運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login

1952-03-05 第13回国会 衆議院 郵政委員会 7号 公式Web版

  1. 昭和二十七年三月五日(水曜日)     午後二時十二分開議  出席委員    委員長 尾関 義一君    理事 飯塚 定輔君 理事 風間 啓吉君    理事 山本 久雄君 理事 受田 新吉君       石原  登君    江崎 真澄君       小西 寅松君    玉置  實君       坪川 信三君    牧野 寛索君       山本 猛夫君    田中 堯平君  出席国務大臣         郵 政 大 臣 佐藤 榮作君  委員外の出席者         専  門  員 稻田  穰君         専  門  員 山戸 利生君 二月二十八日  委員椎熊三郎君辞任につき、その補欠として小  野孝君が議長の指名で委員に選任された。 三月五日  委員田代文久君辞任につき、その補欠として田  中尭平君が議長の指名で委員に選任された。     ――――――――――――― 二月二十七日  郵便為替法の一部を改正する法律案内閣提出  第四二号) 同月二十八日  緑ヶ丘簡易郵便局を特定局に昇格の請願(寺本  齋君紹介)(第一〇二九号)  上市町南部に郵便局設置の請願鍛冶良作君紹  介)(第一〇三〇号) 三月三日  新田上町に特定郵便局設置の請願(加藤隆太郎  君紹介)(第一一二一号) の審査を本委員会に付託された。 同月四日  簡易保險及び郵便年金の積立金運用に関する陳  情書外一件(長野県東筑摩郡錦部村長小澤利一  郎外一名)(第七八三号) を本委員会に送付された。     ――――――――――――― 本日の会議に付した事件  郵便為替法の一部を改正する法律案内閣提出  第四二号)     ―――――――――――――
  2. 尾関義一

    ○尾関委員長 これより郵政委員会を開会いたします。  去る二月二十七日本委員会に付託になりました郵便為替法の一部を改正する法律案を議題とし、まず政府の提案理由の説明を求めます。佐藤郵政大臣。     ―――――――――――――
  3. 佐藤榮作

    ○佐藤国務大臣 ただいま議題となりました郵便為替法の一部を改正する法律案につきまして、提案の理由を御説明申し上げます。  来る四月一日から北緯二十九度以南の南西諸島との間に郵便為替の取扱いを開始するよう目下準備中でありますが、この法律案はこの取扱いを開始するために必要な根拠規定を設けようとするものでありまして、その改正の趣旨は、次の通りであります。  北緯二十九度以南の南西諸島は、行政権を分離されておりますので、右諸島との間の郵便為替の取扱いを開始するためには、琉球臨時中央政府ととりきめをしなければならないのでありますが、このとりきめを純然たる外国との間の條約と同様なものとして取扱うことは、南西諸島との特殊な関係から見て適当でないように考えられるのであります。  そこで、南西諸島との間の郵便為替業務におきましては、なるべく内国郵便為替並の取扱いをしようとするものでありますが、現行の外国為替管理法令上、同諸島との間の経済取引は、外国貨幣によるごとになつており、取扱い手続もおのずから違つて参りますので、この郵便為替につきましては、省令をもつて特例を定めることができるという根拠規定を設け、郵便為替法をそのまま適用できない手続についてのみ、その特例を定めようとするものであります。  以上がこの法律案の内容でありますが、何とぞ十分御審議の上、御可決くださるようお願いする次第であります。
  4. 尾関義一

    ○尾関委員長 本案に対する質疑は次会に讓ります。  次会は公報をもつてお知らせすることとし、本日はこれにて散会いたします。     午後二時十五分散会