運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
10709件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-08-05 第199回国会 衆議院 農林水産委員会 1号

佐々木隆博君外四名提出、国有林野事業に従事する職員の給与等に関する特例法案  第百九十六回国会、佐々木隆博君外六名提出、畜産経営の安定に関する法律及び独立行政法人農畜産業振興機構法の一部を改正する法律案  第百九十六回国会、長妻昭君外六名提出、農業者戸別所得補償法案  及び  第百九十八回国会、平野博文君外五名提出、家畜伝染病予防法の一部を改正する法律案 並びに  農林水産関係の基本施策に関する件  食料

武藤容治

2019-08-05 第199回国会 衆議院 議院運営委員会 2号

第百九十六回国会衆法第一九号)   四、畜産経営の安定に関する法律及び独立行政法人農畜産業振興機構法の一部を改正する法律案(佐々木隆博君外六名提出、第百九十六回国会衆法第二三号)   五、農業者戸別所得補償法案(長妻昭君外六名提出、第百九十六回国会衆法第三三号)   六、家畜伝染病予防法の一部を改正する法律案(平野博文君外五名提出、第百九十八回国会衆法第三四号)   七、農林水産関係の基本施策に関する件   八、食料

高市早苗

2019-06-26 第198回国会 衆議院 議院運営委員会 34号

第百九十六回国会衆法第一九号)   四、畜産経営の安定に関する法律及び独立行政法人農畜産業振興機構法の一部を改正する法律案(佐々木隆博君外六名提出、第百九十六回国会衆法第二三号)   五、農業者戸別所得補償法案(長妻昭君外六名提出、第百九十六回国会衆法第三三号)   六、家畜伝染病予防法の一部を改正する法律案(平野博文君外五名提出、衆法第三四号)   七、農林水産関係の基本施策に関する件   八、食料

高市早苗

2019-06-26 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 17号

第百九十六回国会、佐々木隆博君外四名提出、国有林野事業に従事する職員の給与等に関する特例法案  第百九十六回国会、佐々木隆博君外六名提出、畜産経営の安定に関する法律及び独立行政法人農畜産業振興機構法の一部を改正する法律案  第百九十六回国会、長妻昭君外六名提出、農業者戸別所得補償法案  及び  平野博文君外五名提出、家畜伝染病予防法の一部を改正する法律案 並びに  農林水産関係の基本施策に関する件  食料

武藤容治

2019-06-26 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 17号

補欠選任   大隈 和英君     今枝宗一郎君     ――――――――――――― 六月二十五日  家畜伝染病予防法の一部を改正する法律案(平野博文君外五名提出、衆法第三四号) 同月七日  農業者戸別所得補償制度の復活に関する請願(金子恵美君紹介)(第一六八二号)  同(佐々木隆博君紹介)(第一六八三号)  同(石川香織君紹介)(第一七五三号)  同(神谷裕君紹介)(第一七五四号)  家族農業を守り、食料自給率

None

2019-06-26 第198回国会 参議院 農林水産委員会 16号

佐々木さやか君                 里見 隆治君                 儀間 光男君    事務局側        常任委員会専門        員        大川 昭隆君     ─────────────   本日の会議に付した案件 ○理事補欠選任の件 ○主要農作物種子法に代わる公共品種を守る新し  い法律を作ることに関する請願(第二二号外一  件) ○家族農業を守り、食料自給率

None

2019-06-24 第198回国会 参議院 本会議 29号

四月以降の食料品の値上げや消費増税が消費者心理を冷やしていることは間違いありません。十月から消費税を上げようとする一方で、自民党の議席を守るために参議院の定数を六増することを国民が理解するとは到底思えません。ましてや、二千万円も貯蓄が必要だと言われた国民が物を買う気分になるのでしょうか。まさに消費が萎縮することは間違いありません。  

福山哲郎

2019-06-14 第198回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 4号

やはりこのもったいないという言葉は、そのほか、食料や物に対して、資源に対して慈しむというか大切に思う、そういった感謝の心を込められたすばらしい言葉でもあると思いますが、もともと日本には、こういったもったいないという精神というか心を持っていますので、ぜひとも、何のためにやるのかというところも明確にしながら、意義づけもしっかりと訴えながら着実に進めていきたいと思いますので、ぜひとも大臣には、お世話になりますけれども

鰐淵洋子

2019-06-14 第198回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 4号

食品ロスの問題は、法律の前文にも明記されておりますが、国際的にも重要であり、大量の食品を輸入し、食料を多くの輸入に依存している我が国として、真摯に取り組むべき課題でございます。今後、この法律をもとに、食品ロス削減が国民運動として大きな流れになることを期待しております。  法律の施行まで、さまざまな取組、準備が必要と思いますが、法律の施行に向けた今後の対応につきましてお伺いをしたいと思います。

