運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login

1955-03-28 第22回国会 参議院 建設委員会 1号 公式Web版

  1. 昭和三十年三月二十八日(月曜日)    午後一時五十一分開会   ――――――――――――― 昭和三十年三月二十三日議長において 本委員を左の通り指名した。            石井  桂君            石川 榮一君            石原幹市郎君            小沢久太郎君            酒井 利雄君            西岡 ハル君            宮本 邦彦君            横川 信夫君            赤木 正雄君            北 勝太郎君            前田  穰君            村上 義一君            大倉 精一君            近藤 信一君            湯山  勇君            田中  一君            永井純一郎君            堀木 鎌三君            武藤 常介君 同日議長は左の者を委員長に指名した    委員長     石川 榮一君   ―――――――――――――  出席者は左の通り。    委員長     石川 榮一君    理事            石井  桂君            赤木 正雄君            武藤 常介君    委員            石原幹市郎君            小沢久太郎君            北 勝太郎君            前田  穰君            村上 義一君            大倉 精一君            湯山  勇君            田中  一君            堀木 鎌三君   事務局側    常任委員会専門    員       菊池 璋三君    常任委員会専門    員       武井  篤君   ―――――――――――――   本日の会議に付した案件 ○理事の互選 ○調査承認要求に関する件   ―――――――――――――
  2. 石川榮一

    ○委員長(石川榮一君) ただいまから建設委員会を開会いたします。  このたび、はからずも私が建設常任委員長の選任を受けました。もとよりまことに非才でありますが、皆様方の格別な御支援と御同情にすがりまして、円満に、しかも公正に、明朗に本委員会の運営に当らしていただきたいと思います。どうか各位におかれましては、細大漏らさず、御意見等がありましたならば、事前にお話をいただきまして、皆様方の御意向のありますだけ、十分に本委員会に反映さしていきたいと思いますので、よろしく御協力を願いたいと思います。簡単でありますが、就任のごあいさつを申し上げます。  それでは、ただいまからまずの理事の互選の件をお諮りいたしたいと存じますが、本委員会理事の数は四名と一なっております。この四名の理事の方々の互選の方法でございますが、いかに取り計らいましたらよろしゅうございましょうか、御意見伺います。
  3. 小沢久太郎

    ○小沢久太郎君 理事互選の方法は、成規の手続を省略して委員長の指名に一任することの動議を提出いたします。
  4. 田中一

    ○田中一君 小澤君の動議に賛成いたします。
  5. 石川榮一

    ○委員長(石川榮一君) 小澤君の動議によりまして、私に理事の指名をしろと、こういう御動議でございますが、お差しつかえありませんでしょうか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  6. 石川榮一

    ○委員長(石川榮一君) それでは私から御指名申し上げます。石井桂君、赤木正雄君、近藤信一君、武藤常介君、この四人の方に指名いたしますから、御承認願いたいと思います。   ―――――――――――――
  7. 石川榮一

    ○委員長(石川榮一君) 次に、調査承認要求に関する件を議題にいたしたいと思います。  本院規則第七十四条の三に基きまして、調査承認要求書を議長あてに提出いたしたいと存じますが、御異存はございませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  8. 石川榮一

    ○委員長(石川榮一君) 御異存ないと認めまして、さよう決定いたします。  ちょっと速記をとめて下さい。   〔速記中止〕
  9. 石川榮一

    ○委員長(石川榮一君) 速記をつけて。  それでは、この調査承認要求書の内容は、ただいま御懇談申し上げました通りにいたしまして提出いたしたいと存じますが、差しつかえございませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  10. 石川榮一

    ○委員長(石川榮一君) 御異議がないようでありますから、さようにいたします。  一応、調査承認要求書を朗読します。  一、事件の名称 建設事業並びに建   設諸計画に関する調査  一、目的   (一) 国土計画、地方計画及び都市    計画に関する事項   (二)道路、河川、海岸、公有水    面、運河、砂防及び上下水道施    設に関する事項   (三) 水防に関する事項   (四) 土木、建築及び住宅に関する    事項   (五) 土地収用に関する事項   (六) 測量及び地図に関する事項   (七) その他これに関連する事項  一、方法 広く関係官民から計画、   実施、成果等につき意見を聴取す   るとともに、実地視察、資料の収   集等により調査を行う。  一、期間 今期国会開会中   右本委員会の決議を経て、参議  院規則第七十四条の三により要求す  る。以上であります。以上、ただい  ま朗読いたしました通りで、御異議  ありませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  11. 石川榮一

