運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login

2012-02-29 第180回国会 参議院 議院運営委員会 6号 公式Web版

  1. 平成二十四年二月二十九日(水曜日)    午前九時二十分開会     ─────────────   出席者は左のとおり。     委員長         鶴保 庸介君     理 事                 川合 孝典君                 川崎  稔君                 榛葉賀津也君                 古川 俊治君                 松山 政司君                 長沢 広明君                 水野 賢一君     委 員                 相原久美子君                 梅村  聡君                 江崎  孝君                 中谷 智司君                 藤本 祐司君                 藤原 良信君                 松浦 大悟君                 水戸 将史君                 吉川 沙織君                 石井 浩郎君                 磯崎 仁彦君                 上野 通子君                 大家 敏志君                 中原 八一君                 水落 敏栄君                 渡辺 猛之君                 石川 博崇君    委員以外の議員        議員       紙  智子君         ─────        議長       平田 健二君        副議長      尾辻 秀久君         ─────    内閣官房副長官        内閣官房副長官  長浜 博行君    副大臣        内閣府副大臣   後藤  斎君        内閣府副大臣   中塚 一宏君        総務副大臣    松崎 公昭君        法務副大臣    滝   実君        文部科学副大臣  奥村 展三君        厚生労働副大臣  辻  泰弘君        経済産業副大臣  柳澤 光美君        国土交通副大臣  吉田おさむ君        環境副大臣    横光 克彦君    事務局側        事務総長     橋本 雅史君        事務次長     中村  剛君        議事部長     吉岡  拓君        委員部長     郷原  悟君        記録部長     小野 伸一君        警務部長     秋谷 薫司君        庶務部長     美濃部寿彦君        管理部長     阿部 芳郎君        国際部長     井高 育央君     ─────────────   本日の会議に付した案件 ○国家公務員倫理審査会会長及び同委員の任命同  意に関する件 ○総合科学技術会議議員の任命同意に関する件 ○情報公開・個人情報保護審査会委員の任命同意  に関する件 ○再就職等監視委員会委員長及び同委員の任命同  意に関する件 ○公正取引委員会委員の任命同意に関する件 ○国家公安委員会委員の任命同意に関する件 ○電波監理審議会委員の任命同意に関する件 ○日本放送協会経営委員会委員の任命同意に関す  る件 ○中央更生保護審査会委員の任命同意に関する件 ○公安審査委員会委員の任命同意に関する件 ○宇宙開発委員会委員の任命同意に関する件 ○労働保険審査会委員の任命同意に関する件 ○中央社会保険医療協議会委員の任命同意に関す  る件 ○社会保険審査会委員の任命同意に関する件 ○調達価格等算定委員会委員の任命同意に関する  件 ○運輸審議会委員の任命同意に関する件 ○公害健康被害補償不服審査会委員の任命同意に  関する件 ○国会議員の秘書の給与等に関する法律の一部を  改正する法律の一部を改正する法律案(衆議院  提出) ○国会職員の給与の改定及び臨時特例に関する規  程の制定に関する件 ○立法事務費の交付を受ける会派の認定に関する  件 ○本日の本会議の議事に関する件     ─────────────
  2. 鶴保庸介

    ○委員長(鶴保庸介君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。  まず、国家公務員倫理審査会会長及び同委員、総合科学技術会議議員、情報公開・個人情報保護審査会委員、再就職等監視委員会委員長及び同委員、公正取引委員会委員、国家公安委員会委員、電波監理審議会委員、日本放送協会経営委員会委員、中央更生保護審査会委員、公安審査委員会委員、宇宙開発委員会委員、労働保険審査会委員、中央社会保険医療協議会委員、社会保険審査会委員、調達価格等算定委員会委員、運輸審議会委員並びに公害健康被害補償不服審査会委員の任命同意に関する件を議題といたします。  内閣官房副長官及び副大臣の説明を求めます。まず、内閣官房副長官長浜博行君。
  3. 長浜博行

