運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login

1972-10-28 第70回国会 参議院 議院運営委員会 2号 公式Web版

  1. 昭和四十七年十月二十八日(土曜日)    午後一時四十五分開会     ―――――――――――――   出席者は左のとおり。     委員長         栗原 祐幸君     理 事                 植木 光教君                 桧垣徳太郎君                 宮崎 正雄君                 瀬谷 英行君                 山崎  昇君                 峯山 昭範君                 田渕 哲也君                 須藤 五郎君     委 員                 岩動 道行君                 上田  稔君                久次米健太郎君                 柴立 芳文君                 嶋崎  均君                 棚辺 四郎君                 玉置 猛夫君                 鍋島 直紹君                 橋本 繁蔵君                 柳田桃太郎君         ―――――        議     長  河野 謙三君        副  議  長  森 八三一君         ―――――    政府委員        内閣官房副長官  山下 元利君        科学技術政務次        官        藤波 孝生君        法務政務次官   古屋  亨君        厚生政務次官   増岡 博之君        郵政政務次官   木村武千代君        労働政務次官   塩谷 一夫君    事務局側        事 務 総 長  岸田  實君        事 務 次 長  植木 正張君        議 事 部 長  鈴木 源三君        委 員 部 長  若江 幾造君        記 録 部 長  西村 健一君        警 務 部 長  江上七夫介君        庶 務 部 長  上野山正輝君        管 理 部 長  前川  清君        渉 外 部 長  武田  實君    法制局側        法 制 局 長  今枝 常男君     ―――――――――――――   本日の会議に付した案件 ○国立国会図書館長任命の件 ○原子力委員会委員の任命承認に関する件 ○科学技術会議議員の任命同意に関する件 ○公正取引委員会委員長及び同委員の任命承認に  関する件 ○国家公安委員会委員の任命承認に関する件 ○首都圏整備委員会委員の任命承認に関する件 ○中央更生保護審査会委員の任命同意に関する件 ○公安審査委員会委員長及び同委員の任命承認に  関する件 ○社会保険審査会委員の任命同意に関する件 ○運輸審議会委員の任命同意に関する件 ○電波監理審議会委員の任命同意に関する件 ○日本電信電話公社経営委員会委員の任命承認に  関する件 ○労働保険審査会委員の任命同意及び任命承認に  関する件     ―――――――――――――
  2. 栗原祐幸

    ○委員長(栗原祐幸君) 議院運営委員会を開会いたします。  国立国会図書館長任命の件を議題といたします。  事務総長の報告を求めます。
  3. 岸田實

    事務総長(岸田實君) 国立国会図書館長の任命につきましては国立国会図書館法第四条により、両議院議長が、両議院議院運営委員会と協議の後、国会承認を得て任命することになっております。  現在、国立国会図書館長は、久保田前館長が去る七月二十三日に逝去せられましたため空席となっておりますが、議長におかれましては、去る二十五日の本委員会理事会における各会派の御意向をも御勘案の上、後任館長として宮坂完孝君を推すこととし、衆議院議長と協議されました結果、同君を任命することについて両議長の御意見が一致されました。  衆議院におきましては、昨日本会議において同君の任命を承認する旨の決定がございましたので、この際、あわせて御報告申し上げます。
  4. 須藤五郎

