運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
68件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-06-05 第201回国会 参議院 政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会 第2号

横沢高徳君 私も、なぜ家族やヘルパーが投票できなくなったか、いろいろ調べてみたのですが、特に代筆投票に関する議論が余りなされていないまま法改正に至ってしまったという問題点と、また、法改正に当たっては当事者団体などの意見が反映される場もなかったという大きな問題が、この二点がありました。  この二点についてはいかがでしょうか。

横沢高徳

2020-06-05 第201回国会 参議院 政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会 第2号

横沢高徳君 ありがとうございます。  今回の改正で、町村議会議員選挙における選挙運動用ビラの作成を公営の対象とする前提として、選挙運動用ビラの頒布を解禁することとしておりますが、その趣旨と、上限枚数が千六百枚としている理由を御説明いただけますか。

横沢高徳

2020-06-04 第201回国会 参議院 総務委員会 第17号

横沢高徳君 皆様、おはようございます。立憲国民新緑風会社民横沢高徳です。  本日は、総務委員会で初めての質問をさせていただきます。どうぞよろしくお願いを申し上げます。  まず初めに、我が国日本におけるバリアフリーの取組についてお伺いします。  政府は、二〇二〇東京オリンピックパラリンピック大会に向けてもバリアフリーユニバーサルデザインに力を入れて取り組んでいるところでございます。  

横沢高徳

2020-04-06 第201回国会 参議院 決算委員会 第2号

去る三日までに、竹内真二君、塩田博昭君、大門実紀史君、石井苗子君、梅村みずほ君、横沢高徳君、那谷屋正義君及び宮崎勝君が委員を辞任され、その補欠として山本博司君、熊野正士君、武田良介君、柴田巧君、森本真治君、小西洋之君、音喜多駿君及び矢倉克夫君が選任されました。  また、本日、森本真治君が委員を辞任され、その補欠として芳賀道也君が選任されました。     ─────────────

中川雅治

2020-03-19 第201回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 第3号

横沢高徳君 それで、復興事業ハード整備はほぼ完了しつつあると報道されておりますが、このような事例から、改良復興工事が必要な部分もまだ多くあると感じます。  もう一度住民目線復興事業を再点検し、復興完遂に向けて改良すべきところは改良すべきと考えますが、大臣の御見解をお伺いいたします。

横沢高徳

2020-03-19 第201回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 第3号

横沢高徳君 それでは、先ほど仮設住宅を経由することを要件としておりますということで、これからも生活拠点等災害公営住宅など生活拠点が目まぐるしくまだまだ変化することが想定されると思いますが、それに対してはどのように対応していくのか、大臣、ちょっとお考えをお聞かせいただきたいと思いますが。

横沢高徳

2020-03-10 第201回国会 参議院 文教科学委員会 第2号

横沢高徳君 それでは、一斉休校に伴う子供たち外出規制やストレスについてお聞きいたします。  外出により感染リスクが高まるというのは大人も同じでございます。しかし、今回の休校対応では、子供たちは通常の学校生活を送る日々から一転、家の中で過ごす日々が数週間続くことになります。子供たちにとって体を動かすことは、肉体面精神面共に成長を考えた上でも非常に重要なことでございます。

横沢高徳

2020-03-10 第201回国会 参議院 文教科学委員会 第2号

横沢高徳君 立憲国民新緑風会社民横沢高徳です。どうぞよろしくお願い申し上げます。  まず、新型コロナウイルス感染症対策のため、二月二十七日夜、安倍総理は、全国の小中学校と特別支援学校について三月二日から春休みまでの間臨時休校とするよう要請をすると表明した件についてお尋ねしたいと思います。  土日を挟んで中三日で対応された文科省始め、各教育委員会学校現場皆様に敬意を表します。  

横沢高徳

2020-03-10 第201回国会 参議院 文教科学委員会 第2号

横沢高徳君 端末の整備によってできる可能性が広がることはもちろんだとは思うんですが、今、今この日本現状インクルーシブ教育大臣大臣から見てもっと進めていかないといけないと思っているのか、このままICTを利用して補助していけばいいのかという、大臣は、もっと進めていかなければいけないのかという、今の現状を見てどうお考えでしょうか、済みません。

横沢高徳

2019-12-05 第200回国会 参議院 文教科学委員会 第7号

横沢高徳君 立憲国民新緑風会社民横沢高徳でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。  まず初めに、大臣にお伺いいたしますが、十二月三日から十二月九日、この一週間は何の週間か御存じでありましたら、御存じでしょうか、よろしくお願いします、お答え願えますか。済みません、ぶしつけな質問で失礼します。

横沢高徳

2019-12-04 第200回国会 参議院 本会議 第10号

横沢高徳君 立憲国民新緑風会社民横沢高徳です。  私は、会派を代表して、公立義務教育学校等の教職員の給与等に関する特別措置法の一部を改正する法律案につきまして、反対立場から討論を行います。  冒頭、今の政治情勢について一言申し上げます。  安倍総理大臣憲政史上最長在任期間となり、おごり、緩み、慢心、問題点を挙げれば切りがありません。

横沢高徳