運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login

1953-10-30 第17回国会 参議院 農林委員会 1号 公式Web版

  1. 昭和二十八年十月三十日(金曜日)    午後二時四十九分開会   ―――――――――――――  委員氏名    委員長     片柳 眞吉君    理事      宮本 邦彦君    理事      森田 豊壽君    理事      白井  勇君    理事      戸叶  武君            雨森 常夫君            川口爲之助君            佐藤清一郎君            重政 庸徳君            関根 久藏君            横川 信夫君            上林 忠次君            北 勝太郎君            河野 謙三君            河合 義一君            清澤 俊英君            天田 勝正君            松浦 定義君            鈴木  一君            鈴木 強平君   ―――――――――――――  出席者は次の通り。    委員長     片柳 眞吉君    理事            宮本 邦彦君            白井  勇君            戸叶  武君    委員            佐藤清一郎君            関根 久藏君            横川 信夫君            北 勝太郎君            河野 謙三君            河合 義一君            清澤 俊英君            松浦 定義君            鈴木  一君   政府委員    農林政務次官  篠田 弘作君   事務局側    常任委員会専門    員       安楽城敏男君   ―――――――――――――   本日の会議に付した事件 ○農林政策に関する調査の件  (報告書に関する件) ○審査報告書に関する件 ○小委員会の運営に関する件 ○昭和二十八年における冷害等による  被害農家に対する米麦の売渡の特例  に関する法律案(内閣送付) ○昭和二十八年における冷害による被  害農家に対する資金の融通に関する  特別措置法案(内閣送付) ○農林漁業金融公庫法の一部を改正す  る法律案(内閣送付)   ―――――――――――――
  2. 片柳眞吉

    ○委員長(片柳眞吉君) 只今から農林委員会を開会いたします。  農林故郷に関する調査についてこの際お諮りをいたします。本件につきましては、閉会中調査を進めて参りましたが、その内容は広汎多岐な諸問題に亙り、未だ調査を完了するに至つておりませんが、参議院規則第五十五条によりまして調査報告書を提出いたすことになつておりまするから、これを提出いたしたいと存じます。御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  3. 片柳眞吉

    ○委員長(片柳眞吉君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  未了報告書の内容につきましては委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  4. 片柳眞吉

    ○委員長(片柳眞吉君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  次に、委員長の提出する報告書には多数意見者の署名を付することになつておりますので順次御署名を願います。   多数意見者署名     宮本 邦彦  佐藤清一郎     白井  勇  関根 久藏     横川 信夫  北 勝太郎     河合 義一  清澤 俊英     戸叶  武  松浦 定義   ―――――――――――――
  5. 片柳眞吉

    ○委員長(片柳眞吉君) 次に臨時硫安需給安定法案についてお諮りいたします。  本法律案につきましては閉会中審査を進めて来ましたが、未だ審査を完了するに至つておりませんが、参議院規則第五十五条によりまして審査報告書を提出いたすことになつて、おりますから、これを提出いたしたいと存じます。が、御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  6. 片柳眞吉

    ○委員長(片柳眞吉君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  未了報告書の内容につきましては委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  7. 片柳眞吉

    ○委員長(片柳眞吉君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  次に、委員長の提出する報告書には多数意見者の署名を付することになつておりますので、順次御署名を願います。   多数意見者署名     宮本 邦彦  白井  勇     佐藤清一郎  関根 久藏     横川 信夫  北 勝太郎     河合 義一  清澤 俊英     戸叶  武  松浦 定義   ―――――――――――――
  8. 片柳眞吉

    ○委員長(片柳眞吉君) 次に、農業災害補償制度に関する小委員会はまた結論が出ておりませんので、従来通り存置することといたしたいと存じまするが、御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  9. 片柳眞吉

    ○委員長(片柳眞吉君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
  10. 片柳眞吉

    ○委員長(片柳眞吉君) 続きまして、昭和二十八年における冷害等による被害農家に対する米麦の売渡の特例に関する法律案、昭和一十八年における冷害に上る被害農家に対する資金の融通に関する特別措置法案、農林漁業金融公庫法の一部を改正する法律案、いずれも政府提案が予備付託になつておりますので、先ず以上三法律案につきまして政府から提案理由の説明を聞くことにいたします。
  11. 篠田弘作

