運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login

1952-11-26 第15回国会 参議院 予算委員会 1号 公式Web版

  1. 昭和二十七年十一月二十六日(水曜 日)    午後一時三十四分開議   ―――――――――――――  委員氏名    理事      中川 以良君    理事      山本 米治君    理事      小林 政夫君    理事      内村 清次君    理事      堀木 鎌三君    理事      木村禧八郎君    理事      岩間 正男君            愛知 揆一君            石坂 豊一君            泉山 三六君           池田宇右衞門君            大島 定吉君            楠瀬 常猪君            工藤 鐵男君            左藤 義詮君            白波瀬米吉君            杉原 荒太君            平林 太一君            中川 幸平君            岡本 愛祐君            柏木 庫治君            片柳 眞吉君            加藤 正人君            木下 辰雄君            楠見 義男君            新谷寅三郎君            中山 福藏君            堀越 儀郎君           小笠原二三男君            岡田 宗司君            中田 吉雄君            吉田 法晴君            波多野 鼎君            松永 義雄君            山下 義信君            山田 節男君            吉川末次郎君            駒井 藤平君            鈴木 強平君            西田 隆男君            岩木 哲夫君            深川タマヱ君            東   隆君   ―――――――――――――   委員の異動 十月二十四日委員小笠原二三男君、東 隆君、小林政夫君、吉田法晴君及び中 田吉雄君辞任につき、その補欠とし て、荒木正三郎君、羽生三七君、千田 正君、森八三一君、岩沢忠恭君、佐多 忠隆君及び三輪貞治君を議長において 指名した。 十一月八日委員工藤鐵男君辞任につ き、その補欠として、高橋進太郎君を 議長において指名した。 本日委員岡本愛祐君、柏木庫治君、楠 見義男君、木下辰雄君、中山福藏君、 中川以良君、中川幸平君、愛知揆一君 及び大島定吉君辞任につき、その補欠 として、小野哲君、西郷吉之助君、溝 口三郎君、石黒忠篤君、田村文吉君、 川村松助君、石原幹市郎君、石川榮一 君及び郡祐一君を議長において指名し た。   ―――――――――――――   委員長の補欠 十月二十四日議長において岩沢忠恭君 を委員長に指名した。   ―――――――――――――  出席者は左の通り。    委員長     岩沢 忠恭君    理事            左藤 義詮君            高橋進太郎君            片柳 眞吉君            内村 清次君            山下 義信君            岩木 哲夫君            木村禧八郎君            岩間 正男君    委員            石原幹市郎君            石坂 豊一君           池田宇右衞門君            楠瀬 常猪君            郡  祐一君            白波瀬米吉君            平林 太一君            石黒 忠篤君            小野  哲君            西郷吉之助君            森 八三一君            三輪 貞治君            松永 義雄君            吉川末次郎君            鈴木 強平君            千田  正君   国務大臣    大 蔵 大 臣 向井 忠晴君   政府委員    大蔵政務次官  愛知 揆一君    大蔵省主計局長 河野 一之君    大蔵省主税局長 平田敬一郎君    大蔵省理財局長 石田  正君    大蔵省銀行局長 河野 通一君    大蔵省為替局長 東條 猛猪君   事務局側    常任委員会専門    員       野津高次郎君    常任委員会専門    員       長谷川喜作君    常任委員会専門    員       正木 千冬君   ―――――――――――――   本日の会議に付した事件理事の補欠選任の件 ○昭和二十七年度一般会計予算補正  (第一号)(内閣送付) ○昭和二十七年度特別会計予算補正  (特第一号)(内閣送付) ○昭和二十七年度政府関係機関予算補  正(機第一号)(内閣送付)   ―――――――――――――
  2. 岩沢忠恭

    ○委員長(岩沢忠恭君) 只今より予算委員会を開会いたします。開会に当りまして、私このたび予算委員長を拝命いたしましたので、今後格別の皆様の御協力をお願いいたします。(拍手)お諮りいたします。本委員会理事堀木鎌三君及び山本米治君から理由をつけまして、理事辞任の申出がありますこれを許可することに御異議ありまんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  3. 岩沢忠恭

    ○委員長(岩沢忠恭君) 御異議ないと認めます。  つきましては理事補欠互選について諮りいたします。
  4. 高橋進太郎

    高橋進太郎君 理事の互選につきましては、成規の手続を省略いたしまして、この際委員長の指名によられんことの動議を提出いたします。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  5. 岩沢忠恭

    ○委員長(岩沢忠恭君) 高橋君の動議に御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  6. 岩沢忠恭