    ○須藤五郎君 この問題について、わが党の見解を述べさせていただきたいと思います。  この任命のしかたですが、三十六年、衆参両院議運の申し合わせで、今後は衆議院参議院事務総長を交代で国立国会図書館長に任命するというようなことが申し合わされたというようなことを、私は最近になって伺ったわけですが、国立国会図書館長といえば、やはり図書館長としては日本最高の地位だと思うし、これは国際的にも非常に重要な立場にある方です。それを衆参両院の事務総長を交代で充てるというような任命のしかた自体に私たちは賛成できないんです。そういうやり方には反対をいたしてまいりたいと思っております。  国立国会図書館の館長というものは、文化的にすぐれた、人格的にすぐれた、また行政的にもすぐれて、そうして図書館の運営に豊富な経験を持っていらっしゃる方、そういう方を充てるのが当然だと思っております。また国際的にもいろいろな関係のある問題ですから、国際的な立場に立っても館長として尊敬のできる人、こういう人を充てていただきたいというのが私たちの念願でございます。  でありますから、たまたまその事務総長の中にそういう適任者があるならば、それは私は何も反対するものではありませんが、そういうことを議運の申し合わせで、機械的に衆参両院の事務総長を交代で充てるという、そういうやり方自体に私たちは反対をしております。  今回、宮坂君がそういう任命を受けようとしております。宮坂君個人に対して私はいま賛成、反対の意思は述べません。そういうことは私はいたしません。しかし、原則論として、私は今後議長が推薦なさるならば、そういう立場に立って有能の士を推薦していただきたいと、こういうふうに私は考えております。この点は議長に強く私は御了承願いたいと思う点です。  そういう見地に立ちまして、私たちの党でも、いろいろの見解がありました、この問題につきまして。特に衆議院からもいろいろな意見が出ましたが、まあ両院議員総会を開きまして、この問題をどうするかということについて、昨日決定が出ました。それは、今回はそういう立場に立って棄権をする、こういうことです。しかし、もしも将来に、今日と同じような、衆参両院事務総長持ち回りというような形で人選がなされるならば、そのときには私たちは反対をしなければならぬ、こういう申し合わせを昨日両院議員総会でいたしました。  このことを申し述べて、議長にも今後の御検討に資していただきたい。そうして今回は棄権ということに決定したいきさつを私は御説明申しました。
  5. 栗原祐幸

    ○委員長(栗原祐幸君) 他に御発言もなければ、本件につきましては、ただいま報告のとおり、国立国会図書館の館長に宮坂完孝君を任命することに御異議ございませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  6. 栗原祐幸

    ○委員長(栗原祐幸君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
  7. 栗原祐幸

    ○委員長(栗原祐幸君) 次に、原子力委員会委員、科学技術会議議員公正取引委員会委員長及び同委員、国家公安委員会委員、首都圏整備委員会委員、中央更生保護審査会委員、公安審査委員会委員長及び同委員、社会保障審査会委員、運輸審議会委員、電波監理審議会委員、日本電信電話公社経営委員会委員及び労働保険審査会委員の任命に関する件を議題といたします。  政府委員の説明を求めます。科学技術政務次官藤波孝生君。
  8. 藤波孝生

    政府委員(藤波孝生君) 原子力委員会委員有澤廣巳及び山田太三郎の両君は九月十二日任期満了となり、また、同委員北川一榮君が同日辞任いたしましたが、翌九月十三日付で山田君を再任し、また、有澤君の後任として田島英三君を、北川君の後任として井上五郎君を、それぞれ任命いたしましたので、原子力委員会設置法第八条第三項の規定により、両議院の事後の承認を求めるため本件を提出いたしました。  三君の経歴につきましては、お手元の履歴書で御承知願いたいと存じますが、原子力研究、開発及び利用に関する国の施策を計画的に遂行し、原子力行政の民主的な運営をはかるため設置された原子力委員会委員として適任であると存じます。  何とぞ、慎重御審議の上、すみやかに承認されるようお願いいたします。     ―――――――――――――  続きまして、科学技術会議議員杉野目晴貞君は、四月十四日死去し、また、土光敏夫、篠原登及び加藤辨三郎の三君は、十月二十九日任期満了となりますが、杉野目君の後任として藤井隆君を、土光、篠原、加藤の三君の後任として芦原義重、黒川眞武及び吉田富三の三君を、それぞれ任命いたしたく、科学技術会議設置法第七条第一項の規定により、両議院同意を求めるため、本件を提出いたしました。  四君の経歴につきましては、お手元の履歴書で御承知願いたいと存じますが、いずれも科学技術に関してすぐれた識見を有しますので、科学技術会議議員として適任であると存じます。  何とぞ慎重御審議の上、すみやかに同意されるようお願いいたします。
  9. 栗原祐幸