    ○内閣官房副長官(長浜博行君) 国家公務員倫理審査会会長吉本徹也君並びに委員北城恪太郎君、草野忠義君及び羽入佐和子君は平成二十三年十二月二日に任期満了となりましたが、吉本徹也君の後任として池田修君を、北城恪太郎君の後任として前田新造君を任命いたしたく、また、草野忠義君及び羽入佐和子君を再任いたしたいので、国家公務員倫理法第十四条第一項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。  何とぞ、御審議の上、速やかに同意されますようお願いいたします。
  4. 鶴保庸介

    ○委員長(鶴保庸介君) 次に、内閣府副大臣後藤斎君。
  5. 後藤斎

    ○副大臣(後藤斎君) 総合科学技術会議議員本庶佑君、青木玲子君、中鉢良治君の三名は平成二十四年一月五日に任期満了となりましたが、青木玲子君、中鉢良治君の二名を改めて任命し、また、本庶佑君の後任として平野俊夫君を任命いたしたいので、内閣府設置法第三十条第一項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。  次に、情報公開・個人情報保護審査会委員北澤義博君は平成二十三年十月二十一日に辞職いたしましたが、北澤義博君の後任として近藤卓史君を任命いたしたいので、情報公開・個人情報保護審査会設置法第四条第一項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。  次に、公正取引委員会委員後藤晃君は平成二十四年二月十七日に任期満了となりましたが、後藤晃君の後任として小田切宏之君を任命いたしたいので、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律第二十九条第二項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。  次に、国家公安委員会委員長谷川眞理子君は平成二十四年三月十二日に任期満了となりますが、同君を再任いたしたいので、警察法第七条第一項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。  何とぞ、御審議の上、速やかに御賛同いただきますようお願いいたします。
  6. 鶴保庸介

    ○委員長(鶴保庸介君) 次に、内閣府副大臣中塚一宏君。
  7. 中塚一宏

    ○副大臣(中塚一宏君) 再就職等監視委員会は、国家公務員法に規定する再就職等規制違反行為についての調査等を行うため内閣府に置かれる機関であります。  羽柴駿君、伊東研祐君、篠原文也君、番敦子君、笠京子君の五名をそれぞれ委員長及び委員として任命いたしたいので、国家公務員法第百六条の八第一項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出をいたしました。  何とぞ、御審議の上、速やかに御賛同いただきますようお願いをいたします。
  8. 鶴保庸介

    ○委員長(鶴保庸介君) 次に、総務副大臣松崎公昭君。
  9. 松崎公昭

    ○副大臣(松崎公昭君) 電波監理審議会委員原島博君は平成二十三年十二月十一日に、松崎陽子君は十二月十八日にそれぞれ任期が満了したため欠員となっているところでありますが、両氏を再度任命いたしたいので、電波法第九十九条の三第一項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。  次に、日本放送協会経営委員会委員叶井真由美君は平成二十三年十二月二十一日に任期満了となり、安田喜憲君、石島辰太郎君及び勝又英子君の三氏は平成二十四年二月二十九日に任期満了となりますが、叶井真由美君の後任として松下雋君を、安田喜憲君の後任として上村達男君を、石島辰太郎君の後任として作田久男君を、勝又英子君の後任として宮城惠理子君を任命いたしたいので、放送法第三十一条第一項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。  何とぞ、御審議の上、速やかに同意されますようお願いいたします。
  10. 鶴保庸介

    ○委員長(鶴保庸介君) 次に、法務副大臣滝実君。
  11. 滝実

    ○副大臣(滝実君) 平成二十三年十二月二十四日をもって中央更生保護審査会委員を任期満了となりました北村節子君の後任として同君を改めて任命いたしたく、また、同じく平成二十三年十二月二十四日をもって同審査会委員を任期満了となりました戸田信久君の後任として元仙台高等検察庁検事長である増田暢也君を新たに任命いたしたく、更生保護法第六条第一項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。  次に、平成二十三年十二月十三日をもって公安審査委員会委員を任期満了となりました橋本五郎君の後任として同君を改めて任命いたしたく、公安審査委員会設置法第五条第一項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。  何とぞ、御審議の上、速やかに同意されますようお願い申し上げます。
  12. 鶴保庸介

