運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login

1951-11-26 第12回国会 衆議院 運輸委員会 13号 公式Web版

  1. 昭和二十六年十一月二十六日(月曜日)     午後一時二十二分開議  出席委員    委員長代理理事 大澤嘉平治君    理事 岡田 五郎君 理事 原   彪君       大西 禎夫君   岡村利右衞門君       尾崎 末吉君    黒澤富次郎君       畠山 鶴吉君    山崎 岩男君       木下  榮君    木村 俊夫君       江崎 一治君    飯田 義茂君  出席政府委員         運輸事務官         (鉄道監督局国         有鉄道部長)  石井 昭正君  委員外の出席者         議     員 三浦寅之助君         運輸事務官         (海運局外航課         長)      吉行市太郎君         運輸事務官         (海上保安庁総         務部長)    吉田日出男君         運輸事務官         (航空庁次長) 粟澤 一男君         運輸事務官         (中央気象台総         務部長)    北村 純一君         專  門  員 岩村  勝君         專  門  員 堤  正威君     ――――――――――――― 十一月二十二日  委員黒澤富次郎君辞任につき、その補欠として  五島秀次君が議長の指名で委員に選任された。 同月二十四日  委員五島秀次君辞任につき、その補欠として黒  澤冨次郎君が議長の指名で委員に選任された。     ――――――――――――― 十一月二十一日  與野駅に東口開設の請願(川島金次君紹介)(  第一五〇三号)  釧勝鉄道敷設の請願(伊藤郷一君紹介)(第一  五〇四号)  釧美鉄道敷設の請願(伊藤郷一君紹介)(第一  五〇五号)  遠美鉄道敷設促進の請願(岡村利右衞門君紹  介)(第一五〇六号)  境港を対韓貿易基地指定に関する請願(足鹿覺  君紹介)(第一五五五号)  小磯に航路標識設置の請願(玉置實君紹介)(  第一六〇〇号)  土管に対する貨物運賃割引継続等の請願(小野  四郎君紹介)(第一六〇一号)  紅葉山、帶広間鉄道敷設の請願(伊藤郷一君紹  介)(第一六二四号)  新得、瓜幕間鉄道を国鉄として買上げに関する  請願(伊藤郷一君紹介)(第一六二五号)  尻尾港修築工事施行の請願(山崎岩男君紹介)  (第一六二六号) の審査を本委員会に付託された。 同月二十二日  石勝線の敷設に関する陳情書(札幌市長高田富  與)(第九四二号) を本委員会に送付された。     ――――――――――――― 本日の会議に付した請願  一 荒海、滝原間鉄道敷設の請願(菅家喜六君    紹介)(第七七号)  二 新松島、一ノ関間鉄道敷設促進の請願(内    海安吉君紹介)(第一〇六号)  三 国鉄計画線全通促進に関する請願(辻寛一    君紹介)(第二〇三号)  四 芦別、深川間鉄道敷設の請願(玉置信一君    紹介)(第二〇四号)  五 越美線全通促進の請願(岡村利右衞門君紹    介)(第三一二号)  六 宇津野、落合及び小本間鉄道敷設促進の請    願(小澤佐重喜君紹介)(第三一四号)  七 大樹、浦河間鉄道敷設の請願(伊藤郷一君    紹介)(第三一五号)  八 三陸沿岸鉄道敷設促進の請願(小澤佐重喜    君紹介)(第三一六号)  九 篠山線全通促進の請願(有出喜一君紹介)    (第四五九号) 一〇 長倉、大子間鉄道敷設促進の請願外一件(    尾関義一君紹介)(第四六三号) 一一 御影、富内間鉄道敷設の請願(伊藤郷一君    紹介)(第四六四号) 一二 隼人、大泊間鉄道敷設促進の請願(前田郁    君紹介)(第四六五号) 一三 三陸沿岸鉄道敷設促進の請願(小澤佐重喜    君紹介)(第四六六号) 一四 赤穂線敷設促進の請願外二件(逢澤寛君紹    介)(第四六七号) 一五 頓別、上猿拂炭田間に鉄道敷設等の請願(    佐々木秀世君紹介)(第五一七号) 一六 名羽線全通促進の請願(佐々木秀世君外一    名紹介)(第五一八号) 一七 上川、三股間鉄道敷設促進の請願(高倉定    助君紹介)(第六五九号) 一八 富川、清水間鉄道敷設の請願(高倉定助君    紹介)(第六六〇号) 一九 遠羽線全通促進の請願(佐々木秀世君紹    介)(第七一六号) 二〇 左沢、荒砥間鉄道敷設促進の請願(牧野寛    索君紹介)(第七二〇号) 二一 宮古、久慈間鉄道敷設促進の請願(野原正    勝君紹介)(第七四八号) 二二 日田線全通促進の請願(村上勇君紹介)(    第八〇三号) 二三 三江線全通促進の請願(山本利壽君紹介)    (第八〇四号) 二四 四国循還鉄道全通促進の請願(川端佳夫君    紹介)(第八六〇号) 二五 日の影、高森間鉄道敷設促進の請願(渕通    義君紹介)(第九一〇号) 二六 下呂、飯田間鉄道敷設の請願(岡村利右衛    門君紹介)(第九六一号) 二七 金田一、久慈間鉄道敷設の請願(山本猛夫    君紹介)(第九六五号) 二八 魚沼線全通促進の請願(田中角榮君紹介)    (第一〇一六号) 二九 只見線全通促進の請願(田中角榮君紹介)    (第一〇一七号) 三〇 美深、枝幸間鉄道敷設の請願(佐々木秀世    君紹介)(第一〇一九号) 三一 白棚線復活促進の請願(圓谷光衞君紹介)    (第一〇二〇号) 三二 