    ○委員長(栗原祐幸君) 内閣官房副長官山下元利君。
  10. 山下元利

    政府委員(山下元利君) 公正取引委員会委員長谷村裕君は、本年八月二十日任期満了となり、また、同委員有賀美智子君は、去る十月九日定年により退官いたしましたが、八月二十四日付で谷村君の後任として高橋俊英君を、また、十月二十四日付で有賀君の後任として瀧川正久君を、それぞれ任命いたしましたので、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律第三十条第四項の規定により、両議院の事後の承認を求めるため、本件を提出いたしました。  両君の経歴につきましては、お手元の履歴書で御承知願いたいと存じますが、いずれも法律または経済に関する学識経験を有する者でありますので、公正取引委員会委員長または委員として適任であると存じます。  何とぞ慎重御審議の上、すみやかに承認されるようお願いいたします。     ―――――――――――――  国家公安委員会委員名川保男君は、去る九月二日任期満了となりましたが、同君の後任として松本正雄君を九月十二日付で任命いたしましたので、警察法第七条第三項の規定により、両議院の事後の承認を求めるため、本件を提出いたしました。  同君の経歴につきましては、お手元の履歴書で御承知願いたいと存じますが、国家公安委員会委員として適任であると存じます。  何とぞ慎重御審議の上、すみやかに承認されるようお願いいたします。     ―――――――――――――  首都圏整備委員会委員師岡健四郎君は、去る十月十三日辞任いたしましたが、その後任として本多丕道君を同日付で任命いたしましたので、首都圏整備法第八条第三項の規定により、両議院の事後の承認を求めるため、本件を提出いたしました。  同君の経歴につきましては、お手元の履歴書で御承知願いたいと存じますが、首都圏整備委員会委員として適任であると存じます。  何とぞ慎重御審議の上、すみやかに承認されるようお願いいたします。     ―――――――――――――  次に、運輸審議会委員木内曾益君は、来たる十一月三日任期満了となりますので、その後任として津田實君を任命いたしたく、運輸省設置法第九条第一項の規定により、両議院同意を求めるため、本件を提出いたしました。  同君の経歴につきましては、お手元の履歴書で御承知願いたいと存じますが、同君は、広い経験と高い識見を有する者でありますので、運輸審議会委員として適任であると存じます。  何とぞ慎重御審議の上、すみやかに同意されるようお願いいたします。
  11. 栗原祐幸

    ○委員長(栗原祐幸君) 法務政務次官古屋亨君。
  12. 古屋亨

    政府委員(古屋亨君) 中央更生保護審査会委員三宅富士郎及び赤塚孝の両君は、十一月三日任期満了となりますが、三宅君を再任し、また、赤塚君の後任として吉田次郎君を任命いたしたいので、犯罪者予防更生法第五条第一項の規定により、両議院同意を求めるため、本件を提出いたしました。  両君の経歴につきましては、お手元の履歴書で御承知願いたいと存じますが、両君は、中央更生保護審査会委員として適任であると存じます。  何とぞ慎重御審議の上、すみやかに同意されるようお願いいたします。     ―――――――――――――  公安審査委員会委員長大山菊治及び同委員大野勝巳、櫻田武、谷野せつの四君は、十月十七日任期満了となりましたが、翌十月十八日付をもって大山君の後任に同委員大場茂行君を、大場君の後任に我妻源二郎君を、それぞれ任命し、また、大野、櫻田、谷野の三君については、それぞれ再任いたしましたので、公安審査委員会設置法第五条第三項の規定により、両議院の事後の承認を求めるため、本件を提出いたしました。  五君の経歴につきましては、お手元の履歴書で御承知願いたいと存じますが、公安審査委員会委員長または委員として適任であると存じます。  何とぞ慎重御審議の上、すみやかに御承認されますようお願いいたします。
  13. 栗原祐幸

    ○委員長(栗原祐幸君) 厚生政務次官増岡博之君。
  14. 増岡博之

    政府委員(増岡博之君) 社会保険審査会委員軽部弥生一君は十一月三日に、同委員畠中順一君は十一月九日に、それぞれ任期満了となりますが、軽部君の後任として小西宏君を任命し、また、畠中君を再任いたしたいので、社会保険審査官及び社会保険審査会法第二十二条第一項の規定により、両議院同意を求めるため、本件を提出いたしました。  両君の経歴につきましては、お手元の履歴書で御承知願いたいと存じますが、両君は、人格高潔であって、社会保障に関する識見を有し、かつ、社会保険に関する学識経験を有する者でありますので、社会保険審査会の委員として適任であると存じます。  何とぞ慎重御審議の上、すみやかに同意されますようお願いいたします。
  15. 栗原祐幸

