運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login

1947-07-11 第1回国会 衆議院 国土計画委員会 2号 公式Web版

  1. 昭和二十二年七月十一日(金曜日)     午前十一時十九分開議  出席委員    委員長 荒木萬壽夫君    理事 藤田  榮君 理事 細野三千雄君    理事 大森 玉木君 理事 松井 豊吉君   理事 内海 安吉君 理事 的場金右衞門君       足立 梅市君    伊瀬幸太郎君       松澤  一君    溝淵松太郎君       宮村 又八君    生方 大吉君       田中 角榮君    原  孝吉君       村瀬 宣親君    今村 忠助君       高田 弥市君    松浦 東介君       水田三喜男君    野本 品吉君       只野直三郎君    高倉 定助君 七月七日委員笹森順造君辭任につきその補闕とし て野本品吉君が議長の指名で委員に選任された。     ――――――――――――― 本日の會議に付した事件  理事互選  國政調査委員派遣承認要求の件     ―――――――――――――
  2. 荒木萬壽夫

    ○荒木委員長 それではこれより委員會を開會いたします。お諮りいたします。さきに議院運營委員會の決定によりまして、本委員會に理事一名の追加を認められております。これを決定するにいかがいたしますか。
  3. 松井豊吉

    ○松井委員 理事の追加は互選を省略して、委員長より指名あらんことを希望いたすものであります。
  4. 荒木萬壽夫

    ○荒木委員長 松井豊吉君の動議に御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  5. 荒木萬壽夫

    ○荒木委員長 御異議なして認めます。       的場金右衞門君 を理事にお願いいたします。
  6. 荒木萬壽夫

    ○荒木委員長 次にお諮りいたします。御承知のように、近年全國的に毎年洪水の被害は甚大なるものがございまして、その洪水被害の原因を調べてみますると、上流地帶におきまする土砂の崩壊によつてその慘害を、さらに一層はなはだしくしていると存ぜられるのでありまして、これに對しまする豫防方法としては、いわゆる砂防工事を徹底的にやることが必要かと存ぜられます。さような意味におきまして本委員會といたしましても、その砂防工事の現地につきまして一同實地視察を行つたらいかがかと存ずる次第であります。つきましては衆議院規則第九十四條及び第五十五號によりまして、國政調査の承認竝びに委員の實地視察に對しては議長承認を得る必要がございます。國政調査及び委員派遣承認の申請書を、委員長より提出する手續をとることに御異議はありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  7. 荒木萬壽夫

    ○荒木委員長 御異議なしと認めまして、さよう取計らいます。  本日の委員會はこれをもつて散會いたします。次の委員會の議事につきましては、あらためて公報をもつて御通知申します。     午前十一時二十二分散會