運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login

2003-05-15 第156回国会 参議院 財政金融委員会 10号 公式Web版

  1. 平成十五年五月十五日(木曜日)    午前十時開会     ─────────────    委員の異動  四月二十四日     辞任         補欠選任      大門実紀史君     市田 忠義君  四月二十五日     辞任         補欠選任      舛添 要一君     上杉 光弘君      市田 忠義君     大門実紀史君  五月八日     辞任         補欠選任      田村耕太郎君     井上 吉夫君      池田 幹幸君     市田 忠義君  五月九日     辞任         補欠選任      井上 吉夫君     田村耕太郎君      尾辻 秀久君     野間  赳君      市田 忠義君     池田 幹幸君  五月十二日     辞任         補欠選任      野間  赳君     尾辻 秀久君     ─────────────   出席者は左のとおり。     委員長         柳田  稔君     理 事                 入澤  肇君                 清水 達雄君                 林  芳正君                 円 より子君                 浜田卓二郎君     委 員                 佐藤 泰三君                 田村耕太郎君                 中島 啓雄君                 西田 吉宏君                 溝手 顕正君                 森山  裕君                 勝木 健司君                 山本  保君                 池田 幹幸君                 大門実紀史君                 平野 達男君                 大渕 絹子君                 椎名 素夫君    国務大臣        国務大臣        (金融担当大臣) 竹中 平蔵君    事務局側        常任委員会専門        員        石田 祐幸君     ─────────────   本日の会議に付した案件 ○理事補欠選任の件 ○証券取引法等の一部を改正する法律案内閣提  出、衆議院送付) ○参考人の出席要求に関する件     ─────────────
  2. 柳田稔

    ○委員長(柳田稔君) ただいまから財政金融委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る四月二十五日、舛添要一君が委員を辞任され、その補欠として上杉光弘君が選任されました。     ─────────────
  3. 柳田稔

    ○委員長(柳田稔君) 理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い現在理事が一名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  4. 柳田稔

    ○委員長(柳田稔君) 御異議ないと認めます。  それでは、理事に清水達雄君を指名いたします。(拍手)     ─────────────
  5. 柳田稔

    ○委員長(柳田稔君) 証券取引法等の一部を改正する法律案を議題といたします。  政府から趣旨説明を聴取いたします。竹中金融担当大臣
  6. 竹中平蔵

    国務大臣竹中平蔵君) ただいま議題となりました証券取引法等の一部を改正する法律案につきまして、提案の理由及びその内容を御説明申し上げます。  政府は、内外の金融情勢の変化に対応し、我が国の証券市場において、間接金融から直接金融へのシフトに向けて個人投資家の証券市場への参加を促進するためのインフラ整備など、構造改革の促進を図るため、本法律案を提出した次第であります。  以下、この法律案の内容につきまして御説明を申し上げます。  第一に、投資家が証券取引を行うことのできる店舗の拡充・多様化を図るため、証券会社等の委託を受けて証券取引の仲介を行う証券仲介業制度を創設するほか、協同組織金融機関有価証券売買等に係る書面取次ぎ業務を営むことができるよう所要の措置を講ずることとしております。  第二に、証券会社や投資信託委託業者等の信頼性を向上させるため、これらの総株主議決権の二〇%以上を保有している者に対し、その適格性を確認するための制度を導入することとしております。  第三に、証券会社の資産管理・運用サービスの円滑な提供を可能とするため、証券会社による投資一任業務等の兼業に係る規制を適正化する措置を講ずることとしております。  第四に、我が国取引所について、国際競争力を強化し、取引の流動性を向上させるため、取引所の持ち株会社制度を新設するとともに、外国の取引参加者が国内に支店を設けることなく取引所取引に参加できる制度の整備を図ることとしております。  以上が、この法律案の提案理由及びその内容であります。  何とぞ、御審議の上、速やかに御賛同くださいますようお願い申し上げます。
  7. 柳田稔

    ○委員長(柳田稔君) 以上で趣旨説明の聴取は終わりました。  本案に対する質疑は後日に譲ることといたします。     ─────────────
  8. 柳田稔

    ○委員長(柳田稔君) 参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  証券取引法等の一部を改正する法律案の審査のため、来る五月二十二日に参考人として、日本証券業協会会長奥本英一朗君、株式会社東京証券取引所代表取締役社長土田正顕君及び株式会社大阪証券取引所代表取締役社長巽悟朗君の出席を求め、その意見を聴取することに御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  9. 柳田稔

    ○委員長(柳田稔君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  本日はこれにて散会いたします。    午前十時四分散会