸国務大臣は、御承知のように外務大臣、しかも外務大臣というのは、最も重職の地位であろうと私ども思う。その外務大臣が、今度は臨時総理という重要なお仕事を担当し、防衛庁長官まで兼務されるということになると、たとえば防衛関係の審議のある内閣委員会、あるいは外務委員会、こういうものは、予算委員会に出席しなければならないこと等と相待って、非常に審議に影響を来たすと思うのですが、この辺についての配慮を、内閣はどうお考えになっておるか、お聞きしたい。
  22. 石田博英

    ○石田(博)政府委員 防衛庁長官の人事は、できるだけ急ぎまして、御指摘の支障をなるたけなくするようにいたしたいと存じておる次第であります。
  23. 園田直

    ○園田委員長代理 それでは、御異議がないようでありますから、さよう決します。     ―――――――――――――
  24. 園田直

    ○園田委員長代理 次に、常任委員長辞任の件でありますが、お手元の案件にありますように、内閣委員長山本条吉君外各常任委員長の諸君から、辞任の願いが提出されております。これらの各常任委員長の辞任につきましては、本日の本会議においてこれを決定するに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  25. 園田直

    ○園田委員長代理 御異議なければ、その通り決しました。     ―――――――――――――
  26. 園田直

    ○園田委員長代理 ただいま御協議願いました各常任委員長の辞任が、本会議において許可と相なりますと、これらの常任委員長の選挙を行うことになります。この選挙は、先般辞任せられた商工委員長の選挙にあわせて、本日の本会議において行うに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  27. 園田直

    ○園田委員長代理 御異議なければ、その通り決しました。  新委員長の候補者につきましては、自民党より次の通り推薦の届出が参っております。御紹介をいたします。   内閣委員長 相川 勝六君   法務委員長 三田村武夫君   外務委員長 野田 武夫君   社会労働委   員長    藤本 捨助君   農林水産委   員長    小枝 一雄君   商工委員長 福田 篤泰君   運輸委員長 淵上房太郎君   建設委員長 薩摩 雄次君   予算委員長 山崎  巖君   議院運営委   員長    保利  茂君   懲罰委員長 大森 玉木君以上の候補者でございます。なおこのほかの委員長につきましては、決定次第、社会党から御通知を願います。     ―――――――――――――
  28. 園田直

    ○園田委員長代理 次に、特別委員会設置の件について御協議を願います。本件につきましては、前回の委員会においては留保になっておりますが、この際さらに御協議を願います。
  29. 福永健司

    ○福永(健)委員 公職選挙については、社会党さんと私どもの間で、数次にわたって協議いたしたのでありますが、その過程において私どもは、四委員会とも、わが党としては、設置すべきものなりとの主張をいたして参ったのであります。さらにその趣旨等について、ここで繰り返すことはいたしませんが、この際いずれも設置すべきものと決せられんことを望む次第であります。
  30. 井上良二

    ○井上委員 ただいま福永君から御発言がありましたが、社会党といたしましては、すでに前回の本委員会において、それぞれの特別委員会の存廃について意見を申し上げました。本日は、非常に時間も追っておることでありますから、これ以上存廃の理由を申し上げません。ただ海外同胞は、与党さんの御主張もございますし、議長からも、ぜひ存続せよという御発言もございましたので、社会党としても、それに従おうということになっております。国土総合開発は、設置することに異議ございません。ただ公職選挙法は、対象とする案件が、今のところありませんから、これは審議する対象の案件ができたときに設置をしたらいいという意見であります。科学技術振興対策特別委員会は、これまた非常に広範にわたる多岐な案件を、審議すれば、できぬことはありませんが、当面、法案その他が付託されておるわけではありませんので、本委員会は、一応国会法を改正して常任委員会に直すかどうかということで、党としましては、一応特別委員会として設置することに賛成ができかねる、以上であります。
  31. 園田直