江差瀬棚線鉄道敷設促進の請願(川村善八    郎君紹介)(第一一四〇号) 三三 掛川、御前崎間鉄道敷設の請願(神田博君    外一名紹介)(第一一七五号) 三四 生橋線敷設促進の請願(小澤佐重喜君紹    介)(第一二二九号) 三五 虻田、定山渓間鉄道敷設の請願(篠田弘作    君紹介)(第一三一四号) 三六 宮崎、小林間鉄道敷設の請願(渕通義君紹    介)(第一三一五号) 三七 氷見、羽咋間鉄道敷設促進の請願(南好雄    君外二名紹介)(第一三一九号) 三八 宮古、久慈間鉄道敷設促進の請願(山本猛    夫君紹介)    (第一三九〇号) 三九 音別、陸別間鉄道敷設の請願(伊藤郷一君    外一名紹介)(第一三九三号) 四〇 釧勝鉄道敷設の請願(伊藤郷一君紹介)(    第一五〇四号) 四一 釧美鉄道敷設の請願(伊藤郷一君紹介)(    第一五〇五号) 四二 遠美鉄道敷設促進の請願(岡村利右衞門君    紹介)(第一五〇六号) 四三 紅葉山、帶広間鉄道敷設の請願(伊藤郷一    君紹介)(第一六二四号) 四四 矢作町に停車場設置の請願(三宅則義君紹    介)(第二〇六号) 四五 北塩釜信号所を一般駅に昇格の請願(安部    俊吾君外一名紹介)(第三六八号) 四六 小野寺村にガソリンカー停留場設置の請願    (山口好一君紹介)(第四六八号) 四七 磐田駅、天龍川間に停車場設置の請願(中    村幸八君外三名紹介)(第七五六号) 四八 階上、種市両駅間に角浜簡易停留所設置等    の請願(野原正勝君紹介)(第七五八号) 四九 川南駅移転に関する請願(渕通義君外一名    紹介)(第九二号) 五〇 三河島、南千住間に三の輪橋駅設置の請願    (野村專太郎君紹介)(第九六二号) 五一 御徒町駅南口乗降場開設の請願(野村專太    郎君紹介)(第九六三号) 五二 金田一駅改築等に関する請願(山本猛夫君    紹介)(第九六四号) 五三 矢作町に停車場設置の請願(千賀康治君紹    介)(第一〇一五号) 五四 通山駅設置の請願(二階堂進君外一名紹    介)(第一〇一八号) 五五 愛国、帶広間に乗降場設置の請願(高倉定    助君紹介)(第一〇二一号) 五六 旧糸田駅復活等の請願(平井義一君紹介)    (第一一三九号) 五七 中央線中野駅拡張に関する請願(黒澤富次    郎君紹介)(第一二二八号) 五八 與野駅に東口開設の請願(川島金次君紹    介)(第一五〇三号) 五九 明石、姫路間電化促進の請願(川西清君紹    介)(第一〇七号) 六〇 大宮、白河間電化促進の請願(尾関義一君    外十五名紹介)(第一一一号) 六一 我孫子、成田及び千葉、成田間電化促進の    請願外一件(竹尾弌君紹介)(第一九〇    号) 六二 日豊線電化促進の請願(佐藤重遠君外一名    紹介)(第三七〇号) 六三 我孫子、成田及び千葉、成田間電化促進の    請願外三件(竹尾弌君紹介)(第一一七八    号) 六四 福岡県下の国鉄電化促進の請願(平井義一    君紹介)(第一二三一号) 六五 我孫子、成田及び千葉、成田間電化促進の    請願外八件(竹尾弌君紹介)(第一二三二    号) 六六 大宮、仙台間電化促進の請願(尾関義一君    外三名紹介)(第一三二〇号) 六七 日の影線にガソリンカー運転の請願(川野    芳滿君紹介)(第七九号) 六八 京都、東舞鶴間にデイーゼルカー運転の請    願(大石ヨシエ君紹介)(第二〇七号) 六九 水郡線の車両改善等に関する請願(菅家喜    六君紹介)(第四五〇号) 七〇 大阪、篠山口間にデイーゼルカー運転の請    願(有田喜一君紹介)(第四六〇号) 七一 長崎、佐世保間に急行列車運転の請願(本    多市郎君紹介)(第七一八号) 七二 博多、長崎間に急行列車増発の請願(本多    市郎君紹介)(第七一九号) 七三 博多、長崎間に急行列車増発の請願(岡西    明貞君紹介)(第七五五号) 七四 八戸、八木間にガソリンカ一運転の請願(    野原正勝君紹介)(第七五九号) 七五 磐越東線及び水郡線に二等客車連結の請願    (大内一郎君紹介)(第一二三〇号) 七六 秋田、上野間に急行列車運転の請願(大内    一郎君紹介)(第一四一二号) 七七 国有鉄道航送貨物に対する粁数計算方法の    是正並びに運賃引下げの請願(辻寛一君紹    介)(第二〇二号) 七八 けい石に対する貨物運賃の等級引下げに関    する請願(有田喜一君紹介)(第二四一    号) 七九 三州かわらに対する貨物運賃割引の請願(    木村公平君外一名紹介)(第六〇八号) 八〇 土管に対する貨物運賃割引継続等の請願(    木村公平君外一名紹介)(第六〇九号) 八一 農業関係貨物運賃割引等に関する請願(田    中啓一君紹介)(第六一〇号) 八二 木材に対する貨物運賃軽減の請願(岡村利    右衛門君紹介)(第六五一号) 八三 菓子に対する貨物運賃等級引下げの請願(    江崎真澄君紹介)(第一〇一四号) 八四 木材に対する貨物運賃軽減の請願(内藤隆    君紹介)(第一一三六号) 八五 木材に対する貨物運賃軽減の請願(内藤友    明君紹介)(第一二六七号) 八六 土管に対する貨物運賃割引継続等の請願(    中野四郎君紹介)(第一六〇一号) 八七 唐津港石炭積出引込線高架淺橋架設の請願    (保利茂君外四名紹介)(第四六二号) 八八 大蔵町地内に省線踏切設置の請願(川西清    君紹介)(第六二号) 八九 角浜、玉川両地区踏切にこ線橋架設の請願    (野原正勝君紹介)(第七六一号) 九〇 上郡、三石両駅間船坂村地内栗原踏切改良    