鰐淵洋子

2019-06-11 第198回国会 参議院 農林水産委員会 15号

海を見ているというと、これは後で話しますけど、体験談言いますけれど、この海の、我々が食料に供するものを含めて、しないもの、海洋資源というのは、海、水から育み、育てるんですよ。これを我々はただ捕りに行って、捕って市場に回している。我々は作らないんですよ。ですから、海の育みを待たないといけない。これが、人間が捕り尽くすというと、海も育む能力を失ってしまう。そうなると大変なことになるんですね。

儀間光男

2019-06-11 第198回国会 参議院 農林水産委員会 15号

       内閣官房内閣参        事官       中山 光輝君        消費者庁審議官  橋本 次郎君        財務省理財局次        長        古谷 雅彦君        厚生労働大臣官        房生活衛生・食        品安全審議官   宮嵜 雅則君        農林水産省消費        ・安全局長    新井ゆたか君        農林水産省食料

None

2019-06-11 第198回国会 参議院 内閣委員会 23号

○矢田わか子君 マイナンバーなどもありますので、これからそういったものも活用しながら、カードでポイント付与でも結構です、それは必ず学用品だとか食料品しか買えないポイントにしていただいて、確実にやはり子供に真水が行き渡るような、そんな施策を是非具体的に考えていただきたいということであります。  それから、子供食堂も広がりを見せまして、今二千二百から二千三百まで全国に普及していると言われています。

矢田わか子

2019-06-11 第198回国会 参議院 内閣委員会 23号

また、国立社会保障・人口問題研究所の調査では、資料五のように、過去一年にお金が足りなくて家族が必要とする食料が買えないことはありましたかという質問に対して、特に一人親世帯です、よくあった、時々あったが二〇%。五世帯に一世帯です。つまり、絶対的貧困とも言える、そんな状況にある方々がいることも考慮すべきだと思います。  

矢田わか子

2019-06-04 第198回国会 参議院 内閣委員会 21号

過去一年間で必要な食料が買えなかった経験が二人親世帯で何と一五%、そして一人親の二世代世帯では三五%もの世帯割合に上ります。また、医療機関に子供を受診させられなかった経験が地域によっては一五%を超えているわけです。  

牧山ひろえ

2019-06-04 第198回国会 参議院 内閣委員会 21号

沖縄子ども調査で、食料を買えなかった経験を尋ねましたところ、二人親世帯でも二五%があったというふうに回答しています。こういった支援が必要な二人親世帯も数多くいるわけです。  ですが、再分配前後の子供の貧困率を見ますと、二人親世帯においては全て再分配後の方が再分配前より貧困率が高いというふうになっております。

牧山ひろえ

2019-05-29 第198回国会 参議院 災害対策特別委員会 4号

また、避難所の環境整備でございますが、内閣府として市町村に対しまして、必要な生活環境、良好な環境を確保するため、換気、照明、あるいは仮設トイレの設置、準備などの整備を促すとともに、食料、水などの関連生活物資の備蓄に努めるようお願いしているところです。  

海堀安喜

2019-05-29 第198回国会 参議院 災害対策特別委員会 4号

このため、内閣府といたしましては、都道府県や市町村に対しまして、やむを得ず指定避難所に滞在することができない被災者に対しましても、食料などの必要な物資の配布、保健師等による巡回健康相談の実施など、正確な情報の伝達等により生活環境の確保が図られるよう促しているところでございます。

海堀安喜

2019-05-29 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 15号

そもそも農産加工業は、農産物を加工して多種多様な食料品を製造し、それらを安定的に供給する役割を担っております。あわせて、国産農産物の重要な販路として、地域農業の持続的な発展に重要な役割を果たしております。  他方で、本法の対象とする特定農産加工業は、輸入に係る事情の著しい変化により、厳しい経営環境にあります。  

小寺裕雄

2019-05-29 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 15号

本案審査のため、本日、政府参考人として農林水産省大臣官房総括審議官光吉一君、大臣官房総括審議官横山紳君、食料産業局長塩川白良君、生産局長枝元真徹君、経営局長大澤誠君、農村振興局長室本隆司君、政策統括官天羽隆君、水産庁長官長谷成人君、内閣官房内閣審議官大角亨君及び株式会社日本政策金融公庫常務取締役野崎与四郎君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。     

武藤容治

2019-05-28 第198回国会 参議院 経済産業委員会 11号

中小企業家同友会全国協議会の皆さんと懇談をしたときにも、皆さんから、東日本大震災のときに、自治体が用意をした避難所が津波を受ける一方で、中小業者の屋上に避難をして助かる方がいるなど中小企業が防災の拠点となったと、食料備蓄もあるし、発電や暖房器具などもあるんだというお話もお聞きをしました。  

岩渕友

2019-05-28 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 16号

○国務大臣(河野太郎君) アルゼンチンは日本の国土の約七・五倍の広大な肥沃な国土を有しており、豊富な食料資源や鉱物エネルギー分野においても高い潜在力を有しております。特に、近年、外貨取引規制の撤廃など自由で開放的な経済政策を推進していることから日本企業の関心が急速に高まっておりまして、資源エネルギー分野を中心に今後投資の増加が見込まれるところでございます。  

