運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
12243件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-06-11 第198回国会 参議院 環境委員会 9号

ここでは例えば長野市の取組ということで紹介もありまして、長野市では、その多頭飼育している高齢の自宅を訪問する際に、動物愛護の担当者のほかに、ケアマネジャーだとか、その福祉職の方が実際に同行されているということでありました。生活を立て直すためにどうすべきかという視点から説得するのが福祉職の方の役目であるということでありました。

武田良介

2019-06-11 第198回国会 参議院 環境委員会 9号

この問題は、地域から孤立した単身高齢など関わるケースが多いということも明らかになってきております。  対応に当たっては、社会福祉分野との連携は重要でありますし、今回の法改正では、動物の愛護及び管理に関する業務を担当する地方公共団体の部局と福祉に関する業務を担当する地方公共団体の部局による連携の強化について、国が情報の提供、技術的な助言等に努めるとしております。

小宮山泰子

2019-06-11 第198回国会 参議院 環境委員会 9号

今回の改正によって、杞憂とは思いますが、悪徳業者が、法改正によって急いで合併処理浄化槽にしないと罰則があると言って、高齢に浄化槽を高く売り付けたり高い工賃を取ったり、法改正を悪用する事例が発生するかもしれません。そのようなことがないように、環境省としてはどんな対応を取るおつもりでしょうか。

宮沢由佳

2019-06-10 第198回国会 参議院 決算委員会 10号

これがなぜ可能になったかということは、新たに大変多くの女性の方々が働き始めていただいた、そして高齢の方々も仕事を続けようという選択肢を取れる状況がつくり出すことができたことによって経済は成長することができたのではないかと、こう思っているわけであります。希望すればそれぞれの皆さんが様々な目標に向かって進んでいくことができる社会をつくることによって、まさに我々は経済を成長させることができた。  

安倍晋三

2019-06-10 第198回国会 参議院 決算委員会 10号

国務大臣麻生太郎君) 今ほど言われました話というのは、少なくとも今、安倍総理の方からもお答えがあっておりましたように、いろいろな高齢の生活というのは極めて多様であって、それぞれの方が望ましいと考える生活水準の、働き方や希望収入、資産の状況、これ当然のこと様々なんですが、今ありました御指摘の報告書というのは、これは、更に豊かな老後を送るためには、個々人の置かれた状況に応じてより上手な資産形成ができるようにするということも

麻生太郎

2019-06-10 第198回国会 参議院 決算委員会 10号

国務大臣宮腰光寛君) ただいまの中高年世代を含めた引きこもり対策強化について、男性の育児休業の取得促進について、高齢運転者による交通事故の防止に向けた取組について及び高齢等の消費者被害を防ぐ見守りネットワークの構築等についての審査措置要求決議につきましては、御趣旨を踏まえ、適切に対処してまいります。

宮腰光寛

2019-06-06 第198回国会 参議院 国土交通委員会 17号

残念ながらまた高齢の運転ということで、原因がもし今の段階で分かっていれば教えていただきたいと思いますし、踏み間違いというよりは、何らかの理由で踏みっ放しになってしまった、病気ではないかと、こんな指摘もありますけれども、現段階で事故の原因が分かっていれば教えていただきたいと思いますし、もう一点、あわせて、もし、この事故は、自動運転等が普及されれば、自動運転、サポカー、こういったものであれば防げた可能性

舟山康江

2019-06-06 第198回国会 参議院 内閣委員会 22号

一方、今指摘があったとおり、核家族化が進んでいることから、将来的には親族がいない、縁がないという高齢障害者も多数出てくるということ、そういう中でこの専門職市民後見人の需要がますます増えてくるということもこれ言えるんではないかと思いますけれども、この点について政府の認識をお伺いいたします。

木戸口英司

2019-06-06 第198回国会 参議院 内閣委員会 22号

介護保険制度におきましては、成年後見制度利用支援事業といたしまして、低所得高齢等に対しまして成年後見制度の報酬や申立て費用に対する助成事業を実施しているところでございます。  少し補足して申し上げますと、この本助成事業につきましては、市区町村の申立てに限らず、本人の申立て、あるいは親族からの申立て等についても対象となるものでございます。また、家族のある方も対象となり得るものでございます。