工事施行の請願(大上司君紹介)(第八〇    五号) 九一 三江線敷設計画の一部変更等に関する請願    (山本利壽君紹介)(第五八一号) 九二 新小岩、金町間の貨物專用線に乗客輸送併    用に関する請願(中島守利君外一名紹介)    (第一〇八五号) 九三 矢部線延長計画変更に関する請願(中島茂    喜君紹介)(第一三九一号) 九四 山田線災害復旧工事促進に関する請願(山    本猛夫君紹介)(第四四九号) 九五 飯田線払下げ反対の請願(勝間田清一君紹    介)(第一三一六号) 九六 仙台鉄道局厚生寮を旧所有者に払下げの請    願(三浦寅之助君紹介)(第一一〇号) 九七 国鉄松任工場に機関車職場新設に関する請    願(坂田英一君紹介)(第一三九四号) 九八 新得、瓜幕間鉄道を国鉄として買上げに関    する請願(伊藤郷一君紹介)(第一六二五    号) 九九 八王子に鉄道管理局設置の請願(栗山長次    郎君紹介)(第一二六五号) 一〇〇 同(並木芳雄君紹介)(第一二六六号)一〇一 同(福田篤泰君紹介)(第一三一二号) 一〇二 熊田、古江間に国営自動車運輸開始の請    願(佐藤重遠君外一名紹介)(第三七一    号) 一〇三 夏井駅、夏井間国営自動車運輸開始の請    願(野原正勝君紹介)(第七五七号) 一〇四 佐川、高岡間に国営自動車運輸開始の請    願(長野長廣君紹介)(第一〇八一号) 一〇五 八街、山室間に国営自動車運輸開始の請    願(片岡伊三郎君紹介)(第一三九八号) 一〇六 第七次船後期建造促進に関する請願(西    村榮一君紹介)(第六一二号) 一〇七 同(岩本信行君紹介)(第六四九号) 一〇八 同(今澄勇者紹介)(第七五一号) 一〇九 境涯を対韓貿易基地指定に関する請願(    足鹿覺君紹介)(第一五五五号) 一一〇 伏木港の整備拡張促進に関する請願(土    倉宗明君紹介)(第三九号) 一一一 船舶港拡張工事施行の請願(佐々木秀世    君紹介)(第二四三号) 一一二 浜名港修築工事促進の請願(中村幸八君    外八名紹介)(第三六九号) 一一三 門司港田野浦地区修築工事促進の請願(    平井義一君紹介)(第三七三号) 一一四 竹島港築設の請願(川野芳滿君紹介)(    第三七四号) 一一五 淡路島江井港を重要港湾に編入の請願(    塩田賀四郎君紹介)(第四五七号) 一一六 館山港修築に関する請願(小高熹郎君紹    介)(第四五八号) 一一七 郡家港改修工事施行の請願(塩田賀四郎    君紹介)(第四八四号) 一一八 名古屋港緊急整備等に関する請願(辻寛    一君紹介)(第五八〇号) 一一九 名洗港を避難港に指定の請願(神内憲治    君紹介)(第五八三号) 一二〇 名洗内を避難港に指定の請願(仲内憲治    君紹介)(第六九六号) 一二一 小樽港しゆんせつ工事促進の請願(苫米    地英俊君紹介)(第七五二号) 一二二 久慈港修築工事促進の請願(野原正勝君    紹介)(第七六〇号) 一二三 岩船港修築に関する請願(渡邊良夫君外    一名紹介)(第一〇五五号) 一二四 久慈港修築工事促進の請願(山本猛夫君    紹介)(第一〇八三号) 一二五 瀬棚港修築工事促進の請願(川村善八郎    君紹介)(第一一三八号) 一二六 舞鶴港修築整備等に関する請願(大石ヨ    シエ君紹介)(第一三一七号) 一二七 竹島港築設の請願(川野芳滿君紹介)(    第一三二一号) 一二八 羽咋港築設の請願(南好雄君紹介)(第    一三九二号) 一二九 深浦避難港修築に関する請願(原彪君外    一名紹介)(第一三九六号) 一三〇 尻屋港修築工事施行の請願(山崎岩男君    紹介)(第一六二六号) 一三一 潜ケ浦水路開さくに関する請願(内海安    吉君紹介)(第三一七号) 一三二 本渡、瀬戸間運河開さくの請願(原田雪    松君紹介)(第九六〇号) 一三三 白島崎に燈台設置の請願(木村小左衞門    対紹介)(第二〇五号) 一三四 諸寄漁港に燈台設置の請願(有田喜一君    紹介)(第二四〇号) 一三五 砂崎岬に燈台設置の請願(冨永格五郎君    外一名紹介)(第三六六号) 一三六 戸崎に燈台設置の請願(塩田賀四郎君紹    介)(第四五六号) 一三七 立目崎に燈台設置の請願(前田郁君紹    介)(第四六一号) 一三八 大碇及び尾崎鼻に燈台設置の請願(大上    司君外一名紹介)(第八〇六号) 一三九 津屋崎に燈台設置の請願(守島伍郎料紹    介)(第一一七七号) 一四〇 金田岬に航路標識設置の請願(佐々木秀    世君紹介)(第三一三号) 一四一 砂崎岬に無線航路標識設置の請願(冨永    格五郎君外一名紹介)(第三六七号) 一四二 小磯に航路標識設置の請願(玉置實君紹    介)(第一六〇〇号) 一四三 日本海の浮流機雷対策確立に関する請願    (渡邊良夫君紹介)(第一一七六号) 一四四 舞鶴港に特別救難司令所設置の請願(大    石ヨシエ君紹介)(第一二六四号) 一四五 船舶職員法の一部改正に関する請願(高    倉定助君紹介)(第一〇五号) 一四六 長崎国際室港設置に関する請願(本多市    郎君紹介)(第七一七号) 一四七 同(岡西明貞君紹介)(第七五三号) 一四八 鹿兒島測候所の地方気象台昇格に関する    請願外一件(上林山榮吉君紹介)(第二〇    一号) 一四九 長崎海洋気象台に観測船配置に関する請    願(田口長治郎君紹介)(第一〇二二号) 一五〇 若松市に測候所設置の請願(菅家喜六君    紹介)(第一三一三号)     ―――――――――――――
  2. 大澤嘉平治