    ○委員長(栗原祐幸君) 郵政政務次官木村武千代君。
  16. 木村武千代

    政府委員(木村武千代君) 電波監理審議会委員古賀逸策及び八藤東禧の両君は、六月二十六日任期満了となりましたが、八月十五日付をもって、八藤東禧君を再任し、古賀逸策君の後任として阪本捷房君を任命いたしましたので、電波法第九十九条の三第二項の規定により、両議院の事後の同意を求めるため、本件を提出いたしました。  両君の経歴につきましては、お手元の履歴書で御承知願いたいと存じますが、公共の福祉に関し公正な判断をすることができ、広い経験と知識を有する者でありますので、電波監理審議会委員として適任であると存じます。  何とぞ慎重御審議の上、すみやかに同意されるようお願いいたします。     ―――――――――――――  次に、日本電信電話公社経営委員会委員武田満作及び土井正治の両君は、九月三十日任期満了となりましたが、十月十三日付をもって両君を再任いたしましたので、日本電信電話公社法第十二条第二項の規定により、両議院の事後の承認を求めるため、本件を提出いたしました。  両君の経歴につきましては、お手元の履歴書で御承知願いたいと存じますが、広い経験と豊富な知識を有する者でありますので、日本電信電話公社経営委員会委員として適任であると存じます。  何とぞ慎重御審議の上、すみやかに承認されるようお願いいたします。
  17. 栗原祐幸

    ○委員長(栗原祐幸君) 労働政務次官塩谷一夫君。
  18. 塩谷一夫

    政府委員(塩谷一夫君) 労働保険審査会委員の任命につき両議院の事後の承認を求める件。  労働保険審査会委員山口武雄君は、八月三十一日任期満了となりましたが、その後任として伊集院兼和君を九月一日付で任命いたしましたので、労働保険審査官及び労働保険審査会法第二十七条第三項の規定により、両議院の事後の承認を求めるため、本件を提出いたしました。  同君の経歴につきましては、お手元の履歴書で御承知願いたいと存じますが、同君は人格が高潔であって、労働問題に関する識見を有し、かつ、労働保険に関し、豊富な学識経験を有する者でありますので、同審査会委員として適任であると存じます。  何とぞ慎重御審議の上、すみやかに承認されるようお願いいたします。     ―――――――――――――  次に、労働保険審査会委員の任命につき両議院同意を求める件。  労働保険審査会委員石館文雄君は十一月三日任期満了となりますが、その後任として柳澤三男君を任命いたしたいので、労働保険審査官及び労働保険審査会法第二十七条第一項の規定により、両議院同意を求めるため、本件を提出いたしました。  同君の経歴につきましては、お手元の履歴書で御承知願いたいと存じますが、同君は人格が高潔であって、労働問題に関する識見を有し、かつ、労働保険に関し、豊富な学識経験を有する者でありますので、同審査会委員として適任であると存じます。  何とぞ慎重御審議の上、すみやかに同意されるようお願いいたします。
  19. 栗原祐幸

    ○委員長(栗原祐幸君) 別に御発言もなければ、ただいま説明の人事案件につき順次採決を行ないます。  まず、科学技術会議議員に芦原義重君、黒川眞武君及び藤井隆君を、社会保険審査会委員に畠中順一君を、運輸審議会委員に津田實君を、それぞれ任命するにつき同意を与え、  原子力委員会委員に井上五郎君を、公正取引委員会委員長に高橋俊英君を、同委員会委員に瀧川正久君を、国家公安委員会委員に松本正雄君を、首都圏整備委員会委員に本多丕道君を、公安審査委員会委員長に大場茂行君を、同委員会委員に我妻源二郎君、大野勝巳君、櫻田武君及び谷野せつ君を、電波監理審議会委員に阪本捷房君及び八藤東禧君を、日本電信電話公社経営委員会委員に武田満作君及び土井正治君を、それぞれ任命したことにつき同意または承認を与えることに賛成の諸君の挙手を願います。   〔賛成者挙手〕
  20. 栗原祐幸

    ○委員長(栗原祐幸君) 多数と認めます。よって、いずれも同意または承認を与えることに決定いたしました。  次に、原子力委員会委員に田島英三君を、労働保険審査会委員に伊集院兼和君を、それぞれ任命したことにつき承認を与えることに御異議ございませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  21. 栗原祐幸

    ○委員長(栗原祐幸君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  次に、科学技術会議議員に吉田富三君を、中央更生保護審査会委員に三宅富士郎君及び吉田次郎君を、社会保険審査会委員に小西宏君を、労働保険審査会委員に柳澤三男君を、それぞれ任命するにつき同意を与え、原子力委員会委員に山田太三郎君を任命したことにつき承認を与えることに御異議ございませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  22. 栗原祐幸

    ○委員長(栗原祐幸君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  暫時休憩いたします。    午後二時五分休憩   〔休憩後開会に至らなかった〕