運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login

2016-03-24 第190回国会 参議院 国土交通委員会 4号 公式Web版

  1. 平成二十八年三月二十四日(木曜日)    午前十時開会     ─────────────    委員の異動  三月二十三日     辞任         補欠選任      小泉 昭男君     高野光二郎君      末松 信介君     田中  茂君  三月二十四日     辞任         補欠選任      藤末 健三君     野田 国義君     ─────────────   出席者は左のとおり。     委員長         金子 洋一君     理 事                 豊田 俊郎君                 渡辺 猛之君                 広田  一君                 増子 輝彦君                 河野 義博君     委 員                 阿達 雅志君                 青木 一彦君                 江島  潔君                 大野 泰正君                 金子原二郎君                北川イッセイ君                 田中  茂君                 高野光二郎君                 山本 順三君                 田城  郁君                 野田 国義君                 前田 武志君                 谷合 正明君                 辰巳孝太郎君                 室井 邦彦君                 中野 正志君                 吉田 忠智君                 行田 邦子君                 脇  雅史君    国務大臣        国土交通大臣   石井 啓一君    副大臣        国土交通副大臣  土井  亨君        国土交通副大臣  山本 順三君    大臣政務官        国土交通大臣政        務官       江島  潔君        国土交通大臣政        務官       津島  淳君    事務局側        常任委員会専門        員        田中 利幸君     ─────────────   本日の会議に付した案件 ○踏切道改良促進法等の一部を改正する法律案(  内閣提出、衆議院送付)     ─────────────    午前十時開会
  2. 金子洋一

    ○委員長(金子洋一君) ただいまから国土交通委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日、小泉昭男君及び末松信介君が委員を辞任され、その補欠として高野光二郎君及び田中茂君が選任されました。     ─────────────
  3. 金子洋一

    ○委員長(金子洋一君) 踏切道改良促進法等の一部を改正する法律案を議題といたします。  政府から趣旨説明を聴取いたします。石井国土交通大臣
  4. 石井啓一

    国務大臣石井啓一君) ただいま議題となりました踏切道改良促進法等の一部を改正する法律案の提案理由につきまして御説明申し上げます。  踏切道については、昭和三十六年の踏切道改良促進法の制定以降、その数が半減し、遮断機のない踏切も大幅に減少してまいりましたが、踏切事故が依然として約一日に一件、約四日に一人死亡するペースで発生するなど、その安全確保が急務であります。また、交通安全確保等の観点から道路管理の一層の充実を図る必要があります。  このような趣旨から、この度この法律案を提案することとした次第です。  次に、この法律案の概要につきまして御説明申し上げます。  第一に、改良すべき踏切道を指定することができる期間について、平成二十八年度以降更に五か年間延長することとしております。  第二に、踏切道についてソフト、ハード両面からの様々な対策を促進するため、踏切道の改良に関する計画において、立体交差化、保安設備の整備等、従来の改良の方法に加え、カラー舗装等の当面の対策や駅周辺の駐輪場整備等の踏切周辺対策等を盛り込むことができることとしております。  第三に、鉄道事業者道路管理者が地域の関係者と連携し、踏切道に関して地域の実情に応じた対策を検討するための協議会制度を創設することとしております。  第四に、道路管理者に協力して、道路の維持等を適正かつ確実に行うことができる法人等を道路協力団体として指定することができる制度を創設することとしております。  第五に、交通安全確保等の観点から、交通危険を及ぼす不法占用物件等を道路管理者が迅速に除去することができることとしております。  その他、これらに関連いたしまして、所要の規定の整備を行うこととしております。  以上が、この法律案を提案する理由であります。  この法律案が速やかに成立いたしますよう、御審議をよろしくお願い申し上げます。
  5. 金子洋一

    ○委員長(金子洋一君) 以上で趣旨説明の聴取は終わりました。  本案に対する質疑は後日に譲ることとし、本日はこれにて散会いたします。    午前十時三分散会