    ○大澤委員長代理 これより会議を開きます。  委員長不在でありますので、私が委員長の職務を行います。  これより請願の審査に入りますが、審査方法については、前会通りこれを行いますから御了承願います。  日程第一ないし第四三、第九一、第九三及び第九四は、鉄道敷設関係でありますので一括議題とし、政府より意見を求めます。
  3. 石井昭正

    ○石井(昭)政府委員 鉄道の新線建設については、御承知の通り終戰後全面的に中止されておりまして、ごく一部の例外を除いては、工事の着手を延期しておつたのでございますが、本年度は御承知の通り津軽線、赤穂線、窪川線の三線の建設工事に着手いたしまして、いずれも本年中に営業開始の予定になつた次第でございます。ただいまのところ建設線は、敷設法の予定線中から、建設に要する経費を一旦計上いたしました線路と、しからざる予定線に上つておりまする線路と、予定線にはございませんが、最近の経済事情の変化により、緊急着手を必要と認められるもの、並びに戰時中営業いたしておりました線路を営業を停止いたしました、いわゆる撤去線等の範疇があると思います。ただいま議題となりました請願は、そのいずれかに該当するものと考えるわけでございまするし、またもう一つは、現在の予定線あるいは建設線中、電力工事その他で路線の変更を必要とするものの請願、並びにアイオン台風によりまして破壊されまして、その後治山治水の完成まで、災害復旧の建設を待つていまだ着手していない山田線の復旧という関係に相なると思うのであります。  新線につきましては、本年は三線にとどまりましたが、来年度からは本格的に建設をいたし、刻下の経済の需要にこたえ、かたがた地方開発その他の使命を達成すべく、目下研究中でございます。ことに鉄道敷設法を改正いたしましてお願いいたしました新線建設審議会も、すでに開催を見て、これによりまして新線建設の必要性あるいはその資金、工事の着手順序等、いろいろ御検討中でございますので、御請願の趣旨を十分参酌いたしまして、新線建設審議会で御審議をお願いいたしたいつもりでございます。  路線の復旧その他営業線の撤去いたしましたものの復元等につきましても、正確には新線にはならないかもしれませんが、同じく新線建設審議会で御審議を願うつもりにいたして、並行して考えて参るつもりでございます。また一方予算的にはできるだけの資金を獲得すべく、ただいま折衝中でございます。     ―――――――――――――
  4. 大澤嘉平治

