運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
6326件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-01-29 第201回国会 参議院 予算委員会 第1号

今御指摘ありました防災減災、国土強靱化のための三か年緊急対策について効果はどうだったのかということでございますが、私も、就任直後から、台風十五号、十七号、十九号と相次ぐ激甚災害、また近年の激甚災害の被災地全て、二十一の県の被災地、視察をしてまいりまして、それぞれの被災自治体首長さんの話をいろいろ聞く中で、この三か年対策は大変有り難かったということも、これはもう明確に意味があったというふうに思っております

赤羽一嘉

2020-01-29 第201回国会 参議院 予算委員会 第1号

そして、私自身も、私自身がどうしているかというと、当然、このカジノ事業者に対して、お会いしたり要望を受けないという原則をしておりますし、ちょっと付け加えて言えば、地方自治体首長の皆さんから災害の要望というのがかなり多いんですけれども、その際に、IRについて、それは一切受けませんからということは明示をして、それが了解を取れている団体の要望のみ受けているということを私ながら守っているつもりでございます

赤羽一嘉

2020-01-17 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 第9号

したがいまして、この自衛隊の活動につきましては、オマーン領海内での活動、これは視野に入れておく必要がありますが、問題はホルムズ海峡の以北でありまして、UAEのフジャイラ、ドバイ、これは以前インド洋燃料の洋上補給活動支援の拠点として利用したこともありますし、バーレーン、また、奥のフジャイラ、奥のウンムカスルなどは湾岸の情報が集まるところでありまして、今回、安倍総理がUAEとオマーンを訪問して、アブダビ首長

中谷元

2019-12-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 7号

沖縄国際大学への米軍ヘリの墜落や高江の炎上事故を通じて県民が求めてきたのは、日本国内で起きた事故であるにもかかわらず、日本の警察は機体の調査、検証もできない、地元の首長であっても事故現場から排除される、そういう現状を改めるべきだということであります。  そのためには、日米地位協定と合同委員会合意の枠組みに踏み込むことが必要不可欠なことだと思います。  外務大臣、何でそこに手をつけなかったんですか。

赤嶺政賢

2019-12-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 第7号

沖縄国際大学への米軍ヘリの墜落や高江の炎上事故を通じて県民が求めてきたのは、日本国内で起きた事故であるにもかかわらず、日本の警察は機体の調査、検証もできない、地元の首長であっても事故現場から排除される、そういう現状を改めるべきだということであります。  そのためには、日米地位協定と合同委員会合意の枠組みに踏み込むことが必要不可欠なことだと思います。  外務大臣、何でそこに手をつけなかったんですか。

赤嶺政賢

2019-12-04 第200回国会 参議院 本会議 第10号

しかし、労使協定によらず、条例により導入できるとされていますので、そうなれば、首長教育委員会の意向のみで導入することができ、教育現場同意は必須とされておりません。地方公務員法第五十五条による職員団体との交渉や書面協定が可能であるとの答弁がありましたが、法的拘束力がなく、また条例制定の必須条件でもありません。

横沢高徳

2019-12-03 第200回国会 参議院 国土交通委員会 第5号

このことは大変、被災自治体首長の皆さんと話していると、有り難いということでありますが、それは箇所としても相当限られたところでもございますので、今後、本当にこの気候変動による災害の激甚化、頻発化、また被害の甚大化という現実を目の当たりにしながら、それぞれの地方自治体首長の皆さんは中長期的な抜本的な防災減災対策が必要だと、そのための予算確保を何とかしっかり頑張ってくれという声を聞いておるところでございます

赤羽一嘉

2019-12-03 第200回国会 参議院 国土交通委員会 第5号

大臣が御答弁をいただいた、まさに三か年で終わりにせずにというところが大事だと思いますし、自治体首長の皆様も中長期的な計画ということもおっしゃっていました。したがって、これは国家百年の大計という中長期のビジョンの上に、しかしながら、台風水害はこれは毎年やってくる、そういう思いで言いますと、必要なものはなるべく前倒しをして拡充をしてやっていくと、そういった姿勢で臨んでいただきたいと思います。  