    ○園田委員長代理 それでは、それぞれ委員二十五名よりなる、海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会公職選挙法改正に関する調査特別委員会科学技術振興対策特別委員会、国土総合開発特別委員会の、四特別委員会の設置についてお諮りをいたします。四特別委員会のうち、海外同胞と国土総合開発の二特別委員会の設置については、御異議がないようでありますから、お諮りをいたします。御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  32. 園田直

    ○園田委員長代理 さよう決しました。  次に、公職選挙法改正と科学技術振興対策の二特別委員会の設置については、御異議があるようでありますが、すでに意見も出ましたので、採決をいたします。これを設置するに賛成の諸君の挙手を願います。     〔賛成者挙手〕
  33. 園田直

    ○園田委員長代理 挙手多数。よって、二特別委員会は設置するに決しました。  ただいま設置するに決しました四特別委員会につきましては、本日の本会議においてその設置を議決するに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり]
  34. 園田直

    ○園田委員長代理 御異議ないものと認めます。よって、その通り決定いたしました。     ―――――――――――――
  35. 園田直

    ○園田委員長代理 なお、本日の本会議は、なるべく早い時間に、社会兄との話し合いが終ればすぐ開くことにして、連絡の上、直ちに開会いたします。  さらに本日の本会議散会直後、本委員会を再び開きまして、新委員長のあいさつ並びにその他の案件がございますので、若干の時間でございますが、議運を開きます。
  36. 野原覺

    ○野原委員 先ほど歯田委員長代理の御発言の中にありましたので、蛇足かと思いまするけれども、社会党から交代就任をする常任委員長につきましては、早急に、私ども本日の本会議に間に合うように申し出たいと思いますので、その具体的な人名の発表等は、議連の委員会を省略して御承認願えるものかどうか。そのようにお願いしたいと思いますが、ちょっと伺っておきます。
  37. 福永健司

    ○福永(健)委員 社会党さんを信頼いたしまして、お申し出の通り了承するにやぶさかでありません。
  38. 荒舩清十郎

    ○荒舩委員 ちょっと具体的な話になりますが、社会党さんの方は何時ごろになりますか。
  39. 井上良二

    ○井上委員 もう済んでおるはずだと思います。
  40. 荒舩清十郎

    ○荒舩委員 一時間も二時間もかかるということじゃないでしょうね。
  41. 野原覺

    ○野原委員 もうすぐです。
  42. 園田直

    ○園田委員長代理 それでは、なるべく早く本会議を開くことにしてこれにて暫時休憩いたします。     午後六時二十五分休憩      ――――◇―――――     午後七時五十九分開議
  43. 保利茂

    ○保利委員長 それでは、休憩前に引き続いて会議を開きます。  この際、一言ごあいさつを申し上げます。先ほどの本会議におきまして、私はからずも議院運営委員長に選任され、その重責をになうことになりましたことは、まことに光栄に存ずるところであります。今後職務の遂行に当りましては、誠心誠意相努めたいと存じますが、幸いに練達堪能なる各位がおられますので、ひとえに皆様の特段の御指導と御協力とによりまして、本委員会の円満なる運営をはかって参りたいと存じます。何とぞよろしくお願いいたします。簡単でありますが、一言ごあいさつをいたします。(拍手)  この際、椎熊前委員長より発言を求められております。これを許します。
  44. 椎熊三郎

    ○椎熊委員 今回、当委員長を辞任いたしましたに際しまして、一言ごあいさつを申し上げます。  私、第二十三回国会において当委員長に就任以来、何かと行き届かないことが多々あったことと存じますが、幸い各位の終始変らない御指導と御協力とによりまして、その職責を果すことができましたことは、私の衷心より感謝にたえないところであります。なお、特にこの際お礼を申し上げたいのは、議長、副議長におかれましては、足らざる私のために終始変らない親切なる御指導を賜わりましたことは、感銘にたえないものがあるのでございます。厚く御礼を申し上げます。なお、当委員長を辞任いたしましたが、今後とも何かとよろしくお願い申し上げます。簡単ではありまするが、一言ごあいさつを申し上げます。(拍手)
  45. 井上良二

