運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login

2019-06-26 第198回国会 参議院 文教科学委員会 15号 公式Web版

  1. 令和元年六月二十六日(水曜日)    午前十時開会     ─────────────    委員の異動  六月二十日     辞任         補欠選任      藤木 眞也君     赤池 誠章君  六月二十一日     辞任         補欠選任      佐藤  啓君     水落 敏栄君      自見はなこ君     衛藤 晟一君      元榮太一郎君     橋本 聖子君      足立 信也君     大島九州男君     ─────────────   出席者は左のとおり。     委員長         上野 通子君     理 事                 石井 浩郎君                 江島  潔君                 神本美恵子君                 吉良よし子君     委 員                 赤池 誠章君                 今井絵理子君                 衛藤 晟一君                 小野田紀美君                 大野 泰正君                 橋本 聖子君                 水落 敏栄君                 蓮   舫君                 伊藤 孝恵君                 大島九州男君                 山本 太郎君                 新妻 秀規君                 浜田 昌良君                 高木かおり君                 松沢 成文君    事務局側        常任委員会専門        員        戸田 浩史君     ─────────────   本日の会議に付した案件 ○教育費負担の公私間格差をなくし、子供たちに  行き届いた教育を求める私学助成に関する請願  (第一号外八七件) ○私立大学生の学費負担の大幅軽減と私大助成の  増額に関する請願(第一九号外二件) ○専任・専門・正規の学校司書の配置に関する請  願(第二〇号外一八件) ○教育の無償化を目指して全ての子供たちに行き  届いた教育を求めることに関する請願(第二九  号外四件) ○国の教育予算を大幅に増やし、三十人以下学級  の早期実現、教室体育館への空調設備設置を  求めることに関する請願(第六一号外三一件) ○国の責任による三十五人以下学級前進、教育無  償化、教育条件改善、行き届いた教育に関する  請願(第二六二号外二七件) ○特別支援学校の設置基準策定に関する請願(第  四〇一号外二件) ○学校現業職員の業務をトップランナー方式の対  象から外すとともに、学校現業職員の法的位置  付けを求めることに関する請願(第五〇五号) ○私立幼稚園認定こども園を始めとした幼児教  育の充実と発展に関する請願(第一一九三号外  一件) ○全ての私立学校に正規の養護教諭を配置し、子  供の命と健康が守られる教育条件を求めること  に関する請願(第二〇四六号) ○てんかんのある人とその家族の生活を支える教  育に関する請願(第二一五八号外四五件) ○段階的な定年年齢延長の実現と定年まで意欲を  持って教育活動に携わることのできる労働環境  の整備、教職員定数の改善等に関する請願(第  二三七二号) ○もんじゅを安全に廃炉とすることに関する請願  (第二六一〇号外一件) ○権利としての無償教育を実現し、奨学金の拡充  を求めることに関する請願(第二八一九号外四  件) ○二〇二一年度大学入学共通テストにおける英語  民間試験の利用中止に関する請願(第二九八三  号外六件) ○継続調査要求に関する件     ─────────────
  2. 上野通子

    ○委員長(上野通子君) ただいまから文教科学委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、藤木眞也さん、元榮太一郎さん、佐藤啓さん、自見はなこさん及び足立信也さんが委員を辞任され、その補欠として赤池誠章さん、橋本聖子さん、水落敏栄さん、衛藤晟一さん及び大島九州男さんが選任されました。     ─────────────
  3. 上野通子

    ○委員長(上野通子君) これより請願の審査を行います。  第一号教育費負担の公私間格差をなくし、子供たちに行き届いた教育を求める私学助成に関する請願外二百四十二件を議題といたします。  これらの請願につきましては、理事会において協議の結果、いずれも保留とすることになりました。  以上のとおり決定することに御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  4. 上野通子

    ○委員長(上野通子君) 御異議ないと認めます。よって、さよう決定いたしました。     ─────────────
  5. 上野通子

    ○委員長(上野通子君) 継続調査要求に関する件についてお諮りいたします。  教育文化スポーツ学術及び科学技術に関する調査につきましては、閉会中もなお調査を継続することとし、本件の継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  6. 上野通子

    ○委員長(上野通子君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  なお、要求書の作成につきましては委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  7. 上野通子

    ○委員長(上野通子君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。     ─────────────
  8. 上野通子

    ○委員長(上野通子君) この際、一言御挨拶申し上げます。  昨年十月に委員長に選任されて以来、理事を始め委員の皆様方には、委員会の運営に当たり多大なる御協力をいただきまして、誠にありがとうございました。  御存じのとおり、本年は参議院通常選挙が行われる年であり、選挙に臨まれる方々におきましては、御健闘を心よりお祈り申し上げます。  また、これを機に御勇退される神本美恵子先生におきましては、平成十三年に初当選され、文部科学大臣政務官並びに文教科学委員会理事を務めるなど、文部科学分野の発展のために多大なる御貢献をしてこられました。長年の国政に対する御尽力、御功績に深く敬意を表しますとともに、今後の御健勝と更なる御活躍を心からお祈り申し上げまして、私からの挨拶とさせていただきます。  ありがとうございました。(拍手)  本日はこれにて散会いたします。    午前十時二分散会