諏訪園健司

2019-06-06 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 15号

国務大臣根本匠君) まず、要は年金の問題については、もう福島委員も御承知ですが、下がる下がると言われていますけど、これはマクロ経済スライドを導入して、現役世代にも負担を抑制して、そして将来の世代の給付も担保するという意味で制度を持続可能なものとすることから、現役世代高齢のバランスも考慮してマクロ経済スライドというのを導入いたしました。

根本匠

2019-06-06 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 15号

〔委員長退席、理事そのだ修光君着席〕  お配りをした資料の一枚目ですけれども、上段を見ていただいたらと思うんですが、これは要介護高齢の方で、病院施設と自宅を行ったり来たりする中で、三年半の間で多くの歯を失ったという事例です。下段が、これ歯根面虫歯と言われるもので、歯根部の虫歯ですが、歯肉が下がって歯根部に虫歯ができると。成人期、高齢期に多い虫歯だということ。

熊野正士

2019-06-05 第198回国会 衆議院 厚生労働委員会 22号

こういう超高額薬を使用した方が出た場合に、健保連の中では、高額医療交付金交付事業という健保連の中での助け合い事業があって、医療費についてはそういうものがあるそうなんですけれども、一方で、前期高齢納付金の計算式の中で、各保険者の前期高齢の給付費に調整率というのを乗じてそれを計算するという方法がとられている。

大西健介

2019-06-05 第198回国会 衆議院 厚生労働委員会 22号

橋本政府参考人 同一の施設の中におきまして障害福祉サービス高齢向けの介護保険サービス、こういったものを提供する取組といいますのは、共生型社会を構築するという観点からも有意義なものというふうに考えております。  ただいま委員から御紹介がございましたような取組というのは、地域の実情を踏まえて、各事業者の創意工夫のもとで進めていただいていると思います。  

橋本泰宏

2019-06-05 第198回国会 衆議院 厚生労働委員会 22号

○樽見政府参考人 お尋ねの前期高齢財政調整は、高齢医療確保法の規定に基づきまして、六十五歳から七十四歳までの前期高齢医療費国民全体で支えるという趣旨でございます。前期高齢の多くは国民健康保険加入していらっしゃいますので、保険者間での負担の不均衡を是正するという観点から、健保組合などに納付金というものを負担していただくということになるわけでございます。  

樽見英樹

2019-06-03 第198回国会 参議院 決算委員会 9号

それが影響しておりまして、高齢の数ですけれども、平成九年は千九百七十六万人でした。当時の二十年後の予想値は三千二百八十二万人でした。そして、現在の高齢の数は三千五百十五万人ということで、長寿化の影響というふうに考えられます。高齢化率も同様に平成十九年時点は一五・七%で、二十年後の予想値は二六・一%でしたが、実際、今の平成二十九年の高齢化率は二七・七%となっております。  

大島一博

2019-06-03 第198回国会 参議院 決算委員会 9号

したがって、高齢の方々、高齢と呼んでいいのか、六十五歳以上を一つの国は線引きにしていますけれども、それ以上の方々が働いたときに、働いた分の今二分の一ですよね、の額が年金から減額されるという仕組みについて、やはり高齢の方々の就労意欲を阻害しているのではないかというふうにも言われております。  いろんなデータを調べても、いまだに六十五以上ということでしかデータが、国のデータありません。

矢田わか子

2019-05-31 第198回国会 衆議院 法務委員会 21号

日本司法支援センター通称テラスで実施しております、認知機能が十分でない高齢障害者の方などに出張法律相談を行う特定援助対象者法律相談援助につきましては、運用開始前に、司法書士会等と連携いたしまして、司法書士の方々への周知、広報を徹底したことなどもありまして、委員御指摘のとおり、司法書士の方々が同援助を積極的に利用し、相談に当たっていただいているものと承知しております。  