    ○委員長(岩沢忠恭君) つきましては、先般各会派の申合せによりまして理事の割当が変更になりましたので、お理事補欠も併せて互選を行おうと思いますが、この点御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  7. 岩沢忠恭

    ○委員長(岩沢忠恭君) 御異議ないと認めます。それでは私から指名をいたします。高橋進太郎君、左藤義詮君、片柳眞吉君、山下義信君、駒井藤平君、岩木哲君、以上六名のかたに理事にお願いをいたします。ちよつと速記をとめて。    〔速記中止〕 委員長(岩沢忠恭君) 速記を始めて。  次に、昭和二十七年度一般会計予算補正(第一号)、昭和二十七年度特別会予算補正(特第一号)、昭和二十七年政府関係機関予算補正(機第一号)つきまして、大蔵大臣の説明を求めます。
  8. 向井忠晴

    ○国務大臣(向井忠晴君) 昭和三十七度補正予算の大綱につきましては、すでに本会議において御説明いたしたでありますが、ここに予算委員会の審議をお願いいたすに当りまして、今回の補正予算編成の根本方針とその内容となる主たる事項につきまして、改めて概略御説明を申上げようと存じます。  第一に、極力国民負担の軽減を図るため、主として低額所得者に対する減税を行うことといたしたのであります。税制の一般的改正は昭和二十八年度において行う予定でありますが、差当り所得税の負担を一層軽減合理化するため、所得税法の臨時特例を設け、明年一月以降の給与所得及び退職所得の源泉徴収税額につき相当の軽減を図る等の措置を講ずるごとといたしたのであります。その結果、一例を申上げますと、所得月額一万五千円の夫婦者で四割四分、所得月額二万円の夫婦及び子二人で四割三分の減税となるのでありまして、このため本年度における減税額は二百三十億円に上るのであります。  第二に、均衡財政の原則を堅持したことであります。即ち、今回の補正による一般会計歳出増加は約七百九十八億円に上るのでありますが、これが財源は国民経済の伸長発展による国民の所得及び消費の増加に伴う租税その他の増収を以て賄うほか、一般行政事務費の節約を図ることとして、以て一般会計の収支の均衡保持に努めたのであります。なお、特別会計及び政府関係機関により予定せられております各種の財政投資の財源調達につきましても、過去に蓄積された資金の活用を図ることとしたのであります。  第三に、公務員給与の改善を図るため本年十一月から現行給与水準を平均二割程度引上げるほか〇・五カ月分の勤務手当等を支給することといたしたのであります。これがための所要経費につきまして、一般会計において約百二十八億円を計上いたしたのでありますが、各特別会計及び政府関係機関におきましては、原則としてそれぞれの収入増加を以て賄うことといたしたのであります。ただ日本国有鉄道につきましては、本年十一月から仲裁裁定のベースを実施すると共に〇・五カ月分の手当を支給するに足りる財源を計上することといたしているのでありまして、これがため、明年一月から旅客運賃を、二月から貨物運賃をそれぞれ一割程度引上げることといたしているのであります。なお、地方公務員につきましても、国家公務員に準じた給与の改訂を実施するごとといたしました結果、主として右の所要財源を確保するため地方財政平衡交付金を二百億円増額計上することといたしました。更に、地方財政の現状に鑑み、地方起債の限度を百二十億円増額いたしました。  第四に、米の生産者価格の引上げに伴い、明年一月から消費者価格の引上げを実施することといたしたのでありますが、これらに関連して食糧管理特別会計の赤字を補てんするため百十五億円を一般会計から同会計に繰入れることといたしました。又米の輸入価格の上昇に伴い、輸入食糧補給金を百十億円増額することといたしたのであります。  第五に、経済力の充実と国民生活の向上を図るために更に担当の財政投融資を行うことが必要でありますので、これがため一般会計におきまして中小企業、農林漁業及び住宅等に対する資金の供給を増加いたしますための投資を九十億円増額すると共に、他面資金運用部資金の活用により産業資金の確保を図つたのであります。  以上今回補正予算の主なる内容について説明申上げました。なお詳細につきましては、政府委員をして説明さして頂きたいと存ずる次第でございます。
  9. 岩木哲夫

    ○岩木哲夫君 大蔵大臣の説明を承わりましたが、本日はこの程度で何して頂いたらどうですか。
  10. 岩沢忠恭

    ○委員長(岩沢忠恭君) ちよつと速記をとめて。    〔速記中止〕
  11. 岩沢忠恭

    ○委員長(岩沢忠恭君) 速記を始めて。  それでは本日はこれを以て散会いたします。    午後一時四十五分散会    ―――――・―――――