運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login

1952-02-01 第13回国会 衆議院 労働委員会 2号 公式Web版

  1. 昭和二十七年二月一日(金曜日)     午後一時三十九分開議  出席委員    委員長 島田 末信君    理事 倉石 忠雄君 理事 船越  弘君    理事 森山 欽司君 理事 前田 種男君       天野 公義君    三浦寅之助君       柳澤 義男君    稻葉  修君       早川  崇君    田代 文久君       青野 武一君    中原 健次君  出席国務大臣         労 働 大 臣 吉武 惠市君  委員外の出席者         労働事務官         (大臣官房総務         課長)     富樫 總一君         労働基準監督官         (労働基準局監         督課長     堀  秀夫君         専  門  員 横大路俊一君         裏  門  員 濱口金一郎君     ――――――――――――― 昭和二十六年十二月二十四日  委員青野武一君辞任につき、その補欠として赤  松勇君が議長の指名で委員に選任された。 昭和二十七年一月二十四日  委員篠田弘作君辞任につき、その補欠として山  村新治郎君が議長の指名で委員に選任された。 同月二十八日  委員赤松勇君辞任につき、その補欠として青野  武一君が議長の指名で委員に選任された。 同日  委員中島守利君は死去された。 二月一日  委員柄澤登志子君辞任につき、その補欠として  田代文久君が議長の指名委員に選任された。 昭和二十七年一月二十二日  ポツダム宣言の受諾に伴い発する命令に関する  件に基く労働省関係諸命令の廃止に関する法律  案(内閣提出第一七号) 昭和二十六年十二月二十日  失業対策事業の名称に関する請願(神田博君紹  介)(第六七号) 昭和二十七年一月三十日  労災病院及びけい肺療養所設置の請願(石田博  英君紹介)(第二六六号) の審査を本委員会に付託された。 昭和二十六年十二月二十六日  失業対策事業に就労する失業者の賃金増額等に  関する陳情書(旭川市議会議長花輪武平)(第  八九号)  労働基準行政の運営に関する陳情書(三重県労  働基準審議会会長野呂正達)(第九〇号)  労働省立労災病院及びけい肺療養所の設立に関  する陳情書(郡山市議会議長福内和介)(第九  一号)  失業対策事業に対する国庫補助の増額に関する  陳情書(山口県知事田中龍夫)(第九二号) 昭和二十七年一月二十九日  電産ストに関する陳情書(大分県西国東郡高田  町議会議長笹原佐作)(第一九五号)  公益、独占企業従業員のスト制限立法化に関す  る陳情書外一件(日本簡工会議所会頭藤山愛一  郎外二名)(第一九六号)  行政整理に伴う公務員の失業対策に関する陳情  書(鳥取県議会議長沢住辰蔵外四名)(第一九  七号) 同月三十一日  労働法規改正に関する陳情書(田川市議会議長  田坂純一)(第二八三号)  私鉄争議に関する陳情書(関西経営者協会会長  加藤正人)(第二八四号)  電産ストに関する陳情書(萩市商工会議所会頭  河上屋千代槌外九名)(第二八五号)  失業対策事業に関する陳情書(小樽市議会議長  岩谷静衛)(第二八六号) を本委員会に送付された。     ――――――――――――― 本日の会議に付した事件  小委員及び小委員長選任に関する件  ポツダム宣言の受諾に伴い発する命令に関する  件に基く労働省関係諸命令の廃止に関する法律  案(内閣提出第一七号)     ―――――――――――――
  2. 島田末信

    ○島田委員長 ただいまより労働委員会を開会いたします。  まず本委員会に付託されましたポツダム宣言の受諾に伴い発する命令に関する件に基く労働省関係諸命令の廃止に関する法律案、内閣提出第一七号を議題とし、審査に入ります。政府より提案理由の説明を求めます。     ―――――――――――――
  3. 吉武恵市

