運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login

1951-06-02 第10回国会 衆議院 文部委員会 32号 公式Web版

  1. 昭和二十六年六月二日(土曜日)     午後一時四十九分開議  出席委員    委員長 長野 長廣君    理事 岡延右エ門君 理事 佐藤 重遠君    理事 若林 義孝君 理事 小林 信一君       甲木  保君    鹿野 彦吉君       高木  章君    東井三代次君       圓谷 光衞君    平島 良一君       渡部 義通君    小林  進君       浦口 鉄男君  委員外の出席者        專  門  員 横田重左衞門君         專  門  員 石井つとむ君     ――――――――――――― 本日の会議に付した事件  在日朝鮮学生に育英資金貸與等に関する請願(  渡部義通君紹介)(第九三六号)     ―――――――――――――
  2. 長野長廣

    長野委員長 これより会議を開きます。  在日朝鮮学生に育英資金貸与等に関する請願(第九三六号)は、昨日の報告を撤回し、再議に付するに御異議こぎいませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  3. 長野長廣

    長野委員長 御異議なしと認めます。よつて昨日の報告は撤回せられ、再議に付せられました。  本請願に盛られました内容の一部を御参考のために申し上げます。すなわち朝連、民青不当解散を始め、日本政府の一貫した弾圧政策に依つて、朝鮮人に対する税金や遵法の義務は強制しながら朝鮮人の福利、厚生及び子弟の教育に対する対策は何等考えようともせず差別待遇をして来た。そこで朝鮮人が生活の権利教育権を主張して立ち起つたのを日本政府が弾圧したのが阪神教育事件であり神戸事件其の他色々の事件であつた。更にこれを理由として朝鮮人を不穏分子ときめつけ朝鮮人強制送還及び資産凍結をやろうとしております。  特に所謂朝鮮動乱が起きて以来、祖国にある家や財産が全部外国軍隊に依つて焼かれ父母兄弟は無惨にも虐殺されて行く中で我々は日本に於て現在日本政府の弾圧に依つて飢餓状態に追いこまれている。  朝連、民青の不当解散に依る財産日本政府はこれを流用し且つ在日朝鮮学生が少しも支持しない所のいわゆる駐日韓国代表部や居留民団に渡そうとする陰謀をもつて政治的に利用しようとしている。以上の通りであります。  お諮りいたします。本請願議院の会議に付するを要するものとし、不採択と決するに御異議ございませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  4. 長野長廣

    長野委員長 御異議なしと認めます。よつて本請願議院の会議に付するを要するものとし、不採択と決せられました。  暫時休憩いたします。     午後一時五十五分休憩      ――――◇―――――     〔休憩後は開会に至らなかつた〕