運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login

2019-05-21 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 15号 公式Web版

  1. 令和元年五月二十一日(火曜日)    午前十時開会     ─────────────    委員の異動  五月十六日     辞任         補欠選任      山本 博司君     山口那津男君  五月二十日     辞任         補欠選任      山本 一太君     岩井 茂樹君     ─────────────   出席者は左のとおり。     委員長         渡邉 美樹君     理 事                 宇都 隆史君                 中西  哲君                 三宅 伸吾君                 大野 元裕君                 高瀬 弘美君     委 員                 猪口 邦子君                 岩井 茂樹君                 佐藤 正久君                 武見 敬三君                 中曽根弘文君                 堀井  巌君                 小西 洋之君                 白  眞勲君                 福山 哲郎君               アントニオ猪木君                 山口那津男君                 浅田  均君                 井上 哲士君                 伊波 洋一君    国務大臣        外務大臣     河野 太郎君    副大臣        外務副大臣    佐藤 正久君    大臣政務官        外務大臣政務官  辻  清人君    事務局側        常任委員会専門        員        神田  茂君     ─────────────   本日の会議に付した案件 ○投資の促進及び保護に関する日本国とアルゼン  チン共和国との間の協定締結について承認を  求めるの件(内閣提出、衆議院送付) ○所得に対する租税に関する二重課税の除去並び  に脱税及び租税回避の防止のための日本国とス  ペイン王国との間の条約締結について承認を  求めるの件(内閣提出、衆議院送付) ○所得に対する租税に関する二重課税の除去並び  に脱税及び租税回避の防止のための日本国とク  ロアチア共和国との間の協定締結について承  認を求めるの件(内閣提出、衆議院送付) ○所得に対する租税に関する二重課税の除去並び  に脱税及び租税回避の防止のための日本国とコ  ロンビア共和国との間の条約締結について承  認を求めるの件(内閣提出、衆議院送付) ○所得に対する租税に関する二重課税の除去並び  に脱税及び租税回避の防止のための日本国とエ  クアドル共和国との間の条約締結について承  認を求めるの件(内閣提出、衆議院送付)     ─────────────
  2. 渡邉美樹

    ○委員長(渡邉美樹君) ただいまから外交防衛委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、山本博司君及び山本一太君が委員を辞任され、その補欠として山口那津男君及び岩井茂樹君が選任されました。     ─────────────
  3. 渡邉美樹

    ○委員長(渡邉美樹君) 投資の促進及び保護に関する日本国アルゼンチン共和国との間の協定締結について承認を求めるの件、所得に対する租税に関する二重課税の除去並びに脱税及び租税回避の防止のための日本国スペイン王国との間の条約締結について承認を求めるの件、所得に対する租税に関する二重課税の除去並びに脱税及び租税回避の防止のための日本国とクロアチア共和国との間の協定締結について承認を求めるの件、所得に対する租税に関する二重課税の除去並びに脱税及び租税回避の防止のための日本国コロンビア共和国との間の条約締結について承認を求めるの件及び所得に対する租税に関する二重課税の除去並びに脱税及び租税回避の防止のための日本国エクアドル共和国との間の条約締結について承認を求めるの件、以上五件を一括して議題といたします。  政府から順次趣旨説明を聴取いたします。河野外務大臣
  4. 河野太郎