河野太郎

2019-05-28 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 16号

○国務大臣(河野太郎君) アルゼンチンは日本の約七・五倍の肥沃な国土を有するとともに、マクリ政権発足以降は外貨規制の撤廃など自由で開放的な経済政策を推進していることから、日本企業はこの豊富な食料資源や鉱物・エネルギー分野に関心を有しているところでございます。  マクリ政権は、経済改革努力への支持を背景に二〇一七年の議会の中間選挙で勝利し、政権基盤の強化につながったと承知をしております。

河野太郎

2019-05-23 第198回国会 参議院 総務委員会 11号

分析レポートにおける修正エンゲル係数ですが、これは可処分所得に占める食料支出の割合を実質の金額によって試算したものでございます。これによりまして、エンゲル係数を時点間で比較した場合に、その比較結果の変化に含まれます物価変動の影響、それから平均消費性向の変化の影響を除去したものとなっておりまして、より直接的に所得の高低が反映されるようになっております。

千野雅人

2019-05-23 第198回国会 参議院 総務委員会 11号

先ほどは、エンゲル係数は、消費支出額を分母にして食料支出額を分子にしたものですけれども、修正エンゲル係数は、分母が実質可処分所得額になっておりまして、それを食料消費額で割ったということになるんですね。この黒い点々々、これ先ほど示したエンゲル係数なんですけれども、修正エンゲル係数にすると、この赤い実線で示されるように、二〇一二年以降の上昇がこれ止まっていると、こういうことなんですよね。  

杉尾秀哉

2019-05-23 第198回国会 参議院 総務委員会 11号

この要因ですが、我々の方で寄与度分解をしておりまして、そうしますと、生鮮食品の価格高騰などによりまして食料物価が大きく上昇したと、この食料物価の上昇幅が消費支出全体の物価の上昇幅に比べて大きかったことが影響しているというふうに考えてございまして、寄与度分解によりますと、この間がエンゲル係数の上昇の中で食料価格上昇の寄与度が最も大きくなっております。

千野雅人

2019-05-23 第198回国会 参議院 農林水産委員会 11号

○鉢呂吉雄君 委員の皆さんにも、我々、食料の自給は、やっぱり国際貿易との関係あるいは国際資本の国際的な在り方と違って、やっぱり一つの歯止めを論議をしてきちっとつくる段階に来たのではないかと。トランプさんがあれだけアメリカ第一でやっている。

鉢呂吉雄

2019-05-23 第198回国会 参議院 環境委員会 7号

○国務大臣(原田義昭君) 生物多様性は、食料や水の供給、気候の安定など、人間の生活を支える様々な恵みをもたらすものでございます。そして、生物多様性を構成する生物種は絶滅すると取り戻すことが不可能となる、そういう大事なものでございます。  

原田義昭

2019-05-23 第198回国会 参議院 環境委員会 7号

食料を奪う犯罪。余りにも多くの食料が裕福な人々によって浪費されている、食料を切実に必要としているのは貧しい人や苦しんでいる人たちだ、なのに、一部のぜいたくが彼らから食料を奪っている、これは食料を奪うという重大な犯罪である、だから裕福な人は粗食を心掛けなさい、それは、体調を損なうどころか、むしろ健やかな体を手に入れることにもなるのですと。  

原田義昭

2019-05-22 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 14号

本件調査のため、本日、政府参考人として農林水産省消費・安全局長新井ゆたか君、食料産業局長塩川白良君、生産局長枝元真徹君、経営局長大澤誠君、農村振興局長室本隆司君、政策統括官天羽隆君、農林水産技術会議事務局長別所智博君、水産庁長官長谷成人君、外務省大臣官房審議官飯島俊郎君及び厚生労働省大臣官房生活衛生・食品安全審議官宮嵜雅則君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。     

武藤容治

2019-05-22 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 14号

その見直しに当たりましては、これまでも食料・農業・農村基本計画と並行して検討を行ってきたところでございます。  これまでの酪肉近の検討におきましては、委員と役所間での議論が中心でありましたことから、畜産農家等の方々への浸透に不十分な面があったと考えております。

吉川貴盛

2019-05-22 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 14号

昨年には、国連世界食糧計画、WFPの活動を学ぶために、高野光二郎団長のもと、WFP議連の視察でロヒンギャ難民キャンプへ行き、食料供給の現場、そして食料を必要としている人たちに会ってきました。  二〇一六年の農林水産省のデータですけれども、日本の食品ロスは年間六百四十三万トン。

森夏枝

2019-05-22 第198回国会 参議院 消費者問題に関する特別委員会 3号

食品ロスの削減は、国際的にも重要な課題となっており、また、世界には栄養不足の状態にある人々が多数存在する中で、とりわけ、大量の食料を輸入し、食料の多くを輸入に依存している我が国として、真摯に取り組むべき課題となっております。  本案は、このような状況を踏まえ、食品ロスの削減を総合的に推進しようとするものであり、その主な内容は次のとおりであります。  

土屋品子