運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login

2014-04-17 第186回国会 参議院 文教科学委員会 10号 公式Web版

  1. 平成二十六年四月十七日(木曜日)    午前十時開会     ─────────────    委員の異動  四月八日     辞任         補欠選任      新妻 秀規君     秋野 公造君  四月九日     辞任         補欠選任      二之湯武史君     武見 敬三君      堀内 恒夫君     島尻安伊子君      江崎  孝君     斎藤 嘉隆君      秋野 公造君     新妻 秀規君      和田 政宗君     松沢 成文君  四月十日     辞任         補欠選任      石井 浩郎君     吉田 博美君      島尻安伊子君     堀内 恒夫君      武見 敬三君     二之湯武史君  四月十一日     辞任         補欠選任      吉田 博美君     石井 浩郎君  四月十四日     辞任         補欠選任      二之湯武史君     柘植 芳文君  四月十五日     辞任         補欠選任      柘植 芳文君     二之湯武史君  四月十六日     辞任         補欠選任      櫻井  充君     礒崎 哲史君      藤巻 健史君     中山 恭子君     ─────────────   出席者は左のとおり。     委員長         丸山 和也君     理 事                 石井 浩郎君                 二之湯武史君                 大島九州男君                 松沢 成文君     委 員                 上野 通子君                 衛藤 晟一君                 中曽根弘文君                 橋本 聖子君                 堀内 恒夫君                 水落 敏栄君                 石橋 通宏君                 礒崎 哲史君                 斎藤 嘉隆君                 那谷屋正義君                 新妻 秀規君                 矢倉 克夫君                 田村 智子君                 中山 恭子君                 柴田  巧君    国務大臣        文部科学大臣   下村 博文君    副大臣        文部科学副大臣  西川 京子君    事務局側        常任委員会専門        員        美濃部寿彦君     ─────────────   本日の会議に付した案件 ○理事補欠選任の件 ○著作権法の一部を改正する法律案内閣提出、  衆議院送付) ○参考人の出席要求に関する件     ─────────────
  2. 丸山和也

    ○委員長(丸山和也君) ただいまから文教科学委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、和田政宗君、江崎孝君、藤巻健史君及び櫻井充君が委員を辞任され、その補欠として松沢成文君、斎藤嘉隆君、中山恭子君及び礒崎哲史君が選任されました。     ─────────────
  3. 丸山和也

    ○委員長(丸山和也君) 理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い現在理事が三名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  4. 丸山和也

    ○委員長(丸山和也君) 御異議ないと認めます。  それでは、理事石井浩郎君、二之湯武史君及び松沢成文君を指名いたします。     ─────────────
  5. 丸山和也

    ○委員長(丸山和也君) 著作権法の一部を改正する法律案を議題といたします。  政府から趣旨説明を聴取いたします。下村文部科学大臣
  6. 下村博文

    国務大臣下村博文君) この度、政府から提出いたしました著作権法の一部を改正する法律案について、その提案理由及び内容の概要を御説明申し上げます。  我が国の著作権制度については、これまでも逐次整備を進めてまいりましたが、文化芸術立国、知的財産立国の実現に向け、一層の充実が必要となっているとともに、著作権法制における国際的な協調の必要性が高まっているところであります。  この法律案は、インターネットその他の新たな情報伝達手段の発達に伴い、電子書籍が増加する一方、インターネット上での違法流通が広がっていることに対応し、紙媒体による出版文化の継承・発展と健全な電子書籍市場の形成を図り、我が国の多様で豊かな出版文化の更なる進展に寄与することを目的として、電子書籍に対応した出版権の整備を行うものであります。また、この法律案は、俳優や舞踊家等が行う視聴覚的実演に関する国際的な保護制度の改善を図るため、世界知的所有権機関において平成二十四年六月に採択された視聴覚的実演に関する北京条約締結のため必要な措置を講じるものであります。  次に、この法律案の内容の概要について御説明申し上げます。  第一に、出版者がいわゆる電子出版について著作権者から出版権の設定を受け、インターネットを用いた無断送信等を差し止めることができるよう、紙媒体による出版のみを対象としている現行出版制度を見直し、電子書籍をインターネット送信すること等を引き受ける出版者に対して、出版権を設定できることとしております。あわせて、このような出版権を設定した場合の出版権の内容、出版義務出版権の消滅の請求等について規定を整備するものであります。  第二に、著作権法による保護を受ける実演に、視聴覚的実演に関する北京条約の締約国の国民が行う実演を加えることとしております。  このほか、所要の規定の整備を行うこととしております。  以上がこの法律案の提案理由及びその内容の概要であります。  何とぞ、十分御審議の上、速やかに御可決くださいますようお願いいたします。
  7. 丸山和也

    ○委員長(丸山和也君) 以上で趣旨説明の聴取は終わりました。  本案に対する質疑は後日に譲ることといたします。     ─────────────
  8. 丸山和也

    ○委員長(丸山和也君) 参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  著作権法の一部を改正する法律案の審査のため、来る二十二日午前十時に参考人の出席を求め、その意見を聴取することに御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  9. 丸山和也

    ○委員長(丸山和也君) 御異議ないと認めます。  なお、その人選等につきましては、これを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  10. 丸山和也

    ○委員長(丸山和也君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  本日はこれにて散会いたします。    午前十時四分散会