    国務大臣河野太郎君) おはようございます。  ただいま議題となりました投資の促進及び保護に関する日本国アルゼンチン共和国との間の協定締結について承認を求めるの件につきまして、提案理由を御説明いたします。  政府は、平成二十八年九月以来、アルゼンチン政府との間でこの協定交渉を行いました。その結果、平成三十年十二月一日にブエノスアイレスにおいて、我が方在アルゼンチン大使と先方外務宗務大臣との間で、この協定署名が行われました。  この協定は、投資の設立段階及び設立後の内国民待遇及び最恵国待遇の原則供与を規定するとともに、公正衡平待遇義務、収用等の措置がとられた場合の補償措置、支払等の自由な移転、投資紛争の解決のための手続等を定めております。  この協定締結は、我が国とアルゼンチンとの間の経済関係の更なる緊密化に大いに資するものと期待されます。  よって、ここに、この協定締結について御承認を求める次第であります。  次に、所得に対する租税に関する二重課税の除去並びに脱税及び租税回避の防止のための日本国スペイン王国との間の条約締結について承認を求めるの件につきまして、提案理由を御説明いたします。  政府は、平成二十九年四月以来、スペイン政府との間でこの条約交渉を行いました。その結果、平成三十年十月十六日にマドリードにおいて、我が方内閣総理大臣と先方首相との間で、この条約署名が行われました。  この条約は、現行の租税条約を全面的に改正するものであり、投資所得に対する源泉地国課税の更なる減免、税務当局間の徴収共助の手続の整備等の措置を講ずるための規定等を盛り込んでおります。  この条約締結により、脱税及び租税回避行為を防止しつつ、我が国とスペインとの間での課税権の調整がより効果的に行われることとなり、両国間の人的交流及び経済的交流が一層促進されることが期待されます。  よって、ここに、この条約締結について御承認を求める次第であります。  次に、所得に対する租税に関する二重課税の除去並びに脱税及び租税回避の防止のための日本国とクロアチア共和国との間の協定締結について承認を求めるの件につきまして、提案理由を御説明いたします。  政府は、平成三十年三月以来、クロアチア政府との間でこの協定交渉を行いました。その結果、平成三十年十月十九日にザグレブにおいて、我が方外務大臣政務官と先方財務大臣との間で、この協定署名が行われました。  この協定は、日・クロアチア間で二重課税の除去を目的とした課税権の調整を行うとともに、両国における配当利子及び使用料に対する源泉地国課税の限度税率等を定めるものであります。  この協定締結により、脱税及び租税回避行為を防止しつつ、両国間の人的交流及び経済的交流が一層促進されることが期待されます。  よって、ここに、この協定締結について御承認を求める次第であります。  次に、所得に対する租税に関する二重課税の除去並びに脱税及び租税回避の防止のための日本国コロンビア共和国との間の条約締結について承認を求めるの件につきまして、提案理由を御説明いたします。  政府は、平成二十九年十二月以来、コロンビア政府との間でこの条約交渉を行いました。その結果、平成三十年十二月十九日において、我が方外務大臣と先方外務大臣との間で、この条約署名が行われました。  この条約は、日・コロンビア間で二重課税の除去を目的とした課税権の調整を行うとともに、両国における配当利子及び使用料に対する源泉地国課税の限度税率等を定めるものであります。  この条約締結により、脱税及び租税回避行為を防止しつつ、両国間の人的交流及び経済的交流が一層促進されることが期待されます。  よって、ここに、この条約締結について御承認を求める次第であります。  最後に、所得に対する租税に関する二重課税の除去並びに脱税及び租税回避の防止のための日本国エクアドル共和国との間の条約締結について承認を求めるの件につきまして、提案理由を御説明いたします。  政府は、平成三十年八月以来、エクアドル政府との間でこの条約交渉を行いました。その結果、平成三十一年一月十五日にキトにおいて、我が方在エクアドル大使と先方外務大臣との間で、この条約署名が行われました。  この条約は、日・エクアドル間で二重課税の除去を目的とした課税権の調整を行うとともに、両国における配当利子及び使用料に対する源泉地国課税の限度税率等を定めるものであります。  この条約締結により、脱税及び租税回避行為を防止しつつ、両国間の人的交流及び経済的交流が一層促進されることが期待されます。  よって、ここに、この条約締結について御承認を求める次第であります。  以上五件につき、何とぞ御審議の上、速やかに御承認いただきますようお願いいたします。
  5. 渡邉美樹

    ○委員長(渡邉美樹君) 以上で趣旨説明の聴取は終わりました。(発言する者あり)
  6. 河野太郎

    国務大臣河野太郎君) 委員長。失礼、済みません、一言読み飛ばしました。
  7. 渡邉美樹

    ○委員長(渡邉美樹君) 河野外務大臣
  8. 河野太郎

    国務大臣河野太郎君) 失礼しました。  コロンビアとの間でこの条約交渉を行いました。その結果、平成三十年十二月十九日に東京において、我が方外務大臣と先方外務大臣との間で、この条約署名が行われました。  東京においてを読み飛ばしました。失礼いたしました。追加いたします。
  9. 渡邉美樹

    ○委員長(渡邉美樹君) 以上で趣旨説明の聴取は終わりました。  五件に対する質疑は後日に譲ることとし、本日はこれにて散会いたします。    午前十時六分散会