里見隆治

2019-11-29 第200回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 5号

一方で、積極的に前向きに頑張る首長さん、議員さんもいらっしゃるのも事実ではあります。  しっかりと、この第一期の地方創生の取組がもう間もなく終了ということになりますが、まず、大臣、この間の第一期の取組についてどのように評価をして、そして課題としてどのような問題があるのか、それを次期総合戦略策定に生かそうとされているのか、まずそのことをお伺いしたいと思います。

森本真治

2019-11-29 第200回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 5号

このため、平成三十一年、年度でいうと昨年度になりますけれども、平成三十一年の一月から三月にかけまして、今まさに委員からおっしゃっていただきました地方消費者行政強化キャラバンを行いまして、四十七都道府県首長の方々等々に地方消費者行政の充実を働きかけてきたところでございます。  

高島竜祐

2019-11-29 第200回国会 衆議院 内閣委員会 6号

○塩川委員 損害賠償を起こさないという話ですけれども、実際にスタートのときには、当時の首長議会の構成によって、IR、カジノを進めましょうということになったとしても、その途中で、いや、それはおかしいというまさに住民の声があって、市長や知事がかわる、議会の構成が変わる、とめようとなったときに、本当にそういった損害賠償を求めないというスキームになるのか。  

塩川鉄也

2019-11-29 第200回国会 衆議院 内閣委員会 6号

どれだけそういった地域からの理解を得ても、その後、突然のさまざまな政治状況の変化によって首長が交代するというようなこともあり得るわけで、そういった政治リスクということで、突如、挙げていた手を下げるですとか、そういったさまざまなものを、やめたということで引くということもあり得る。

三谷英弘

2019-11-29 第200回国会 衆議院 内閣委員会 6号

今塩川先生が言われたようなことがないように、何か決まって、首長さんがかわることだけが原因でころっと変わるということじゃなくて、施設自体が最初のときと状況が違って、もう午前中の答弁でも答えさせていただきましたが、いろいろな障害が出てきたときにはやはり見直しが必要であるわけですし、そうしたことで認定期間も十年、五年、五年というふうにしているわけですから、そうした原則論は大事にしながら、一つ一つ対応していかなければいけないと

赤羽一嘉

2019-11-29 第200回国会 衆議院 内閣委員会 第6号

○塩川委員 損害賠償を起こさないという話ですけれども、実際にスタートのときには、当時の首長議会の構成によって、IR、カジノを進めましょうということになったとしても、その途中で、いや、それはおかしいというまさに住民の声があって、市長や知事がかわる、議会の構成が変わる、とめようとなったときに、本当にそういった損害賠償を求めないというスキームになるのか。  

塩川鉄也

2019-11-29 第200回国会 衆議院 内閣委員会 第6号

今塩川先生が言われたようなことがないように、何か決まって、首長さんがかわることだけが原因でころっと変わるということじゃなくて、施設自体が最初のときと状況が違って、もう午前中の答弁でも答えさせていただきましたが、いろいろな障害が出てきたときにはやはり見直しが必要であるわけですし、そうしたことで認定期間も十年、五年、五年というふうにしているわけですから、そうした原則論は大事にしながら、一つ一つ対応していかなければいけないと

赤羽一嘉

2019-11-29 第200回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第5号

一方で、積極的に前向きに頑張る首長さん、議員さんもいらっしゃるのも事実ではあります。  しっかりと、この第一期の地方創生の取組がもう間もなく終了ということになりますが、まず、大臣、この間の第一期の取組についてどのように評価をして、そして課題としてどのような問題があるのか、それを次期総合戦略策定に生かそうとされているのか、まずそのことをお伺いしたいと思います。

森本真治

2019-11-29 第200回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第5号

このため、平成三十一年、年度でいうと昨年度になりますけれども、平成三十一年の一月から三月にかけまして、今まさに委員からおっしゃっていただきました地方消費者行政強化キャラバンを行いまして、四十七都道府県首長の方々等々に地方消費者行政の充実を働きかけてきたところでございます。  