    ○政府委員(篠田弘作君) 法案の説明をいたします前に、一言皆様にお詫びをいたしておきます。ほかでもありませんが、本年度は水害、冷害と打続く災害のために、委員各位におかれましては、閉会中といえども国会に出席されまして、いろいろな御調査、御審議をなさつておりました。私は北海道の冷害を調査いたしております途中におきまして珍しく病気をいたしまして休んでおりました。そのために上京も遅れまして皆様方に対して大変失礼をいたしました。申訳なかつたと思つております。どうぞ御容赦を願いたいと思います。  昭和二十八年におれける冷害等による被害農家に対する米麦の売渡の特例に関する法律案につきまして提案理由を御説明申上げます。  御承知の通り、本年は六月及び七月における北九州及び奈良、和歌山両県における大水害並びに八月及び九月における風水害によりまして、田畑が流失埋没し、保有していた米麦が流される等甚大な災害を受けた農家が多数生じましたのみならず、本年の異常なる気象により、広い地域に亙つて冷害の発生を見、米麦又は雑穀の収穫量が著しく減収したため、飯用食糧にも事欠く農家を多数生じている状態であります。  ここにおきまして、政府はかかる農家に対しましてその食糧の不安をなくするために、政府所有の米穀、麦及び麦製品を特別価格で売渡し、他の災害対策と相待つて農家を救済し、農業の再生産確保に寄与いたしたいと考えまして、昭和二十八年における冷害等による被害農家に対する米麦の売渡の特例に関する法律案を提案いたした次第であります。  次に、本法案の骨子につきまして御説明を申上げます。  先ず第一点といたしましては、冷害を受けた農家又は風水害等に上つて災害を受けた農家に対しまして米麦の売渡を行おうといたしている点であります。昭和二十八年六月及び七月の大水害によつて災害を受けた農家に対する米麦の先渡はすでに立法化され、八月及び九月の風水害についても目下その法制化を準備中でありますが、それらの法律及び法律案の狙いは、大水害及び風水害によつて災害当時保有しておりました米麦について流失、毀損等の被害を受けた農家に対し、その不足を補填することにあつたのでありますが、本法案はそれらの災害によつて田畑が流失埋没し、作物が冠水し、又は冷害等のため、その生産する米麦又は雑穀の生産が著しく減収したことによつて飯用食糧が著しく不足を来たした農家の救済を図ろうとするものであります。  第二点といたしましては、本法案に上りまして米麦の売渡を受ける農家は、その生産する米麦又は雑穀が冷害等によつて著しい減収を来たし、そのため飯用として消費する食糧が著しく不足する旨の都道府県知事の認定を受けることといたしております。  第三点といたしましては、困窮した被害農家の救済を図るため、被害農家が米麦を生産者価格程度の価格で購入できるように図つておる点であります。  第四点といたしましては、政府は都道府県及び市町村を通じて被害農家に米麦を売渡すことにしておる点でありまして、これは成るべく被害農家の米麦の購入が立法の趣旨に副つて行われるように図つておるのでありまして、政府、都道府県、市町村が一体となつて農家の救済を期しておるのであります。  以上提案理由の概要を申上げました。何とぞ慎重御審議の上速かに御可決あらんことをお願いする次第であります。  次に昭和二十八年における冷害による被害農家に対する資金の融通に関する特別措置法案の提案の理由を御説明いたします。  本年の農作物の生育期における異常な低温障害並びにこれに起因して発生した病虫害のために、水稲その他重要農作物の作柄が極めて悪く、収穫期における農家の現金収入は平年に比し相当下廻ることが予想され、冷害を受けた農家の経営の維持の上から極めて、憂慮すべき事態に立至つていることは各位の御承知の通りであります。政府はこの事態に対処して、一方において種子及び飯米の確保等に特段の措置を講じますと共に、冷害地帯における公共事業費の増額、炭がまの設置等に対する国庫補助等により、被害農家の現金収入の不足を補填する措置を講じようとしているのでありますが、更に被害農家が今後その農業経営を維持するのに必要とする営農貸金、副業資金等が円滑に且つ低利で融通せられるための措置を講じ、以て被害農家の経営の安定を図る目的を以てこの法案を提案したのであります。  次に、本法案の内容の概略を御説明申上げます。先ずこの法律案による資金の借入を受け得る農家は、冷害及びこれに基因する病虫害のため、平年作に比し三割以上の農作物の減収をこうむつた農家であります。これに対して貸付けられる経営資金は、種苗、肥料、飼料等の購入資金の外、副業資金その他農業経営を維持するため必要な資金を含んでおり、貸付金額は内地では十五万円、北海道では二十万円の範囲内とし、償還期間は五年以内で政令で定めるものとし、利率は減収の特に甚しい町村又は開拓地区では三分五厘、その他の地帯では六分五厘でありますが、特に開拓地では五分五厘といたしております。  被害農家に対する資金の貸出は農業協同組合又は金融機関から行われ、農業協同組合は更に都道府県信連又は農林中央金庫からの借入に仰ぐことができます。そこで都道府県又は市町村が、これら金融機関に対し利子補給及び損失補償を行う場合に、国がその経費の一部を都道府県に対して補助しようとするものであります。利子補給の率は、経営資金の貸出利率に応じて、都道府県又は市町村が年五分乃至年八分を補給した場合に、国はそのうち年三分五厘乃至年五分五厘に相当する額を補助し、損失補償については、都道府県又は市町村が融資総額の百分の四十までの補償をした場合に、国がその二分の一を補助することが定められ、国の補助の対象となる融資の総額は百五十億円を限度としております。  以上がこの法案提出の理由並びに内容の概略であります。何とぞ慎重御審議の上速かに御可決あらんことをお願いいたします。  次に農林漁業金融公庫法の一部を改正する法律案の提案の理由を御説明いたします。  農業、林業、漁業の生産力を維持増進するために必要な長期且つ低利の資金を融通する機関としての農林漁業金融公庫は、本年四月一日に発足して以来、土地改良事業、林道事業、森林の立木の伐採調整、漁港修築事業等の長期資金の貸付を行なつており、すでに相当の貸付成績を上げている次第であります。  即ち本年度における同公庫の貸付に充てられる資金としては、当初予算において、一般会計からの出資金百八十億九千三百万円、資金運用部からの借入金五十億円、償環金十億円、合計二百四十億九千三百万円が計上され、貸付計画に従い順調に貸付を行なつて、いるのでありますが、今次の冷害に伴い、ここに新たに貸付資金を増加する必要が生じたのであります。  即ち本年は異常な冷害のため、農作物の相当の減収が予想され、農家の現金収入の不足を来たし、冷害地帯の農家の経営を維持する上において極めて憂慮すべき事態となつていることは各位の御承知の通りでありまして、政府はこの事態に対処して諸般の対策を講じようとしておりますが、その一つとして冷害地帯に新たに土地改良その他の救農土木事業を起し、これらの事業からの労賃収入によつて被害農家の現金収入の減少を補おうとしているのであります。而してこれらの事業の事業費の一部を地元が負担する場合におけるその地元負担分については、これを農林漁業金融公庫において融通するものとし、これに充てるため同公庫の資金を増額する必要が生じたため、ここに同公庫の資本金を十億円増加し、本年度内において十億円の追加出資を同公庫に対して行おうとするものであります。  以上がこの法案を提出した理由であります。何とぞ慎重御審議の土速かに御可決あらんことをお願いする次第であります。
  12. 片柳眞吉

