運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login

1952-11-08 第15回国会 参議院 経済安定委員会 1号 公式Web版

  1. 昭和二十七年十一月八日(土曜日)    午後一時四十九分開会   ―――――――――――――  委員氏名    委員長     佐々木良作君    理事      愛知 揆一君    理事      永井純一郎君            泉山 三六君            入交 太藏君            奥 むめお君            杉山 昌作君            山川 良一君            清澤 俊英君            須藤 五郎君   ―――――――――――――   委員の異動 十月二十四日委員入交太藏君辞任につ きその補欠として境野清雄君を議長に おいて指名した。   委員長の補欠 十月二十四日佐々木良作君委員長辞任 につき、その補欠として境野清雄君を 議長において委員長に指名した。   ―――――――――――――  出席者は左の通り。    委員長     境野 清雄君    理事            永井純一郎君    委員            奥 むめお君            杉山 昌作君            山川 良一君   事務局側    常任委員会専門    員       桑野  仁君    常任委員会専門    員       渡邊 一郎君   説明員    経済審議庁次長 平井富三郎君   ―――――――――――――   本日の会議に付した事件 ○調査承認要求の件 ○経済審議庁の所管に関する件   ―――――――――――――
  2. 境野清雄

    ○委員長(境野清雄君) それでは只今から第一回の経済安定委員会を開会いたします。  突然ですけれども、私佐々木君のあとを受けまして、経済安定委員長になりましたので、前委員長同様よろしくお願いいたします。  本日の議題といたしましては、第一に、調査承認要求に関する問題がありますのと、それから第二に、行政機構の改革によりまして、新たに発足いたしました本委員会の所管になつておる経済審議庁の今後の方針等について説明を聴取する、以上の二点を予定しておるのであります。先ず調査承認要求についてお諮りいたしますが、従来本委員会におきまして、日本経済の安定と復興に関する調査を数国会の長きに亘つて調査されて参つたようでございますが、今後も引続き調査を行なつて行きたいと存じまして、この調査承認要求を議長宛いたしたいと存じますが、これについて御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  3. 境野清雄

    ○委員長(境野清雄君) 御異議ないと認めます。それではさよう取計らうことにいたします。   ―――――――――――――
  4. 境野清雄

    ○委員長(境野清雄君) 次に、経済審議庁の所管事項に関する件でありますが、即ち今後如何なる問題をどういうように処理されるかという点につきまして、平井経済審議庁次長から御説明を承わりたいと存じます。
  5. 平井富三郎

    ○説明員(平井富三郎君) 経済審議庁の設置につきましては、行政機構改革の法案に関連いたしまして、経済安定委員会にいろいろな詳細な点に亘りまして意見も申上げ、又御審議も願つたのでございまして、経済審議庁の業務の内容については御熟知の皆様でございますので、今更詳しく申上げるのもどうかと存ずる次第でございます。審議庁が設けられました趣旨は、経済安定本部を一応これは解体いたしまして、今後の経済の進め方につきまする基本の構想につきましての、いわゆる企画立案というような点に重点を置きまして、審議庁を設置したというふうに考えられるのであります。この趣旨は、審議庁の所管事項に、先ず第一に長期の経済計画の策定が掲げられ、第二に、二つ以上の行政機関経済施策に関連する総合的且つ基本的な政策の企画立案、又総合国力の分析及び測定というように、個々の経済事象に対する措置、考え方というよりも、むしろ長期に亘り且つ総合的な経済施策というものを主にいたしておるわけであります。これに関連いたしまして、これらの業務を運営いたしまするに必要な内外の経済動向なり、或いは国民経済バランス等に関する調査及び分析を行なつて行くというふうに相成つております。従いまして、経済審議庁といたしましては、この第三条の趣旨に従いまして、今後の審議庁の運営を図つて参りたいと存ずる次第であります。最後に申上げました内外の経済動向及び国民所得等に関する調査及び、分析等につきましては、旧安定本部時代からの組織を引継ぎまして、現在これの強化を図つておる次第でございます。長期経済計画の策定につきましては、現在これの策定の準備を進めつつある際でありまして、例えば最近ワールドバンクから調査団が二名見えておりますが、やはりこの調査の要求というものは、単に現在の現状なり、或いはそれに対する政策ということにとどまりませんで、或る程度長期の見通しを要求しておるような状況でございまして、非常に予測の立ちにくい時期ではございまするが、やはり長期の経済構想というものをまとめまして、今後の経済発展に関する基本的な問題の指摘と、それに対する対策というものを総合的に進めて検討して参りたい、かように考えております。それから総合国力の分析及び測定は、今後のいろいろな講和発効後に伴います各種の負担に堪えつつ経済の発展を期して行きますためには、どうしても先ほど申上げました長期の見通しと同時に、総合国力、まあ主として総合経済力の意味になると思いますが、これの分析及び測定を図つて参りたい、特に今後自衛力漸増等の問題もございまするし、総合国力の分析という点をできるだけ明確にいたして行くことが、それらの問題の処理の、まあ前提の問題といたしまして必要ではなかろうか、かように考えております。なお、この審議庁の所管といたしまして、現在業務的に行なつております事務といたしましては、電源開発に関する基本的な政策及び計画、国土総合開発に関する問題でございます。電源開発は先般の国会におきまして、経済安定委員会において御審議の上御決定願つた次第でありまするが、あの法律施行されまして以来、電源株式会社が設立されまして、この電源株式会社の開発担当地区といたしまして、取りあえず五ヵ地点を決定いたして参りました。これは新聞紙等においてもすでに御承知のことと存じまするが、北海道の十勝地区、天龍地区、御諸地区、それから北上川の地区、それから十津川、この五ヵ地点の決定をいたしました。今後只見、或いは四国九州中国地区につきまして、電源株式会社の担当するに適当な地点を逐次決定いたして参りたい。かように存じております。なお、来年度以降におきまする電源開発の規模を具体的にどの程度にいたすべきか、これも現在審議途上でございます。又電源開発に関連いたしまする補償の問題の合理的な、且つ早期の円滑なる解決を図りますために、補償基準等につきましても電源開発促進法に基く調整審議会においてこれも検討中でございます。国土総合開発につきましても、本委員会におきまして、先般改正法を決定して頂いた次第でございますが、これに基きまして、特に特定地区の開発の具体化の問題を現在急いでおる状況でございます。  このほかに、経済に関しまする基本的な政策の総合調整というような問題がございますが、これは個々の問題に関しまして、各省間に基本的な政策につきまして食い違いがあります際に、これの総合調整を図つておる次第でございます。例えば肥料輸出の問題のごとき、或いは外国為替予算におきまする各省の意見の食い違いというような問題につきまして、現在差当り調整を行なつて参つております。以上簡単でございますが、最近の審議庁の業務の大要を申上げました。
  6. 境野清雄

    ○委員長(境野清雄君) 只今平井次長から概略御説明がありましたけれども、資料等もまだお手許に配つてありませんし、いたしますので、総括的には資料を見まして、その上で御質問がありましたら、次回に御質問はして頂きたいと思いますが、如何でございますか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  7. 境野清雄

    ○委員長(境野清雄君) それでは以上を以ちまして本日の予定は終了いたしましたので、本委員会は散会いたします。    午後二時一分散会