運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login

2019-06-18 第198回国会 参議院 経済産業委員会 14号 公式Web版

  1. 令和元年六月十八日(火曜日)    午前十時開会     ─────────────    委員の異動  六月十三日     辞任         補欠選任      松川 るい君     吉川ゆうみ君  六月十四日     辞任         補欠選任      足立 敏之君     磯崎 仁彦君      元榮太一郎君     丸川 珠代君      武田 良介君     辰巳孝太郎君  六月十七日     辞任         補欠選任      青山 繁晴君     松下 新平君      宮本 周司君     中西 祐介君      辰巳孝太郎君     紙  智子君     ─────────────   出席者は左のとおり。     委員長         浜野 喜史君     理 事                 井原  巧君                 佐藤  啓君                 吉川ゆうみ君                 浜口  誠君                 石井  章君     委 員                 磯崎 仁彦君                 北村 経夫君                 滝波 宏文君                 中西 祐介君                 松下 新平君                 松村 祥史君                 丸川 珠代君                 渡辺 猛之君                 斎藤 嘉隆君                 真山 勇一君                 谷合 正明君                 平木 大作君                 岩渕  友君                 紙  智子君    国務大臣        国務大臣        (内閣府特命担        当大臣)     宮腰 光寛君    政府特別補佐人        公正取引委員会        委員長      杉本 和行君    事務局側        常任委員会専門        員        山口 秀樹君     ─────────────   本日の会議に付した案件 ○理事補欠選任の件 ○私的独占禁止及び公正取引の確保に関する法  律の一部を改正する法律案内閣提出、衆議院  送付)     ─────────────
  2. 浜野喜史

    ○委員長(浜野喜史君) ただいまから経済産業委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、松川るい君、足立敏之君、元榮太一郎君、武田良介君、青山繁晴君及び宮本周司君が委員を辞任され、その補欠として吉川ゆうみ君、磯崎仁彦君、丸川珠代君、紙智子君、松下新平君及び中西祐介君が選任されました。     ─────────────
  3. 浜野喜史

    ○委員長(浜野喜史君) 理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い現在理事が一名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  4. 浜野喜史

    ○委員長(浜野喜史君) 御異議ないと認めます。  それでは、理事に吉川ゆうみ君を指名いたします。     ─────────────
  5. 浜野喜史

    ○委員長(浜野喜史君) 私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。  本案に対する質疑は既に終局しておりますので、これより討論に入ります。──別に御意見もないようですから、これより直ちに採決に入ります。  私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案に賛成の方の挙手を願います。    〔賛成者挙手〕
  6. 浜野喜史

    ○委員長(浜野喜史君) 全会一致と認めます。よって、本案は全会一致をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。  この際、浜口君から発言を求められておりますので、これを許します。浜口誠君。
  7. 浜口誠

    ○浜口誠君 私は、ただいま可決されました私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案に対し、自由民主党国民の声、立憲民主党・民友会・希望の会、国民民主党新緑風会公明党日本維新の会希望の党及び日本共産党の各派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法施行に当たり、次の諸点について適切な措置を講ずべきである。  一 公正取引委員会による実態解明と一般消費者の利益、及び減免申請を行う事業者の予見可能性を確保する観点から、新たな課徴金減免制度における事業者が自主的に提出する証拠等の評価方法について、ガイドラインにおいてその明確化を図ること。特に、カルテル・入札談合の対象商品・役務、受注調整の方法、参加事業者、実施時期、実施状況等の評価対象となる情報について、評価方法の考え方や具体例を分かりやすく明示すること。また、制度の運用状況を検証しつつ、適時適切にガイドラインの見直しを行うこと。  二 新たな課徴金減免制度において、事業者の調査協力度合いに応じた減算率を適用するに際しては、より高い減算率を得ること等を目的として事実を歪曲した資料の提出や供述調書の作成により迅速な実態解明が阻害されることがないよう留意すること。    また、調査協力や供述内容等により、従業員が事業者から不当に不利益な取扱いを受けることのないよう、企業コンプライアンスの向上に対する支援を充実するなど、適切な対応を行うこと。  三 いわゆる弁護士・依頼者間秘匿特権に関して規則ガイドライン等を整備するに当たっては、対象となる範囲、要件について、国際水準との整合性を可能な限り図るよう留意した内容とするとともに、新制度の運用を検証しつつ、その在り方の検討を継続すること。  四 秘匿特権について、事業者と弁護士との間の相談に係る法的意見等についての秘密を実質的に保護できるよう、公正取引委員会における判別手続と審査手続を明確に遮断する等、適正手続を確保する制度を本法施行までに整備すること。    また、手続の透明性、信頼性及び事業者の予見可能性を確保するため、秘匿特権に関する運用事例を定期的に公表するよう努めること。  五 経済活動のグローバル化や多様化、複雑化の進展を踏まえ、競争政策や競争法の国際調和を更に進めるとともに、国際市場分割カルテルなど、日本国内で売上額が生じない事業者に対する課徴金の賦課等についても、引き続き検討を行うこと。  六 デジタル・プラットフォーマーをめぐる取引環境に関するルール整備に当たっては、寡占・独占による弊害が生じないよう、イノベーションの促進と利用者の保護等に配慮しつつ、取引環境の透明性・公正性の確保、データの移転・開放等の在り方等に関する調査・検討を早急に進め、国際的にも整合性のある適切な競争環境を確立すること。    右決議する。  以上でございます。  何とぞ委員各位の御賛同をお願い申し上げます。
  8. 浜野喜史

    ○委員長(浜野喜史君) ただいま浜口君から提出されました附帯決議案を議題とし、採決を行います。  本附帯決議案に賛成の方の挙手を願います。    〔賛成者挙手〕
  9. 浜野喜史

    ○委員長(浜野喜史君) 全会一致と認めます。よって、浜口君提出の附帯決議案は全会一致をもって本委員会決議とすることに決定いたしました。  ただいまの決議に対し、宮腰内閣府特命担当大臣から発言を求められておりますので、この際、これを許します。宮腰内閣府特命担当大臣
  10. 宮腰光寛

    国務大臣宮腰光寛君) ただいまの附帯決議につきましては、その御趣旨を十分に尊重してまいりたいと存じます。
  11. 浜野喜史

    ○委員長(浜野喜史君) なお、審査報告書の作成につきましては、これを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  12. 浜野喜史

    ○委員長(浜野喜史君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  本日はこれにて散会いたします。    午前十時六分散会