    ○委員長(片柳眞吉君) 只今政府から提案理由の説明がございましたが、この際政府にお願いいたしたいことは、これら法律案にはいずれも重要な事項が政令に委ねられておりますので、これらの政令の内容と、更に水害関係法律の関係政令の内容とを資料として十一月二日正午までに提出を願いたいと思います。
  13. 篠田弘作

    ○政府委員(篠田弘作君) わかりました。
  14. 片柳眞吉

    ○委員長(片柳眞吉君) ちよつと速記を止めて下さい。    〔速記中正〕
  15. 片柳眞吉

    ○委員長(片柳眞吉君) 速記を始めて下さい。
  16. 清澤俊英

    ○清澤俊英君 篠田政務次官のおる間に話そうと思つたのですが、先般から新聞を見ますと、タイから輸入米がどうとか、こうとか、大分具体的に新聞に出ておる。それから今日の農林大臣の答弁の中にも百六十万トンの大体輸入計画が立つている。そうしますと、大体不足分もわかり、輸入計画を外米百六十万トンに殖やす、或いは麦をどうするとかということが言われておりますので、従つて食糧対策要綱も決定しておる、こう言つておられるのでありまするから、それを基本としました資料を一つ頂戴したい。その資料の内容は百六十万トンの外米輸入を中心として、同時に麦の買入増額等を中心にして二十九米穀年度の需給計画が変つたと思いますが、その変つた資料、それから外米の新聞に出ておる通り主要生産別の買入先、それからその数量、新聞には大分数量なども出ておりましたが、それらの一つ詳しい資料を要求して頂きたい。
  17. 片柳眞吉

    ○委員長(片柳眞吉君) 只今清澤委員からの御要求は政府にさよう取計らいいたします。  なおそれに加えまして、輸入補給金も殖えて来ると思いますが、その輸入補給金がどのくらいになるかということも併せて私からも請求をいたしたいと思います。  本日の委員会はこれで散会いたします。    午後三時十六分散会