小出邦夫

2019-05-31 第198回国会 衆議院 環境委員会 7号

○古屋(範)委員 やはり、こうした高齢孤立というような問題もはらんでいるというふうに思います。やはり、現行法だけでは私は不十分であるというふうに思っております。都道府県知事による指導助言、そして報告徴収、また立入検査等、こういうものができるような法律に改正をすべきというふうに考えております。その意味でも、この改正案の早期成立を望むところでございます。  

古屋範子

2019-05-30 第198回国会 参議院 財政金融委員会 12号

そういう答えするのかなというふうに思っていたら、そのとおりの答えされましたけれども、要するに年金所得とは通算させないという極めてインチキな答弁だったと思いますけど、何はともあれ、申し上げたいのは、少なくとも給与所得者、現役世代高齢とは、今の現状の税制においては不公平税制であるということだけは申し上げておきたいと思います。  

藤巻健史

2019-05-30 第198回国会 参議院 法務委員会 16号

振り込め詐欺から始まった全国的に高齢を狙った特殊詐欺事件、いまだに存在しております。広報活動で広く防犯を促していらっしゃるようですが、手口が徐々に残酷になってきているという現状を踏まえ、今後は高齢が増えていくこともあり、核家族化は経済的な理由でそのままの状態であることの現状を踏まえて、オレオレ詐欺の犯人は掛け子や受け子と呼ばれているような末端の犯罪しか検挙されていないようであります。  

石井苗子

2019-05-30 第198回国会 参議院 内閣委員会 20号

調整を行った提案につきまして、提案が実現するなど対応できるものの割合は千十一件、七割を超えておりまして、土地利用防災、子ども・子育て支援、高齢障害者支援、雇用等各分野にわたって成果を上げてきております。  提案募集方式、地方側からも大変評価をいただいておりまして、今後とも、提案をいかに実現するかという基本姿勢に立ってこの方式を推進し、地方分権改革を着実に進めてまいりたいと考えております。

山野謙

2019-05-30 第198回国会 参議院 内閣委員会 20号

自家用自動車で行う高齢移送ボランティア活動で収受可能な経費の範囲の緩和及び自家用有償運送登録要件の設定権限都道府県知事への移譲についてという通告をしておりまして、何か解決策はないかという、こういう質問をさせていただけたらと思うんですが、これはあれですか、国土交通省管轄ということですから内閣府では難しいということですか。

清水貴之

2019-05-30 第198回国会 参議院 内閣委員会 20号

もう一点、後期高齢医療制度における保険料が還付となった場合等の特別徴収の継続、こういった要望も出ております。これは、兵庫県始めかなりの市区町村から、都道府県も含めて出ている要望なんですけれども、後期高齢医療制度保険料還付になった場合の年金の徴収方法が特別徴収から普通徴収に切り替わるため、特別徴収、引き落としから、普通徴収、払う方式に変わるため、これが様々な事務作業が発生すると。

清水貴之

2019-05-29 第198回国会 衆議院 法務委員会 20号

背景事情として、そもそもの人口における年齢層の変化というものもございまして、例えば、端的には、六十五歳以上の割合が、人口比、増加して高齢化が進んでおりますけれども、刑法犯全体につきましても、年齢層の構成比において高齢の割合が増加しているといったようなところも、こうした年齢構成の変化も影響があるのではないかというふうに考えてございます。

西山卓爾

2019-05-29 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 15号

このため、観光庁としましては、業界団体とも連携して、さまざまな業務を一人の従業員が行うマルチタスク化の推進や、ICTの活用や機械化などによる生産性の向上の取組のほか、女性、高齢などの活躍によります優良事例の情報発信、セミナーの開催などによる魅力ある職場環境づくりの取組などを推進をしております。  

田端浩

2019-05-29 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 15号

バリアフリー化の進捗状況の把握、評価につきまして、昨年成立いたしました改正バリアフリー法に基づきまして、高齢障害者等が参画する会議を本年二月に設置したところでございます。  今後、この会議を活用して、高齢障害者等の声を丁寧に伺いながら、東京オリンピック・パラリンピック競技大会を契機とした公共交通機関等のバリアフリー化を一層推進してまいりたいと考えております。