    ○吉武国務大臣 ポツダム宣言の受諾に伴い発する命令に関する件に基く労働省関係諸命令の廃止に関する法律案につきまして、その提案の理由を御説明いたします。  今般、日本国との平和條約の効力発生に伴いまして、ポツダム宣言の受諾に伴い発する命令に関する件を廃止することといたしたいと存じておりますので、これに基く諸命令につきまして、引続きその効力を存続せしめるかいなか再検討することが必要となつたわけでありますが、労働省において主管するものといたしましては、労務充足に関する件、労務者の就職及び従業に関する件及び労働に関する団体の主要役職員への就職禁止等に関する件の三件があります。これらはいずれも次に述べる理由により効力を存続せしめる必要がないものと認められますので、この際廃止いたしたいと考える次第であります。  すなわちまず第一に労務充足に関する件でありますが、これは連合軍最高司令官の指令に基きまして、連合軍最高司令官または各地の占領軍指揮官によつて指示される労務を、指示せられた期日及び場所において提供するため制定されたのでありますが、今般日本との平和條約の効力発生に伴い、本省令制定の理由は消滅いたしますので、廃止すべきものと考えられるのであります。  次に労務者の就職及び従業に関する件につきましては、同じく連合軍最高司令官の命によりまして、労務者に対して、賃金、労働時間その他の労働條件について、国籍、宗教、社会的地位によつて差別することがないよう措置するため制定せられたものでありますが、現在労働基準法第三條中にこの省令に規定する事項と同一の内容が規定せられておりまして、この省令を存続せしめる必要はありませんので、この機会に廃止することを適当と考えるものであります。  最後に、労働に関する団体の主要役職員への就職禁止等に関する件につきましては、にれまた連合軍最高司令官の命によりまして、労働者を戦時組織から解放して、労働者自体に自由な自活組織を與えようとする趣旨に基きまして、戦時中大日本産業報国会、大日本労務報国会、日本海運報国団及び協調会における主要役職員の職にあつた者が、労働に関する団体に就職することを禁止するため、並びに東京労働自治連合会及びこれに類似する団体を解散せしめるため制定せられ、その後一般公職追放者をすべての労働組合の役職員の地位から排除する等のため若干の改正を加えられたものでありますが、今日におきましては右に述べました本省令制定の趣旨はすでに達成されたと認められ、またわが国労働運動の現況から見まして、本省令を廃止いたしました場合においても、本省令により指定を受けておりますような戰時中の労働団体あるいはそれらの指導者が、再び自由にして民主的な労働団体の発展を阻害するとは考えられませんので、本省令は引続き存続せしめる必要は認められないのであります。  以上本法案提出理由の概要を御説明いたした次第でありますが、何とぞ御審議の上すみやかに可決あらんことを御願い申上げる次第であります。     ―――――――――――――
  4. 天野公義

    ○天野(公)委員 この際私より動議を提出いたします。わが国の鉱山、化学工業等の従業員の安全衛生に大なる関連を有します硅肺病の対策に関しまして、硅肺病対策小委員会を設けられんことを望みます。なおまた産業経済の動脈に当ります港湾労働に関しましては、澁湾労働に関する小委員会を設けられんことを望みます。
  5. 島田末信

    ○島田委員長 ただいまの天野君の動議に御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  6. 島田末信

    ○島田委員長 御異議がなければ、硅肺病対策小委員会及び港湾労働に関する小委員会を設置し、それぞれ調査を進めることにいたします。
  7. 天野公義

    ○天野(公)委員 硅肺病対策小委員会につきましては小委員の数は七名とし、港湾労働に関する小委員会につきましては小委員の数を六名とし、それぞれの小委員並びに小委員長につきましては、委員長において指名せられんことを望みます。
  8. 島田末信

    ○島田委員長 天野君の動議に御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  9. 島田末信

    ○島田委員長 御異議なしと認め、硅肺病対策小委員会につきましては小委員の数を七名、港湾労働に関する小委員会につきましては小委員の数を六名と決定いたしました。  なお小委員並びに小委員長の指名をいたします。まず硅肺病対策小委員会につきましては     金原 舜二君 船越 弘君     柳澤 義男君 森山 欽司君     川島 金次君 青野 武一君     中原 健次君七名の方を小委員に指名し、小委員長には船越弘君を指名いたします。  次に港湾労働に関する小委員会につきましては、     天野 公義君  三浦 寅之助君     山村 新治郎君 稻葉 修君     前田 種男君  田代 文久君の六名の方を小委員に指名し、小委員長には天野公義君を指名いたします。  それでは本日はこの程度をもつて散会いたします。次会は公報をもつてお知らせいたします。     午後一時四十六分散会