    ○委員長(石川榮一君) さよう決定いたします。   ―――――――――――――
  12. 田中一

    ○田中一君 理事会の運営は、私のほうの会派から理事を出しておらないのです。そこで従来の慣例によって、各党を含めた、理事を出していない会派も含めた理事会を持っていただきたい。お願いします。
  13. 石川榮一

    ○委員長(石川榮一君) そのことについて、今日委員長懇談会がありまして、議長からもいろいろ本改正案に対する趣旨等の説明があり、論議があったわけであります。一応それを御披露いたします。  理事会はなるべく乱用してもらいたくない、理事会重点的にいっては困る。ややもすると委員会をそっちのけにして理事会偏重主義に陥っておる、そのためにむしろ議事の渋滞を来たすことも今まで再々あるというような観点から、議運におきまして審議の結果決定しましたものは、理事は委員長の事故のある場合あるいは欠如した場合、この二つに限って代行すべき性格のものだということが、今度改正した眼目なんです。従って、理事会というものはなるべく乱用してもらいたくないという精神があるわけすから、そこでまあいろいろ委員長の議論が出たんですが、今度は二十名ないし三十五名、四十名という大きな委員会がありますから、委員会がなかなか収拾がつかんような場合も起り得るから、それほど強い意味のことを言わないで、やはり議事の運営のために、委員会の運営を円滑にするために、ある程度までやらした方がいいんじゃないかという議論もありました。これに対しては、いや、それをやったがために非常にそれを乱用して、渋滞をして、一般の委員の発言が拘束されて、ほとんど理事会の意向によって委員会なるものが、何といいますか、権限を圧縮されたような傾向が多い。だから、なるべくこれを慎んだ方がいいという説と、両論ありましたが、これは委員長の良識にまかせるということで、別れたわけです。  趣旨としては、なるべく理事会というものは、まあ各派交渉会のような形のように今まで使っておったわけですが、なるべく理事はまあやらないで、委員会がものをなるたけきめるという方針をとることを原則としまして、やむを得ざる場合に、今までのような暫定措置として、御相談の上で、理事会で相談してもらおうじゃないかという総員の御意見があったとき理事会をやる。そのときはもちろん、各派交渉会のような形ですから、理事会というものはないのですから、各派交渉会のような形で議事の運営をはかる場合には、田中君のような会派から出てもらっておりませんから、出てもらいたいと思っております。で、なるべく理事会はそういう意味合いに使わないで、多くはここで論議してまとまるものはまとめてもらい、やむを得ざる場合に使うようにしていきたいと思いますが、あらかじめ御了承おき願いたいのです。  それから、従って小委員会も、これもなるべく小委員会を組織して運営することを慎しんでもらいたい、こういう意向でした。これもやはり今のお話と同じような次第なんでありまして、小委員会、小委員と称して、一般の委員の発言をある程度まで控制する傾向が強いことが相当あった。せっかくの委員会の構成の活発なる意見の展開が思うようにまかせない場合があるので、これらも慎しむことにしております。これもあらかじめお含みおき願いたいと思います。  まあ、要は皆さんの、特にこの建設行政は超党的な建設事業のことでありますから、他の会派のようなめんどうはないと思いますが、なるべく大乗的見地に立って一つ御意見のあるところを十分お出し願い、そうして立派な建設常任委員会という職務を遂行していきたいと存じますから、御了承おきを願います。   ちょっと速記をとめて。    〔速記中止〕
  14. 石川榮一

    ○委員長(石川榮一君) 速記をつけて。  それでは、次の委員会はいずれ、暫定予算でも済みましてから開くことにいたしまして、きょうはこの程度で散会いたしたいと思います。     午後二時二十二分散会    ――――・――――