    ○委員長(鶴保庸介君) 次に、文部科学副大臣奥村展三君。
  13. 奥村展三

    ○副大臣(奥村展三君) 宇宙開発委員会委員野本陽代君は平成二十三年十月六日をもって辞任されたため、野本委員の後任として青木節子君を任命いたしたいので、文部科学省設置法第十一条第一項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。  何とぞ、御審議の上、速やかに同意されますようお願いをいたします。
  14. 鶴保庸介

    ○委員長(鶴保庸介君) 次に、厚生労働副大臣辻泰弘君。
  15. 辻泰弘

    ○副大臣(辻泰弘君) 労働保険審査会委員の井上和子君と宮崎公男君は十二月二十四日に任期満了となったところでありますが、井上和子君の後任として山本通子君を任命するとともに、宮崎公男君を再度任命いたしたいので、労働保険審査官及び労働保険審査会法第二十七条第一項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。  次に、中央社会保険医療協議会公益委員について、関原健夫君は十二月三日で任期満了となったところでありますが、関原健夫君を再度任命いたしたいので、社会保険医療協議会法第三条第六項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。  最後に、社会保険審査会委員の池内駿之君と矢野隆男君が十二月二十四日に任期満了となったところでありますが、池内駿之君の後任として森俊介君を任命するとともに、矢野隆男君を再度任命いたしたいので、社会保険審査官及び社会保険審査会法第二十二条第一項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。  何とぞ、御審議の上、速やかに御同意くださいますようお願い申し上げます。
  16. 鶴保庸介

    ○委員長(鶴保庸介君) 次に、経済産業副大臣柳澤光美君。
  17. 柳澤光美

    ○副大臣(柳澤光美君) 調達価格等算定委員会は、資源エネルギー庁に置かれる機関であり、昨年十一月十日に設置されましたが、植田和弘君、辰巳菊子君、山内弘隆君、山地憲治君、和田武君の五氏をそれぞれ委員として任命したいので、電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法第三十三条第一項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。  何とぞ、御審議の上、速やかに同意されますようお願い申し上げます。
  18. 鶴保庸介

    ○委員長(鶴保庸介君) 次に、国土交通副大臣吉田おさむ君。
  19. 吉田おさむ

    ○副大臣(吉田おさむ君) 運輸審議会委員の保田眞紀子君は二月二十二日に任期満了となりましたが、再任いたしたいので、国土交通省設置法第十八条第一項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。  何とぞ、御審議の上、速やかに同意されますようお願いいたします。
  20. 鶴保庸介

    ○委員長(鶴保庸介君) 次に、環境副大臣横光克彦君。
  21. 横光克彦

    ○副大臣(横光克彦君) 公害健康被害補償不服審査会委員加藤抱一君を再任し、小幡雅男君の後任として佐脇浩君を任命いたしたいので、公害健康被害の補償等に関する法律第百十三条第一項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。  何とぞ、御審議の上、速やかに同意されますようお願いいたします。
  22. 鶴保庸介

    ○委員長(鶴保庸介君) ただいま説明の人事案件について、これより採決を行います。  まず、国家公務員倫理審査会会長及び同委員のうち前田新造君及び羽入佐和子君、総合科学技術会議議員のうち平野俊夫君及び青木玲子君、情報公開・個人情報保護審査会委員、再就職等監視委員会委員のうち伊東研祐君、篠原文也君及び笠京子君、公正取引委員会委員、国家公安委員会委員、電波監理審議会委員、日本放送協会経営委員会委員、中央更生保護審査会委員、公安審査委員会委員、労働保険審査会委員、中央社会保険医療協議会委員、社会保険審査会委員、調達価格等算定委員会委員、運輸審議会委員並びに公害健康被害補償不服審査会委員の任命について同意することに御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  23. 鶴保庸介

    ○委員長(鶴保庸介君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  次に、国家公務員倫理審査会委員のうち草野忠義君、総合科学技術会議議員のうち中鉢良治君、再就職等監視委員会委員長及び同委員のうち番敦子君並びに宇宙開発委員会委員の任命について同意することに賛成の諸君の挙手を願います。    〔賛成者挙手〕
  24. 鶴保庸介

