運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login

2018-12-03 第197回国会 参議院 議院運営委員会 9号 公式Web版

  1. 平成三十年十二月三日(月曜日)    午後零時四十一分開会     ─────────────   出席者は左のとおり。     委員長         末松 信介君     理 事                 足立 敏之君                 礒崎 陽輔君                 大家 敏志君                 里見 隆治君                 宮崎  勝君                 白  眞勲君                 櫻井  充君                 田村 智子君                 東   徹君     委 員                 今井絵理子君                 小川 克巳君                 小野田紀美君                 佐藤  啓君                 自見はなこ君                 進藤金日子君                 徳茂 雅之君                 藤木 眞也君                 松川 るい君                 松村 祥史君                 竹内 真二君                 斎藤 嘉隆君                 真山 勇一君                 礒崎 哲史君                 浜口  誠君    委員以外の議員        議員       木戸口英司君         ─────        議長       伊達 忠一君        副議長      郡司  彰君         ─────    事務局側        事務総長     郷原  悟君        事務次長     岡村 隆司君        議事部長     小林 史武君        委員部長     木下 博文君        記録部長     大蔵  誠君        警務部長     金澤 真志君        庶務部長     金子 真実君        管理部長     宮崎 一徳君        国際部長     鈴木 千明君     ─────────────   本日の会議に付した案件 ○本会議における議案の趣旨説明聴取及び質疑に  関する件 ○本日の本会議の議事に関する件     ─────────────
  2. 末松信介

    ○委員長(末松信介君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、本会議における議案の趣旨説明聴取及び質疑に関する件を議題といたします。  本件につきましては、理事会において協議いたしました結果、経済上の連携に関する日本国と欧州連合との間の協定の締結について承認を求めるの件及び日本国と欧州連合及び欧州連合構成国との間の戦略的パートナーシップ協定の締結について承認を求めるの件につき、本日の本会議においてその趣旨説明を聴取するとともに、自由民主党・国民の声、立憲民主党・民友会、国民民主党・新緑風会、日本共産党及び日本維新の会各々一人十分の質疑を順次行うことに意見が一致いたしました。  理事会申合せのとおり決定することに御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  3. 末松信介

    ○委員長(末松信介君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。     ─────────────
  4. 末松信介

    ○委員長(末松信介君) 次に、本日の本会議の議事に関する件を議題といたします。  事務総長の説明を求めます。
  5. 郷原悟

    ○事務総長(郷原悟君) 御説明申し上げます。  本日の議事は、日程第一 経済上の連携に関する日本国と欧州連合との間の協定の締結について承認を求めるの件及び日本国と欧州連合及び欧州連合構成国との間の戦略的パートナーシップ協定の締結について承認を求めるの件の趣旨説明でございます。河野外務大臣から趣旨説明があり、これに対し、堀井巌君、牧山ひろえ君、藤田幸久君、井上哲士君、浅田均君の順に質疑を行います。  以上をもちまして本日の議事を終了いたします。その所要時間は約一時間四十五分の見込みでございます。
  6. 末松信介

    ○委員長(末松信介君) ただいまの事務総長説明のとおり本日の本会議の議事を進めることに御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  7. 末松信介

    ○委員長(末松信介君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  なお、予鈴は午後零時五十五分、本鈴は午後一時でございます。  暫時休憩いたします。    午後零時四十三分休憩    〔休憩後開会に至らなかった〕