高島竜祐

2019-11-28 第200回国会 参議院 文教科学委員会 5号

今お話伺いながら、改めてやっぱり学校自治体首長さんも含めて、地域とそして保護者の皆様と一体となってやっていかなければいけないなということを実感いたしました。その今日いただいた御意見をしっかり念頭に置きながら、今後の委員会の質疑にも臨んでいきたいと思います。  今日は、四名の参考人の先生方、大変にありがとうございました。  終わります。

高瀬弘美

2019-11-28 第200回国会 参議院 総務委員会 4号

なぜ沖縄からドクターヘリが飛んでこられないのかという、現場はそんな懸念もありましたし、首長さんにもお会いしましたけれども、そんな話がありました。  県境を越えてドクターヘリが動いているところはあると思いますけれども、なぜこの与論島の方はそういう状況になるのか、教えてください。

江崎孝

2019-11-28 第200回国会 衆議院 災害対策特別委員会 4号

今回の委員派遣で行きました、たしか丸森だったかと思いますが、首長さんから無償貸与の話が出ました。非常に有効かと思いますので、ぜひ積極的に引き続きお願いいたします。  次に、今回の台風十九号に関して、一つの特徴的なものが中小河川の決壊でありました。国と都道府県管理の河川堤防で七十一河川百四十カ所で決壊をしたというふうに認識しています。そして、そのうち国管理は七河川十二カ所にすぎない。

高木錬太郎

2019-11-28 第200回国会 衆議院 災害対策特別委員会 4号

さて、私も、先日、十一月二十五日の現地調査、派遣委員の一人として参加させていただきまして、各首長さんから当委員会として御要望を承り、また、私個人としましても大変重く受けとめたところであります。  そういった被災地の皆さん、あるいは首長の皆さんの思いもこの質問に乗せながら、少しでも後押しできるように、そんな質問をしていきたいと思っております。  

高木錬太郎

2019-11-28 第200回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 第2号

ともかく、少なくとも、地元の首長さん、町長さんであるとか立地地域首長さん、そして都道府県知事、こうした方の個人口座に不透明な形でお金が入るようなことをされてしまっては、立地地域福井県民としてはもう信頼できなくなってしまうのではないか、何のために再稼働を政治家の人は焦っているんだろうか、それは自分がもらっているからでしょう、安全性なんて政治家は考えていないんじゃないのというふうに思われてしまうと思

斉木武志

2019-11-28 第200回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 第2号

○斉木委員 こういった、やはりパーティー券であるとか、選挙区支部への献金であるとか、当時の町長の個人口座への九億円の寄附などを見てきますと、私は、立地地域としましては、今後、再稼働を議論する客観性を規制委員長と同じように担保する意味でも、立地地域首長さんであるとか都道府県知事には、原子力事業者、関西電力を含みます、原子力事業者やその下請メンテナンス会社、今回は六社挙がりましたけれども、警備会社建設事業者等々

斉木武志

2019-11-28 第200回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第4号

今回の委員派遣で行きました、たしか丸森だったかと思いますが、首長さんから無償貸与の話が出ました。非常に有効かと思いますので、ぜひ積極的に引き続きお願いいたします。  次に、今回の台風十九号に関して、一つの特徴的なものが中小河川の決壊でありました。国と都道府県管理の河川堤防で七十一河川百四十カ所で決壊をしたというふうに認識しています。そして、そのうち国管理は七河川十二カ所にすぎない。

高木錬太郎

2019-11-28 第200回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第4号

さて、私も、先日、十一月二十五日の現地調査、派遣委員の一人として参加させていただきまして、各首長さんから当委員会として御要望を承り、また、私個人としましても大変重く受けとめたところであります。  そういった被災地の皆さん、あるいは首長の皆さんの思いもこの質問に乗せながら、少しでも後押しできるように、そんな質問をしていきたいと思っております。  

高木錬太郎