    ○委員長(鶴保庸介君) 多数と認めます。よって、本件は同意することに決定いたしました。     ─────────────
  25. 鶴保庸介

    ○委員長(鶴保庸介君) 次に、国会議員の秘書の給与等に関する法律の一部を改正する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。  事務総長の説明を求めます。
  26. 橋本雅史

    ○事務総長(橋本雅史君) 便宜私から御説明申し上げます。  国会議員の秘書の給与等に関する法律の一部を改正する法律の一部を改正する法律案でございますが、本案は、人事院勧告に伴う政府職員の給与改定に準じて、議員秘書に経過措置として支給される給料の改定等の措置を講じようとするものでございます。  以上でございます。
  27. 鶴保庸介

    ○委員長(鶴保庸介君) これより採決を行います。  本案に賛成の諸君の挙手を願います。    〔賛成者挙手〕
  28. 鶴保庸介

    ○委員長(鶴保庸介君) 全会一致と認めます。よって、本案は全会一致をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。  なお、審査報告書の作成につきましては、これを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  29. 鶴保庸介

    ○委員長(鶴保庸介君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。     ─────────────
  30. 鶴保庸介

    ○委員長(鶴保庸介君) 次に、国会職員の給与の改定及び臨時特例に関する規程の制定に関する件を議題といたします。  事務総長の説明を求めます。
  31. 橋本雅史

    ○事務総長(橋本雅史君) 御説明申し上げます。  本件は、人事院勧告及び東日本大震災に対処する等のため実施される政府職員の給与の改定等の例に準じて、国会職員の給与の改定及び関係規程の特例を定めようとするものでございます。  以上でございます。
  32. 鶴保庸介

    ○委員長(鶴保庸介君) 本件につきましては、ただいまの事務総長説明のとおり制定することに御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  33. 鶴保庸介

    ○委員長(鶴保庸介君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。     ─────────────
  34. 鶴保庸介

    ○委員長(鶴保庸介君) 次に、立法事務費の交付を受ける会派の認定に関する件を議題といたします。  事務総長の説明を求めます。
  35. 橋本雅史

    ○事務総長(橋本雅史君) 立法事務費の交付を受ける会派の認定は、国会における各会派に対する立法事務費の交付に関する法律の規定により、議院運営委員会の議決によって決定することになっております。  今回、新たに「新党大地・真民主」から立法事務費の交付を受ける会派としての所定の届出がございましたので、本委員会の認定について御決定をお願いいたします。
  36. 鶴保庸介

    ○委員長(鶴保庸介君) 本件につきましては、ただいまの事務総長説明のとおり、新党大地・真民主を立法事務費の交付を受ける会派と認定することに御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  37. 鶴保庸介

    ○委員長(鶴保庸介君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。     ─────────────
  38. 鶴保庸介

    ○委員長(鶴保庸介君) 次に、本日の本会議の議事に関する件を議題といたします。  事務総長の説明を求めます。
  39. 橋本雅史

    ○事務総長(橋本雅史君) 御説明申し上げます。  本日の議事は、最初に、国家公務員等の任命に関する件でございます。国家公務員倫理審査会会長及び同委員等十七件計三十八名の任命に関する同意についてお諮りいたします。採決は、お手元の資料のとおり七回に分けて行います。  次に、日程第一について、総務委員長が報告された後、採決いたします。  次に、日程第二及び第三を一括して議題とした後、法務委員長が報告されます。採決は両案を一括して行います。  次に、先ほど本委員会を議了いたしました国会議員秘書給与法改正案の緊急上程でございます。まず、本案を日程に追加して議題とすることを異議の有無をもってお諮りいたします。異議がないと決しますと、議院運営委員長が報告された後、採決いたします。  なお、本日の国家公務員等の任命に関する件及び議案の採決は、いずれも押しボタン式投票をもって行います。  以上をもちまして本日の議事を終了いたします。その所要時間は約二十五分の見込みでございます。
  40. 鶴保庸介

    ○委員長(鶴保庸介君) ただいまの事務総長説明のとおり本日の本会議の議事を進めることに御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  41. 鶴保庸介

    ○委員長(鶴保庸介君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  なお、予鈴は午前九時五十五分、本鈴は午前十時でございます。  暫時休憩いたします。    午前九時三十五分休憩    〔休憩後開会に至らなかった〕