    ○大澤委員長代理 次に日程第四四ないし第四八は、停車場関係でありますので、一括議題とし、政府より意見を求めます。
  5. 石井昭正

    ○石井(昭)政府委員 停車場の新設、昇格あるいは移転に関する御請願でございますが、これにつきましては、それぞれ駅勢事情等も研究いたしまして、できるだけ御趣旨に沿うようにいたさせたいと思つておりますが、予算関係あるいは工事資金の関係等から逐次清手いたしますので、急速には御要望に応ぜられないものもあることを御了承願いたいと思います。ただガソリン・カー停留場の設置並びに簡易停車場設置については、実情を研究いたしまして考慮いたしたいと思います。     ―――――――――――――
  6. 大澤嘉平治

    ○大澤委員長代理 次に日程第五九ないし六六は、電化関係でありますので、一括議題とし、政府より意見を求めます。
  7. 石井昭正

    ○石井(昭)政府委員 鉄道の電化につきましては、すでにしばしば当委員会において御説明申し上げました通り、運輸省といたしましても、石炭資源の節約、国内動力の有効化の点から、できるだけ電化を促進するように努力しております。資金につきましても、できるだけ予算獲得をはかるべく、目下努力中であります。それによりまして輸送力のきわめて大なる、いわゆる燃料経済上最も緊要なる線から逐次実施いたして参りたいと存じております。これには電源の問題あるいは都市近郊の輸送力緩和のため電化の問題等も、あわせて考えて参らなければならぬと存じておる次第であります。     ―――――――――――――
  8. 大澤嘉平治

    ○大澤委員長代理 次に日程第六七ないし第七六は運転関係でありますので、一括議題とし、政府より意見を求めます。
  9. 石井昭正

    ○石井(昭)政府委員 デイーゼル自動車の運転、あるいは急行列車の運転、あるいは優等客車運転の御希望でございますが、これらにつきまして予算の許す限り車両の手当をいたしまして、車両のでき次第逐次緊要度の高い線から実施して参りたい、あるいは緊要度の高い列車から増発して参りたい、かような考えでおる次第であります。     ―――――――――――――
  10. 大澤嘉平治

    ○大澤委員長代理 日程第七七ないし第八六は運賃関係でありますので、一括議題とし、政府より意見を求めます。
  11. 石井昭正

    ○石井(昭)政府委員 御請願はことごとく貨物運賃に関するものでありますが、これにつきましては過般運賃法の改正にあたりまして、いろいろ御審議を願い、御要望もあつたのでございます。一面国鉄財政收入の問題もからみまして、できるだけ御要望に沿うことにいたしまして、一部従来の割引範囲を広げるように御了承を受けた次第であります。なおこれらはもちろん暫定的のものでありますので、等級改正等につきましては、引続き準備に着手いたしまして、ご要望にこたえたい。なお航送貨物に対するキロ数計算につきましては、これは発足の沿革その他にかんがみ、しばらく現状のままで済ましていただきたい、かように考えておる次第であります。     ―――――――――――――
  12. 大澤嘉平治

    ○大澤委員長代理 日程第八七ないし第九〇は踏切り関係でありますので、一括議題とし、政府より意見を求めます。
  13. 石井昭正

    ○石井(昭)政府委員 踏切り、あるいは高架桟橋、あるいは跨線橋等の工事関係の御請願のようでございます。これらにつきましてはできるだけ実情を調査し、予算の許す限り御要望にこたえたいと思いますが、その他にもいろいろ緊要な工事がございますので、これらとにらみ合せて実施いたしたいと考えております。     ―――――――――――――
  14. 大澤嘉平治

    ○大澤委員長代理 次に日程第一〇二ないし第一〇五は国営自動車関係でありますので、一括議題とし、政府より意見を求めます。
  15. 石井昭正

    ○石井(昭)政府委員 国営自動車の運輸開始の問題につきましては、できるだけ御要望に沿うように努力いたしたいと思いますが、なお民営自動車との関係もありますし、これらの点もあわせて、紛争の起らないように、円滑に実施いたすべく、十分研究いたしたいと思つております。     ―――――――――――――
  16. 大澤嘉平治

