運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login

1947-10-14 第1回国会 衆議院 決算委員会 18号 公式Web版

  1. 昭和二十二年十月十四日(火曜日)     午後七時二十五分開議  出席委員    委員長 竹山祐太郎君    理事 竹谷源太郎君 理事 大宮伍三郎君    理事 島村 一郎君       片島  港君    河合 義一君       高津 正道君    玉井 祐吉君       辻井民之助君    戸叶 里子君       中曽根康弘君    長尾 達生君       西田 隆男君    岩本 信行君       冨田  照君    平井 義一君       受田 新吉君    齋藤  晃君     ――――――――――――― 本日の會議に付した事件  國家公務員法案(内閣提出)(第五四號)  國家公務員法の規定が適用せられるまでの官吏  の任免等に關する法律案(内閣提出)(第五八  號)  小委員選定     ―――――――――――――
  2. 竹山祐太郎

    ○竹山委員長 ただいまより會議を開きます。  今までの各黨の御審議をもとにして、委員會としての意見をとりまとめましたが、その後懇談會において審議を續けました結果、修正案數點をあげられましたが、これについては條文には非常に多數の箇所に修正を加えることになりましたから、各條文の修正はきわめて技術的にわたりますので、小委員會を設けて、修正案の作成をいたすことについてお諮りをいたします。委員長より小委員を指名するに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  3. 竹山祐太郎

    ○竹山委員長 異議なしと認めます。それでは    竹谷源太郎君  中曽根康弘君    竹山祐太郎君 を指名いたします。  今後の審議の方針としましては、今晩中に大體修正案を作成をいたしまして、明日連絡をいたしまして、委員會としては一應午前中に開會をいたすことにいたしまして、委員會で決定を願います。その間各黨と御連絡を願つて、すべての手續が終了した上で、でき得るならば午前中に委員會の最後の討論をいたしたいと思います。そして明日の午後の本會議に上程いたしたいと考えております。なお参議院との關係につきましては、本日の協議の際、大體衆議院の修正案をもとにしていき得る見透しが立つておりますことを、附け加えて申し上げておきます。(拍手)  本日はこれにて散會いたします。それではどうも御苦労さまでした。    午後七時二十八分散會