運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login

1952-11-27 第15回国会 参議院 内閣委員会 1号 公式Web版

  1. 昭和二十七年十一月二十七日(木曜 日)    午後三時一分開会   ━━━━━━━━━━━━━  委員氏名    委員長     河井 彌八君    理事      中川 幸平君    理事      成瀬 幡治君           大野木秀次郎君            工藤 鐵男君            郡  祐一君            横尾  龍君            楠見 義男君            竹下 豐次君            佐多 忠隆君            上條 愛一君            赤松 常子君            栗栖 赳夫君            松原 一彦君            三好  始君   ━━━━━━━━━━━━━   委員の異動 十月二十四日委員佐多忠隆君辞任につ き、その補欠として椿繁夫君を議長に おいて指名した。 十一月二十六日委員楠見義男君、三好 始君及び郡祐一君辞任につき、その補 欠として村上義一君、佐藤尚武君及び 上原正吉君を議長において指名した。   委員長の補欠 十月二十四日河井彌八君委員長辞任に つき、その補欠として竹下豐次君を議 長において委員長に指名した。  出席者は左の通り。    委員長     竹下 豐次君    理事            中川 幸平君            成瀬 幡治君    委員            上原 正吉君            横尾  龍君            河井 彌八君            村上 義一君            上條 愛一君            松原 一彦君   事務局側    常任委員会専門    員       杉田正三郎君    常任委員会専門    員       藤田 友作君   ━━━━━━━━━━━━━   本日の会議に付した事件 ○調査承認要求の件 ○議員派遣要求の件   ━━━━━━━━━━━━━
  2. 竹下豐次

    ○委員長(竹下豐次君) 只今から内閣委員会を開会いたします。  本日議題にいたしたいと思いまするのは、調査承認要求に関する件でありますが、御審議を願います前に一言簡単に御挨拶申上げたいと存じます。  今回私御推挙によりまして、内閣委員長の席をけがすことに相成つたのでございますが、元来非常に不束者でございますので、皆様の御期待に副うことがなかなか困難であろうということを憂慮いたしておる次第でございます。皆様の御協力、御援助によりまして、この職責を全うすることができましたならば、非常に仕合せに存ずる次第であります。どうぞよろしくお願いいたします。  それからちよつとこの機会に御報告申上げます。従来の委員のうち郡祐一君、楠見義男君、三好始君が辞任されまして、その補欠として上原正吉君、村上義一君、佐藤尚武君が新任されました。これだけ御報告申上げます。   ━━━━━━━━━━━━━
  3. 竹下豐次

    ○委員長(竹下豐次君) それでは調査事件について、この際お諮りいたしますが、問題は二つでありまして、一つが行政機構の整備に関する調査、他の一つが恩給制度に関する調査であります。行政機構の整備に関しましては、前々々国会におきましていろいろ機構の改革等もありまして、その後の運営がどうなつておるかというようなことも、内閣委員としては当然知つていなければならん問題であろうと存じまするし、なおこの後又機構に関する問題も次々と起つて来るであろうと存じますので、我々はその整備に関する調査を継続してやる必要がありはしないかというふうに考えられるのであります。なお恩給制度に関する問題につきましても、これも軍人恩給の問題、文官恩給の問題というような大きな問題が前々国会で取上げられ、相当にその進捗を図られつつあるわけでありまするが、この問題につきましても、この後調査をやつて行くということが必要でないかと、こういうふうに考えられますので、これをどういうふう取扱つたらいいか、お諮り申上げたい、かように考えておる次第でございます。御意見を承わります。  調査することに御賛成でありましたならば、本院規則の第三十四條によつて議長に要求書を提出しなければならないということになつております。提出することに御異議ございませんでしようか。
  4. 竹下豐次

    ○委員長(竹下豐次君) 異議なしと認めます。なお要求書の案文等は委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
  5. 竹下豐次

    ○委員長(竹下豐次君) 異議ないと認めます。それではこの問題はお聞きの通り決定いたしました。  ちよつと速記をとめて下さい。    午後三時五分速記中止    ―――――・―――――    午後三時四十九分開始
  6. 竹下豐次

    ○委員長(竹下豐次君) 速記をつけて下さい。  御懇談申上げているうちに御意見いろいろ承わりまして了承いたしました。恩給制度に関する件につきましては、御注意のありました通り、衆議院のほうの内閣委員会なり或いは政府のほうとも連絡を緊密にとりまして、いつこの問題について又この委員会を開会するかということにつきましては、十分善処したいと思つております。さように御了承願います。  なおお行政機構の整備に関する調査に関しましては、出張調査の件を御承認相成りましたので、私のほうにおきまして一応案を立てまして、そうしてそれぞれ御出張についての御希望を承わつて、その上で御出張願いたいと思つております。さように御了承願います。  それから皇室費の問題に関しまして、憲法第八條による決議を申請されております。それが予備審査として付議されておるのでありまするけれども、これは後日又適当な機会に委員会を開会いたしまして御協議申上げたいと思つております。問題はそう複雑な問題でないように承わつておりますので、そう長い時間を要することではないというふうに私はまあ想像しておるわけであります。この次の機会にお願いいたします。  ほかに何か承わつておきますことがございましたら、この際お述べ願いたいと思います。  速記を止めて。
  7. 竹下豐次

    ○委員長(竹下豐次君) 速記始めて。ほかに何か承わつておくことがございませんでしようか……別に御発言もないようでございますから、本日はこれで散会いたしたいと思います。    午後三時五十九分散会