運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login

1956-12-03 第25回国会 参議院 議院運営委員会 14号 公式Web版

  1. 昭和三十一年十二月三日(月曜日)    午後二時二十七分開会     ―――――――――――――  出席者は左の通り。    委員長     石原幹市郎君    理事            寺本 広作君            宮田 重文君            小酒井義男君            上林 忠次君    委員            大沢 雄一君            小幡 治和君            齋藤  昇君            白井  勇君            西田 信一君            横川 信夫君            阿部 竹松君            柴谷  要君            光村 甚助君         ―――――    副  議  長 寺尾  豊君         ―――――   政府委員    内閣官房副長官 田中 榮一君    厚生政務次官  山下 春江君   事務局側    事 務 総 長 芥川  治君    参     事    (事務次長)  河野 義克君    参     事    (委員部長)  宮坂 完孝君    参     事    (記録部長)  丹羽 寒月君    参     事    (警務部長)  佐藤 忠雄君    参     事    (庶務部長)  渡辺  猛君     ―――――――――――――   本日の会議に付した案件 ○中小企業の年末金融緩和に関する決  議案の委員会審査省略要求の件 ○結核予防審議会委員任命につき本院  の議決を求めるの件 ○売春対策審議会委員任命につき本院  の議決を求めるの件 ○公安審査委員会委員長及び同審査委  員会委員任命につき本院の承認を求  めるの件 ○公正取引委員会委員任命につき本院  の承認を求めるの件 ○中央更生保護審査会委員任命につき  本院の承認を求めるの件 ○社会保障制度審議会委員及び地方制  度調査会委員の推薦に関する件 ○議院の運営に関する件     ―――――――――――――
  2. 石原幹市郎

    ○委員長(石原幹市郎君) ただいまより議院運営委員会を開会いたします。  まず、決議案の委員会審査省略要求の取扱いに関する件を議題に供します。
  3. 芥川治

    ○事務総長(芥川治君) 松澤兼人君ほか十八名から、中小企業の年末金融緩和に関する決議案が発議されております。この決議案に対しまして、松澤兼人君ほか十八名から委員会審査省略の御要求が出ておりますことを御報告申し上げます。
  4. 石原幹市郎

    ○委員長(石原幹市郎君) 本決議案の委員会審査を省略することに御異議ございませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  5. 石原幹市郎

    ○委員長(石原幹市郎君) 御異議ないと認め、さよう決します。     ―――――――――――――
  6. 石原幹市郎

    ○委員長(石原幹市郎君) 次に、結核予防審議会委員任命につき本院の議決を求めるの件を議題に供します。  厚生政務次官から御説明を願います。
  7. 山下春江

    ○政府委員(山下春江君) 参議院議員勝俣稔君を結核予防審議会委員に任命いたしたく、国会法策三十九条但書の規定に基き両議院の議決を求めるため本件を提出いたしました。  結核予防審議会は、結核予防法第四十四条の規定により、厚生省の付属機関として設けられておるのでありまして、厚生大臣の諮問に応じ、結核の予防及び結核患者の医療に関する重要事項を調査審議することをその任務とし、必要ある場合には関係各大臣に意見を具申することができることになっております。委員は、国法第四十五条に規定してありますように、関係行政庁の職員、結核の予防または結核患者の医療もしくは保護に関する事業に従事する者及び学識経験者のうちから任命され、その定員は三十人以内となっております。  勝俣稔君は、お手元の履歴書にありますように、大正八年大学の医学部を卒業後、しばらく大学助手を勤め、後、大正十二年内務省衛生局に入り、昭和十三年厚生省の設置とともに厚生省に転じ、予防局予防課長、同結核課長、衛生防疫課長を経て、予防局長、衛生局長となり、昭和二十一年退官に至るまで、二十余年間の長きにわたって終始一貫、衛生行政、なかんずく予防行政に力をいたして来たものでありまして、退官後も引き続き厚生省顧問、財団法人結核予防会副会長並びに理事長、結核予防審議会委員等の職にあって、特に結核予防問題に全力を傾けて参ったものでありますが、本年七月、参議院議員に当選と同時に結核予防審議会委員の職は辞職となったものであります。  以上申し述べましたように、勝俣君は長年にわたり結核予防の仕事に従事してきたものでありまして、その経歴よりしまして、結核予防審議会委員として最も適任であると存じまするので、何とぞ慎重御審議の上、すみやかに議決されますようお願いいたす次第であります。
  8. 石原幹市郎

    ○委員長(石原幹市郎君) 本件は、先例によりまして一たん各派にお持ち帰り願った上、次回以降に審議決定するよう取り計らいたいと思いますが、御異議がざいませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  9. 石原幹市郎

    ○委員長(石原幹市郎君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。     ―――――――――――――
  10. 石原幹市郎