    ○大澤委員長代理 次に日程第九二、第九五ないし第一〇一を一括議題とし、政府より意見を求めます。
  17. 石井昭正

    ○石井(昭)政府委員 九二は新小岩、金町間の貨物專用線に乗客輸送をという御請願のようでございます。この点につきましては、前々からも御請願があるようでございますが、何分にも貨物輸送の輻湊しておる今日、一応にわかに旅客輸送をいたすというわけにも参りかねると思いますが、なおよく実情を研究いたしまして、その点御趣旨に沿うようにいたしたいと思います。  それから九五は飯田線払下げ反対の御請願でございます。ただいまのところ国有鉄道を民間に払い下げることにつきまして、当局といたしましてはまだ具体案はございません。  次に九六は仙台鉄道局厚生寮を旧所有者に払下げの御請願でございますが、これは旅館を買收いたしまして、戰時中に寮として使つておつたものを、旧所有者に払い下げてくれということでございます。方針といたしましては、できるだけそういう方針をとつておるのでありますが、御請願の対象となつておる部分につきましては、なお現在でも非常に高度に利用しておるようでございますので、とくと実情を研究させていただきたいと思つております。  九七は国鉄松任工場に機関車職場新設の御請願でございます。これは実はすでに一応計画がございましたのが、予算関係で延び延びとなつておりますが、予算の目途がつき次第実施いたしたいと思つております。  次に九八は新得、瓜幕間鉄道買上げの御請願でございます。私鉄買收という問題は、ただいまのところ国鉄として考えておらないのでございますが、しかしながら民間の経営困難な鉄道については、何らかの措置が必要であることはごもつとものようでございまして、必ずしも買收ということでなくして、何らかの手段を運輸省におきまして考究すべきものと考えておる次第でございます。  九九から一〇一までは八王子に鉄道管理局設置の御請願でございますが、鉄道管理局設置の点につきましては、当委員会でしばしば御審議になつておるようでございまして、特に政府より御説明申し上げる必要もないかと思うのであります。国鉄の機構全体につきましては、改正後の実情にかんがみ、検討を加えなければならないことは申すまでもないことと存じております。
  18. 大澤嘉平治

    ○大澤委員長代理 日程第九六について、ただいま紹介議員が見えましたので、説明を求めます。三浦寅之助君。
  19. 三浦寅之助

    ○三浦寅之助君 本請願の趣旨は、明治年代から五十年にわたつて温泉族館大正館を経営しておつたのでありますが、昭和十九年三月運輸省仙台鉄道局の要望で、戰時中職員健民修練所設立のために、無理にこれが買收されたのであります。私実はきようあまり急いだために証明書を持つて来るのを忘れたのでありますが、これは仙台鉄道局に無理に買收されたということを明らかに証明しておる事案であります。その当時の戰争の犠牲として、無理に買い上げられるということもやむを得なかつたかもしれませんが、その後所有者はその経営を放棄して、非常な苦しい立場に立つておるのであります。終戰の今日、すでに買收した目的も終つておると思いますから、これは持主に払下げすることが当然だと思うのであります。しかも強制的に無理にとにかくにも経営を奪つた、こういうような問題につきまして、所有者が仙台の鉄道局の方にいろいろお願いを申しておつたのでありますが、思うように回答も得られないというような実情にあるのでありますから、ぜひこれは元の所有者に、適当な価格によつて払下げすることが当然だと思うのであります。これについて当局の御回答をいただきたい。  それからついでに、こういうような戰争中に無理に買い上げたものが、現在の治まつておる時代において、どういうような取扱いをされておるのか、一般的な取扱いもこの際御答弁を願いたいと思います。
  20. 石井昭正

    ○石井(昭)政府委員 実は戰争中、相当の旅館を鉄道において買收したという例が各所にございます。その一つの理由といたしましては、戰争中に鉄道業務が輻湊して参りまして、従事員を他の地方から持つて来て、そこにつぎ込まなければならない。ところが住居関係がないというようなことと、法律上強制せられておりまする職員の訓練関係等のために、宿泊所を必要としたというようなことがございました。一方それに対しまして旅館業者の方が、物資の統制その他の関係で営業がやりにくくなつたというようなことで、ちようど意見が合致いたしまして、いろいろ買收されたこともあるようであります。また戰争がはげしくなりますと、いつ空襲されるかもわからないというようなときに、そう言つては何でございますが、捨値同様でお売りになつたのもなきにしもあらずだと思うのでございます。かような寮が相当ふえましたのは、終戰後におきましても、実情といたしましては非常に必要であつた。と申しますのは、御承知のように人員の配置が都市付近、工場付近等で非常にきゆうくつな反面、それ以外の土地では非常に楽になつておるということで、宿泊所の関係その他からその必要があつたのであります。最近はだんだん食糧事情あるいは住宅事情もよくなつて参りましたし、また宿屋のようなものを利用するよりは、新しくその目的に合致しました合宿所等も建設されて参つております。従つてその必要がなくなつて来たところも多いようであります。全般的に申しますと、そのような寮は大部分払下げをいたして参つておると考えております。現在もまたそういう原則で、利用しなくても済むきわめて利用度の少いものは、大体払い下げるという方向で進んでおるようであります。これは経営合理化の一環でもございますし、また旧所有者としても非常に御熱望の方も多いようでございますので、そういう措置をだんだん講じておるようでございます。今日残つておりますのは、鉄道の寮といたしましても、きわめて利用度の高いところが残つておるようであります。ただいまお話のございました当該寮につきましては、私どもも実は詳しい数字を持つておりませんので、はつきりお答えできないのは残念でございますが、国鉄の方といたしましては、よく利用しておるとのことでございます。従いましてそういう見地から、地元におきまするお話合いがつかないでおるのではないかと思われるのでありますが、御請願の趣旨もございますし、具体的な例でございますので、なお一層よく調査をいたしまして、もし利用度がきわめて少いようなところでございますれば、旧所有者に払下げをするのが最も妥当な方法だと考えております。非常に利用度が高いようでございますれば、これにかわるべき施設なり、他の方法があるかないかということ等を検討した上で、御返答させていただきたい、かように存ずる次第でございます。
  21. 三浦寅之助