栗田卓也

2019-05-29 第198回国会 参議院 災害対策特別委員会 4号

国務大臣山本順三君) 警戒レベルを五段階に分けて、そして、様々な実は情報が出てくるんですけれども、それを住民が取るべき行動としてはどういうふうにするのかというのが、この全員避難であるとか、あるいは高齢避難というような、そういう区分けをしているところでございます。  本来、これ実は色分けをしたいんです、カラーリングをして。

山本順三

2019-05-29 第198回国会 衆議院 内閣委員会 20号

先ほど申し上げました資料の香川県を始め、先進的な自治体でもそれぞれ地方自治体独自の取組も行われているんですが、こうした制度を、高齢先進安全自動車に買いかえする場合の補助制度として、国としても制度の導入を、制度設計も含めて検討していくべきではないのかと思うんですが、経済産業省の見解を伺いたいと思います。

佐藤茂樹

2019-05-29 第198回国会 衆議院 内閣委員会 20号

高齢交通事故対策を考えましたときに、やはり一つは、今局長もおっしゃった、また、それぞれにお二人の大臣も言われたように、改正道路交通法の確実な施行によって、できれば運転に不安のある高齢運転者の運転免許の自主返納を推進していくということが対策として極めて大事だと思います。その前段階で交通安全教育も、しっかり教育していただきたいと思います。  

佐藤茂樹

2019-05-29 第198回国会 衆議院 内閣委員会 20号

さらに、その後に行われます高齢講習におきましては、これは七十歳以上の高齢の方になりますが、運転免許証の更新のときに、視野の検査、それから実車、実際に車に乗ってでの指導というものを行ってございまして、加齢に伴う身体機能低下について御自身で自覚していただくということを高齢講習の中で行っているわけでございます。  

北村博文

2019-05-29 第198回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 5号

そこで、単身高齢への心のケアに係る支援策というのも大変重要です。  山田町の佐藤町長との意見交換の中で、高齢女性がコミュニティー形成には大いに貢献をしている、しかし、高齢男性が家の外に出てこないことが課題だという現状のお話もお聞きをいたしました。女性はカラオケやあるいは料理教室でみんなが集まって、そこに一つのコミュニティーが広がっていく。

岡田広

2019-05-29 第198回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 5号

議員御指摘のとおり、近年、日本老年学会や自民党などにおきまして、高齢定義や名称の見直しに関する提言等が発表されていると、そのように承知をいたしております。  私としましても、一昔前の同じ年齢の方の高齢に比べて、今の方は非常に若く見えるということもございますし、実際、就業率も上昇するなど、高齢像が大きく変わってきていると考えているところでございます。  

新谷正義

2019-05-29 第198回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 5号

高齢ビレッジというのをつくりたいという自治体もあるんですが、アメリカなんかに視察に行きまして、そういう高齢が、まあ空き家住宅とか多いですけれども、高齢をそこへ入れて、そして、もちろん医療も近くにあって、そして地域大学と連携してカリキュラムを学ぶという、そういう高齢ビレッジの、まあ一つの私のこれは夢ですけれども、是非コミュニティーの重要性については再認識をしていただければと思っています。  

岡田広

2019-05-29 第198回国会 参議院 消費者問題に関する特別委員会 4号

ホテル高齢を集めて飲み食いさせて、大変有名な芸能人を呼んで、ショーを見せて、その後、個別勧誘をして何百万円、何千万円の契約をすると。韓国ツアーにも連れていくというようなことも書いていますけれども、そんなことをやっているわけです。  ちなみに一言申し上げますと、このWILLは、この記事にもありますが、割引キャンペーンというのをやっています。

大門実紀史

2019-05-29 第198回国会 参議院 消費者問題に関する特別委員会 4号

こういった簡単に分かるようなものを家の分かりやすいところに貼り付けておいて、高齢がこういった押し買い、訪問購入に巻き込まれないようにいろいろな努力を積み重ねていっていただきたいと思います。独り暮らしをしている高齢などがこれ以上被害に遭わないように十分な対策を進めることをお願いして、私の質問を終わらせていただきます。  ありがとうございました。

宮沢由佳