    ○委員長(石原幹市郎君) 次に、売春対策審議会委員任命につき本院の議決を求めるの件を議題に供します。  田中官房副長官から御説明願います。
  11. 田中榮一

    ○政府委員(田中榮一君) 今回、売春及び同じく藤原道子の両君を再任いたしたく、国会法事三十九条但書の規定に基き、両議員一致の議決を求めるため本件を提出いたしました。  売春対策審議会は総理府の附属機関として設置され、内閣総理大臣または関係各大臣の諮問に応じて売春対策に関する重要事項を調査審議し、また委員は関係行政機関の職員、最高裁判所の職員及び売春対策に関し識見のある者につき内閣総理大臣が任命することになっております。  お手元の履歴書で御承知のように、一松君は、明治法律学校を卒業後、司法省に入り、判事及び検事を歴任後、弁護士となりましたが、昭和三年二月衆員に九回にわたり当選し、参議院議員として現在に至っておるのでありまして、この間、逓信、厚生及び建設の各大臣等を経て、本年三月両院一致の議決を経て初代の当審議会委員に任命されたものであり、また現に弁護士の職にあるものであります。  藤原君は、早くから社会、特に婦人問題に志し、各種組合、連合会の婦人部長等を経て、昭和二十一年四月衆議院議員に当選、以来衆参各議員の議員に三回当選し、参議院議員として現在に至っておるのでありまして、この間、同胞救援議員連盟婦人部長、日本社会党婦人対策部長、婦人少年問題審議会、社会保障制度審議会の各委員、法務委員長等を経て、本年三月両議員一致の議決を経て初代の当審議会委員に任命されたものであります。  以上申し述べましたように、両君はいずれも当審議会委員として最も適任であると存じます。何とぞ慎重御審議の上、すみやかに議決されるようお願いいたします。
  12. 石原幹市郎

    ○委員長(石原幹市郎君) これまた先例によりまして一たん各派にお持ち帰り願った上、次回以降に審議決定することに御異議ございませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  13. 石原幹市郎

    ○委員長(石原幹市郎君) 御異議ないと認め、さよう決します。     ―――――――――――――
  14. 石原幹市郎

    ○委員長(石原幹市郎君) 先般までに大体質疑が終っております人事案件について、これから採決に入りたいと思います。  まず、公安審査委員会委員長及び同委員任命につき本院の承認を求めるの件を議題に供します。  別に御発言もなければ、委員長に山崎佐君、委員に廣瀬豊作君、正木亮君、矢部貞治君及び山名義鶴君の任命につき事後の承認を与えることに御異議ございませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  15. 石原幹市郎

    ○委員長(石原幹市郎君) 御異議ないと認め、さよう決します。     ―――――――――――――
  16. 石原幹市郎

    ○委員長(石原幹市郎君) 次に、公正取引委員会委員任命につき本院の承認を求めるの件を議題に供します。  別に御発言もなければ、塚越虎男君の任命につき事後の承認を与えることは御異議ございませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  17. 石原幹市郎

    ○委員長(石原幹市郎君) 御異議ないと認め、さよう決します。     ―――――――――――――
  18. 石原幹市郎

    ○委員長(石原幹市郎君) 次に、中央厚生保護審査会委員任命につき本院の承認を求めるの件を議題に供します。  別に御発言もなければ、大竹武七郎君の任命につき事後の承認を与えることに御異議ございませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  19. 石原幹市郎

    ○委員長(石原幹市郎君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。     ―――――――――――――
  20. 石原幹市郎

    ○委員長(石原幹市郎君) 次に、社会保障制度審議会委員及び地方制度調査会委員の推薦に関する件を議題に供します。
  21. 河野義克

    ○参事(河野義克君) 一昨一日付をもちまして、内閣総理大臣から本院議長あて、社会保障制度審議会委員である早川慎一君及び地方制度調査会委員である杉山昌作君からおのおの委員の辞任願が出たので、後任者の御推薦を願いたい旨の文書を受理いたしました。本院議長といたしましては、両君所属の会派の申し出にかかる豊田雅孝君を社会保障制度審議会委員として、加賀山之雄君を地方制度調査会委員として推薦いたしたいと存じておりますので、御了承を願います。
  22. 石原幹市郎

    ○委員長(石原幹市郎君) ただいま説明の通り決することに御異議ございませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  23. 石原幹市郎

    ○委員長(石原幹市郎君) 御異議ないと認め、さよう決します。     ―――――――――――――
  24. 石原幹市郎

    ○委員長(石原幹市郎君) 最後に、次回の本会議に関する件を問題に供します。  期日は定例日でございませんが、付議すべき案件もありますので、本会議を開くことに御異議ございませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  25. 石原幹市郎

    ○委員長(石原幹市郎君) 御異議なしと認め、さよう決定いたします。  本日はこれにて散会いたします。    午後二時三十七分散会