    ○三浦寅之助君 今の答弁によると、答弁の趣旨はよくわかりましたが、戰災を受けては困るとか、空襲のために経営上困るので、積極的に売り渡したようなことが非常に多いというお話がありました。これは当局で御調査願いたいのでありますが、私の紹介した請願の旅館は、決して経営者が進んでやつたものでもなければ、頼んだものでもない。むしろ半強制的に買收したものであります。その半強制的に買放したという国鉄の関係者からの証明書も、実は私のところにあるのでありまして、請願書の中に写しをつけておりますから、よく御調査願いたいのであります。こういうようにまつたく所有者の意思に反して、経営しているものを取上げたというような事案に対しましては、当局は十分考慮すべきだと思うのであります。なるほど利用価値が多いからということは、国鉄当局の理由ではあるかもしれませんけれども、それだからといつて、無理に取上げておいて、自分だけの都合によつて、所有者の意思を全然無視するというようなやり方も、あまり穏やかなものではなかろうと思うのであります。ことに今承りますと、原則的には所有者に払下げをしているという立場をとつておられるとすれば、いわんや強制的に取上げたようなものにつきましては、当局者においてはそれにかわるべき適当な施設は当然なすべきだと思いますし、またなすことができ得るのでありますから、適当な施設は国鉄当局においてやらなければならぬ。また払下げを受けるにあたりましても、無償ではないのでありまして、適当な価格によつて払下げをすると思うのでありますから、そういう趣旨におきまして、これは具体的な問題でありますので、早急に調査されて、ぜひこの問題を解決されるように、一段の御配慮を願いたいと思うのでありまするが、もう一度この点に対する御答弁を願いたいと思います。
  22. 石井昭正

    ○石井(昭)政府委員 私は族館業者が買い取つてもらいたいという積極的な意思表示をしたというのは、全国的に通観いたしますとあるということで、この事案がそうであると申し上げたのではございませんので、その点御了承願います。ただお話によりますると、この事案は強制的に買上げられたということでありまするが、この点は実情をよく調査いたさなければわからないのでございます。しかしながら当時は戰争中でございますから、法規的な根拠なくして、やや強制に類似したような事柄は確かにいくらかあつたようでございまするが、少くとも法的に強制するという根拠は、鉄道当局には戰争中になかつたようでございます。従いまして建前の上は、一応合意ということになつておるのではないかと思うのであります。しかしこれは形式的なことで、実際は強制だとおつしやられれば、あるいはそういう事情もあるかと思いまするので、沿革的な調査をよくさせていただきたいと思うのであります。なおそういうことが事実でございますれば、これはまことに旧所有者に対してお気の毒でございますので、他の一般的な払下げよりは、積極的に好意的に処理しなければならないということはお言葉の通りだと思います。そういう点につきましてはとくと実情調査の御猶予を與えていただきたいと存じます。     ―――――――――――――
  23. 大澤嘉平治

    ○大澤委員長代理 日程第一〇九、堺港を対韓貿易基地指定に関する請願を議題といたします。政府より意見を求めます。吉行説明員。
  24. 吉行市太郎

    ○吉行説明員 対韓定期航路につきましては、本年の九月十八日付の総司令部覚書により、十月一月から許可されたわけでございますが、この航路につきましてはいずれの運航業者も参加が自由でございます。また韓国における港は釜山一港でございまして、航海回数は週に一航海ということになつておるわけでございますが、就航する船舶はその都度総司令部の運輸官の許可を得なければならないという條件付になつておる次第でございます。そのように運航業者は毎回一定されておりませず、さらにまた日本内地における寄航地につきましては、完全に運航業者の自由意思にまかせてある問題でございまして、特に政府において特定の港を定期航路の基地として指定するということはないわけでございます。さよう御了承を願いたいと存じます。     ―――――――――――――
  25. 大澤嘉平治