    ○井上委員 私から、一同を代表いたしまして、はなはだ潜越でありますけれども、新任の委員長並びに前委員長に対して一言ごあいさつを申し上げたいと思います。  椎熊前委員長は、二十三国会以来、前後三回の国会の本院議運委員長といたしまして、多年議運の有能達識、練達の士として、与野党とも、そのすぐれた運営ぶりに敬服いたしておった次第でございます。特に第二十三、第二十四国会ともども、非常に紛糾いたし、非常な困難な事態になりましたときにおきましても、うまく運用されまして、名議長たる盆谷議長及び杉山副議長のいろいろな御協力のもと、全くその手腕たるや、われわれ学ぶべき点が非常に多く、また教えられるところも非常に多うございました。この名委員長を本委員会から失うことは、まことに残念しごくでございますけれども、いろいろな御都合で辞任されましたことは、まことに惜しみても余りあるものがあります。どうか今後一つおからだに気をつけられまして、いずれ党の重要な役職におつきになりましょうが、今後とも本議運の重大性を十分御了解のことと存じますから、何かと御協力をお願い申し上げまして、長い聞の御苦労に対して、つつしみて謝意を表したいと思います。  なお、椎熊前委員長のあとを受けられまして、このたび保利新委員長が選任されたのであります。保利新委員長は、皆さん御存じの通り、先般農林大臣とし、あるいはまた官房長官とし、その他与党における重要な役職を歴任されました、与党内においては有数の政治家であるわけであります。このたび衆望一致するところとなりまして、最も困難なる議運の委員長に御選任になり、お引き受けを願いまして、まことによきとき、よき人を得たごとを私ども非常に喜ぶ次第であります。議運は、二大政党の対立しております今日、できるだけ両党の主張を円満に取り上げまして、国会の品位と名誉を高めていくために、最善の努力を払わなければならぬとき、保利さんのようなりっぱな方が委員長におつきになりまして、私ども非常に安心をいたした次第であります。どうか今後保利名委員長の名が出ますよう、一般の御協力をお願いいたしまして、新任のお喜びを申し上げる次第であります。(拍手)     ―――――――――――――
  46. 保利茂

    ○保利委員長 それでは、おそくなって恐縮ですけれども、一、二御相談を申し上げたいことがありますから、お願いいたしたいと思います。  公正取引委員会委員任命につき同意を求めるの件が内閣から提出せられております。同委員の中村清君任期満了につき、同君を再任いたしたいとのことであります。履歴書等はお手元に配付の通りであります。よろしく御審議をお願いいたします。本件につきましては、慣例によりまして、本日のところは党へお持ち帰りの上、次回の委員会までに態度をおきめ願いたいと存じます。  次に、人事官任命につき同意を求めるの件が内閣より提出せられております。人事官神田五雄君任期満了につき、同君を再任いたしたいとのことであります。本件につきましても、公正取引委員会委員任命の件と同様に、次回の委員会までに態度をおきめ願いたいと存じます。     ―――――――――――――
  47. 保利茂

    ○保利委員長 なお、今回理事長谷川四郎君が委員を辞任せられまして、その異動に伴う理事の補欠選任は委員長に一任を願ってありましたので、この際佐々木秀世君を理事に指名いたします。右、御報告いたします。
  48. 福永健司

    ○福永(健)委員 次回の委員会は……。
  49. 井上良二

    ○井上委員 次会は四日午前十時でいいでしょう。
  50. 福永健司

    ○福永(健)委員 十時に理事会、引き続き運営委員会ですね。
  51. 保利茂

    ○保利委員長 それでは、次会は四日午前十時から理事会、十一時から運営委員会を開きたいと思います。  これをもって散会いたします。     午後八時八分散会