    ○大澤委員長代理 次に日程第一三三ないし第一四五は海上保安庁関係でありますので一括議題とし、政府より意見を求めます。吉田説明員。
  26. 吉田日出男

    ○吉田説明員 日程第一三四の兵庫県諸寄漁港に燈台設置の請願、日程第一三五の北世道の砂崎岬に燈台設置の請願、日程第一四〇の金田岬に航路標識設置の請願、日程第一四一の北海道砂崎岬に無線航路標識設置の請願、この四件につきましてはその必要性を認めまして、二十七年度より実施すべく目下予算要求中でございます。予算が通りますればさつそく実施いたしたいと考えております。  次に一三三号の島根県白島崎に燈台設置の請願、一三六号の戸崎に燈台設置の請願、一三七号の立目崎に燈台設置の請願、二二八号の大碇及び尾崎鼻に燈台設置の請願、一四二号の香川県小磯に航路標識設置の請願、この五件につきましては、その必要性は認められるのでございますが、他に多数の要望箇所もございまして、重要度の比重から、また一面現下の経済情勢を勘案いたしまして実現は困難でありますが、これらの地域は航行船舶にとつてきわめて必要でありますので、極力貴意に沿うよう努力いたしたいと考えております。  次に日程一三九号、福岡県津屋崎に燈台設置の請願、これにつきましては十分現地を調査いたしました上、必要と考えますならばさつそく予算化に努めたいと考えております。  次に日程一四三号、日本海の浮流機雷対策確立に関する請願、本件につきましては、朝鮮における機雷の状況は不明でございますが、来る冬にもまた浮流機雷が現われるの、はないかと懸念されますので、この九月本庁に機雷対策委員会を設け、また各地の管区本部に機雷対策室を設けまして、浮流機雷対策に万全を期しつつあるわけであります。浮流機雷の対策については、いろいろな角度からいろいろな方法が考えられるのでございますが、まず第一といたしまして日本海における海流、潮流の調査を、十一月一ぱいをもつて終る予定にいたしております。次に十二月一日を期して十一隻の掃海船を日本海に派遣することにいたしております。なお秋田から浜田にわたつて二十四隻の巡視船を、十二月上旬を期して配船することになります。これらの船艇をもつて浮流機雷の啓開並びに航行船舶の常用航路を主として啓開することにいたしております。船舶航行路の明示を請願されておりますが、浮流機雷の特質上はなはだ困難でございまして、常用航路を主として啓開するという方針で進みたいと存じております。  次に一四四号、舞鶴港に特別救難司令所設置の請願、本件につきましては下部組織においてかようなことを考えておることと思いますが、まだ具体化されておらないのでありまして、海上保安庁におきましては沿岸警備並びに海難救助ということが最も重大な使命でありまして、今後さようなことになるならば善処いたしたいと考えております。  次に一四五号、船舶職員法の一部改正に関する請願、本件につきましては船舶職員法が去る十月十五日に施行されたばかりでございまして、今後本法の施行の実績を勘案いたしまして、善処いたしたいと考えております。     ―――――――――――――
  27. 大澤嘉平治

    ○大澤委員長代理 次に日程第一四八号ないし第一五〇号は気象台関係でありますので一括議題とし、政府より意見を求めます。北村説明員。
  28. 北村純一

    ○北村説明員 ただいま宿願になつております気象台関係について、一つ一つ御答弁申し上げたいと思います。  最初は鹿兒島測候所の地方気象台昇格に関する件でございますが、この請願の御趣旨についてはごもつともに存じております。私どもといたしましても何とかしてこの実現をはかりまして、災害の防止に貢献いたしたいと思つておりますが、財政上並びに人事の面において制肘を受けておりますために、いまだに実現の運びに至つておりません。今後皆さんの御協力を得て、引続き実現に努力して行きたいと思つております。  次に長崎海洋気象台に大型観測船を配置せられたいという御請願でございますが、この御趣旨につきましても同感に存じております。日本近海の海難防止あるいは水産業の振興のためにも、海洋気象台にそれぞれ本目的に合致したような大型の観測船を配置しまして、気象事業の振興と、民生協力に万全を期したいと存じております。何分にも予算と人員に非常な制肘を受けておりますので、現在ではなお実現の運びに至つておりませんが、今後この点につきましても皆様の御協力を得まして、本請願の御趣旨に沿うように努力して行きたいと存じております。  それから会津若松市に測候所を設置せられたいという請願につきましては、その趣旨を十分了承しております。中央気象台といたしましては、現在猪苗代湖にあります猪苗代測候所を若松市に移転しまして、会津地方の御要望に沿うように、二十七年度の予算にも要求しておるのでございますが、何分にも財政上実現が困難な状態にありますので、皆さんの御協力を得まして、早急に実現するようにして参りたいと存じております。     ―――――――――――――
  29. 大澤嘉平治

    ○大澤委員長代理 次に日程第一四六及び第一四七、航空関係でありますので一括議題とし、政府より意見を求めます。航空庁次長粟澤説明員。
  30. 栗澤一男

    ○栗澤説明員 本件は長崎県の大村にございまする旧海軍航空隊の施没を利用いたしまして、飛行場を設置してもらいたいという請願でございます。ただいま民間航空路は福岡まで参つております。航空庁といたしましても、早急に長崎の方へは航空路を延長いたしたいというふうに考えております。なおこの請願にございまする大村には、御承知の通り海軍の航空隊の施設が相当残存しております。これを利用することは非常に時宜に適したものと存ずるのでありまして、航空庁としましても大村の航空施設を利用しまして、できれば来年度、二十七年度にこの飛行場の設置をいたしたいと、ただいま二十七年度予算に要求をいたしております。予算が認められましたならば、この飛行場を早急に設置いたしたいと考えております。
  31. 大澤嘉平治

    ○大澤委員長代理 この際暫時休憩いたします。     午後二時八分休憩      ――――◇―――――     〔休憩後は開会に至らなかつた〕